補聴器の調整

使い始めの方の聞こえの改善度を上げるために私がしている2つの事

どうやったら無理なく、補聴器の聞こえの改善度を上げることができるのか。

個人的に、この部分を良く考えることがあるのですが、私自身がしているのは、ちゃんと補聴器における改善目標を把握していただく事です。

補聴器を初めて使用する方や使い始めの方の場合、初めのうちから、聴力に対して改善すると良い部分まで、改善できる事は、少ないため、少し抑え目にして、使用することが多くなります。

その状態から、補聴器を使用し続けてもらい、補聴器から聞こえる音の感覚に慣れてきた頃に、少しずつ、改善目標値まで、改善する。そのようにすることで、改善することが、私の場合は、多いです。

問題点の把握

補聴器には、基本的に聴力に対する概ねの改善できると良い数値というのがあります。その部分を把握できるようにすると、聞こえの改善は、方針及び、改善度を高めやすいです。補聴器には、基本的に聴力に対する概ねの改善できると良い数値というのがあります。その部分を把握できるようにすると、聞こえの改善は、方針及び、改善度を高めやすいです。

基本的に補聴器の場合、聴力に対して、概ね、改善すると良い目標値があります。

しかし、初めから、その部分まで音を大きくすると、周囲の音や今までと異なる音環境(聞こえてくる音そのものが変化する)になるため、なかなか使いづらくなってしまいます。

改善する部分が増えれば、それだけ、今まで聞きにくかった音声や言葉も聞こえやすくなるのですが、それと同時に周囲の音や今まで聞こえていなかった他の物音まで、聞こえてきます。

身の回りには、様々な音がしています。聞こえにくくなると静かに感じますが、補聴器をつけると、今まで聞こえていなかった音が一気に入るようになります。身の回りには、様々な音がしています。聞こえにくくなると静かに感じますが、補聴器をつけると、今まで聞こえていなかった音が一気に入るようになります。

これは、言葉だけではなく、周囲の音や周りの物音も聞こえていなかったためです。

そして、ここからが重要ですが、身の回りの音には、会話よりも大きい音は、いくらでも身近にあり、言うなれば、難聴の耳でも普通に聞こえる音は、補聴器で増幅すると、大きい音であることが大半です。

難聴の耳でも聞こえるくらい大きい音だからこそ、聞こえにくくても聞こえたりするのですが、補聴器をつけると、そのギャップが生じます。

そのため、はじめは改善目標より、少し音を下げて使っていただき、補聴器で聞こえてくる感覚に慣れたあたりから、徐々に音を大きくして、なるべく改善すると良い部分まで、改善します。

そのようにすることで、徐々に改善度をあげ、なるべく聞きにくさを減らせるようにしていきます。

私自身がしている2つの事

私自身がしている事ですが、なるべく無理せず、聞こえの改善度を上げるために

  • ちゃんと改善目標値を理解する
  • ボリュームを操作できるようにする

の2つをしています。

これは、自分で補聴器の改善状況をなるべく把握できるようにするためです。

ちゃんと改善目標を理解する

補聴器で聞こえを改善する上で私自身が一番、重要に感じるのは、補聴器をつけている人がちゃんとご自身の聞こえの改善状況を把握する事です。

これは、なんとなくでも良いです。ご自身に必要な改善目標値まで、今現在の状態は、届いているのか。そうでないのか。そのくらいでも大丈夫ですので、自分の聞こえている感覚と実際の数値のギャップを自分で理解できるようになることが、大切です。

改善目標部分と今現在の部分がわかるようになれば、もう少し改善が必要なのか。このくらい改善できていれば良いのか。という判断がつくようになり、どのようにしたら良いか考えることができます。

ご自身の聞こえている感覚がそこまで違和感がなく、補えると良い部分まできているのであれば、それで良いですし、少し音が物足りなく感じ、さらにもう少し聞こえを改善した方が良い状況であれば、より補ってみて、聞こえにくさを改善できるようにした方が良いというのがわかります。

なかなか感覚だけではわからないため、今現在、自分がどれだけ改善されており、実際に自分は、どのくらい改善できていると良いのかも目標があれば、自ずと状況を把握することができるようになります。

ボリュームを操作できるようにする

補聴器には、いくつか、自分で音を変えられるものがあります。その一つが、ボリュームです。補聴器には、いくつか、自分で音を変えられるものがあります。その一つが、ボリュームです。

ボリュームとは、音量を操作するボタンの事で、補聴器には、一部を除き、音量を自分で、あげたり、下げたりすることができます。

中には、2つで一つの役割をするものもあります。中には、2つで一つの役割をするものもあります。

この機能を使えば、例えば、今現在の状態で、改善目標までは、○回押すことで、そこに到達する。ということが感覚的にわかったり、実際に補聴器を使用していて、○回下げることがある。とわかれば、それを考慮して、補聴器の調整に活かすことができます。

補聴器のボリュームは、ある一定の感覚で、変化しているため、どのくらい音を下げると良いのか、逆に音を上げると、辛く感じるのか。という感覚の部分をある程度、客観的に把握することができます

どうしても感覚を理解することが難しいため、このようなものを使って、感覚を理解する方法もあります。

私の場合は、適切な音の大きさに関しては、このボリュームで見ることが多いです。

様々な環境で使っていただいた時(補聴器を視聴や貸出の際など)どのくらいボリュームを操作していたかがわかれば、その方の適切な音の大きさは、ある程度、判断することができます。

慣れるとボリュームが少しずつ上がる

私の場合は、ボリュームの操作を見て、慣れ。もしくは、補聴器の調整を変化させることが多いです。

補聴器の音に慣れてくると、不思議とボリュームを上げる機会が増え、さらに不思議なのは、改善目標値付近まで、上げたり、その近くまでで音量を止めることが多くなる事です。

例えば、初めの状態では、いきなり大きくするのが難しいため、少し抑え目にして、ボリュームを2回上げると、概ね、改善目標値まで、届く。とします。

補聴器を使い続け、補聴器の音に慣れてくると、少し音が物足りなくなってきて、ボリュームを常時、2段上げていたり、その付近まで、大きくする頻度が上がったりします。

聞こえにくさが強くなった(聴力が低下した)訳ではないのですが、改善目標に対し、現在の設定を低くしていた場合、ボリュームを上げる頻度が多くなったのでしたら、明らかに大きくしても、良い合図です。

これらを確認しながら、私の場合は、改善目標までなるべく改善させ、聞こえにくさを改善するようにしています。

このようにするとあまり無理をせず、上げることができるようになります。

こちらに関しては、どう改善するか。その改善プロセス、改善プランといえばわかりやすいかもしれません。※私の場合は、聞こえの改善デザインと呼んでいます。

まとめ

以上、私自身がしていることに関して、まとめてみました。

基本的には、改善目標をちゃんとご自身で理解し、どこまで改善すると良いのか。そして、ある程度、自由に音量を操作できるようにし、上げても良いタイミングをみはかる。それが、私のやり方です。

このようにしていくことで、改善できる人を徐々に増やすことができました。

元々、私も規定の音を聞かせ、そこから、徐々に改善していくスタイルだったのですが、ある時、思ったのは、補聴器を使う人からみて「もっと楽に改善できないか」という部分でした。

補聴器は使う事により、今まで聞こえにくかった音、聞こえていなかった音が入るために、騒がしく感じたり、特定の音がきつく感じることがあります。

聞こえるようになったという部分に関しては、喜ぶべきですが、人によっては、辛く感じてしまう部分もあります。

私自身は、生まれつき難聴で、補聴器を使っている人間ですが、そもそもの問題として、補聴器は、そんな辛い思いをしてまで、つけなければならないものなのか?と感じる事があります。

そのため、私の場合は、なるべく負担を減らすために、その方の耳の状況をなるべく把握できるようにし、上記のことをして、改善度を高めるようにしています。

上記のようにできると、自分の感覚にそって改善度を上げる事ができますので、無理せず、かつなるべく改善度を引き上げる事ができるようにもなってきました。

以上、私がしている聞こえの改善方法でした。

ABOUT ME
深井 順一・聞こえを改善する補聴器専門店
補聴器を売るお店ではなく、聞こえを改善する補聴器専門店、パートナーズ補聴器、代表。2019年で補聴器使用歴25年、補聴器販売歴10年。補聴器使用者の視点も含めた聞こえの改善相談をしている人です。このブログは、補聴器を使っている事、補聴器を販売している事、この2つの視点で記載しています。書いている人の詳細は、”書いている人のページ”。連絡先は、”お問い合わせページ"にあります。
【聞こえにお悩みの方へ】補聴器のご相談、無料トライアル承っています

当店は、東京都墨田区で生まれつきの難聴者が対応している補聴器専門店です。補聴器使用者の視点も含めて補聴器のご相談や聞きにくさの改善について、承っています。

主に

  • どこに相談したら良いかわからない
  • 別の場所で、うまくご相談ができなかった
  • ご自身のペースで一つずつ理解しながら補聴器のご相談をしたい

という方がいましたら、お気軽にご相談ください。

ご自身の状況に合わせた聞こえの改善相談を行い、無料トライアルにて、日常生活〜職場で実際に補聴器をご体験いただけます。

ご希望の方は、お問い合わせページより、ご連絡願います。

当店の特徴や行なっている改善、お客様の改善事例は、以下の通りです。

なお、聞こえの改善方法に関しては、8つの聴力別、補聴器で聞こえを改善する方法まとめに、記載しています。

お店の特徴を見るお客様の改善事例

関連する記事
補聴器の調整

補聴器の評価は自分ではできない、家族の方に頼もう

2014年7月3日
2つの視点でよくする耳・補聴器ブログ
補聴器の評価は、どのようにすれば良いのでしょうか。補聴器を装用すると誰もが聞こえるようになります。しかし、自分自身がどれくらい聞こえるように …
補聴器の調整

補聴器を新しくする時に起こる感覚の乖離とその改善方法

2016年5月19日
2つの視点でよくする耳・補聴器ブログ
さて、補聴器を新しく買い換える際、たまにですが、感覚の乖離が激しい方がいます。今まで感覚のみで合わせてきた場合によく起こるのですが、新しい補 …
補聴器の調整

聞こえの8割を決める補聴器の調整をうまく行かせる3つのポイント

2018年10月10日
2つの視点でよくする耳・補聴器ブログ
補聴器の調整は、聞こえの効果の8割を決めるほど、重要な部分になります。聞こえの改善度は、ここでほぼ決まります。 基本的に補聴器は、聴力 …