働く

面接の時に耳の事を言うのか、言わないのか問題について

耳が聞こえにくいことに関して、就職する際、どの様にしているのか。もしかしたら、気になる人も多いかもしれません。

私の場合は、耳の事を伝えてきました。これは、就職する際だけではなく、アルバイトの時も同様です。

耳の事を伝えると、それにより、採用されないのではないか。その様な不安を感じるのもわかりますが、私の場合は、伝えずに入った後に、変にこじれる方が嫌だったため、伝える派になります。

こちらに関して、私自身が感じる事、そして、実際に経験してきたことを記載していきます。

私は、伝える派

冒頭で全て記載してしまいましたが、私の場合は、就職の時、以外にもアルバイトの時も耳が聞こえにくい事は、伝えていました。

伝え方としては、「耳が聞こえにくくて、聞こえる様にするために、補聴器をつけています。騒がしい時とか、何かに集中している時は、気がつかない時もありますが、この様にお話は、できます」と、伝えていました。

私の場合は、アルバイトを高校2年生の時から行なっており、良くも悪くも、就職する前に、ある意味、アルバイトで練習みたいな感じで面接は、何度か行なっていました。

そのため、「こんな風に伝えればいいんだな」と言うのを掴みつつ、面接などは、していました。

なお、アルバイトは、飲食店(めしや丼(今現在は、やよい軒))、ダイソー(100均)で、働いたことがあり、就職先は、補聴器販売店でしたが、それ以外に内定は、食品メーカー、後もう一つあり、3ついただいていた状態です。

耳の事を伝えるとどうなる?

あくまでも、これは、私自身が感じた事ですが、人事の人も、アルバイトの時の面接官も、そこまで、耳に関して、聞かれたか。と言われますと、そんなに聞かれることはありませんでした。

相手に言われる前に耳が聞こえにくい事、そして、それをなるべくよくするために補聴器をつけている事。それらを聞かれる前に伝えたせいか、耳の事については、聞かれた記憶がほとんどありません。

会社さんによっては、逆に「配慮が必要な場合などは、ありますか?」と言う問いをいただくこともありましたが、「なんだかんだ、この様にお話できるので、特には、大丈夫です」とは、伝えていました。

正直、この部分に関しては、仕事内容や職場環境、そして、聴力によっても変わってくるため、一概には、言えない部分もありますが、耳に関しては、その程度、だと思います。

それよりも、相手(面接官)が聞きたいと思う事に対し、ちゃんと答えたり、誤魔化さず、しっかりと伝える。と言うことの方が、私にとっては、重要の様に感じました。

耳の事を伝える事の論点は

こちらの論点は、耳の事を伝えた方が良い部分と伝えると悪い部分をどう考えるか。と言う事になります。

当時の事ですので、そこまで私自身が考えていたわけではありませんが、耳の事を伝える事について、悪い部分は、上記の心配事でしょうか。それにより、落とされる。不利に働く。という部分ですね。

ただ、私の場合、それ以上に、耳の事を隠して、入って、あとで、色々と言われることの方が、正直、嫌だったので、耳の事を伝えている部分はあります。

これは、初めてアルバイトで採用された高校2年生の時の経験ですが、耳の事をお伝えして、飲食店で採用されました。

面接に関しては、お店の店長さんがしてくださり、その方は、耳の事を理解してくださったので、聞き間違えたとしても、ちゃんと伝えてくれたりしてくれましたので、私は、非常にやりやすかったのを覚えています。

もちろん、わからない時は、自分から聞きに行ったりもしていました。この点に感しては、今でも、本当に感謝しています。

しかし、その状況は、長くは続かず、その店長さんが他の支店に移動になった後、新しく来た店長さんとあまりうまく行かなくなり、周囲の協力も得られなくなり、どんどん環境が悪くなり、そのままアルバイトは、やめる事になります。

ここで経験したのは、耳の事を理解してもらえている環境は、働きやすいのですが、それがなくなった瞬間、かなり厳しい環境に陥ってしまう事です。

私の場合、一番初めに、聞こえにくい人には、ハードルが高い飲食を選んでいるので、その部分がもろに出てしまったのですが、この部分に関しては、今となっては、良い勉強になっています。

耳の事を理解してもらえている環境>耳のことが難しい環境

私の場合は、上記の経験が、かなり強く根付いているため、耳のことを理解してもらえる環境、もしくは、耳のことがあまり影響しない環境を考え、上記の様にしています。

正直なことを言いますと、耳のことがあまり影響しない環境は、ほぼ無理で、人は、人と会話しながら、コミュニケーションを取るのが一般的です。

であれば、せめて、耳の事は、伝えて自分でもやっていける様な。ある程度でも良いので、理解を得つつ、仕事できる様な環境に行くことが重要だと思っています。

これも、論点で記載した通りですが、理解が得られていないところで働いたり、後から、言われるのが、嫌なため、初めに伝えておく。私の場合は、この様に考えて、耳の事は、伝えています。

なお、耳の伝え方に関しては、少し記載しましたが、聞こえにくい。だけではなく、聞こえにくいけど、この様にして、なるべく改善する様にしている。と言う様な事を言えるとベストですね。

私の場合は、「耳が聞こえにくいので、補聴器を使ってなるべくお話を理解できる様にしています」と伝えていました。

今思えば、高校生にしては、良い返答をしていた様に思います。

まとめ

上記に記載した通りですが、耳の事について伝えなくでも大丈夫な環境であれば、いいですが、そうでない環境であれば、個人的には、伝えた方が良いと思っています。

あくまでも個人的に感じている事ですが、そこまで、耳の事を言うだけで、落とされる。というのは、恐らく、ないのではないか。と感じています。

もちろん、私も色々なところに面接に行き、落ちていますが、思い返してみれば、面接官のお話の意図を掴めず、変に話した事やしっかり聞きたい部分をうまく伝えられなかったり、誤魔化したりした事があったため、耳以外の要素で、落ちているのでは?と感じる事がほとんどでした。

私の場合は、あとでとやかく言われたくない。と言う部分だけで耳については、伝えていました。

自分の状況を改善するシリーズ

補聴器での基本の改善思考

生まれつき中等度難聴の私が、自分の聞こえを改善した方法(自己紹介〜改善方針編)生まれつき中等度の難聴の私が、補聴器販売をしている知識で、どう改善していったのか。こちらに関して、載せていきます。まず初めは、自分の耳の状況から、改善の基本となる部分をまとめていきます。...

補聴器の形状をどう選んだか

生まれつき中等度難聴の私が、自分の聞こえを改善した方法(形状編)さて、前回、中等度難聴の私が自分の耳を改善するまで(基本〜改善方針編)を記載したのですが、次は、補聴器の形状について決めていきます。 ...

補聴器の性能をどう選んだか

生まれつき中等度難聴の私が、自分の聞こえを改善した方法(性能編)中等度難聴の私がどの様にして補聴器を決めたのか。その部分に関して、まとめて見ました。その性能編です。性能に関しては、色々ありますが、私は、スタンダードタイプを選んでいます。...

補聴器でどう調整し、どう改善させたか

生まれつき中等度難聴の私が、自分の聞こえを改善した方法(調整編)中等度難聴の私が、どのように補聴器で聞こえを改善したのか。今度は、補聴器の調整版です。補聴器の調整は、いわば、聞こえの改善の核となる部分で、その部分に関して、包み隠さず、記載してみました。...

メーカーに関して、どう考えたか

生まれつき中等度難聴の私が、自分の聞こえを改善した方法(メーカー編)中等度難聴の私自身が、色々と補聴器を経験してみて、感じたことやメーカーに関する事を載せてみました。メーカーを選ぶ事は、確かに大切ですが、それ以上に、調整を煮詰める方が、個人的には、大事になってくると、経験上は、感じています。...

補聴器購入後のケアについて

聞こえを改善後は、ケアする事を覚えておこう補聴器を購入した後は、なるべくケア方法を知っておく事、そして、故障した際に直す方法を知っておくなど、しておけると、使いやすくなります。その部分に関して、まとめてみました。...

耳の事を伝える方法

耳の聞こえにくさを伝える大切さと、伝える2つの方法補聴器で聞こえを改善した際は、できれば、耳の事を伝えることもオススメします。補聴器は、耳の状況を全てよくできるわけではないこともそうですが、単に誤解が少なくなれば、周りの環境をよくすることに繋がるからです。...

難聴で悩みやすい対人関係を学べる本

私が選ぶ難聴の人に勧める対人関係に役立つ2+1つの本難聴の本質は、コミュニケーション障害です。聞きにくくなることにより、コミュニケーションが取りづらくなると、お話がしづらくなったり、コミュ...

仕事編:自分の特性を知る

ストレングスファインダーで自分の特性を知り、特性を活かすさて、次は、仕事編です。 今の社会、自分の体がどうなろうと、仕事をせずに生きていくのは、なかなか厳しい状況です。 聞こえにく...

仕事編:仕事でオススメする本

私自身が、仕事系でおすすめできる6つの本私自身、そこそこ本に関しては、読む様にしているのですが、若い頃、自分が、仕事を初めて、2〜3年くらい経過した時くらいに読んでおいたら、よ...

仕事編:耳のことは、伝える?(←今、これ)

面接の時に耳の事を言うのか、言わないのか問題について耳が聞こえにくいことに関して、就職する際、どの様にしているのか。もしかしたら、気になる人も多いかもしれません。 私の場合は、耳の事...

人生観:ものの見方を広げる

私自身の価値観や物の視野を広げてくれた本7選私の場合、自分の視野を広げるために、なるべく本を読む様にしているのですが、その中でも、色々と得られた本に関して、ご紹介します。 色...
ABOUT ME
深井 順一・聞こえにくい人を支援する補聴器専門店
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。2019年で補聴器使用歴25年、補聴器販売歴10年。補聴器を使っている経験から、お店のサービスを考え、聞こえにくさにお悩みの方が、より良い生活が送れるよう支援しています。お店の内容は、"当店の特徴"へ。お店に来た"お客様の改善事例は、こちら"。書いている人の詳細は、”書いている人のページ”。連絡先は、”お問い合わせページ"にあります。最近は、Yourtubeにて、動画による解説も始めました。
【お困りの方へ】個室による予約制の補聴器相談、実施中

当店は、東京都墨田区で生まれつきの難聴者が対応している補聴器専門店です。

只今、適切に聞こえを改善する個室による予約制の補聴器相談、実施中です。日常生活で試せるよう補聴器の貸出、試聴も、無料で行なっています。

  • 以前、別のところでうまくご相談ができなかった方
  • 近くに安心して相談できるお店が見当たらない方
  • 補聴器の事を相談したいけれども不安がある方

などいましたら、お気軽にご相談ください。

予約制となりますので、ご希望の方は、お問い合わせページより、ご連絡願います。

なお、当店の特徴やお客様の改善事例は、以下の通りです。また、補聴器による聞こえの改善方法に関しては【総合】聴力別、補聴器で聞こえを改善する方法まとめにまとめています。

お店の特徴を見るお客様の改善事例

関連する記事
働く

「嫌われる勇気」与えられたものをどう使うかの実例

2015年12月10日
聞こえにくい人を支援する耳・補聴器ブログ
アドラー心理学に関して記載された「嫌われる勇気」アドラー心理学のブームの火付け役にもなっており、大きなヒットとなりました。私自身がこの本を読 …
働く

仕事は難聴の強みを活かすか弱みが少ないところか

2015年12月13日
聞こえにくい人を支援する耳・補聴器ブログ
難聴という強みを活かすか、その弱みが少ないところにするか、こちらをご覧になっている方は、どちらを選択されますでしょうか?私は、自身の経験から …
働く

聞こえにくい人が働くうえで重要なのは、コモディティ化しない事

2016年3月25日
聞こえにくい人を支援する耳・補聴器ブログ
ほぼ全ての人に共通する事といえば働く事。聞こえにくい人が働くうえで重要なのは、コモディティ化しない事だよなぁ……と個人的には、しみじみ思いま …