バイクロスを使う・慣れる

バイクロス補聴器をスムーズに使うために覚えておきたい4つの事

バイクロス補聴器に関して、初めてだったり、補聴器のご相談自体が初めての場合、補聴器屋さんでは、試聴から初め、補聴器を耳に合わせていくことが多いです。

その際ですが、予め、どのような使い方をするのか。どう使うものなのか。を簡単にでも知っておけると、スムーズに使用できたり、試聴や相談自体もしやすくなります。

こちらでは、初めて、バイクロス補聴器について相談する方のために、予め、スムーズに使うために覚えておきたいことをまとめていきます。

そんなに難しい動作はありませんので、イメージだけでも掴めれば幸いです。

バイクロス補聴器の使い方

基本的にバイクロス補聴器で一番初めに試すことが多いのは、

このような耳にかけるタイプになります。

バイクロス補聴器を含む、補聴器には、耳にかけるタイプと耳の中に入れるタイプの2つがあります。

しかし、耳の中に入れるタイプは、使用する人の耳の形を採取して、作る補聴器なため、試聴の段階では、使うことができません。

バイクロス補聴器の基本ですが、基本的に電池で動作します。

クロス側、補聴器側の2つがありますが、どちらを先に電源入れても、動作するようになっています。

この部分に電池が入っているのですが、

蓋を閉めると電源ON、蓋を開けると電源OFFになります。蓋を閉めると電源ON、蓋を開けると電源OFFになります。

電源を入れ、

そして、耳につけます。

補聴器には、何かしら操作できるボタンがあります。その部分を操作することにより、音を変えることができるようになっています。補聴器には、何かしら操作できるボタンがあります。その部分を操作することにより、音を変えることができるようになっています。

バイクロス補聴器の場合、音量を操作したりできるのですが、この部分で、音を大きくしたり、小さくしたりすることができます。

バイクロス補聴器の場合、補聴器側をより聞こえるようにするのか。クロス側(聞こえない耳側)をより聞こえるようにするのかのバランスを変えることができます。ただ、基本的には、変えない方が良いものではあります。バイクロス補聴器の場合、補聴器側をより聞こえるようにするのか。クロス側(聞こえない耳側)をより聞こえるようにするのかのバランスを変えることができます。ただ、基本的には、変えない方が良いものではあります。

また、こちらは、そんなに操作する方は、少ないのですが、クロス側の音と補聴器側の音の比率を変えられたりもします。

バイクロス補聴器の場合は、基本的に変えない方が改善しやすい傾向がありますので、変えることは、ほとんどないのですが、このような事もできたりします。

基本的な使い方は、補聴器とクロス側の電源を入れ、耳に装用する。

そして、音が大きすぎたりした際に音をボリュームで下げたり、聞きにくくて、音をあげたり、というのができるようになっています。

これが、バイクロス補聴器です。

バイクロス補聴器で覚える操作は、4つ

バイクロス補聴器を使う上で覚える操作は

  • 電池の入れ切り
  • 補聴器のつけ外し
  • 音量の操作
  • 電池の交換方法

の4つしかありません。

これらさえ覚えれば、一通り使用できます。

電池の入れ切り

バイクロス補聴器を含む、補聴器は、電池を入れて、使用します。

この部分に電池が入っているのですが、蓋を閉めると、電源ON、蓋を開けると電源OFFになります。

使用するときは、電源ONにして使用し、夜寝る前やバイクロス補聴器を外した際には、電源OFFにします。

クロス側、補聴器側がありますが、どちらを先に電源を入れても大丈夫です。

しばらくすると(両方とも電源が入り、1〜2秒すると)両方とも通信しはじめ、補聴器側にクロス側の音が入ってくるようになります。

もちろん、切る際も、どちらが先でも構いません。

この部分は、自由にできるようになっています。

補聴器のつけ外し

電源を入れられたら、次は、補聴器のつけ外しです。

補聴器を付ける場合は、基本的に耳の上(裏)にまず、補聴器本体をのせ、そのあと、耳の中に入る部分を入れる方が、入れやすくなります。

外す時も、同じ手順で、補聴器本体を初めに耳から外し、その後、耳の中に入っているものを外します。

このようにする事で、つけ外しすることができます。

この部分は、写真ではわかりにくいため、実際に補聴器販売店に伺った際に、実演してもらいながら、やってもらえるとわかりやすいですね。

なお、こちらもクロス側、補聴器側、どちらが先でも、後でも構いません。

どちらも動作した段階で、同期が始まり、使えるようになります。

音量の操作

できれば、初めて補聴器を使う方、もしくは、バイクロス補聴器を使う方の場合は、音量の操作方法も覚えておけると良いです。

補聴器の場合、このようなスイッチがついており、こちらを使って音量を操作できる機器が多くあります。

補聴器によっては、こちらのように右側が音量をあげる、左側が音量を下げる、という補聴器もあります。

補聴器を耳につけた状態で、音量の操作ができると、自由に音量を変えられるようになります。

特に初めの場合は、聞こえを改善して、良くも悪くも色々な音が入りやすい状態です。

バイクロス補聴器で聞こえを改善すると、遠くの音も聞こえるようになりますし、細かい物音が聞こえるようになります。

さらに、元々、全く聞こえない側からも音が入り、わかるようになるますので、一気に聞こえる音の範囲が広がります。

それらがそこまで辛くならないのであれば良いのですが、一気に入ることにより、疲れてしまったり、辛く感じる方がたまにいます。

そのため、そのような際に音を下げられたりできると、楽にバイクロス補聴器を使うことができます。

自分で音量をある程度、操作できると、グッと使用できる幅が広がりますので、こちらは、オススメの設定で、かつ、初めから操作できると、良い部分の一つです。

電池の交換方法

バイクロス補聴器は、基本的に電池で動きます。

※最近、充電式も出てきましたが、こちらでは、ボタン電池の方で説明していきます。

そのため、電池がなくなった場合は、電池を外し、新しい電池を入れ直す必要があります。

交換方法は、簡単です。基本的に電池には、表(平らな面、プラス極)

裏(溝がある面、マイナス極)があります。

この平らな面側の表を上にして、交換するだけになります。これで電池の交換はできます。

交換の頻度は、短いものは、5日に一回、長いものですと、2週間に一度は、交換します。

バイクロス補聴器は、クロス側と補聴器側の2つがあります。それぞれ、電池の消費が少し異なります。バイクロス補聴器は、クロス側と補聴器側の2つがあります。それぞれ、電池の消費が少し異なります。

また、クロス側、補聴器側がありますが、クロス側の方が、少し電池の消費が早いです。

ですので、交換頻度は、クロス側の方が多くなります。

なお、電池交換のタイミングですが、今現在の補聴器は、電池がなくなりかけると、アラームを鳴らしてくれます。

ここからが重要なのですが、バイクロス補聴器の場合、片耳しか聞こえない(片耳で両耳分の音を聞いている)ため、クロス側、補聴器側、両方の電池アラームの音が聞こえます。

そして、これらのアラームの音は、別々の音になっています。同じ音にしてしまうと、どちらが切れているのか、わからなくなってしまうためですね。

補聴器屋さんでは、補聴器のアラームの音を聞けますので、こちらで、予め、聞いておけると交換の際にわかりやすくなります。

機種により、音が違いますので、この場では、なんとも言えないのですが、クロス側と補聴器側は、違う音がする。というところだけでも覚えておけると、いざ、交換しようと思った際に、対応しやすくなります。

バイクロス補聴器の操作のまとめ

バイクロス補聴器を使用する場合は、この4つの部分さえ覚えておければOKです。

一番初めは、特に耳につける事に関し、難しく感じるかもしれませんが、こちらは、やっているうちに慣れてきます。

そして、使用している際に音が辛く感じたり、きつく感じた時のために、音量を操作できるようになっておけるとベストです。

これらの部分ができるようになると、試聴の際や実際に貸し出ししてもらい、日常生活で補聴器を使う際もよりしっかり試せるようになりますので、この4つだけ、頭の中に入れておけるとスムーズに使いやすくなります。

ABOUT ME
深井 順一・聞こえを改善する補聴器専門店
補聴器を売るお店ではなく、聞こえを改善する補聴器専門店、パートナーズ補聴器、代表。2019年で補聴器使用歴25年、補聴器販売歴10年。補聴器使用者の視点も含めた聞こえの改善相談をしている人です。このブログは、補聴器を使っている事、補聴器を販売している事、この2つの視点で記載しています。書いている人の詳細は、”書いている人のページ”。連絡先は、”お問い合わせページ"にあります。
【聞こえにお悩みの方へ】補聴器のご相談、無料トライアル承っています

当店は、東京都墨田区で生まれつきの難聴者が対応している補聴器専門店です。補聴器使用者の視点も含めて補聴器のご相談や聞きにくさの改善について、承っています。

主に

  • どこに相談したら良いかわからない
  • 別の場所で、うまくご相談ができなかった
  • ご自身のペースで一つずつ理解しながら補聴器のご相談をしたい

という方がいましたら、お気軽にご相談ください。

ご自身の状況に合わせた聞こえの改善相談を行い、無料トライアルにて、日常生活〜職場で実際に補聴器をご体験いただけます。

ご希望の方は、お問い合わせページより、ご連絡願います。

当店の特徴や行なっている改善、お客様の改善事例は、以下の通りです。

なお、聞こえの改善方法に関しては、8つの聴力別、補聴器で聞こえを改善する方法まとめに、記載しています。

お店の特徴を見るお客様の改善事例