低音性難聴を補聴器で改善

低音性難聴に合う補聴器と聞こえを改善させる4つのポイント

低い音が聞こえづらくなる低音障害の難聴(低音性難聴)を改善するポイントは、補聴器でご自身の聴力を改善させると良い部分まで改善させる事。そして、補う上で問題となる高域の問題点を把握する事。この2つになります。

低音が聞きにくくなる低音性難聴の方は、今までかなり改善が難しい部類でした。

しかし、補聴器での改善度も少しずつ上がってきたことから、今現在、徐々に改善できる幅も広がってきています。

こちらでは、低い音が聞こえづらい低音障害の方を改善するために

  1. 聞こえを改善させる補聴器の補い方
  2. 低音障害を改善しやすい補聴器の種類(形状)
  3. 補聴器の性能の理解
  4. 低音障害を改善するための補聴器の調整

これらについて、まとめていきます。

実際に改善した症例もありますので、聞きにくさにお悩みの方は、参考にしてみてください。

低音性難聴を改善させるための聞こえの補い方

補聴器で聞こえを改善していく際、はじめに行うのは、耳の確認です。耳の状況により、改善方法、より良くさせる方法は、変化します。

その際に使われる測定ですが、主には、

  • 聴力検査:どのくらい聞こえを補ったら良いかの確認
  • 語音明瞭度測定:どの耳に補聴器を装用したら良いかの確認

の2つを行います。

感音性難聴は、内耳と呼ばれる部分が悪化して聞きにくくなる難聴です。基本的には、老人性難聴、生まれつきの感音性難聴、メニエール病、突発性難聴、低音障害など、実に多くのものが、感音性難聴の部類になります。感音性難聴は、内耳と呼ばれる部分が悪化して聞きにくくなる難聴です。基本的には、老人性難聴、生まれつきの感音性難聴、メニエール病、突発性難聴、低音障害など、実に多くのものが、感音性難聴の部類になります。

難聴になり、治らないために、補聴器で聞こえを改善していく人は、ほとんどが感音性難聴になります。

感音性難聴の特徴は、

  • 音が聞こえにくくなる
  • 言葉がわかりづらくなる

の2つがあります。

それぞれの障害のレベルを見るのが、先ほど紹介した検査(測定)2つになります。

耳の世界には、語音明瞭度測定、というものがあり、こちらを行うと、補聴器を装用する事で、効果が出せる耳なのか。を調べる事ができます

低音性難聴の方の場合、測定を行うと、良い結果を得られることが、圧倒的に多いです。低音性難聴の方の場合、測定を行うと、良い結果を得られることが、圧倒的に多いです。

実際に調べた図がこちらになります。結果の見方は、最良の数値を判断材料にし、50%以上であれば、補聴器の効果が見込める。と、なります。

上記の場合は、両耳とも数値が良い状態ですので、両耳に装用して、聞こえを改善していくのが、最良の改善方法です。

このような場合、厳密には、

  • 両耳とも補聴器を装用して、聞こえを改善する
  • 片耳だけ補聴器を装用して、聞こえを改善する

の2つの方法があります。

両耳と片耳で大きく異なるのは、騒がしいところでの聞きやすさや聞こえない側(補聴器をつけていない側)からの声が聞きにくくなる事です。両耳と片耳で大きく異なるのは、騒がしいところでの聞きやすさや聞こえない側(補聴器をつけていない側)からの声が聞きにくくなる事です。

両耳と片耳の違いは、このようになります。

この2つの違いは、騒がしい中での聞こえや複数の人とのお話の時の違いになります。

それにプラスして、補聴器をつけている側は、聞こえやすくなるのですが、つけていない側は、今までと同じように聞きにくいままで、変わりません

静かな環境しかいない。という場合は、片耳だけで良いかもしれません。

しかし、職場で仕事をしている際に聞きにくさを感じる。少し騒がしくなると聞きにくさを感じる。というケースでは、片耳だけですと、改善がしづらい部分が出てきます。

低音性難聴の方の場合は、潜在的な聞こえの改善度が高い傾向があるため、その能力を活かすようにしてあげたほうが、聞こえの改善は、しやすくなります。低音性難聴の方の場合は、潜在的な聞こえの改善度が高い傾向があるため、その能力を活かすようにしてあげたほうが、聞こえの改善は、しやすくなります。

さらに低音性の難聴の方は、元々の明瞭度がかなり良い方が多いため、できる限り、両耳装用をして、聞こえの改善度をあげる努力をした方が、その分、聞きにくさの改善は、しやすくなります。

片側だけ、非常に低い。という事がない限り、両耳に装用し、しっかりと、聞きにくさを改善できる状態にした方が、最終的な聞こえの改善度は、高くなります

【難聴改善の基本】両耳とも聞きにくい耳を補聴器でよくする改善思考補聴器で聞こえを改善させていく際に重要になるのは、どのように改善すると良いかの基本的な改善の部分です。耳には、聴力以外にも言葉がどれだけ理解できるのか。といいう部分があります。耳の状況を理解した上で、その耳がもっとも改善できる方法を選ぶのが大切です。...

低音性難聴に合う補聴器の種類(形状)

補聴器には、いくつか形状(種類)があります。どの補聴器も補える聴力。というものがあります。補聴器には、いくつか形状(種類)があります。どの補聴器も補える聴力。というものがあります。

補聴器には、いくつか形状があります。

はじめに結論から記載しますと、低音が聞きにくい方で補聴器を選ぶ場合、注意したいのは、実質、改善しやすい補聴器は、RIC(リック)補聴器になる事です。

高音域がある程度(40dB、50dB)まで下がっている場合は、別ですが、仮に高い音が正常の範囲内(0〜25dBまでは、正常の範囲です)だった場合は、その部分の影響度を抑えながら、改善できる補聴器を探していく必要があります。

補聴器には、予め、補える聴力が決まっている

上記には、まず、補聴器の全体像を記載しました。

こちらを見ていただくと、補聴器の種類には、

  • 耳にかけて使用する耳かけ形補聴器
  • 耳の中に入れて使用する耳あな形補聴器

の2つがあります。

聴力だけで見た場合、低音難聴の方が対象になるのは、耳かけ形補聴器ですと、この範囲内。

耳あな形補聴器ですと、主にこの範囲内になります。

低音性難聴を補いやすいのは、RIC(リック)補聴器

さて、ここからさらに記載していくのですが、まず、結論から記載しますと、低音障害型感音難聴を補いやすいのは、RIC補聴器(リックほちょうき)です。

RIC補聴器とは、細いワイヤーを使った小型の補聴器です。今現在、多くの種類、出荷台数を誇る補聴器でもあります。RIC補聴器とは、細いワイヤーを使った小型の補聴器です。今現在、多くの種類、出荷台数を誇る補聴器でもあります。

RIC補聴器とは、このような形状をした補聴器になります。

低音障害の方を補う上で、重要になるのは、高い音を聞きにくくならないようにすることです。高い音は、補いにくく、かつ、耳を塞ぐと、聞きにくくなってしまうため、その部分の影響を最小限に抑え、聞こえる状態にしていくことが、大切です。低音障害の方を補う上で、重要になるのは、高い音を聞きにくくならないようにすることです。高い音は、補いにくく、かつ、耳を塞ぐと、聞きにくくなってしまうため、その部分の影響を最小限に抑え、聞こえる状態にしていくことが、大切です。

これは、以下の補聴器の調整に記載する内容になるのですが、まず、低音障害の方は、高い音の聞こえが良いため、この高い音の聞こえている数値をなるべく落とさないようにすることが大切です。

補聴器の中でも特に耳を埋めるタイプの耳あな形補聴器は、高い音が下がりやすく、2000〜4000Hzが聞こえている方(20dBとか10dBなど)は、なるべく影響を受けにくいRIC補聴器で、影響を最小限にした方が聞こえの改善度は上がりやすくなります。補聴器の中でも特に耳を埋めるタイプの耳あな形補聴器は、高い音が下がりやすく、2000〜4000Hzが聞こえている方(20dBとか10dBなど)は、なるべく影響を受けにくいRIC補聴器で、影響を最小限にした方が聞こえの改善度は上がりやすくなります。

しかし、今現在、ある補聴器の中で、RIC補聴器以外は、この部分が結構、下がりやすくなります。

特に耳あな形補聴器は、1000Hzより先が、下がりやすく、2000Hz、3000Hz、4000Hzが30dB、もしくは、35dBくらいまでしか、今現在は、補えません。

これよりも聞こえが良い耳の場合は、聞こえている高音の部分が、補聴器ありの状態だと、聞きにくくなってしまい、聞こえを阻害する可能性が高くなってしまいます。

こちらの図は、補聴器を使用した状態を可視化した図です。上記のように、なるべく補聴器なしの状態と補聴器ありの状態で、高域が下がらないようにできると、聞きにくさの改善は、しやすくなります。こちらの図は、補聴器を使用した状態を可視化した図です。上記のように、なるべく補聴器なしの状態と補聴器ありの状態で、高域が下がらないようにできると、聞きにくさの改善は、しやすくなります。

低音障害の方は、低い音を入れれば良い。とお考えの方も多いのですが、実際には、高い音もしっかり入れる必要があります。その理由は、耳を塞ぐことにより、少し高い音が入りづらくなるためです。

この部分の影響が最も少なく、かつ、低音も補える事を考えると、今現在、ベターな選択肢は、RIC補聴器になります。

形状のまとめ

低音障害の方の場合、今現在、改善しやすいのは、RIC補聴器という種類です。

これでも、高音の部分は、影響を受けてしまうのですが、その影響を最小限に抑え、補うべき低音のところを補えると、聞きにくさは、改善しやすくなります。

高域の部分が元々、下がっていれば、そんなに影響を受けることはありませんので、そのような方は、耳なあ形補聴器も大丈夫です。高域の部分が元々、下がっていれば、そんなに影響を受けることはありませんので、そのような方は、耳なあ形補聴器も大丈夫です。

なお、耳あな形補聴器も厳密には、使用できます。元々の聴力が高音の部分で35dB、40dBくらいであれば、影響を受けるより、聴力の部分が下になっているため、そのような方であれば、大丈夫です。

そのような方は、比較的、自由に補聴器の形状を選べば良いです。

なお、わかりづらい場合は、以下をご覧いただき、どの補聴器が良いかお考えになってみてください。

補聴器の形状別、特徴と自分に合う補聴器を選ぶためのポイント補聴器の形状には、耳かけ形補聴器と耳あな形補聴器があります。この2つの特徴と違い、聞こえ方などをまとめ、ご自身に合う補聴器は、どれなのかをわかるように記載してみました。補聴器に関してしっかり理解したい方にオススメの内容です。...

③補聴器の性能の理解

補聴器の性能は、金額に大きく影響する部分です。

こちらに関して、ご理解しておきたいのは、

  • どの補聴器でも基本的な改善は、できる事
  • 金額で大きく変わるのは、聞こえを改善した後の問題を改善する機能

の2つです。

どの補聴器でも基本的な改善は、できる

まず、補聴器の性能でご理解いただきたいのは、どの補聴器でも基本的な改善は、できることです。

高額な補聴器でないと、聞きにくさは、改善できない。ということは、ありません

補聴器の機能には、

  • 聞こえを改善させるための機能
  • 聞こえを改善した後の問題を改善する機能

の2つがあります。

低音障害の場合、概ね、このくらいまで、聞こえを改善します。

こちらは、補聴器の調整画面の一部です。囲んでいる部分が、チャンネルによって、分けられているもので、この補聴器は、12chですので、周波数も12等分されており、12等分細かく、調整できる事になります。こちらは、補聴器の調整画面の一部です。囲んでいる部分が、チャンネルによって、分けられているもので、この補聴器は、12chですので、周波数も12等分されており、12等分細かく、調整できる事になります。

その際に補聴器で聞こえを改善できるよう音の調整をしていくのですが、この調整できる部分が、聞こえを改善させる機能です。

上記にうつっているのが、ch(チャンネル)と呼ばれるもので、聞こえを改善させるために使われる機能の代表格になります。

これは、どれだけ周波数別に細かく調整できるのか、を表すものです。多いと多いほど、細かく調整することができ、複雑な聴力でも対応しやすくなります。

金額が高くなるとなるほど、この機能は、優れてきます。多く細かく調整できるようになり、微修正がしやすくなるのが、特徴です。

ただ、よほど特殊な聴力でない限り、10〜12chほどあれば、ほとんどの聴力を対応することができます

それ以上の性能(金額差)は、抑制機能の性能差が大きいです。

金額で大きく変わるのは、聞こえを改善した後の問題を改善する機能

補聴器で聞こえを改善させると、良くも悪くも、色々な音が入ってくるようになります。

風の音、周囲の音、人の声、これらは、聞こえるようになって良い部分もあれば、多すぎると、逆に声を理解するのに邪魔になったり、鬱陶しく感じたりします。

性能は、基本的に騒がしいところでもなるべく聞きにくくならないようにする機能と補聴器をつけていると気になりやすい音を抑制する機能(快適性をあげる機能)の2つです。性能は、基本的に騒がしいところでもなるべく聞きにくくならないようにする機能と補聴器をつけていると気になりやすい音を抑制する機能(快適性をあげる機能)の2つです。

そのため、補聴器では、抑制してもあまり問題にならないであろう音は、抑制したり、騒がしい中では、周りの音に邪魔されて聞きにくくなってしまう問題をなるべく改善できるように、特定の方向から音を入れるようにしたりして、聞こえを改善できるようにしました。

その機能が、聞こえを改善させた後の問題を改善する機能です。これらの機能の有無、そして、性能の良さによって、金額が大きく変わります。

どの補聴器にも車のようなグレードがあり、Aという補聴器の300、500、700、みたいに数値が大きくなると良いグレード。と、なる事が多いです。

性能のまとめ

こちらに関しては、どの補聴器でも基本的な改善は、できることを忘れずに、ご自身が出せる範囲内の物であれば、大丈夫です。

良いものは、良いのですが、基本的な改善は、どれもあまり大きく変わらないようになってきています。

高額になってくると変わるのは、騒がしい中での聞こえの改善度や補聴器によって、大きく感じやすい特定の音、周囲の音が抑制され、長く使っていても、疲れにくい。騒がしく感じていた部分が、和らぎやすい。というところになります。

補聴器の性能の基本と補聴器の性能グレード別、特徴のまとめ補聴器の性能には、聞こえを改善させる機能と聞こえを改善した後の問題を改善する機能に分かれます。性能の基本を理解するとともに、自分にあった性能別グレードを選ぶための特徴についてまとめてみました。...

低音性難聴を改善する補聴器の調整

補聴器の調整は、聞こえを改善する上で重要になる部分です。

この部分での改善が聞こえの8割くらいしめる傾向がありますので、聞こえを改善する上では、避けては、通れない内容になります。

まず、聞こえを改善させる際、重要になるポイントは、

  • 改善すると良い改善目標値を知る事
  • 聞こえの改善状況を把握する方法を知る事

この2つです。

聞こえを改善させる調整の基本

今現在、補聴器は、どこまで改善していると聞きにくさが改善しやすくなるのかが、おおよそ、わかってきています。

補聴器の調整画面には、今現在出ている音の強さと聴力に対する改善目標値が出ている事が大半です。それによっても、どの音は、聞こえを改善できていて、どの部分が足りないのか。を把握する事ができます。補聴器の調整画面には、今現在出ている音の強さと聴力に対する改善目標値が出ている事が大半です。それによっても、どの音は、聞こえを改善できていて、どの部分が足りないのか。を把握する事ができます。

その改善目標は、補聴器を調整する際に使われるパソコンの調整画面でも把握する事ができますし

補聴器の効果を可視化するためのツールの一つに音場閾値測定があります。こちらにより、聞こえの状況を確認できると、現状を把握したり、目標値と比較する事で、現状を確認することができます。補聴器の効果を可視化するためのツールの一つに音場閾値測定があります。こちらにより、聞こえの状況を確認できると、現状を把握したり、目標値と比較する事で、現状を確認することができます。

補聴器を使用した状態で、聞こえの効果測定を行なったりするのですが、それでも、把握する事ができます。

重要なポイントは、

  • 聞こえを改善できると良い改善目標を把握する事
  • 自分の聞こえの状態を把握する方法を知る事

の2つです。

改善目標と自分の状況を把握する方法を理解しておく事で、今現在、補聴器を使用している状態がどのような状況で、その状況は、もう少し改善した方が良いのか、それとも、改善できると良い部分まで、改善できているのか。こちらを把握する事ができます。

すると、改善できていない場合は、もう少し改善したり、改善できている場合は、その状態は、良い事がわかります。

補聴器は、耳につける事で、聞こえる感覚こそわかるものの、どのくらい改善していて、その状態は、良いのか悪いのかを把握するのが、使用者側で判断するのは、非常に難しくなります。

そのため、測定を通じて、状況を把握できると、それだけ、現状を把握することにつながり、より改善するには、どうしたら良いかを考える指針にもなります。

ちゃんと状況を確認して、改善すると良いところまで、改善する。言ってみれば、当たり前の事ではありますが、この2つを行えると、聞きにくさの改善は、しやすくなります。

低音性難聴の聞こえを改善するポイントは

下がっている部分が60dbくらいの方の場合、このくらい補えると聞きにくさを改善しやすくなります。下がっている部分が60dbくらいの方の場合、このくらい補えると聞きにくさを改善しやすくなります。

低音障害の方の場合、改善できると良い数値は、概ね、このくらいになります。

この聴力の場合は、35dB付近にしていますが、

50dBくらいの方の場合は、平均30dBくらいまで改善できたりします。あくまでも目安ですが、改善できると、その分、聞きにくさは、改善しやすくなります。50dBくらいの方の場合は、平均30dBくらいまで改善できたりします。あくまでも目安ですが、改善できると、その分、聞きにくさは、改善しやすくなります。

元々の聴力が、50dBくらいであれば、改善目標値は、30dBくらいを改善できるようにしていきます。

形状の部分でお伝えした通り、まずは、下がりやすいこの部分をなるべく下がらないようにすることです。ただ、限度もありますので、なるべく。となります。形状の部分でお伝えした通り、まずは、下がりやすいこの部分をなるべく下がらないようにすることです。ただ、限度もありますので、なるべく。となります。

まず、形状の部分でも記載したのですが、高い音に関しては、できるだけ、補聴器なしの聞こえより、下がらないようにします。※限度は、あります。

そして、音声に影響しやすい500Hz〜2000Hzの間は、改善するようにしましょう。特に男性の声あたりは、500Hzあたりが影響しやすいので、500Hz、750Hz、1000Hzあたりは、改善できると、効果を実感しやすくなります。そして、音声に影響しやすい500Hz〜2000Hzの間は、改善するようにしましょう。特に男性の声あたりは、500Hzあたりが影響しやすいので、500Hz、750Hz、1000Hzあたりは、改善できると、効果を実感しやすくなります。

そして、音声に影響しやすい500Hz、750Hz、1000Hz、1500Hz、2000Hz、は、なるべく改善目標値まで、改善させることが重要です。

この部分をしっかり補えると、その分、聞きにくさは、改善しやすくなります。低い音のみではなく、全体的に改善することが大切です。

聞こえの状況を調べつつ、なるべく改善すると良い部分まで、改善しましょう。そのようにできると、聞きにくさの改善は、しやすくなります。 ただし、無理は厳禁です。厳しい部分があれば、改善できるところは、改善し、厳しいそうな部分は、少し抑えめにする。でも、大丈夫です。このように補聴器を使用した状態を調べながら、改善していくと、自分の聞こえを理解しながら、改善することができます。そのようにして、なるべく改善できると良い部分まで、改善していきましょう。ただし、無理だけは、しないようにしてください。

改善の基本は、比較をする事です。聞こえの状況を調べて、改善目標値と今現在の改善値を比較してみましょう。すると、どこが足りていて、どの部分をもう少し改善したら良いかもわかるようになります。

なるべく改善すると良い部分まで、改善する事で、聞きにくさの改善は、しやすくなります。

ただし、無理はしないでください。補聴器を使用していて、聞こえてくる音がうるさすぎる。音がきつい。などあれば、あまり大きくすべきではありません。

厳しい部分があれば、改善できるところだけでも改善し、改善が厳しそうな部分は、少し抑えめにする。でも、大丈夫です。

調整のまとめ

初めに記載した通り、改善する場合は、

  • 改善すると良い改善目標値を知る
  • 聞こえの改善状況を把握する方法を知る

この2つが重要になってきます。

現状を確認しながら、改善していけると、自ずと、聞きにくさは、改善しやすくなります。

聞こえの8割を決める補聴器の調整をうまく行かせる3つのポイント補聴器には、聴力に対し、補えると良い数値というのがあります。そこまで改善させることができると、聞きにくさを改善しやすくなります。そして、実際にどのようにすると、聞きにくさを改善しやすくなるのか。その点をまとめてみました。...

低音性難聴の実症例

こちらでは、実際の低音障害の方を改善した症例に関して、ご紹介します。

リンク先には、実際にどう考えて改善したのか。その手法、行なった事も記載していますので、ご参考にどうぞ。

低音性の難聴(軽度の感音性難聴)の方

ご相談前は、どのような事でお悩みでしたか

実際に補聴器をお使いになってみて、いかがでしょうか

このお店でご相談(購入)になったのは、なぜでしょうか

実際のアンケート

【改善実例】軽度の低音性難聴の方、補聴器で改善主に職場で聞きにくさを感じていた低音性難聴(軽度の難聴)の方を補聴器で改善しました。その際に行った事や改善に気をつけた事、補聴器の形状選定など、まとめてみました。聞きにくさのお悩みの方に参考になれば幸いです。...

生まれつきの低音障害型感音性難聴の方

ご相談される前は、どのような事でお悩みでしたか?

実際に補聴器をお使いになってみて、いかがでしょうか?

このお店でご相談(購入)になったのは、なぜでしょうか

実際のアンケート

【実例】低音障害型感音難聴の方を補聴器で改善した方法低音障害の感音性難聴の方を補聴器で改善させた例になります。どのようにして改善させたのか、そして、どのように補聴器を選んだのか。その点に関して記載してみました。改善が難しいケースですので、どちらかというと調整に重きを置いています。...

他の症例は?

このほかの低音障害の方は、今現在ありません。低音障害のケースは、珍しいケースですので、私のところでも、数えるほどしか対応しておりません。

こちら以外は、また対応し次第、記載していこうと思います。

そのほかの聴力のケースであれば、上記にまとめています。

低音性難聴の改善のまとめ

低音が聞きにくくなる低音性の難聴は、低音の部分を補うことに加え、高い音を今まで以上に聞きにくくならないようにする必要があります。

それでも、限度は、あるのですが、なるべくその部分を下がらないようにしつつ、改善できる部分を改善していくことで、聞きにくさを改善していくことができます。

これらのことをしても、耳を治すレベルまでは、まだ達していないため、聞きにくさが出ることもあります。

しかし、補聴器がある状態とない状態では、明らかに差があり、補聴器があることで、聞きやすくなり、精神的にも楽になった、消極的になりやすかったのが、どんどん活動するようになった。と、行動が変わった方もいます。

耳は、治らないかもしれませんが、より良い生活をすることはできる。それが、補聴器なんだと思います。

もし、聞きにくさにお困りであれば早めに行動する事をお勧めします。それにより、早々に改善できれば、お悩みの部分を早めに改善することができます。

ABOUT ME
深井 順一・聞こえにくい人を支援する補聴器専門店
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。2019年で補聴器使用歴25年、補聴器販売歴10年。補聴器を使っている経験から、お店のサービスを考え、聞こえにくさにお悩みの方が、より良い生活が送れるよう支援しています。お店の内容は、"当店の特徴"へ。お店に来た"お客様の改善事例は、こちら"。書いている人の詳細は、”書いている人のページ”。連絡先は、”お問い合わせページ"にあります。
【お困りの方へ】適切に聞こえを改善する補聴器相談、実施中

当店は、東京都墨田区で生まれつきの難聴者が対応している補聴器専門店です。

只今、適切に聞こえを改善するための予約制による補聴器相談、実施中です。日常生活上で、実際にお試しできるよう、貸出、試聴も、無料で行なっています。

  • 以前、別のところでうまくご相談ができなかった方
  • 近くに安心して相談できるお店が見当たらない方
  • 補聴器の事を相談したいけれども不安がある方

などいましたら、お気軽にご相談ください。

予約制となりますので、ご希望の方は、お問い合わせページより、ご連絡願います。

なお、当店の特徴やお客様の改善事例は、以下の通りです。また、補聴器による聞こえの改善方法に関しては【総合】聴力別、補聴器で聞こえを改善する方法まとめにまとめています。

お店の特徴を見るお客様の改善事例