社会

人の思考回路を学べる【天才を殺す凡人】読んで参考になった3つの事

つい最近、天才を殺す凡人、という本を読んでみました。タイトルが物騒ですが、そんなに物騒な内容ではありません。

こちらは、人の才能に関する本で、人間関係の改善する本にもみえる内容でもあります。

この本の元ネタ【凡人が、天才を殺すことがある理由。ーどう社会から「天才」を守るか?】を読んだことがあり、その流れから、読んでみる事にしました。

本の中は、上記の内容をさらに進展させたもので、具体的にストーリー仕立てで、物事を学べるようになっています。

この本を読むと、自分自身がどのような傾向があるのか、自分の才能の活かし方、それぞれの才能の人と接するときに気をつけることが、わかるようになってきます。

天才を殺す凡人の概要

リンク:アマゾン

本の中に書かれているのは、天才、秀才、凡人の三人のプレイヤー、それぞれの特徴に関して書かれており、ビジネスを舞台として物語形式で進んでいきます。

この本の目的は、自分の才能を理解し

  • どのように自分の才能を段階的に高めていくのか
  • 自分の才能を仕事で活かすようにするには

という部分を中心に展開されていきます。実際には、一サラリーマンが、メンター(老師)のような人(犬)と出会い、学んでいくストーリーですね。

わかる人にしか伝わらない言い方で申し訳ないのですが、夢を叶えるゾウのガネーシャの犬版が、こちらです。

話の内容は、夢を叶えるゾウとは、全く異なりますが、イメージとしては、それに近い状態です。

この本は、天才タイプ、秀才タイプ、凡人タイプ、それぞれの評価軸や価値観、そして、みている世界が異なることを教えてくれます。

それにより、コミュニケーションの断絶が起きていること、そして、話が噛み合わなかったり、理解できない事による分裂が起こる事が記載されています。

個人的には、それぞれの思考を理解する。という意味で、非常に勉強になりました。

私自身が学べた3つの事

個人的に学べた点は、

  • 人の才能は、3つに分かれる
  • 3つ以外のアンバサダーという存在
  • それぞれの優劣により、自分の属性が決まる

の3つです。

人の才能は、3つに分かれる

こちらに関しては、冒頭に記載した天才タイプ、秀才タイプ、凡人タイプ、の3つに関するもので、それぞれ

  • 天才タイプ:独創的な考えや着眼点を持ち、物事をすすめられる人
  • 秀才タイプ:論理的に物事を捉え、システムや数字、秩序を大事にし、堅実に物事をすすめられる人
  • 凡人タイプ:感情やその場の空気を敏感に読み、相手の反応を予測しながら動ける人

の傾向があるという事です。

それぞれのポイントは、

  • 天才タイプ:創造性
  • 秀才タイプ:再現性(論理性)
  • 凡人タイプ:共感性

をそれぞれ大事にしており、その部分での物事を評価する軸、価値観がある。と、記載されています。

確かにこの部分は、なんとなく感じる部分ではあります。意外な方法で改善方法を見出す天才タイプ、堅実に、確実に物事を進める秀才タイプ、凡人タイプは、少し思いつかないのですが、天才タイプと秀才タイプは、想像がしやすいですね。

この部分は、非常に大切な事で、何か一つの話題に対し、秀才タイプが気にかける事、凡人タイプが気にしている事、天才タイプが評価することは、全く異なる軸を使って、物事を評価している事です。

天才タイプは、世界や業界、サービスを必要とする人に対し、その物事は創造的か、どう彼らの生活や暮らしを変えることができるか。という捉え方をするのに対し、秀才タイプは、それが実現可能なものなのか、論理的に正しいものなのか、を気にする傾向があり、凡人タイプは、自分が気にいるか、気に入らないか。をそれぞれ、評価軸として、持っている。という事です。

評価軸が異なれば、論点も異なり、その物事に対する評価、考え方も異なりますので、話が合わない。となるわけですね。

個人的には、非常に納得のものです。

一応補足として入れますが、天才タイプだからいい、凡人タイプだからダメ。という事ではなく、あくまでも思考回路の話で、かつ、それぞれの役割、得意なことが異なる。というのを本の内容にしています。その点にご注意ください。

3つ以外のアンバサダーの存在

上記には、天才タイプ、秀才タイプ、凡人タイプの3つが出てきましたが、それ以外にも

  • 天才+秀才=エリートスーパーマン
  • 秀才+凡人=最強の実行者
  • 天才+凡人=病める天才

の3つの存在も出てきます。

彼らがいるおかげで、上記に紹介した天才タイプ、秀才タイプ、凡人タイプの橋渡しができるようになり、コミュニケーションが断絶しないでいられる。というものです。

エリートスーパーマン

天才と秀才の橋渡し。創造性もあり、再現性もある。つまり、クリエイティブでロジックにも強い。一代で大企業を作り上げるような社長がわかりやすい。彼らは、何よりビジネスが大好きで、常に研究者であり、挑戦者でもある。一方で部下は彼らのスピードや思考についてついていけないことがある。したがって「外から見るとすごいが下につくと大変」であることも多い。

最強の実行者

秀才と凡人の橋渡し。再現性と共感性を武器にもつ。つまり、ロジックにも強くて、人の気持ちにもわかる。まさにどの会社にもいるエース。学生時代から常に組織の中心にいて、就職活動も器用にこなし、行きたい会社に行く。営業と開発、正社員とアルバイト、本社部門と現場を繋ぐ。プロジェクトマネージャーとしても大活躍する。ただし、新しいことをやらせると、「既存のサービス」の焼き直しになり、革命的なものは生まれないのが弱点。

病める天才

天才と凡人の橋渡し。創造性と共感性を武器にもつ。クリエイティブなだけでなく、それが世の中の人々の心を動かすか?インサイト(潜在的な欲求)に届くか?まで、直感的にわかる。自分らしさを表現しつつもマーケットインの考え方もでき、プロダクトや事業などの責任者に就任すると、圧倒的なスピードでサービスを拡大できる。ただし、構造的に捉えることが苦手なため、他部署との調整や組織の拡大、部下への権限委譲で失敗することが多い。

天才を殺す凡人 P118〜119より引用

私も本を読みながら感じたのですが、共感性を持ちつつも、再現性を持っている人もいますので、そのような人は、どちらに当てはまるのだろうか。と感じていたことがあります。

そのような方は、2つの軸の考え方ができるため、そのアンバサダー。つまり、橋渡し、どちらの考えもわかる。ということですね。

そのようなケースもあるようです。個人的には、職場にいる人がどのようなタイプなのかを考えても、面白いな。と、感じました。

それぞれの優越により、タイプが決まる

最後は、上記の部分ですが、共感性:100、再現性:0、創造性:0で、凡人。と決まるわけではなく、実際には、どのような割合で、存在するのか。で、タイプが決まる。という事です。

どのような人にも創造性や再現性、共感性は、あり、その割合で決まる。という事ですね。

先ほどのアンバサダーの場合は

病める天才=創造性:再現性:共感性=5:1:4

最強の実行者=創造性:再現性:共感性=1:6:3

エリートスーパーマン=創造性:再現性:共感性=4:5:1

天才を殺す凡人 P194

となります。

どのような人にもそれぞれの項目があり、どの項目も全く0の人は、いない。という状態になります。

まさにその人の思考回路(何を大事にしているのか、どんな評価軸をもつのか)。と言い換えると、わかりやすいかもしれません。

本の感想

個人的には、自分がどんなタイプ何だろう。ということもそうですが、人の思考をタイプ別に学べる。というのは、非常に参考になりました。

上記にも出ていますが、基本的にこれらは、思考回路が異なる、もしくは、評価軸が異なるだけで、意見が対立しているわけでも、反対されている訳でもない。という事です。

人の評価軸を知った上で、どのような話し方をすると伝わるのか。何が大切な部分なのかは、人を理解するためには、必要な事であり、非常に学ぶべきところがあった一冊です。

あと、単純に読んでいて面白いので、その点は、オススメですね。自分の周りにいる人が、どのような評価軸で物事を感じているのか。その点を理解するのに役立つかもしれません。

ただ、話の内容が、KPIとか、キャズム理論だとか、PDCAだとか出てきますので、完全にビジネス畑の人向けになりますので、それらの言葉に慣れていない人は、少し小難しく見えるかもしれません。

と、読んで良い本でしたので、ご紹介してみました。気になった方は、読んでみることをオススメします。

凡人が、天才を殺すことがある理由。ーどう社会から「天才」を守るか?

この内容の半分は、上記の部分に記載されていますので、その内容が面白い!と感じたら、買ってみるのもありだと思います。

単純に読み物としても面白いので、オススメです。

ABOUT ME
深井 順一
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者で補聴器を使っている事、補聴器の販売を行っている事、この二つの視点で、ブログを書いたり、聞こえの改善のご相談をしています。書いている人の詳細は、こちら。お店に関しては、こちら。実際に対応したお客様の改善例は、こちら。に詳細を書いています。お店の場所は、東京都墨田区、都営浅草線本所吾妻橋駅より徒歩2分のところに、あります。
補聴器で聞きにくさを改善する方法、まとめました

聞きにくさがあり、お悩みの方のために、補聴器で聞きにくさを改善する方法をまとめてみました。

書いてある内容は?
  • 難聴の症状別に、どう補聴器で改善すると良いか
  • 補聴器の基本から、種類の特徴、金額による違い
  • ご自身に適した補聴器の選び方

聞きにくさにお悩みの方は、参考にしてみてください。また、お客様の改善事例には、実際の耳の状態から、実際に改善させた方法を中心に記載しています。

補聴器の改善まとめお客様の改善事例

なお、お店に関する内容は、以下にまとめています。そして、当店で扱っている補聴器、製品に関しても、まとめています。

お店の特徴を見る取り扱い製品を見る