中等度難聴

中等度難聴の私が聞こえを改善させるまで(形状編)

さて、前回、中等度難聴の私が自分の耳を改善するまで(基本〜改善方針編)を記載したのですが、次は、補聴器の形状について決めていきます。

私自身は、両耳とも中等度の難聴なのですが、自分の耳の状況から、耳かけ形の補聴器にしています。

こちらでは、補聴器の選び方の部分となる種類、形状に関してまとめていくと共に、どのように自分で、決めたのか。その点に関して、まとめていきます。

補聴器の形状(種類)

補聴器には、上記の通り、いくつか、形状があります。

形としては、耳にかけるタイプ

そして、耳の中に入れるタイプです。

どの補聴器にも、必ず、対応する聴力が書かれています。その内容をしっかり把握することが大切です。どの補聴器にも、必ず、対応する聴力が書かれています。その内容をしっかり把握することが大切です。

まず、これらのものですが、形状ごとに、使用できる聴力が異なります。

私自身は、中等度の難聴になりますので、耳にかけるタイプであれば、この中から。

そして、耳あな形補聴器の場合は、この範囲が、対象になります。

補聴器で重要な点は、まず、ご自身の聴力を補えるものを選ぶことです。

私の場合は、耳かけ形なら、この範囲から

耳あな形の場合は、この範囲から選ぶことが大切。ということですね。

耳かけ形補聴器と耳あな形補聴器の違い

では、実際にこの2つの違いは、どこにあるのか。というところになるのですが、大きな違いは、使った時の手軽さと、使用した感覚です。

はじめに耳あな形補聴器の特徴ですが、このようになります。

音を拾う範囲が、耳かけ形補聴器より、少し狭いせいか。それにより、騒がしい環境下だと、邪魔されにくい傾向があります。音を拾う範囲が、耳かけ形補聴器より、少し狭いせいか。それにより、騒がしい環境下だと、邪魔されにくい傾向があります。

聞こえに関しては、このような傾向があります。

耳あな形補聴器の特徴は、耳の中に補聴器が入るため、メガネやマスクといった耳にかかるものの邪魔にならない事です。

また、電話をする際にも、そのまま使用できますので、手軽に使うことができます。

他、耳あな形補聴器の場合は、耳の形を採取して、作る製品ですので、スポーツやよく体を動かす方などでも、しっかり固定でき、安定して使うことができます。

耳あな形補聴器の中には、このように耳の中に入って目立ちにくい補聴器もあります。こちらは、CIC補聴器になります。(読み方は、そのままシーアイシー補聴器です)耳あな形補聴器の中には、このように耳の中に入って目立ちにくい補聴器もあります。こちらは、CIC補聴器になります。(読み方は、そのままシーアイシー補聴器です)

一部の製品は、耳の中にそのまま入り、目立ちにくい。というのもあり、耳あな形補聴器は、基本的に、今までの感覚で、そのまま改善したい。という方に好まれます。

次は、耳かけ形補聴器になります。

耳かけ形補聴器は、スタンダード的な形状とあり、どのような人にも安心して使えるようにしているのが、大きな特徴です。

耳かけ形補聴器の聞こえの感覚は、このようになります。

耳の上に補聴器が乗っているせいか。後方も前方も含め、広く聞こえる傾向があります。

また、耳かけ形補聴器は、耳の上に乗るため、メガネやマスクの邪魔に少し感じやすいのですが、耳を塞ぐ感覚が、耳あな形補聴器に比べ、楽になりますので、耳に装用した感覚は、楽にできます。

この点が大きいですね。

補聴器は、耳に装用すると、耳の中が塞がれるため、自分の声が大きく感じたり、内側で響くような感覚を感じます。

その感覚は、耳あな形の方が大きく、中には、耳あな形補聴器だと、かなり気になってしまう方もいます。

そのような感覚を感じにくくし、使いやすくしたのが、耳かけ形補聴器になります。これは、使用した感覚の部分ですね。

ですので、補聴器を使用した感覚は、楽なものがいい。基本的な操作は、一通りでき、オーソドックスなタイプがいい。という場合は、耳かけ形の方が、オススメです。

ただ、考えなければならないのは、電話です。

耳にかけるタイプですと、人によっては、電話が少ししづらい方がいますので、その部分は、実際に今現在の状況で、電話をよくするのか。どのくらい重要度が高いのか。は、働いている方の場合は、把握した上で、補聴器の選定をしていく必要があります。

私の場合は、耳かけ形補聴器を選択

結論から記載しますと、私が選んだのは、耳かけ形補聴器です。

実は、私の場合は、小学校の頃から使用しているのですが、耳あな形補聴器も耳かけ形補聴器もどちらも使用しています。

私の場合は、飴耳で、さらに耳垢が多いタイプですので、そのような耳に耳あな形補聴器を使用すると、耳垢詰まりにより、補聴器が結構な頻度で、聞きにくくなってしまいます。

この形状も使用していましたが、耳垢詰まりが多く、私の場合は、耳かけ形補聴器に変更しました。この形状も使用していましたが、耳垢詰まりが多く、私の場合は、耳かけ形補聴器に変更しました。

昔は、無理して、耳あな形補聴器を使用していたのですが、耳垢詰まりが多くなり、そこから、耳かけ形補聴器に変更しました。

私の場合は、電話に関しては、今現在の環境では、補聴器なしでも、電話の受話器の音が大きいせいか、そのまま聞こえます。

もちろん、補聴器を使用した状態でも電話はできるのですが、職場の電話や、スマホでも、補聴器なしで聞くことができます。

さらに、メガネは、確かにかけているのですが、別にそんなに邪魔になることもありませんので、そのまま耳かけ形補聴器を使用しています。

上記には、邪魔になる傾向があることを記載しましたが、全員が全員邪魔になるわけではありません。

補聴器の形状は、自分で補聴器を試しながら、決めていけると、ご自身の状況を把握しながら、決めていくことができますので、補聴器の特徴を自分なりに理解しながら、選べると、ベストですね。

RIC補聴器の場合、耳あな形補聴器と同じ欠点があるため、私の場合は、標準タイプを使用しています。RIC補聴器の場合、耳あな形補聴器と同じ欠点があるため、私の場合は、標準タイプを使用しています。

なお、耳かけ形には、RIC(リック)と呼ばれるタイプと標準タイプが存在します。

私が選んでいるのは、標準タイプで、RICタイプの場合、耳あな形と同じく耳垢詰まりが多くなるため、選んでいません。

この聴力で問題になりやすい電話について

私の場合は、そこまで問題にならないのですが、人によっては、職場でよく電話をとる。もしくは、電話が聞きにくい。という部分は、あるかと思います。

まず、全体的な対応方法は、

  • 補聴器なしで、電話をとる(電話が聞こえる場合)
  • 補聴器ありで電話をとる
  • 外部機器を通して、電話をとる

の3つがあります。

補聴器なしで、電話をとる(電話が聞こえる場合)

補聴器なしの状態でも、電話に関して、そのまま聞こえるのであれば、そのまま取っていただいても大丈夫です。

私の場合は、今現在は、こちらの方に該当します。

この場合は、補聴器の選定もあまり影響を受けませんので、電話のところは、考えずに、補聴器選定を考えれば、大丈夫ですね。

補聴器ありで電話をとる

しかし、電話が聞き取りにくい。という場合は、オススメの形状としては、耳あな形補聴器になります。

上記の通り、耳あな形補聴器は、今までの感覚で、そのまま電話に出れますので、楽に使うことができます。

耳かけ形補聴器の場合は、上に音を拾うマイクがありますので、受話器を少し上にずらして、お話する必要があります。(マイク付近で、音が出るようにする)

こちらに関しては、できれば、耳かけ形補聴器では、電話はどうなのか。耳あな形補聴器では、電話は、どうなのか。試せると、心強いですね。

耳かけ形補聴器でも、問題なく使用できれば、それを込みで考えれば大丈夫ですし、仮に耳かけ形だと難しい、手間がかかる。やりづらい。という場合は、耳あな形補聴器で考えていけると、改善しやすくなります。

外部機器を使って、電話をとる

電話の場合は、電話の音声をそのまま大きくする道具もあります。

テレアンプ。という道具です。電話機に取り付けて使う機器になります。テレアンプ。という道具です。電話機に取り付けて使う機器になります。

例えば、問題になりやすいのは、固定電話だったりしますが、仮に固定電話側を少し加工しても良いのであれば、上記のようなテレアンプ。という製品があります。

テレアンプⅢの使用例

自立コムより引用

これは、電話機に繋げることで、

中心にダイヤルがあるのですが、その部分で、音量を操作することができます。

これをつけると、電話の音がだいぶ大きくできますので、補聴器を外し、それをつけて、電話する。という改善方法もあります。(もちろん、補聴器をつけてお話しても大丈夫です)

注意点は、職場の電話であった場合、このような道具をつけても大丈夫なのか。その確認が必要な事です。

つけられると、結構、楽に聞くことができます。私の場合は、前の職場は、これをつけて、対応していました。

このような改善方法があります。

まとめ

さて、まとめになります。

補聴器の形状は、基本的にどのような補聴器の種類でも、補える聴力が決まっています。

ご自身の聴力が補えるものを選ぶのが大切です。

さらに、形状による特徴は、上記の通りです。自分自身、どこを重視するのか。その点で、決められれば、良いかと思います。

聞こえの部分は、概ね、両方とも同じで、感じる感覚は、少し異なります。ただ、全体的に評価すると、両方とも同じくらいでしょうか。得意な場所が違う。というのが、感じる印象ですね。

私の場合は、耳かけ形補聴器にしました。その理由は、使う上で全く問題なく、かつ、自分の場合は、耳あな形補聴器より、使いやすいためです。

耳かけ形補聴器の場合は、働いている場合、電話が特にネックになりやすいのですが、私の場合は、幸いにも、補聴器なしでも聞こえるため、そこは、ネックになっていません。

そのような理由から、今現在も、耳かけ補聴器を使用しています。

自分の状況を改善するシリーズ

補聴器での基本の改善思考

中等度難聴の私が自分の耳を改善するまで(基本〜改善方針編)生まれつき中等度の難聴の私が、補聴器販売をしている知識で、どう改善していったのか。こちらに関して、載せていきます。まず初めは、自分の耳の状況から、改善の基本となる部分をまとめていきます。...

補聴器の形状をどう選んだか(←今、これ)

中等度難聴の私が聞こえを改善させるまで(形状編)さて、前回、中等度難聴の私が自分の耳を改善するまで(基本〜改善方針編)を記載したのですが、次は、補聴器の形状について決めていきます。 ...

補聴器の性能をどう選んだか

中等度難聴の私が、自分の耳の聞こえを改善させるまで(性能編)中等度難聴の私がどの様にして補聴器を決めたのか。その部分に関して、まとめて見ました。その性能編です。性能に関しては、色々ありますが、私は、スタンダードタイプを選んでいます。...

補聴器でどう調整し、どう改善させたか

中等度難聴の私が自分の耳の聞こえを改善するまで(調整編)中等度難聴の私が、どのように補聴器で聞こえを改善したのか。今度は、補聴器の調整版です。補聴器の調整は、いわば、聞こえの改善の核となる部分で、その部分に関して、包み隠さず、記載してみました。...

メーカーに関して、どう考えたか

中等度難聴の私が自分の耳の聞こえを改善するまで(メーカー編)中等度難聴の私自身が、色々と補聴器を経験してみて、感じたことやメーカーに関する事を載せてみました。メーカーを選ぶ事は、確かに大切ですが、それ以上に、調整を煮詰める方が、個人的には、大事になってくると、経験上は、感じています。...

補聴器購入後のケアについて

聞こえを改善後は、ケアする事を覚えておこう補聴器を購入した後は、なるべくケア方法を知っておく事、そして、故障した際に直す方法を知っておくなど、しておけると、使いやすくなります。その部分に関して、まとめてみました。...

耳の事を伝える方法

耳の聞こえにくさを伝える大切さと、伝える2つの方法補聴器で聞こえを改善した際は、できれば、耳の事を伝えることもオススメします。補聴器は、耳の状況を全てよくできるわけではないこともそうですが、単に誤解が少なくなれば、周りの環境をよくすることに繋がるからです。...

難聴で悩みやすい対人関係を学べる本

私が選ぶ難聴の人に勧める対人関係に役立つ2+1つの本難聴の本質は、コミュニケーション障害です。聞きにくくなることにより、コミュニケーションが取りづらくなると、お話がしづらくなったり、コミュ...

仕事編:自分の特性を知る

ストレングスファインダーで自分の特性を知り、特性を活かすさて、次は、仕事編です。 今の社会、自分の体がどうなろうと、仕事をせずに生きていくのは、なかなか厳しい状況です。 聞こえにく...

仕事編:仕事でオススメする本

私自身が、仕事系でおすすめできる6つの本私自身、そこそこ本に関しては、読む様にしているのですが、若い頃、自分が、仕事を初めて、2〜3年くらい経過した時くらいに読んでおいたら、よ...

仕事編:耳のことは、伝える?

面接の時に耳の事を言うのか、言わないのか問題について耳が聞こえにくいことに関して、就職する際、どの様にしているのか。もしかしたら、気になる人も多いかもしれません。 私の場合は、耳の事...

人生観:ものの見方を広げる

私自身の価値観や物の視野を広げてくれた本7選私の場合、自分の視野を広げるために、なるべく本を読む様にしているのですが、その中でも、色々と得られた本に関して、ご紹介します。 色...
ABOUT ME
深井 順一
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者で補聴器を使っている事、補聴器の販売を行っている事、この二つの視点で、ブログを書いています。書いている人の詳細は、”書いている人のページ”こちらをどうぞ。また、連絡先は、”お問い合わせページにあります。
【お悩みの方へ】補聴器のご相談、無料トライアル行なっています

当店は、東京都墨田区で生まれつきの難聴者が対応している補聴器専門店です。補聴器使用者の視点も含めて、補聴器のご相談や聞きにくさの改善について、承っています。

主に

  • どこに相談したら良いかわからない方
  • 別の場所で、うまくご相談ができなかった方
  • ご自身のペースで一つずつ理解しながら補聴器のご相談をしたい方

などいらっしゃいましたら、お気軽にご相談ください。

ご自身の状況に合わせた聞こえの改善相談をさせていただき、補聴器の無料トライアルを通じて、日常生活から、職場で実際にご体験いただけます。

当店の特徴については、以下の通りです。お店の特徴以外に、実際にお客様をどのように改善したかの事例もまとめています。

なお、聞こえの改善に関しては、聴力別、聞こえを補聴器で改善させる方法まとめに、まとめています。

お店の特徴を見るお客様の改善事例