補聴器の調整

生まれつき中等度難聴の私が、自分の聞こえを改善した方法(調整編)

さて、少し日が空いてしまったのですが、今回は、こちら。補聴器の調整編です。

補聴器の調整は、聞こえの改善の8割ほどしめるほど、重要な部分になります。

補聴器の調整とは、メガネで言えば、レンズの様なもので、聴力に応じて、周波数別にどのくらい補うのか。補聴器で、決めて、実際に改善していきます。

補聴器の調整に関しては、人により、考え方が変わりますが、こちらでは、私自身がどの様にして、改善していったのか。その点に関して、まとめていきます。

結論から記載しますと、私の場合は、自分の聞こえを可視化しながら、聞こえを改善していきました。

その理由は、補聴器を使用している状態というのは、自分自身でよくわからなかったためです。

自分の聞こえをどうよくするか

初めに、どの様に聞こえを改善していったか。という部分になるのですが、結論から、言いますと、私自身は、自分の聞こえを可視化しながら、聞こえを改善していきました。

補聴器の世界には、上記の様な補聴器を装用した状態を調べられる測定があります。

まるで聴力検査のように補聴器を使用した状態を調べることができます。補聴器あり、なしで調べることができ、それぞれの音の高さ別にどのように補えているのかを調べられます。まるで聴力検査のように補聴器を使用した状態を調べることができます。補聴器あり、なしで調べることができ、それぞれの音の高さ別にどのように補えているのかを調べられます。

それを使うと、どの様な聞こえになっているのか。その点を把握することができます。

そして、先ほどの数値ですが、おおよそ補えると良い数値があります。それと、現在の数値を比較することで、どのくらい補えているのか。どの周波数は、補えていて、どの周波数は、補えていないのか。というのもわかるようになります。わかりやすいですね。そして、先ほどの数値ですが、おおよそ補えると良い数値があります。それと、現在の数値を比較することで、どのくらい補えているのか。どの周波数は、補えていて、どの周波数は、補えていないのか。というのもわかるようになります。わかりやすいですね。

そして、おおよそではありますが、その測定を行った時に、どの部分が、どこまで改善していると、効果が得やすいか。というのも、概ねあります。

実際の私の補聴器の調整画面です。補聴器の調整では、だいたい、聴力に対し、概ね、補えると良い目標のラインがあります。それに対して、現状は、どうか。その部分も見ることができます。実際の私の補聴器の調整画面です。補聴器の調整では、だいたい、聴力に対し、概ね、補えると良い目標のラインがあります。それに対して、現状は、どうか。その部分も見ることができます。

今現在の補聴器は、上記の様に聴力ごとに、どのくらい改善すると良いかが補聴器の調整ソフトに出ていたりします。

その目標となる部分まで、改善させることができると、だいたい効果が出る部分まで、改善することが多く、この様に何か目標となるもの、改善指針となるものを理解しながら、改善していけると、聞こえにくさは、改善しやすくなります。

自分で可視化しながら改善した理由

私の場合、元々は、自分の感覚を頼りに補聴器で聞こえを改善していた時期がありました。

自分の聞こえは、自分にしかわからない。そして、自分にとって、スッキリ聞こえる。もしくは、自然に聞こえる様な状態が、良い状態なのではないか。と考えて、そのようにしていた頃があります。

これは、かれこれ、8、9年前の話で、私が23歳か、24歳くらいの時ですね。

ただ、自分の感覚に音を調整すると、だいたい、自分の聴力の様な調整状態になったりすることが多く、結局、そのまま音を増幅しているだけに過ぎない。ということに気がつく様になります。

例えば、これが私の聴力なのですが、見ていただきますと、低い音が高い音より、聞こえている状態です。

あくまでも調整イメージです。なお、結構、このようになっているお客さんは、みます。あくまでも調整イメージです。なお、結構、このようになっているお客さんは、みます。

補聴器も、低い音をよく補い、低下している高い音は、あまり補っていない。という、まさに聴力の様な状態で、補っている状況でした。

私の聴力の場合は、高い音が下がり、それにより、聞きにくくなっていたり、言葉がはっきりしづらい状況ですので、その部分をしっかり補ってあげることが、改善する上では、重要になってきます。高い音が聞こえないからそうなっているのに、実際にしていることは、真逆だったわけですね。私の聴力の場合は、高い音が下がり、それにより、聞きにくくなっていたり、言葉がはっきりしづらい状況ですので、その部分をしっかり補ってあげることが、改善する上では、重要になってきます。高い音が聞こえないからそうなっているのに、実際にしていることは、真逆だったわけですね。

普通に考えれば、高い音もしっかり補い、ちゃんと改善させることが重要なのですが、8、9年ほど前の私自身は、あまり、そのことに気がつかず、逆に言えば、その経験があったからこそ、感覚は、あてにならない。ということを学びました。

感覚で信じてよいのは、音が大きい、音が小さい。もしくは、聞こえてくる音が辛い、きつい。という部分だけで、どの部分が、ちゃんと補えていて、どの部分が、補えていないのかは、感覚だけでは、わからない。という事を経験しました。

そこから、私自身は、なるべく自分の状態を可視化する様にしていきました。

自分で可視化して、気が付いた事

可視化するツールには、わかりやすいものとして、上記の測定があります。

こちらで調べた内容が、上記のものです。これは、聴力検査の補聴器版の様なもので、どのくらい聞きやすくなっているのかを簡単に知る事ができます。

聴力検査の様に、聞こえ始めの部分だけしかわからないため、この測定だけで、全てを決めるのは、あまりオススメしないのですが、この測定をするだけでも、様々な事がわかる様になります。

音声が影響しやすいのは、概ね、500Hz〜2000Hzあたりになります。低い人の声ですと、250Hzも入ったりしますが、大半がこの範囲になります。ただ、この部分は、あげすぎると、ご自身の声も大きく聞こえるなど、バランスを考える必要がある部分でもあります。音声が影響しやすいのは、概ね、500Hz〜2000Hzあたりになります。低い人の声ですと、250Hzも入ったりしますが、大半がこの範囲になります。ただ、この部分は、あげすぎると、ご自身の声も大きく聞こえるなど、バランスを考える必要がある部分でもあります。

例えば、音声の部分は、概ね、この辺りが影響しやすく、なるべくその部分は、改善する様にしたり、

2000〜4000Hzは、アラーム系が多いです。例えば、体温計の音などは、4000hz付近が多いですね。体温計まで聞こえるようにするには、だいたい、3000Hz〜4000Hzが、45dBから40dBくらい必要になります。2000〜4000Hzは、アラーム系が多いです。例えば、体温計の音などは、4000hz付近が多いですね。体温計まで聞こえるようにするには、だいたい、3000Hz〜4000Hzが、45dBから40dBくらい必要になります。

高い音に入る2000〜4000Hzあたりは、一部の高い音。例えば、洗濯機の洗浄が終了した時に鳴らすアラームの音だったり、何か機械で動作するときの高い音だったりします。

その部分で、だいたい、40dBくらいまで改善していると、全体的に聞こえやすく、気づく音やわかる音が増えます。

補聴器の世界には、言葉の聞こえを調べるものもあります。語音明瞭度測定、語音弁別脳検査。という言い方をします。補聴器の世界には、言葉の聞こえを調べるものもあります。語音明瞭度測定、語音弁別脳検査。という言い方をします。

そして、補聴器の世界には、音声を流し、どのくらい聞き取れる様になったのか。を調べられる機器があるのですが、こちらに関しては、上記の様な表を使います。

声の大きさは、様々ですので、この辺りで、平均的に改善できていると、ベストになります。声の大きさは、様々ですので、この辺りで、平均的に改善できていると、ベストになります。

表の中で、重要になるのは、

  • 70dB:少し大きい声の方
  • 60dB:普通くらいの声の大きさ
  • 50dB:ちょっと小さい声の大きさ
  • 40dB:小さい声の方

これらですね。

声の大きさのレベルには、いくつかありますので、全体的に理解できる様になるとベストではあります。

先ほどの言葉の改善度ですが、この測定とある程度、改善度がリンクします。500〜2000Hzあたりが、35dBまで改善していると、50〜70dBでの改善値がよくなる傾向があります。そして、30dbまで改善していると、40dBの声も、改善しやすい傾向を感じています。先ほどの言葉の改善度ですが、この測定とある程度、改善度がリンクします。500〜2000Hzあたりが、35dBまで改善していると、50〜70dBでの改善値がよくなる傾向があります。そして、30dbまで改善していると、40dBの声も、改善しやすい傾向を感じています。

この理解度に関してですが、先ほどの音場閾値測定で、500〜2000Hzあたりが、35dBまで、改善できていると、50dB〜70dBまでの範囲が改善しやすく、500Hz〜2000Hzが、30dBまできていると、40dBの部分まで、改善しやすくなったりします。

この測定を行うことで、どの部分まで、改善すると、どの様な結果が得られるのか。は、おおよそではありますが、把握する事ができます。

だからと言い、むやみやたらに大きくすることは、オススメしないのですが、自分の状態を把握しながら、改善していけると、聞こえの改善は、非常にしやすくなることに気がつきました。

実際に把握しながら、聞こえの改善

そして、実際に自分でも、聞こえの改善をしていくのですが、私の場合は、この様にしています。

私の場合は、結構、平均的に聞こえを改善しています。一番初めに出ていたものが、私の聞こえの改善値です。私の場合は、結構、平均的に聞こえを改善しています。一番初めに出ていたものが、私の聞こえの改善値です。

私の場合は、なるべく聞こえる様になりたい。と、考えていますので、全体的に聞こえを改善しています。

音声の部分もそうですし、高い音のアラームや体温計の音、そういったものも、全体的に聞こえる様にしている状態ですね。

全体的に30dBくらいまで改善していると(厳密には、500Hz〜3000Hzくらいまでが30dB)、40dBくらいの小さい声でも、改善しやすくなりますので、この様にしています。

※ある程度、音を入れた際に言葉が理解できる方に限定されます。

言葉の理解度に関しては、こちらの通りです。結果だけ見ると、良い状態ですが、これでも、わかりづらい時は、わかりづらい時があります。ですので、あくまでも、補聴器の適正くらいにしか、私の場合は、使用していません。どうしても、感音性の難聴なため、周囲の環境の影響を受けやすい傾向があります。言葉の理解度に関しては、こちらの通りです。結果だけ見ると、良い状態ですが、これでも、わかりづらい時は、わかりづらい時があります。ですので、あくまでも、補聴器の適正くらいにしか、私の場合は、使用していません。どうしても、感音性の難聴なため、周囲の環境の影響を受けやすい傾向があります。

ちなみに言葉の測定に関しては、この通りです。数値だけ見ると、すごいことになっていますが、聞きにくい時は、聞きにくいです。

例えば、あまりにも低い声の人や元々、はっきり話さない方は、これでも、難しい時があります。しかし、その様な人以外の声は、概ね、わかるようになりました。

なお、騒がしい環境の場合は、補聴器単体だけだと難しいこともあり、自然と、耳を傾けて、なるべく、話している人に近づけて、聞く様にしています。

騒がしい環境下での聞こえは、元々補聴器での改善であった、騒がしければ、補聴器の低音域を下げる。というのもやってみたことはあるのですが、下げすぎたり、下げると、騒がしくなくても、音声の聞き取りの方にも影響が出たりするので、メリット、デメリットを考え、私の場合は、していません。

今現在は、騒がしい中での聞き取りをなるべく阻害されないようにする、指向性。という機能も、徐々によくなってきていますので、補聴器の音の調整で、ちょこまかする。というよりも、機能でよりよくする。というようになってきています。

そのため、私の場合は、聞こえの方を中心に改善し、上記のような状態にしました。

聞こえの調整に関するまとめ

私の場合は、この様にして聞こえの改善を行いました。

この業界に入った頃は、自分の耳の感覚に頼ったやり方をしていたのですが、そのようにするとするほど、こじれていき、自分の感覚ほど、あてにならない事を私の場合は、学びました。

一時期は、遠くの方が近くから話されるより、よく聞こえたり、音は、よくわかるけど、全然、はっきり言葉が聞こえなくなってしまう。など、様々な経験をしました。

その手痛い失敗があったからこそ、一つ、一つ、聞こえの状況を把握しながら、聞こえを改善していく手法になっていくのですが、目で見える形にし、把握しながら、改善していけると、聞きにくさは、改善しやすくなりました。

そのため、今現在は、聞こえを可視化して、把握しながら、一つ、一つ聞こえを改善しています。これは、自分の聞こえもそうですし、お客さんの聞こえも同様です。

幸いにも、補聴器の調整ソフトには、聴力ごとの改善目標の値があるのですが、その部分まで、改善させると、概ね、平均的に改善できる様になってきており、聞こえの改善度そのものも、徐々に、良くなってきています。

調整ソフトに入っている内容も、頭のいい、研究者が色々と考えて作っているものにはなりますので、その効果には、納得なのですが、感覚ではなく、測定で確認しつつ、ちゃんと補うべきところを補う。という至極当たり前のことをする様になってから、自分自身の聞こえも、改善できる様になってきました。

それをしても、感音性の難聴ともあり、聞きにくいこともあるのですが、補聴器の効果に関しては、納得していますし、補聴器で救われている部分も、私の場合は、多いです。

ということで、私の場合は、この様にして、聞こえを改善しました。

このページに関連する内容

聞こえの8割を決める補聴器の調整をうまく行かせる3つのポイント補聴器には、聴力に対し、補えると良い数値というのがあります。そこまで改善させることができると、聞きにくさを改善しやすくなります。そして、実際にどのようにすると、聞きにくさを改善しやすくなるのか。その点をまとめてみました。...
左右の聴力が違う場合の補聴器の調整と改善させるポイント左右の聴力が異なる場合、それぞれ別々の改善目標値があります。それを把握できるようにしつつ、聴力ごとの改善目標値まで聞こえを改善できると、聞こえを改善しやすくなります。その方法からどのようにしていければ良いかを記載してみました。...
両耳補聴の論文内容より左右差があるフィッティングを考える左右の聴力が異なる場合の改善方法に関して、補聴器の論文から改善を考えてみました。左右の聴力が異なる場合、いくつか注意点があります。その点に関してもまとめてみました。...
補聴器の慣れる、慣れないの問題と補聴器調整者ができる事補聴器における、慣れる、慣れないは、非常に難しい問題で、中には、補聴器の音に慣れない耳もあります。 そのため、私の場合は「補聴器の...
私がしている適切な補聴器を提供するためのPDCAの回し方私自身がより改善できるようになったのは、補聴器のPDCAの回し方を覚えてからになります。目標を決め、そこにたどり着く方法を考えて、改善すると、改善度や満足度は、上がるようになりました。...
補聴器を調整しすぎてわからなくなったら、一度、白紙に補聴器を調整する過程で、様々な事を行うと、何が良くて、何が悪いのか。時にわからなくなってしまうことがあります。 そのような場合は、...
補聴器の効果を測定するのは、仮説を検証するため補聴器の効果を調べるのは、仮説を検証するためです。どのように補ったら良いのか。実際に行なってみて、効果を調べる。そのようにすると、今行なっていることは、ちゃんと成果に繋がっているのか。確認することができます。...
補聴器におけるベント(空気穴)の概要と注意点補聴器のベントは、適量に空けられると、ベストですが、空けすぎると、逆効果になります。ベントの概要とその注意点に関して、まとめてみました。...
補聴器の評価がしづらい場合は、周りの方に聞いてみよう補聴器の評価は、自分では、なかなか難しいものです。こちらでは、3つの評価方法と周りの方にきく事のメリットに関して、お伝えしていきます。...

自分の状況を改善するシリーズ

補聴器での基本の改善思考

生まれつき中等度難聴の私が、自分の聞こえを改善した方法(自己紹介〜改善方針編)生まれつき中等度の難聴の私が、補聴器販売をしている知識で、どう改善していったのか。こちらに関して、載せていきます。まず初めは、自分の耳の状況から、改善の基本となる部分をまとめていきます。...

補聴器の形状をどう選んだか

生まれつき中等度難聴の私が、自分の聞こえを改善した方法(形状編)さて、前回、中等度難聴の私が自分の耳を改善するまで(基本〜改善方針編)を記載したのですが、次は、補聴器の形状について決めていきます。 ...

補聴器の性能をどう選んだか

生まれつき中等度難聴の私が、自分の聞こえを改善した方法(性能編)中等度難聴の私がどの様にして補聴器を決めたのか。その部分に関して、まとめて見ました。その性能編です。性能に関しては、色々ありますが、私は、スタンダードタイプを選んでいます。...

補聴器でどう調整し、どう改善させたか(←今、これ)

生まれつき中等度難聴の私が、自分の聞こえを改善した方法(調整編)中等度難聴の私が、どのように補聴器で聞こえを改善したのか。今度は、補聴器の調整版です。補聴器の調整は、いわば、聞こえの改善の核となる部分で、その部分に関して、包み隠さず、記載してみました。...

メーカーに関して、どう考えたか

生まれつき中等度難聴の私が、自分の聞こえを改善した方法(メーカー編)中等度難聴の私自身が、色々と補聴器を経験してみて、感じたことやメーカーに関する事を載せてみました。メーカーを選ぶ事は、確かに大切ですが、それ以上に、調整を煮詰める方が、個人的には、大事になってくると、経験上は、感じています。...

補聴器購入後のケアについて

聞こえを改善後は、ケアする事を覚えておこう補聴器を購入した後は、なるべくケア方法を知っておく事、そして、故障した際に直す方法を知っておくなど、しておけると、使いやすくなります。その部分に関して、まとめてみました。...

耳の事を伝える方法

耳の聞こえにくさを伝える大切さと、伝える2つの方法補聴器で聞こえを改善した際は、できれば、耳の事を伝えることもオススメします。補聴器は、耳の状況を全てよくできるわけではないこともそうですが、単に誤解が少なくなれば、周りの環境をよくすることに繋がるからです。...

難聴で悩みやすい対人関係を学べる本

私が選ぶ難聴の人に勧める対人関係に役立つ2+1つの本難聴の本質は、コミュニケーション障害です。聞きにくくなることにより、コミュニケーションが取りづらくなると、お話がしづらくなったり、コミュ...

仕事編:自分の特性を知る

ストレングスファインダーで自分の特性を知り、特性を活かすさて、次は、仕事編です。 今の社会、自分の体がどうなろうと、仕事をせずに生きていくのは、なかなか厳しい状況です。 聞こえにく...

仕事編:仕事でオススメする本

私自身が、仕事系でおすすめできる6つの本私自身、そこそこ本に関しては、読む様にしているのですが、若い頃、自分が、仕事を初めて、2〜3年くらい経過した時くらいに読んでおいたら、よ...

仕事編:耳のことは、伝える?

面接の時に耳の事を言うのか、言わないのか問題について耳が聞こえにくいことに関して、就職する際、どの様にしているのか。もしかしたら、気になる人も多いかもしれません。 私の場合は、耳の事...

人生観:ものの見方を広げる

私自身の価値観や物の視野を広げてくれた本7選私の場合、自分の視野を広げるために、なるべく本を読む様にしているのですが、その中でも、色々と得られた本に関して、ご紹介します。 色...
ABOUT ME
深井 順一・聞こえにくい人を支援する補聴器専門店
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。2019年で補聴器使用歴25年、補聴器販売歴10年。補聴器を使っている経験から、お店のサービスを考え、聞こえにくさにお悩みの方が、より良い生活が送れるよう支援しています。お店の内容は、"当店の特徴"へ。お店に来た"お客様の改善事例は、こちら"。書いている人の詳細は、”書いている人のページ”。連絡先は、”お問い合わせページ"にあります。
【お困りの方へ】聞こえのご相談、承っています。

当店は、東京都墨田区で生まれつきの難聴者が対応している補聴器専門店です。

補聴器を使っている人の視点で、お店のサービスを考え、聞こえにくさにお悩みの方がより良い生活が送れるよう、支援しています。

  • どこに相談したら良いかわからない
  • 別の場所で、うまくご相談ができなかった
  • ご自身のペースで一つずつ理解しながら補聴器のご相談をしたい

という方がいましたら、お気軽にご相談ください。

適切なご相談ができるよう時間をとってご対応させていただき(予約制)、補聴器のご説明から、日常生活〜職場で補聴器を試せるよう、補聴器の無料レンタルも行っています。

当店の特徴やお客様の改善事例は、以下の通りです。

お店の特徴を見るお客様の改善事例

ご希望の方は、お問い合わせページより、ご連絡願います。

お会いする機会がございましたら、よろしくお願い致します。

関連する記事
補聴器の調整

聞こえの8割を決める補聴器の調整をうまく行かせる3つのポイント

2018年10月10日
聞こえにくい人を支援する耳・補聴器ブログ
補聴器の調整は、聞こえの効果の8割を決めるほど、重要な部分になります。聞こえの改善度は、ほぼここで決まります。 基本的に補聴器は、聴力 …
補聴器の調整

補聴器の評価がしづらい場合は、周りの方に聞いてみよう

2014年7月3日
聞こえにくい人を支援する耳・補聴器ブログ
補聴器の評価は、意外にも自分自身では、しづらい部分があります。そのような場合は、周りの方に聞いてみると良かったりします。 周りの方は、 …
補聴器の調整

私がしている適切な補聴器を提供するためのPDCAの回し方

2019年5月18日
聞こえにくい人を支援する耳・補聴器ブログ
補聴器で聞こえを改善する上で、重要なものは、何か。もしくは、適切な補聴器を販売する上で、重要になるのものは、何か。 それをふと考えてい …