補聴器を使う・慣れる

【初めての方へ】補聴器をスムーズに使うために覚えておきたい使い方

補聴器のご相談では、多くのところでは、補聴器を試聴したり、実際に日常生活で使用できるような状態にしていることが多いです。

そこで、こちらでは、初めて、補聴器をご相談する方に対して、覚えておいたほうが良い補聴器の操作に関して、予め、記載していこうと思います。

補聴器の基本操作

初めに補聴器を自分の耳に装用したり、試聴したりするので多いのは、

このような耳にかけるタイプです。

ほとんどの補聴器は、電池の開閉で、電源の入れきりを行います。ほとんどの補聴器は、電池の開閉で、電源の入れきりを行います。

補聴器は、この部分が電源になっており、その部分を入れ切りする事によって、電源を入れたり、切ったりします。

補聴器には、何らかの形で、操作できるものが多いです。その操作に関して、知っておけると、ご自身でできる幅が広くなるので、お勧めです。補聴器には、何らかの形で、操作できるものが多いです。その操作に関して、知っておけると、ご自身でできる幅が広くなるので、お勧めです。

そして、補聴器には、ボタンがあり、こちらで、音量を変えられたりもします。

小さくて見えにくいのですが、耳の裏に補聴器本体が乗っています。小さくて見えにくいのですが、耳の裏に補聴器本体が乗っています。

電源を入れて、補聴器を装用し、場合によっては、音を変える。補聴器でする事は、たったこれだけになります。

覚えておけば良い事は、たった5つ

補聴器に関して、基本的な部分を記載してみましたが、試聴する上で、最低限、覚えておけば良い事は、

  • 補聴器の付け外し
  • 補聴器の電源の入れ切り
  • 音量を操作する
  • 電池の交換方法を知る
  • 補聴器の保管方法

のたった5つになります。

補聴器をつける事

基本的に補聴器の試聴や初めて、補聴器のご相談をする際には、耳にかけるタイプを使うことが多いです。

こちらの場合、補聴器本体を耳にかけ、その後、耳の中に入れる部分を耳の穴に入れると入れやすくなります。

外すときは、補聴器本体から外し、耳の中に入っている部分を外せば、簡単に外れるようになっています。

補聴器で一番難しい操作は、耳に装用することですので、こちらさえ、ちゃんとできれば、ほとんどのものは、出来るようになります。

耳は、普段触る部分ではありませんので、初めは、少し感覚が掴みづらい部分があります。

電源を入れ切りする

補聴器には、電池が入っており、この部分を開閉する事により、電源が入ったり切れたりします。

使うときは、しめる。使わないときは、開く。とすれば、大丈夫です。使うときは、しめる。使わないときは、開く。とすれば、大丈夫です。

電源を入れる際は、閉め、電源を切る場合は、開ける。そのように操作します

使う前に電源を入れ、使い終わって、補聴器をしまう時に、電源を切る。というようにできると、良いですね。

なお、多くの方は、朝起きて、補聴器をつける際に、電源を入れ、そのまま使って起き、夜寝る前、お風呂に入る前に補聴器を外し、電源を切る方が多いです。

音量を操作する

補聴器には、何らかの形で、操作できるものが多いです。その操作に関して、知っておけると、ご自身でできる幅が広くなるので、お勧めです。

補聴器には、どのようなものにもボタンが付いていたりします。そのボタンを押す事により、音量を操作できるようになっています。

形状によって、音量の操作は、別々ですので、どのように操作すればできるのか。聞いておけるとベターですね。

初めて、補聴器を試聴したり、試す場合は、音量は、操作できると、安心です。

日々の日常では、様々な音がしています。それが、良くも悪くも一気に聞こえてくるようになります。日々の日常では、様々な音がしています。それが、良くも悪くも一気に聞こえてくるようになります。

初めての場合、補聴器をつける事により、色々な音を聞く事になります。

今まで、離れると聞こえなかった音、エアコンの音、空調の音、パソコンのタイピングの音。世の中には、本当に色々な音があり、今まで、静かなことが、信じられないくらい日々の日常は、色々な音がしています。

補聴器をつけることで、今まで聞きにくかった音も聞こえるようになるのですが、それと同時に今まで、気がつかなかった音も聞こえるようになります。

良くも悪くも聞こえるようになりますので、人によっては、初め、少し辛くなってしまう事があります。

仮にそのような場合は、状況により、音量を下げられると、ご自身が使いやすいような状態にできます。

使いやすいようにする事で、補聴器を使用する時間が増え、長い目で見れば、補聴器になれやすくなり、今後、補聴器を使いやすくなります。

また、大きな音が日常にはありますので、そのような音を聞いて、きつい時などは、下げたり、音が大きいなと感じた際に、ご自身で下げられると、辛くなりにくくなります。

初めは、特に驚く事が多いので、音量を変えられるようにしておけると、対応しやすくなります。

電池の交換方法を知る

補聴器の電池は、このようなボタン電池を使用します。

こちらの面が表で

こちらの面が、裏側になります。

この表の方を上にして、電池に関しては、交換していただければ問題なくできます。

補聴器の電池は、短いものですと、3~5日くらいで一回交換するようになります。

ですので、補聴器を使用する場合は、補聴器の電池の交換は、覚えておくべき事になります。

そして、補聴器の電池ですが、電池が切れる30分くらい前より、アラームを鳴らして、お知らせしてくれます。

その合図が聞こえたら、交換していただければ大丈夫です。

一応、そのアラームが聞こえたとしても、しばらくは、使用できますが、アラームがなった後は、また、アラームが鳴ったり、突然、音がでなくなったりしますので、早めに交換できるとベストです。

たまに勿体無いという事で、ギリギリまで使用する方もいますが、電池の残量が少なくなり、補聴器の機能がちゃんと活かされにくくなっている状態になりますので、早めに交換することをお勧めします。

補聴器の保管方法

最後は、補聴器を保管する方法です。

簡易持ち運び用のケース。購入時や貸出時に付属することが多いです。簡易持ち運び用のケース。購入時や貸出時に付属することが多いです。

補聴器には、保管用のケースというのがあります。補聴器を貸出される際にも使われることが多く、上記のような簡易的な持ち運び用のものから、

乾燥剤を使用して、しっかりケアする保管道具もあります。乾燥剤を使用して、しっかりケアする保管道具もあります。

乾燥剤が中に入っており、使用しない時間、乾燥させて、ケアを行うものまであります。

こんな感じに入れていただければ問題ありません。こんな感じに入れていただければ問題ありません。

補聴器を使い終わったり、一時的に保管したい場合は、このようなケースに電源を切って入れておきましょう。

あまりポケットの中に一時的に保管する、入れておく。というのは、紛失する可能性が高くなるため、オススメしません。

補聴器を使用し終わったり、夜寝る前は、補聴器の電源を切って、ケースに入れる。そのように保管すれば、大丈夫です。

乾燥剤タイプの場合、電池は、中に入れず。かつ、補聴器の電池が入っていた部分は、解放した状態にしましょう。すると、中まで、乾燥しやすくなります。乾燥剤タイプの場合、電池は、中に入れず。かつ、補聴器の電池が入っていた部分は、解放した状態にしましょう。すると、中まで、乾燥しやすくなります。

乾燥剤のタイプは、このように入れていただければ大丈夫です。

使用する際は、またケースから取り出して、使用します。

まとめ

補聴器を試聴したり、ご相談の際には、補聴器を実際に使う事になります。

その場合ですが、上記の通り

  • 補聴器を耳につける
  • 補聴器の電源のON、OFF
  • 補聴器の音量を操作する
  • 電池の交換方法を知る
  • 保管方法を知る

この5つを覚えていただければ、しっかり補聴器を使えるようになります。

この中で一番難しいのは、補聴器を耳につけるものになり、これは、慣れてくれば、自然にできるようになります。

普段、耳に触れない事、耳は、自分から見えない事、これらの事により、初めだけ少し難しく感じます。

しかし、徐々に簡単につけられるようになってきますので、そうなってくれば、補聴器の効果も感じやすくなってきます。

このページに関連する内容

補聴器をつけると聞こえてくる音と補聴器に慣れる方法補聴器が初めての方のために補聴器を使用して聞こえてくる音となれる方法について記載しました。補聴器に慣れてくると、機械的な感覚も少しずつ楽になり、使いやすくなります。...
補聴器の音に慣れてくると、どのように聞こえが変化するのか補聴器をつけると、色々な音が聞こえてきたり、機械的な音が聞こえてきたりし、一番初めは、少し違和感を感じがちです。 しかし、補聴器を...
補聴器を使っている人は、どんな風に補聴器を使っている?初めて補聴器を使用する。となった場合、わからない部分も多いかと思います。他の人は、補聴器をどう使用しているのか。という部分について、載せてみました。これについては、聞こえにくさにより、結構、分かれます。...
補聴器の操作がスマホでできるようになった事の実際の評価結構前から、スマートフォンを通じて、補聴器の音量を操作したり、プログラム、という補聴器の中の音の状態を切り替えられるようになってきました...
補聴器を使う場合、耳掃除はした方がいい?という質問の答え耳掃除に関しては、月に一度行うか、毎日、お風呂上がりに耳の入り口を掃除するくらいで、大丈夫です。それよりも、耳鼻科さんで、年に一度見てもらったり、目詰まりした場合の対処方法などを知っておいた方が、快適に使いやすくなります。...
補聴器のボリューム機能とボリュームの注意点補聴器のボリューム機能とその注意点に関して、記載してみました。ボリュームは、音量を自分で可変できますので、補聴器の使いやすさに直結します。一方、効果が得にくい場面もありますので、注意が必要です。...
補聴器のプログラムスイッチ機能と使う上での注意点補聴器のプログラムスイッチに関する内容です。補聴器には、プログラムを組む事ができ、そのプログラムを切り替えるのが、プログラムスイッチです。その概要と注意点に関して、まとめてみました。...
補聴器の電池は、なくなりかけたらすぐに取り替えよう補聴器の電池は、なくなりかけるとアラーム音がします。仮にアラーム音が聞こえたら、すぐに交換する事が大切です。その理由に関して、まとめてみました。...
補聴器の状態を音で教えてくれるアラーム音とその調整方法補聴器には、音を切り替えたり、音を変えたりした際にアラーム音を使って、変化を教えてくれます。このようにしないと、実際に変わったかどうかを...
補聴器の力をさらに引き出す周辺機器まとめ補聴器には、補聴器にプラスα、別の機器を使う事で、さらに補聴器を活用できるものがあります。 その中で有名なのがFM機器、Roger...

補聴器に関する他の内容

【まとめ】聴力別、補聴器で聞こえを改善させる方法軽度難聴、中等度難聴、高い音が聞こえにくい難聴など、聴力別にどのように聞きにくさを改善したら良いのかをまとめてみました。聞きにくさにお悩みの方は、ご参考にしてみてください。...

基本的な改善思考

【難聴改善の基本】両耳とも聞きにくい耳を補聴器でよくする改善思考補聴器で聞こえを改善させていく際に重要になるのは、どのように改善すると良いかの基本的な改善の部分です。耳には、聴力以外にも言葉がどれだけ理解できるのか。といいう部分があります。耳の状況を理解した上で、その耳がもっとも改善できる方法を選ぶのが大切です。...
【聞こえを改善】左右の聴力が異なるケースを補聴器で改善させる考え方右、左の耳の聞こえが異なる場合、補聴器で改善させる方法には、いくつかあります。そのまとめと、どのようにして、最良の状態にしていけると良いかの考え方に関して、まとめてみました。聞こえにくさを感じている場合は、参考にしてみてください。...

補聴器の形状

補聴器の形状別、特徴と自分に合う補聴器を選ぶためのポイント補聴器の形状には、耳かけ形補聴器と耳あな形補聴器があります。この2つの特徴と違い、聞こえ方などをまとめ、ご自身に合う補聴器は、どれなのかをわかるように記載してみました。補聴器に関してしっかり理解したい方にオススメの内容です。...

補聴器の性能

補聴器の性能の基本と補聴器の性能グレード別、特徴のまとめ補聴器の性能には、聞こえを改善させる機能と聞こえを改善した後の問題を改善する機能に分かれます。性能の基本を理解するとともに、自分にあった性能別グレードを選ぶための特徴についてまとめてみました。...

補聴器の調整

聞こえの8割を決める補聴器の調整をうまく行かせる3つのポイント補聴器には、聴力に対し、補えると良い数値というのがあります。そこまで改善させることができると、聞きにくさを改善しやすくなります。そして、実際にどのようにすると、聞きにくさを改善しやすくなるのか。その点をまとめてみました。...

補聴器の適正

適切な補聴器を理解する補聴器評価ポイントまとめ補聴器の評価は、どのようにすれば良いのでしょうか。音の評価、操作の評価、考えられるものはたくさんあります。そして、それらを見るポイントは...

補聴器の効果を上げる思考

補聴器の効果をプラスαするための環境整備の思考補聴器を使う際に知っておきたい事の一つとして、環境の整備があります。 補聴器は、聞こえにくい状態を改善してくれるものの、残念ながら...

補聴器で改善した事例

補聴器の使い方

【初めての方へ】補聴器をスムーズに使うために覚えておきたい使い方初めて、補聴器を相談する方に対して、補聴器を使う上で必要な操作に関して、まとめてみました。これらのことができれば、補聴器をしっかり使用できるようになります。...

補聴器に慣れる

補聴器をつけると聞こえてくる音と補聴器に慣れる方法補聴器が初めての方のために補聴器を使用して聞こえてくる音となれる方法について記載しました。補聴器に慣れてくると、機械的な感覚も少しずつ楽になり、使いやすくなります。...

耳が痛くなる場合は?

補聴器を使っていて、耳に痛みを感じたら、早めのご相談を補聴器を使用していて、痛みを感じた場合の対応について記載してみました。痛みを感じた場合は、早々に補聴器屋さんに相談し、よりよくしてもらいましょう。...

耳から外れる場合は?

【快適に使うために】補聴器が耳から外れる場合の改善策まとめ補聴器が耳から外れてしまう。という場合に、どのようなことをして、改善していければ良いのか。こちらをまとめてみました。耳かけ形、耳あな形で異なりますので、その点に関しても記載しています。...

大きい音が辛い

聞こえる音が辛いという方へ送る3つのパターンとその改善方法補聴器を使用している方の中には、全体的に聞こえてくる音が辛い、聞こえてくる音がキツいという方がいます。補聴器を装用すると、機械で大きくし...

補聴器がハウリングする

補聴器を使っていて耳からピーピーなる音(ハウリング)を改善する方法補聴器を使用している時、たまにピーピーなる事があります。ハウリングという現象が起こると、そのようになるのですが、その音を止める方法についてまとめてみました。...
ABOUT ME
深井 順一
生まれつきの難聴者が対応している補聴器専門店、パートナーズ補聴器、代表。難聴の体でもなるべく人生を楽しめるように。という考えのもと、お店のサービスを考え、聞こえにくさにお悩みの方を補聴器で改善しています。お店の概要は、"当店の特徴"へ。お店に来た"お客様の改善事例は、こちら”。補聴器で改善する方法は"【まとめ】聴力別、補聴器で聞こえを改善させる方法”にまとめています。書いている人の詳細は、”書いている人のページ”。連絡先は、”お問い合わせページ"にあります。最近は、Yourtubeにて、動画による解説も始めました。
【お困りの方へ】適切に改善するための予約制の補聴器相談、実施中

当店は、東京都墨田区で生まれつきの難聴者が対応している補聴器専門店です。

当店では、適切に聞こえを改善する個室による予約制の補聴器相談を行なっています。

聞こえにくさが強くなってしまうと、人とコミュニケーションが取りづらくなってしまい、人と接しづらくなったり、うまく意思疎通ができず、生きづらさが募りやすくなってしまいます。

そのような聞こえにくい事による不便さをなるべく改善するために、当店では、予約制にして、しっかりと現状を把握し、今現在の状況をできる限り、改善するようにしています。

もし

  • 職場で聞きにくさに困る事がある
  • 聞きにくい事でうまく人とコミュニケーションしづらい
  • お使いの補聴器で不便なところがある

などありましたら、お気軽にご相談ください。

予約制となりますので、ご希望の方は、お問い合わせページより、ご連絡願います。

なお、当店の特徴やお客様の改善事例は、以下の通りです。また、補聴器による聞こえの改善方法に関しては【まとめ】聴力別、補聴器で聞こえを改善させる方法にまとめています。

お店の特徴を見るお客様の改善事例