両耳とも難聴の聴力別、改善

左右の聴力が少し違う耳を補聴器で改善する3つのポイント

こちらでは、左右の聴力が少し違う耳を補聴器でしっかり改善するためのポイントについて、まとめていきます。

左右の聴力が異なる場合、聞こえがより低下している側が聞きにくさを感じやすいため、こちら側も含めて改善されると、それだけ、聞こえの改善度は上がりやすくなります。

補聴器で聞こえを改善する際に関わる要素には、

  1. 聞こえの補い方(装用する耳)
  2. 補聴器の形状
  3. 補聴器の性能
  4. 補聴器の調整

の全部で4つがあるのですが、その中の①、②、④が特に大事になってきます。

こちらでは、左右の聴力が少し異なる場合、どういった聞きにくさが出るのか、そして、その状況をどう改善していければ良いのか。

その点に関して、まとめていきます。

当店では、聞こえにくさにお困りの方へ、聞こえの改善相談を行っています。お店の詳細は、パートナーズ補聴器の特徴をご覧下さい。

左右の聴力が異なる方の聞きにくさ

左右の聴力が異なる方の聞きにくさに関しては、

  • 聞こえない側からの音や音声が特にわかりづらい
  • 騒がしい中でのお話がわかりづらい
  • 周りの人と囲んでお話をする場合、聞きにくい側に人がいるとわかりづらい

といった事が起こりやすくなります。

対面でのお話は、聴力や話し手にもよりますが、わかる方は、わかるのですが、声が小さい方や滑舌が悪い方などは、聞きにくさを感じがちです。

そして、騒がしい環境下では、どうしても、聞きにくさを感じやすくなります。

複数の人と囲んでお話をする場合は、聞こえる耳側にいる人は、まだ聞こえる事もあるかもしれませんが、聞こえない側に人がくると、途端に聞きにくさが強くなります。

離れたところからの呼びかけや音に関しては、聞こえる耳側であれば、わかる事もあるかもしれませんが、聞きにくい側からの場合、気づく事が困難になる事が多いです。

このような聞こえの方の場合、聞こえる耳側をなんとか活用して聞いている事が多く、聴力低下が大きい耳側も含めて、聞こえの改善ができると、より聞きにくさの改善は、しやすくなります。

補聴器での聞こえの改善ポイントは?

さて、ここからが本編ですね。

補聴器で聞こえを改善していく場合、考えていく要素には、

  1. 聞こえの補い方(装用する耳)
  2. 補聴器の形状
  3. 補聴器の性能
  4. 補聴器の調整

がありますが、大事になってくるのは、①、②、④の部分です。

そして、左右の聴力が異なる方の場合、意識したいのは、聞こえにくい耳側も、まだ聞こえている耳側も、どちらも、バランスよく改善していく事です。

そのように意識して聞こえを改善できると、聞きにくさの改善は、しやすくなります。

ポイント①聞こえの補い方

聞こえの補い方と言われると、非常にわかりづらいのですが、こちらは、どの耳に補聴器を装用するか。という部分です。

片耳に補聴器を使うのか、それとも両耳に装用するのか。仮に片耳の場合は、どちらの耳につけるのか。こちらになります。

非常に表現が難しいのですが、

  • 両耳とも補聴器を装用して改善できる耳である
  • 左右の聴力差がそこまで大きくない(20dBの範囲内)

という2つの条件に当てはまるのであれば、両耳装用にして、聞こえを改善していけると良いです。

まず、左右の聴力に差がある場合、改善する際に意識していきたい事は、

  • 騒がしい環境下での聞き取りをなるべく改善する事
  • 聞きにくい側の耳をなるべく改善できるようにする事
  • 小さい声や聞き取りにくい音声をなるべく改善する事

の3つになります。

左右の聴力に差がある方は、これらの部分が聞こえにくくなりやすく、騒がしい環境下の改善と聞きにくい側の聞こえも、なるべく改善していく場合は、両方の耳に装用して聞こえを改善していく事が大事になります。

片耳装用と両耳装用の違いは、こちらの通りです。簡単にいいますと、騒がしい環境下での聞こえの改善効果が変わります。

片耳のみの場合、改善されていない側は、そのままの状態になるので、できれば、両方とも改善したいところ。

そして、片方のみ装用する場合、これは、聞こえている耳側のみにつける場合でも、聞こえていない耳側のみ、つける場合でも、つけていない側は、聞きにくいままになります。

ですので、騒がしい環境下を含め、どのような環境でも、どの方向からでも、なるべく聞こえを改善したい場合は、両方の耳に補聴器を装用する事が大切です。

両方の耳に補聴器をつけるとなると、金額の部分が、負担になりがちです。

その部分が気になる方は、片方に良い(高い)補聴器をつけるのではなく、価格を抑えた補聴器を両方につけていただく事をオススメします。

その方が聞こえにくさの改善に繋がります。

左右の聴力が異なる方の中には、聞こえにくい側が補聴器では、補ないケースがあります。そういった方、向けの機器が、バイクロス補聴器です。

なお、特例としては、上記のような補聴器を装用して聞こえを改善するケースもあります。

これは、聞こえにくい側が補聴器を装用しても、聞こえの改善の効果が得られない場合に行うものです。

ただ、左右の聴力がそこまで大きくない場合は、そのようなケースは、少なくなりますので、あくまでも、補聴器を装用して効果が得られる耳であれば、という条件がつきますが、そのようなケースは、両耳装用にして、なるべく改善していけると良いです。

なるべく、聞こえにくくなっている耳側も、まだ聞こえている耳側も、両方とも改善していくようにしましょう。

※左右の聴力が異なる方の場合、必ず、両耳とも補聴器を装用して、聞こえの改善効果を得られるのかをはじめに調べた方が良いです。語音明瞭度測定というものを行い、耳の状況を把握した上で、どのように補ったら改善しやすいかをお店の方(病院の方)と相談しましょう。

ポイント②補聴器の形状

こちらからは、両方の耳に補聴器を装用して聞こえを改善していく事を前提にお話を進めていきます。

補聴器の形状は、主に扱いやすさに関わる部分です。

ですので、形状は、ご自身が扱いやすいと思うものを選べると良いです。

今現在、補聴器には、

  • 耳の中に入れて使用する耳あな形補聴器
  • 耳にかけて使用する耳かけ形補聴器

の2つがあります。

これらの違いは、このようになります。大きく異なるのは、邪魔になるか、ならないか。そして、補聴器を使った時の不快感。それの大小が異なります。

数が多くなってしまうとわかりづらいため、ここでは、よく選ばれる補聴器を2つ出していきます。

それが、

  • 耳あな形補聴器なら、CIC補聴器
  • 耳かけ形補聴器なら、RIC補聴器

です。

耳の穴の中に入れて使う補聴器が耳あな形補聴器で、その中でも、小型のタイプがCIC補聴器になります。

こちらの利点は、耳の中に補聴器が入るため、形状が目立ちにくく、かつ、メガネやマスクの邪魔になりません。

さらに電話に関しても、そのまま行えるため、電話のしやすさもあります。

逆に欠点は、耳の中をしっかり塞ぐため、閉塞感を感じたり、自分の声が大きく聞こえやすい。という欠点があります。

125〜500Hzが、60dB以内だと、特に補聴器を使った時の不快感を感じやすくなります。

特にこの部分の聞こえが良いと、その不快感は、感じやすいため、その点のみが欠点です。

こちらの形状は、電話をよくする方だとか、メガネやマスクなどの邪魔にならない補聴器が良い。という方にオススメです。

耳にかけるタイプのRIC補聴器は、このような形をしており、こちらの良い点は、閉塞感や自分の声が大きく聞こえる感覚を軽減しやすい事です。

赤いマークのところに補聴器があります。

逆に欠点は、耳の上にかけて使用しますので、メガネやマスクなどの耳に重なるものの邪魔に少しなりやすい事です。

メガネやマスクは、使い方次第で、気にならなくなるのですが、人によっては、少々、邪魔に感じやすいかもしれません。

また、電話の場合は、音を拾う位置が上になりますので、受話器を上にずらして、電話する必要があります。

ですので、少々、電話に関しては、しづらくなる傾向があります。

この形状は、耳につけた時の不快感、自分の声が大きく聞こえる感覚が軽減されやすい使いやすさの部分がありますので、補聴器を初めて使う方にオススメの形状です。

補聴器には、いくつか形がありますが、どちらにしても、ご自身が使いやすいものを選べれば、それが一番良い事です。

※今回は、記載している聴力に合わせて、形状を記載しましたが、聴力低下が大きいと、聞こえを補えないケースも出てきます。形状により、どこまで聞こえを補えるかは、変わりますので、できれば、その部分もお店の方(病院の方)と相談できると良いです。

ポイント③補聴器の調整

補聴器の調整とは、どこまで聞こえを改善するか。という聞こえの改善の根本となる部分です。

今現在、聴力ごとにどのぐらいまで聞こえを改善できれば良いかは、ある程度、わかってきており、改善目標となる部分まで、聞こえを改善できると、それだけ、聞こえの改善効果は、上げやすくなります。

聴力が下がっている側は、その耳側の改善状況を調べないと、放置されることが多く、ここの部分も、しっかり確認して、改善していけるようにしましょう。

そして、左右の聴力が異なる場合は、聞こえにくい側もなるべく改善できるようにしていきましょう。

補聴器の調整で、聞こえを改善していくポイントは、

  • 自分自身の聞こえの改善状況を把握できるようにする事
  • どこまで聞こえが改善できると良いのかを知る事

の2つです。

自分自身の聞こえの改善状況を把握できるようにする事

はじめに大事になってくるのが、自分自身の聞こえの改善状況を把握できるようにする事です。

補聴器は、装用して、聞こえる感覚こそわかるのですが、どこまで聞こえが改善されているのか、このぐらいの感覚で良いのか。その判断は、感覚のみでは、非常にしづらくなります。

特にこのような聞こえの方の場合、低下している耳側の聞こえの改善の把握がとても難しく、かつ、その耳側の把握がとても重要です。

比較的、簡単に現状を知れるものとしては、

  • 補聴器の調整画面
  • 音場閾値測定(おんじょういきち測定)

の二つがあります。

今現在、補聴器は、パソコンを使って調整しており、上記のように、現在出ている音の強さと、聴力から目標値を出して、今現在、どういった聞こえの改善状況なのか。を表現してくれます。

それ以外には、補聴器を使った状態でどのぐらい聞こえているのか。を測定する測定器があるのですが、それが音場閾値測定(おんじょういきち測定)です。

こちらは、目標値こそセルフですが、どの周波数がどのぐらい聞こえが改善されているのかがわかりやすく、現状の改善状況を把握しやすい測定になります。

どちらでも、大丈夫ですので、現状を把握しつつ、聞こえを改善していけると、聞きにくさの改善は、しやすくなります。

どこまで聞こえが改善できると良いのか(音場閾値測定版)

ここから、どこまで聞こえが改善できると良いのか。そのポイントについて、記載していきます。

記載している聴力をベースにお話をさせていただくと、改善できると良い部分は、おおよそ35dBぐらいです。こちらは、補聴器の改善効果を可視化できる音場閾値測定で、表現しています。

左右の聴力が異なる場合は、右だけ、左だけの改善状況がわかりづらいので、別々に調べられると良いです。

まず、左右の聴力が異なる方の場合、できれば、左右のバランスを見れるようにするため、左右、別々に改善効果を調べられると良いです。

使った感覚だと合っていない感覚は、わかっても、どこが合っていないのかわからないので注意が必要です。

ですので、左右の聞こえの改善状況を把握しながら改善していけると、左右のバランスを整えやすくなったり、両耳とも聞こえの改善がしやすくなります。

音声は、500〜2000Hzが影響しやすいので、両方とも改善できるなら、ここまでは、改善したいところ。

500Hz〜2000Hzは、音声の改善に関与することが多いため、この部分は、できれば、改善目標値である35dBぐらいまで改善できると良いです。

すると、聞こえの改善に貢献しやすくなります。これは、聞こえている耳側も、聞こえていない耳側も、同様です。

高い音は、35〜40dBまで改善できると、それだけ、周囲の状況がわかりやすくなります。

さらに高い音に関しては、できれば、35〜40dBまで改善できると良いです。

すると、アラーム系の音や音声の明瞭性を上げやすくなりますので、聞こえの改善度を上げやすくなります。

聴力が下がっている側は、なるべくできる範囲でこちらの改善ができると、それだけ、周囲の状況に気づく機会も増え、かつ、音の明瞭性も上げやすくなります。

今現在は、このぐらいまで、両耳とも改善できるようになると、それなりに聞こえの改善度は、上げやすくなります。

そして、左右の聞こえが異なる方は、左右、別々に補聴器の効果を調べるなどして、バランスも可視化するようにしましょう。

そうすることで、聞こえの改善度を上げやすくなります。

左右の聴力が異なる方の実際の改善事例

ここからは、実際の改善事例に関して、記載していきます。

左右の聴力が異なるケースは、実に様々なケースがあるため、実際には、耳の状況により、改善が微妙に異なります。

生まれつきの感音性難聴の方(初めて)

  • 補聴器:初めて
  • 改善:両耳に耳あな形補聴器
  • 備考:左右のバランスを整えながら改善

ご相談前は、どのような事でお悩みでしたか

実際に補聴器をお使いになってみて、いかがでしょうか

他にも似たような販売店があったのに関わらず、当店で購入された理由は、何でしょうか?

実際のアンケート内容

生まれつきの感音性難聴の方(買い替え)

  • 補聴器:買い替え(他店で初め購入)
  • 改善:両耳に耳かけ形補聴器
  • 備考:左側も補聴器による効果が見込めたため、両耳装用

ご相談前は、どのような事でお悩みでしたか

実際に補聴器をお使いになってみて、いかがでしょうか

他にも似たような販売店があったのに関わらず、当店で購入された理由は、何でしょうか?

実際のアンケート

両耳とも原因不明の感音性難聴の方(買い替え)

  • 補聴器:買い替え(他店で初め購入)
  • 改善:バイクロス補聴器
  • 備考:左側は、改善が見込めないため、バイクロスで改善

ご相談前は、どのような事でお悩みでしたか

実際に補聴器をお使いになってみて、いかがでしょうか

他にも似たような販売店があったのに関わらず、当店で購入された理由は、何でしょうか?

実際のアンケート

他の症例は?

このほか、改善症例については、

にもまとめています。ご参考にどうぞ。

左右の聴力が異なる方のアンケートのみの内容に関しては、こちらにも、まとめています。

なお、それ以外の聴力の方のアンケートに関しては、以下にまとめています。

まとめ

こちらでは、左右の聴力が少し異なる方の聞こえの改善について、まとめてみました。

左右の聴力が少し異なる耳の場合、特に低下している耳側が聞こえにくくなりますので、そちらの耳も含めて、聞こえを改善していけると良いです。

なるべくではありますが、聞こえていない耳側も、まだ聞こえている耳側も含めて、全体的に聞こえを改善できると、聞きにくさに関しては、改善しやすくなります。

こちらでは、そのための方法に関して、まとめてみました。

少しでもお役に立ったのであれば幸いです。

お困りごとがございましたら、お話をお聞かせください

このお店は、生まれつき難聴で補聴器を使っている人が対応している補聴器専門店です。

このお店では、別の場所でお困り事や補聴器のご相談がうまくできなかった方や、お店でのご相談や補聴器を使う事に関して、不安を感じている方。

主にこのような方へ、お一人お一人の状況や価値観を理解しながら、その方、その方に合わせた補聴器のご相談や聞こえの改善を行なっています。

もし、聞こえにくさにお困りの方や使用している補聴器が不調な方がいましたら、お話をお聞かせください。お一人でお悩みにならず、お気軽にご相談いただければ幸いです。

ご相談ごとがございましたら、まずは、お問い合わせフォームより、ご連絡願います。

なお、このお店の内容や場所、聞こえの改善内容については、以下にまとめています。