中等度難聴

中等度難聴の私が、自分の耳の聞こえを改善させるまで(性能編)

さて、先日は、形状に関して、記載しましたが、今回は、性能編です。

補聴器には、形状の他、性能を選ぶ要素があります。補聴器の選定は、形状と性能。この2つがあります。

こちらでは、性能によって何が異なるか、そして、どの様な違いが出てくるのかを記載するとともに、自分が選んだものに関して、記載していきます。

はじめに記載しますと、私の場合は、スタンダードの性能を選んでいます。その理由は、コストパフォーマンスに優れ、当時の自分としては、購入できる範囲内だったためです。

という事で、早速、記載していきます。

補聴器の性能とは

補聴器は、基本的に性能により、大きく金額が変化します。

こちらは、耳にかけるタイプの補聴器の金額表ですが、

こちらは、耳あな形補聴器の金額表です。形状による違いはありますが、それ以上に性能により、大きく金額が変化していることがわかります。

この金額による違いですが、まず、聞こえの改善は、どの様な補聴器でもできる様になっています。

違いは、聞こえを改善した後の問題を改善しやすい機能が入っていると、入っているほど、金額が高くなります。

その代表的なものですが、こちらになります。

聞こえを改善すると、色々な音が聞こえる様になり、騒がしいところでは、逆に周りの音が聞こえすぎて、聞きにくく感じてしまったり、補聴器で聞こえてくる一部の音が、不快に感じたりすることがあります。

騒がしい場合に、周囲の音を抑え、なるべく音声が邪魔されない様にしてくれたり、一部の気になりやすい音を抑制し、辛くなりにくくする機能が入っていると、入っているほど、金額が高くなります。

これが、性能の違いです。

金額ごとの傾向

こちらは、あくまでも私自身の方で扱っている補聴器の傾向ですが、この様になります。

私が購入した時期と今現在出ている製品の金額および、製品が違いますが、理解しやすくするために、おおよその共通部分に関して、記載していきます。

ファーストクラス

最も金額が高いランクで、周囲の音を抑制し、なるべく音声を邪魔されない様にする機能や気になりやすい音を抑制し、快適性を高めてくれる機能が、今現在できる技術で、最高峰のものを揃えているランクです。

主に騒がしい中での会話や聞き漏らしや聞き逃しなどを最大限、減らしたい方にオススメです。

なお、金額が金額ですので、実際に購入できる方は、かなり少なくなります。

ビジネスクラス

高性能にランクされるタイプで、こちらも周囲の音を抑制し、なるべく音声を邪魔されない様にする機能や、気になりやすい音を一通り抑えられる様にした、ランクです。

スタンダードタイプより、高性能のタイプとなり、良い補聴器が欲しい。と、お考えの方に合う補聴器のランクですね。

スタンダードクラス

大抵の場合において、平均的なランクが、スタンダードタイプになります。

聞こえを改善させる場合、一番重要になってくるのは、上記には、載っていない、チャンネル。という概念があるのですが、それをどの様な聴力でも対応できる様に、しっかり揃え、基本的な改善をしっかりできる様にしたタイプになります。

また、抑制機能に関しても、基本的なものを揃え、しっかりサポートしてくれるタイプでもあります。

主にコストパフォーマンスに優れているのが、このランクの特徴ですね。

エコノミータイプ

必要な部分のみ揃えた低価格帯のタイプです。しかし、聞こえを改善させるための機能は、少し削っているものの、それでも、なるべくちゃんと補える様にしているタイプになります。

抑制機能などは、上記のタイプに比べると、効果は、薄いのですが、聞こえの基本となる部分は、しっかり改善できる様にしているため、エッセンシャルと言われることもあります。

おまけ:ランク名が飛行機な訳

少し気になった方もいるかもしれませんが、私の場合、ランク名は、飛行機に例えることが多いです。

これは、補聴器は、飛行機と似ている部分が多いためですね。

飛行機は、ファーストクラスでも、エコノミークラスでも、到着する場所は、同じです。そこにたどり着く時間も同じで、違いは、快適に行けるか、それとも、少し狭い空間で、人が多いところで、過ごすか。という違いになります。

補聴器も同じで、ファーストクラスでも、エコノミークラスでも、聞こえの改善は、できる様になっています。(若干、改善値については、ファーストクラスの方がよくなりやすい傾向はあります)

しかし、補聴器を使った時に感じる音に関して、快適にしてくれる機能が入っているのか。それとも、良くも悪くも、そのまま音を聞くか。という違いになります。

補聴器と飛行機は、似ている部分がありますので、この様に記載しています。

私が選んだのは、スタンダードタイプ

私自身が選んだのは、スタンダードタイプです。

当時(6年ほど前)は、そのまま自分でお金を出して、購入しました。金額としては、46万でしたでしょうか。

この価格帯を選んだ理由ですが、まず、補聴器の聞こえは、この後、記載する補聴器の調整の部分が、8割ほど占めます。

そのため、性能の善し悪しは、確かにあるのですが、それ以上に調整の方が改善に関わる影響度が強いため、その調整そのものをしっかりできるものを選びました。

その部分だけを見た場合は、スタンダードクラスからかなりしっかりできる様になっており、それ以上は、過剰にできる状態になります。

それ以上の性能のもの、例えば、ビジネスクラス、ファーストクラスは、抑制機能が強く働き、聞こえてくる音の感覚を楽にしてくれたり、騒がしい中で、聞きにくくなりやすい環境下でも、なるべく聞きにくくならない様にしてくれる機能が入ることで、聞こえの改善を+αしてくれます。

そのため、金額を支払えるのであれば、それ以上でも大丈夫なのですが、補聴器の平均使用年数は、5〜6年であること、そして、自分自身が出せる金額の範囲を相談して、この価格帯に決めました。

私の場合は、この様に考えて、補聴器を決めました。

まとめ

さて、まとめになります。

補聴器は、性能により、金額が大きく変化します。

性能により、変化するのは、聞こえを改善した後の部分で、音が聞こえる様になることで、周囲の音に音声が邪魔されてしまったり、一部の不快に感じやすい音を抑制し、なるべく聞きにくくならない様にしたり、快適に使いやすい様にしてくれます。

それが、金額により、変化します。

私の場合は、聞こえの改善部分を優先的に考え、かつ、出せる金額も制限があったため、スタンダードのものを選びました。

スタンダードのものは、補聴器の調整のコアとなる部分がしっかり揃っていますので、聞こえの改善が、しやすくなるためです。

自分の状況を改善するシリーズ

補聴器での基本の改善思考

中等度難聴の私が自分の耳を改善するまで(基本〜改善方針編)生まれつき中等度の難聴の私が、補聴器販売をしている知識で、どう改善していったのか。こちらに関して、載せていきます。まず初めは、自分の耳の状況から、改善の基本となる部分をまとめていきます。...

補聴器の形状をどう選んだか

中等度難聴の私が聞こえを改善させるまで(形状編)さて、前回、中等度難聴の私が自分の耳を改善するまで(基本〜改善方針編)を記載したのですが、次は、補聴器の形状について決めていきます。 ...

補聴器の性能をどう選んだか(←今、これ)

中等度難聴の私が、自分の耳の聞こえを改善させるまで(性能編)中等度難聴の私がどの様にして補聴器を決めたのか。その部分に関して、まとめて見ました。その性能編です。性能に関しては、色々ありますが、私は、スタンダードタイプを選んでいます。...

補聴器でどう調整し、どう改善させたか

中等度難聴の私が自分の耳の聞こえを改善するまで(調整編)中等度難聴の私が、どのように補聴器で聞こえを改善したのか。今度は、補聴器の調整版です。補聴器の調整は、いわば、聞こえの改善の核となる部分で、その部分に関して、包み隠さず、記載してみました。...

メーカーに関して、どう考えたか

中等度難聴の私が自分の耳の聞こえを改善するまで(メーカー編)中等度難聴の私自身が、色々と補聴器を経験してみて、感じたことやメーカーに関する事を載せてみました。メーカーを選ぶ事は、確かに大切ですが、それ以上に、調整を煮詰める方が、個人的には、大事になってくると、経験上は、感じています。...

補聴器購入後のケアについて

聞こえを改善後は、ケアする事を覚えておこう補聴器を購入した後は、なるべくケア方法を知っておく事、そして、故障した際に直す方法を知っておくなど、しておけると、使いやすくなります。その部分に関して、まとめてみました。...

耳の事を伝える方法

耳の聞こえにくさを伝える大切さと、伝える2つの方法補聴器で聞こえを改善した際は、できれば、耳の事を伝えることもオススメします。補聴器は、耳の状況を全てよくできるわけではないこともそうですが、単に誤解が少なくなれば、周りの環境をよくすることに繋がるからです。...

難聴で悩みやすい対人関係を学べる本

私が選ぶ難聴の人に勧める対人関係に役立つ2+1つの本難聴の本質は、コミュニケーション障害です。聞きにくくなることにより、コミュニケーションが取りづらくなると、お話がしづらくなったり、コミュ...

仕事編:自分の特性を知る

ストレングスファインダーで自分の特性を知り、特性を活かすさて、次は、仕事編です。 今の社会、自分の体がどうなろうと、仕事をせずに生きていくのは、なかなか厳しい状況です。 聞こえにく...

仕事編:仕事でオススメする本

私自身が、仕事系でおすすめできる6つの本私自身、そこそこ本に関しては、読む様にしているのですが、若い頃、自分が、仕事を初めて、2〜3年くらい経過した時くらいに読んでおいたら、よ...

仕事編:耳のことは、伝える?

面接の時に耳の事を言うのか、言わないのか問題について耳が聞こえにくいことに関して、就職する際、どの様にしているのか。もしかしたら、気になる人も多いかもしれません。 私の場合は、耳の事...

人生観:ものの見方を広げる

私自身の価値観や物の視野を広げてくれた本7選私の場合、自分の視野を広げるために、なるべく本を読む様にしているのですが、その中でも、色々と得られた本に関して、ご紹介します。 色...
ABOUT ME
深井 順一
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者で補聴器を使っている事、補聴器の販売を行っている事、この二つの視点で、ブログを書いています。書いている人の詳細は、”書いている人のページ”こちらをどうぞ。また、連絡先は、”お問い合わせページにあります。
【お悩みの方へ】補聴器のご相談、無料トライアル行なっています

当店は、東京都墨田区で生まれつきの難聴者が対応している補聴器専門店です。補聴器使用者の視点も含めて、補聴器のご相談や聞きにくさの改善について、承っています。

主に

  • どこに相談したら良いかわからない方
  • 別の場所で、うまくご相談ができなかった方
  • ご自身のペースで一つずつ理解しながら補聴器のご相談をしたい方

などいらっしゃいましたら、お気軽にご相談ください。

ご自身の状況に合わせた聞こえの改善相談をさせていただき、補聴器の無料トライアルを通じて、日常生活から、職場で実際にご体験いただけます。

当店の特徴については、以下の通りです。お店の特徴以外に、実際にお客様をどのように改善したかの事例もまとめています。

なお、聞こえの改善に関しては、聴力別、聞こえを補聴器で改善させる方法まとめに、まとめています。

お店の特徴を見るお客様の改善事例