中等度難聴

中等度難聴の私が自分の耳の聞こえを改善するまで(メーカー編)

補聴器を選ぶ上で、形状、性能などの部分の他に、厳密には、補聴器メーカーというのもあります。

私自身は、今現在、フォナックの補聴器を使用しています。

それは、フォナック自体の補聴器の良さを自分なりに評価している事。そして、測定結果から、自分の聴力や耳の状況を改善できている事を確認できているためです。

こちらでは、メーカーをどう選んだか。ではなく、自分が色々なメーカーを体験してみて感じた事や、思った事に関して、まとめていきます。

一つの考えとして、ご参考にしてみてください。

補聴器メーカーの種類とメーカー選びより、重要な二つのポイントメーカーの種類については、日本で主となる7種類をまとめています。そして、メーカー選びより、重要になる補聴器のご相談に関してもまとめてみました。...

なお、補聴器メーカーに関しては、こちらにまとめています。

中等度難聴の私が自分の耳の聞こえを改善するまで(調整編)中等度難聴の私が、どのように補聴器で聞こえを改善したのか。今度は、補聴器の調整版です。補聴器の調整は、いわば、聞こえの改善の核となる部分で、その部分に関して、包み隠さず、記載してみました。...

そして、補聴器の効果の部分も出てくるため、補聴器の調整の部分がわからないと、少しわかりづらいかもしれません。予め、こちらをご覧いただく事をオススメします。

私の補聴器歴

はじめに私自身の補聴器使用歴ですが、

  • 小学2年生の頃、ワイデックスの耳あな補聴器
  • 中学校2年生の頃、オーティコンの耳かけ補聴器
  • 専門学生の頃、ワイデックスの耳かけ補聴器
  • 社会人の頃、フォナックの補聴器
  • 今現在、フォナックの補聴器

このようになります。

小学2年生の頃に初めて、ワイデックスの補聴器の耳あな形補聴器を購入し、度重なる紛失のため(最終的に3回紛失……)、小学5年生の頃にワイデックスの耳かけ形を購入します。

その後、買い替えで、中学生の頃にオーティコンの耳かけ補聴器にするのですが、この頃、買い換えたものが、合わず、オーティコンの耳かけは、そのまま使用せず。

専門学生の頃に、ワイデックスの耳かけを購入し、それを左側に装用し、当時、使用しなかったオーティコンの補聴器を使用するようになり、右側に装用。

この頃の聞こえは、今思うと、本当にひどく、左側は、低い音が中心に聞こえるのに対し、右側は、高い音が中心に聞こえる。という、わけのわからない状態でした。

社会人になると、補聴器販売店に就職したこともあり、耳の事や補聴器の事を自分で理解できるようになった事で、ここで、ようやく、それなりに改善できるようになります。

その時に使用していたのが、フォナックの補聴器です。

そして、今現在もフォナックの補聴器で、私自身の場合は、聞こえを改善しています。

自分で補聴器メーカーを使ってみて、感じた事

私自身も色々なメーカーがあるので、どれが自分に合うのか。その点を自分の耳に試したり、自分なりにではありますが、調べてみたことがあります。

その結果、感じたことは、

  • 聞こえの感覚は、メーカー毎に確かに違う
  • 最終的な聞こえの改善値は、似たり寄ったり

になる事を私の場合は、感じました。

まず、前提としてですが、

補聴器の場合、このように聴力を入れると、改善すると良い部分があり、その部分まで、改善できると、概ね良い状態になります。

補聴器は、対応する周波数を選び、そこを上下すると、その部分だけ、音を大きくしたり、小さくしたりができるようになります。つまり、ある程度は、自由に調整できるようになっている。という事ですね。補聴器は、対応する周波数を選び、そこを上下すると、その部分だけ、音を大きくしたり、小さくしたりができるようになります。つまり、ある程度は、自由に調整できるようになっている。という事ですね。

そして、基本的に補聴器は、周波数別に自由に調整できるようになっています。

そのため、どのような状況で、試したのか。が不明確ですと、メーカー毎に試したと言っても【何を試したのか】が、よくわからなくなってしまいます。

特に最近の補聴器は、自由に調整ができる幅が大きくなってきており、聞こえを改善していく上で、「ここが大きく感じる」「この部分が小さく感じる」と要望通りに微調整してしまうと、どのメーカーでも、徐々に似たような音になってきます。

補聴器の調整は、自由度が高くなると、高くなるほど、調整も自由に変えられてしまうため、何と比較したのか、よくわからなくなりがちです。そのため、メーカー同士で違いをなるべくわかりやすくするために、メーカーが推奨する調整にして、比較していました。補聴器の調整は、自由度が高くなると、高くなるほど、調整も自由に変えられてしまうため、何と比較したのか、よくわからなくなりがちです。そのため、メーカー同士で違いをなるべくわかりやすくするために、メーカーが推奨する調整にして、比較していました。

これらの事から、ある程度、明確にするため、あくまでもそのメーカーが推奨する調整で試し、どのように変わるのか。その点に関して、調べてみる事にしました。

その結果ですが、確かにメーカー毎に聞こえてくる音の感覚は、違います。

低めの音から中音域の音を大きくするメーカー。音の迫力を出すためか、大きい音まで、結構、大きくするメーカー。言葉の聞こえをなるべく改善させるために、高音域を補い、可聴性をなるべくあげるメーカー。これらを感じました。

そして、耳の感覚だけでは音を感じる感覚しかわからず、自分が感じる音に関して、そんなに違和感がないのか。かなり違和感を感じ、きつく感じるのか。という部分しかわからないため、測定を行い、数値化していきます。

その結果をみると、メーカーの特徴的なものが出ることもありますが、おおよそ、似たり寄ったりの改善値で、言葉の理解度も、多少の前後は、あるものの、際立って、良いメーカー、際立って、悪いメーカーは、ありませんでした。

※音場での語音明瞭度測定も、音場閾値測定も、少々ブレるため、その部分を考慮すると、そこまで、際立って良いメーカーは、ありませんでした。

ここからは、実際にお客様の対応をしていて感じたことですが、それ以上に、どのメーカーでも、ちゃんとご自身の聴力に対し、補う事をすることの方が、聞こえの改善値としては、上に行きやすく、その部分の方が、重要ではないかと、個人的に評価するようになります。

※自分の耳にメーカーを試したのは、フォナック、ワイデックス、オーティコン、GNリサウンド、スターキーになります。今より、6、7年前に実際にどうなんだろう?と疑問を感じ、試してみました。

私がフォナックにした理由

私がフォナックの補聴器を使っている理由は、一つしかなく、フォナックの補聴器は、可聴性に優れるためです。

今現在、中等度難聴ほどであれば、30dB、35dBくらいまで改善できるようになってきています。そこまで、改善できると、少し声の小さい方でも、改善しやすくなり、よりよくなる傾向があります。今現在、中等度難聴ほどであれば、30dB、35dBくらいまで改善できるようになってきています。そこまで、改善できると、少し声の小さい方でも、改善しやすくなり、よりよくなる傾向があります。

今現在、フォナックの補聴器で聞こえを改善していくと、改善値が、35dBから、30dBくらいまで改善できるようになってきています。

音声の大きさには、いくつかありますが、30dBくらいまで改善できると、小さい声の方(40dB)も、改善しやすくなりますので、広い範囲で改善しやすくなります。音声の大きさには、いくつかありますが、30dBくらいまで改善できると、小さい声の方(40dB)も、改善しやすくなりますので、広い範囲で改善しやすくなります。

これは、測定しながら感じている事ですが、この30dBくらいまで改善できるようになってくると、小さい声の人の音声も理解しやすくなり、広い範囲で、聞こえの改善が、しやすくなってきます。

正常の人の範囲は、0〜25dbになります。その部分に結構、近く、改善できるようになってきました。正常の人の範囲は、0〜25dbになります。その部分に結構、近く、改善できるようになってきました。

この数値は、聴力に換算すると、わかりやすいかもしれません。

聴力における正常値は、0〜25dBになり、そこの部分に近く勢いで、今現在、改善値が徐々によくなって来ている状態ですね。

正直、改善値がよくでやすい傾向があるため、試聴や補聴器を調整する際は、騒がしくなりすぎないか、注意する必要があるのですが、最終的に得られる効果、潜在的なポテンシャルという意味では、高い状態ですので、こちらを使用しています。

私の今現在の聞こえ。自分では、それなりに聞こえるようになっているように感じています。私の今現在の聞こえ。自分では、それなりに聞こえるようになっているように感じています。

少し前にあげた、こちらの調整の内容でも記載しましたが、こちらは、現にフォナックの補聴器で、上記のように聞こえを改善しています。

もちろん、私自身、感音性の難聴ですので、そこまでしても、聞こえにくい方は、いますし、わからないこともあります。

しかし、自分自身の耳の状態を今現在、できる限り、改善したい。という要望には、答えてくれています。

まとめ

私自身がフォナックの補聴器にした理由から、自分がどのような事を経験してきたのか、その点に関して、記載してみました。

私の場合は、小学校2年生の頃から補聴器を使用していますので、いくつか、メーカーを試してきています。

その経験からすると、どのメーカーにするかを煮詰めるより、どのように自分の聞こえを改善するか。調整の方を煮詰めたり、ご自身の聞こえの状態を把握しながら、一つ、一つ改善していくことの方が、聞こえの改善度としては、良くなる傾向を感じています。

現に私自身の聞こえも、補聴器販売店に入る前に購入したものより、自分で自分の聞こえを把握しながら、ちゃんと改善させるべきところを把握しつつ、一歩、一歩、改善している現在の方が、改善度は、高くなっています。

実際には、前の補聴器の記録がないため、厳密には、比較できていないのですが、そのように感じていますね。

ということで、何かお役に立てば、幸いです。

自分の状況を改善するシリーズ

補聴器での基本の改善思考

中等度難聴の私が自分の耳を改善するまで(基本〜改善方針編)生まれつき中等度の難聴の私が、補聴器販売をしている知識で、どう改善していったのか。こちらに関して、載せていきます。まず初めは、自分の耳の状況から、改善の基本となる部分をまとめていきます。...

補聴器の形状をどう選んだか

中等度難聴の私が聞こえを改善させるまで(形状編)さて、前回、中等度難聴の私が自分の耳を改善するまで(基本〜改善方針編)を記載したのですが、次は、補聴器の形状について決めていきます。 ...

補聴器の性能をどう選んだか

中等度難聴の私が、自分の耳の聞こえを改善させるまで(性能編)中等度難聴の私がどの様にして補聴器を決めたのか。その部分に関して、まとめて見ました。その性能編です。性能に関しては、色々ありますが、私は、スタンダードタイプを選んでいます。...

補聴器でどう調整し、どう改善させたか

中等度難聴の私が自分の耳の聞こえを改善するまで(調整編)中等度難聴の私が、どのように補聴器で聞こえを改善したのか。今度は、補聴器の調整版です。補聴器の調整は、いわば、聞こえの改善の核となる部分で、その部分に関して、包み隠さず、記載してみました。...

メーカーに関して、どう考えたか(←今、これ)

中等度難聴の私が自分の耳の聞こえを改善するまで(メーカー編)中等度難聴の私自身が、色々と補聴器を経験してみて、感じたことやメーカーに関する事を載せてみました。メーカーを選ぶ事は、確かに大切ですが、それ以上に、調整を煮詰める方が、個人的には、大事になってくると、経験上は、感じています。...

補聴器購入後のケアについて

聞こえを改善後は、ケアする事を覚えておこう補聴器を購入した後は、なるべくケア方法を知っておく事、そして、故障した際に直す方法を知っておくなど、しておけると、使いやすくなります。その部分に関して、まとめてみました。...

耳の事を伝える方法

耳の聞こえにくさを伝える大切さと、伝える2つの方法補聴器で聞こえを改善した際は、できれば、耳の事を伝えることもオススメします。補聴器は、耳の状況を全てよくできるわけではないこともそうですが、単に誤解が少なくなれば、周りの環境をよくすることに繋がるからです。...

難聴で悩みやすい対人関係を学べる本

私が選ぶ難聴の人に勧める対人関係に役立つ2+1つの本難聴の本質は、コミュニケーション障害です。聞きにくくなることにより、コミュニケーションが取りづらくなると、お話がしづらくなったり、コミュ...

仕事編:自分の特性を知る

ストレングスファインダーで自分の特性を知り、特性を活かすさて、次は、仕事編です。 今の社会、自分の体がどうなろうと、仕事をせずに生きていくのは、なかなか厳しい状況です。 聞こえにく...

仕事編:仕事でオススメする本

私自身が、仕事系でおすすめできる6つの本私自身、そこそこ本に関しては、読む様にしているのですが、若い頃、自分が、仕事を初めて、2〜3年くらい経過した時くらいに読んでおいたら、よ...

仕事編:耳のことは、伝える?

面接の時に耳の事を言うのか、言わないのか問題について耳が聞こえにくいことに関して、就職する際、どの様にしているのか。もしかしたら、気になる人も多いかもしれません。 私の場合は、耳の事...

人生観:ものの見方を広げる

私自身の価値観や物の視野を広げてくれた本7選私の場合、自分の視野を広げるために、なるべく本を読む様にしているのですが、その中でも、色々と得られた本に関して、ご紹介します。 色...
ABOUT ME
深井 順一・聞こえを改善する補聴器専門店
補聴器を売るお店ではなく、聞こえを改善する補聴器専門店、パートナーズ補聴器、代表。2019年で補聴器使用歴25年、補聴器販売歴10年。補聴器使用者の視点も含めた聞こえの改善相談をしている人です。このブログは、補聴器を使っている事、補聴器を販売している事、この2つの視点で記載しています。書いている人の詳細は、”書いている人のページ”。連絡先は、”お問い合わせページ"にあります。
【聞こえにお悩みの方へ】補聴器のご相談、無料トライアル承っています

当店は、東京都墨田区で生まれつきの難聴者が対応している補聴器専門店です。補聴器使用者の視点も含めて補聴器のご相談や聞きにくさの改善について、承っています。

主に

  • どこに相談したら良いかわからない
  • 別の場所で、うまくご相談ができなかった
  • ご自身のペースで一つずつ理解しながら補聴器のご相談をしたい

という方がいましたら、お気軽にご相談ください。

ご自身の状況に合わせた聞こえの改善相談を行い、無料トライアルにて、日常生活〜職場で実際に補聴器をご体験いただけます。

ご希望の方は、お問い合わせページより、ご連絡願います。

当店の特徴や行なっている改善、お客様の改善事例は、以下の通りです。

なお、聞こえの改善方法に関しては、8つの聴力別、補聴器で聞こえを改善する方法まとめに、記載しています。

お店の特徴を見るお客様の改善事例

関連する記事
中等度難聴

中等度難聴者の補聴器販売員が自分の耳を補聴器で改善した方法

2018年5月16日
2つの視点でよくする耳・補聴器ブログ
私自身、補聴器の販売をしているのですが、補聴器を販売していると、自分の耳に関しては、どのように良くしたのですか?とたまに聞かれることがありま …