左右で聴力が違う耳を補聴器で改善

左右の聴力が違う方を補聴器で改善するために

こちらは、左右の聴力が異なる方をどう補聴器で改善していくと良いのか。その点に関して、まとめていきます。

左右の聴力が異なる場合、耳の状況(聴力も含む)によって、少々改善方法が変化してきてしまうのですが、こちらでは、そこまで左右差が大きくない方の聞こえの改善を対象としていきます。

こちらで載せていくのは

  • 左右の聴力が異なる方の聞こえにくさ
  • 左右の聴力が異なる耳を補聴器で改善するために
  • 実際の改善事例

の3つになります。

もし、お悩みの方がいらっしゃいましたら、参考にしていただければ幸いです。

目次

左右の聴力が異なる方の聞こえにくさ

左右の聴力が異なる方というのは、主に上記ような聴力の方です。

片方は、まだ少し聞こえがよく、もう片方は、良い方より、低下している状態ですね。

このような聞こえの方の場合、特に聞こえにくさを感じやすいのは、低下した耳側になります。

聴力によっては、正面からのお話やまだ聞こえている耳側から話しかけられても、わかりづらい事は、ありますが、それ以上に困るのは、聞こえていない側から話されたり、呼ばれたりする事です。

そのような際に呼ばれていることに全く気がつかなかったり、話されても、わからない事が多々出やすくなります。

基本的に聴力が低下すると、このような場面で聞こえにくさを感じやすくなります。

正面でのお話に関しては、まだ聞こえている耳側がある程度、聞こえている場合は、わかる事もあるのですが、声が少し小さかったり、あまりはっきりお話しない方の場合は、わかりづらくなってしまいます。

そして、聞こえない耳側に立たれるとわかりづらくなる事も多々ありますので、人によっては、聞こえている耳側に人が来るようにして、なるべく聞こえるようにしている方もいます。

聞こえている耳側を軸に、なんとか聞こえるようにしている方が多いのが、このような耳の方の状況になります。

離れたところからのお話や呼びかけ。これに関しても、全体的にわかりづらくなってくるのが、このような聴力の方の一つの特徴です。

特に聞こえない耳側から話されたり、呼ばれたりすると、ほとんど気がつかない事も多々出てきます。

音というのは、離れると離れるほど、急激に聞きづらくなってきてしまいますので、離れたところからの呼びかけ、お話、そして、音。それらには、かなり気づきにくくなる傾向があります。

厄介なのは、人が関わると、それがコミュニケーションに影響を与える事です。

ただ単に聞こえていなくて反応しなかっただけではあるのですが、相手からすると、聞こえる音量で話しているのに、全然、反応しないので、やる気がない、聞く気がない。というような姿勢を見られ、人との仲が悪くなる事も起こりやすくなってしまいます。

難聴の場合、ただ単に耳が聞こえにくくなるだけではなく、人とのコミュニケーション、関わり、それに影響しやすくなってしまいますので、このような部分にも気をつけていく必要があります。

あとは、騒がしい環境下と複数の人とのお話の際に聞きづらくなる事ですね。

騒がしい環境下だと、周囲がうるさいことにより、その音に邪魔されてしまい、聞きにくく感じたり、周囲の人とのお話の際では、聞きやすい人とそうでない人が出てきやすくなり、グループ内の話題について行きづらくなったりする事があります。

左右の聴力が違う場合は、これらの部分で聞きにくさに困りやすくなる傾向があります。

左右の聴力が異なる耳を補聴器で改善するために

さて、ここからが聞こえの改善パートになります。

左右の聴力が異なる耳の場合、改善するポイントは、大きく分けると

  • 補聴器での補い方
  • 補聴器の調整
  • 補聴器の形状

この3つになります。この3つのところを押さえる事により、聞こえの改善がしやすくなります。

こちらでは、補聴器に関して、初めてお考えになる方のために、まずは、補聴器の概要から記載していきます。

※もし、補聴器に関して、ある程度、ご存知でしたら、改善ポイントから、ご覧ください。

補聴器の概要

補聴器で聞こえを改善する。と考えた場合、主に補聴器で考えていく要素というのは、

  • 補聴器での聞こえの補い方
  • 補聴器の形状
  • 補聴器の性能
  • 補聴器の調整

の4つになります。

補聴器は、主にこの4つによって成り立っていますので、この4つさえ理解できれば大丈夫です。

補聴器での聞こえの補い方

こちらでいう補聴器での聞こえの補い方。というのは、どのように自分の耳を補聴器で補っていくのか。の全体像になります。

左右の聴力が異なる方の場合、こちらは、両耳に補聴器を装用して、聞こえを改善していくのか。それともバイクロス補聴器という特殊な補聴器を装用して、改善していった方が良いのか。という選択肢があります。

まず、このような聞こえの方の場合、重要になってくるのは、“聴力が低下した耳側をどう補うか”。になります。

聴力は、低下するとするほど、聞きにくさが強くなり、かつ、耳の状況によっては、補聴器を装用しても、聞こえがほとんど改善されない。というケースが出てきます。

両方とも補聴器を装用して、聞こえを改善できる場合は、両耳に補聴器を装用して、聞こえを改善できると改善度は、上がりやすく

仮に聴力低下が大きい耳側が補聴器では、効果が出ない場合は、なるべく聞きにくい側の聞こえを改善するために、バイクロス補聴器で補えると良かったりします。

こちらに関しては、耳の状況によって変わるのですが、経験上、左右の聴力の差がそれほど大きくなければ、9割くらいは、両耳に補聴器を装用することによって、補えます。

しかし、たまにイレギュラーなケースはあり、そのような場合は、耳の状況を一つ一つ調べ、ご自身にとって、良い補い方を考え、なるべく聞きにくさを改善できる方法で、改善していくことが大切になります。

補聴器の形状

補聴器のカタログを開いていただくと、色々な補聴器があるかと思います。

その中で補聴器の形状というのは、大きく分けると、耳にかけて使用する耳かけ形の補聴器と耳の穴の中に入れて使用する耳あな形補聴器。の2つがあります。

補聴器の形状は、主に扱いやすさ。が関わってきます。

ですので、自分にとって、扱いやすい補聴器は、何か。という視点で、形状に関しては、選んでいただくと、ご自身にとって、扱いやすい補聴器を得やすくなり、結果、スムーズに補聴器を活用しやすくなります。

なお、左右の聴力が異なる場合、補聴器の形状は、音の出力。どのぐらい聴力を補えるものなのか。も、兼ねます。

ですので、左右の聴力が異なる場合は、その点も注意してみましょう。

補聴器の性能

今現在、補聴器というのは、上記のようにいくつかクラス別に分かれており、それぞれ3つか4つぐらい、一つの補聴器にグレード(クラス)があります。

そのグレードごとに性能および、金額が変化する状態になります。

下のものは、低下した聴力の部分を補うもののみ付いている事が多く、

上のグレードになると、先ほどの機能にプラスして、聞こえを改善する過程で、気になりやすい音を抑える機能が付いていたり、騒がしい環境下で、なるべく聞きにくくならないようにする機能が付いていたりします。

補聴器は、聞こえを改善するために、聴力低下した部分に音を入れて、聞こえを改善するのですが、それだけですと、騒がしい環境下では、周囲の音に邪魔されてしまい、聞きにくさが出てしまったり、聞こえを改善する過程で、色々な音が聞こえるようになってきますので、一部の音が、不快に感じる事もあります。

ですので、それらの部分を抑える機能。支援してくれる機能があると、それだけ、金額が大きくなります。

これが、補聴器の性能になります。

補聴器の調整

補聴器の調整とは、低下した聴力の部分にどのぐらい音を補えると良いのか。という部分になります。

この部分は、非常に重要で、補聴器による聞こえの改善効果は、この補聴器の調整が、8割を占めます。

そして、なるべくしっかりと改善していくためには、

  • 自分の聴力に対し、補えるとよい数値を理解する
  • 補聴器での聞こえの改善状況を把握できるようにする

この2つが、聞こえを改善する上で、非常に重要になってきます。

今現在、補聴器は、ある程度、聴力別にどのぐらい聞こえを補えると良いのか。というのがわかってきています。

聞こえの改善目標値、もしくは、聞こえの改善状況は、測定機器を使って調べたり、補聴器の調整ソフトを使って、知る事ができます。

この部分で聞こえの改善がほぼ決まるため、ここの部分は、難しいのですが、なるべく理解できると、それだけ、ご自身の聞きにくさを改善させる事に繋がります。

なお、左右の聴力が異なる場合、左右別々に聞こえの状況を確認し、それぞれの改善状況を把握することが大事です。

なかなか左右のバランスは、感覚だけでは、改善しづらいので、聞こえの改善状況を見える化しながら、バランスよくしていく事を心がけると良いです。

左右差のある耳を補聴器で改善するポイント

さて、本編。左右の聴力が異なる場合、補聴器でなるべく聞こえを改善するポイントですが、大きく分けると、

  • 補聴器での補い方
  • 補聴器の調整
  • 補聴器の形状

の3つになります。

ここからは、一つずつ、記載していきます。

補聴器での補い方

この部分に関しては、耳の状況によって、大きく分かれるのですが、基本的に、このような聴力の方の場合、両方とも補聴器の適性があるのであれば、両耳に一般的な補聴器を装用して、聞こえを改善できるとベストです。

片耳のみ補聴器を装用する場合と、両方の耳に補聴器を装用する場合の違いは、上記の通りです。

簡単にお話をさせていただきますと、片耳のみ補聴器を装用した場合

  • 聞こえない耳側が聞こえにくいまま
  • 騒がしい環境下での聞き取りがより悪くなりやすい

の2つがあります。

まず、このような聞こえの方の場合、大事になってくるのは、聴力低下が大きい方の耳です。

というのも、聴力低下が大きければ、大きいほど、聞こえにくさが強くなるため、そちら側から話されたり、呼ばれたりすると、わからない事が多くなるからです。

片耳のみ補聴器を装用した場合、聞こえにくい側は、以前よりは、わかりやすくはなるのですが、わかりづらいところは、残ったままになりやすくなります。

ですので、あくまでも、聞こえにくい側の耳も、補聴器を装用して聞こえが改善できそうなのであれば、その耳側も補聴器は、装用した方が聞こえの改善はできます。

このような聞こえの方の場合、いかに聞こえにくい側の聞こえを補えるか。もしくは、どうやったら聞こえにくい側の聞こえが改善されるのか。を考える事が、聞こえの改善度を大きくあげるポイントです。

聴力低下が大きければそれだけ、聞こえに困りやすくなり、その困っている量が大きいところを改善した方が、聞こえの改善度は、上がりやすくなります

なお、耳の状況によっては、聴力低下が大きい耳側は、補聴器を装用しても、聞こえの改善が得られない耳もあります。

その場合に備えて、実際の聞こえの改善事例では、三番目にそのような聞こえの方の改善事例を載せています。(バイクロス補聴器による聞こえの改善)

こちらでは、あくまでも両耳とも補聴器を装用して、聞こえを改善できる方を中心に記載していきますので、そのようなケースも知りたい場合は、改善事例をご覧ください。

※バイクロスによる改善事例は、下に載せています。

補聴器の調整

ここから少しお話が難しくなってきます。

補聴器で聞こえを改善する際に欠かせないのが、この補聴器の調整です。

こちらでは、なるべくわかりやすくお話をしていくために、補聴器での聞こえの改善状況を可視化できる音場閾値測定を軸にお話をしていきます

まず、補聴器には、補聴器を装用して、改善できると良いおおよその改善目標値。というものがあります。

今回の聴力のケースですと、おおよそ35dBぐらいまで、両耳とも全体的に改善できると聞きにくさの改善は、しやすくなる傾向があります。

改善ポイントをお話していきますと500〜2000Hzの間は、音声が関係しやすい部分になりますので、なるべく聞こえの改善目標値まで、改善できると、それだけ、聞こえの改善は、しやすくなる傾向があります。

そして、高い音の部分に関しては、35〜40dBぐらいまで改善できると、結構、離れたところからの音(呼び出し音、アラーム音)や呼びかけ、そういったものにも気が付きやすくなります

この部分は、音声の聞き取りにも影響する部分になりますので、できれば、このぐらいまで改善できると良い部分になります。

また、左右の聴力が異なる方の場合、ここからが非常に大事になってくるのですが、補聴器を装用した状態で、左右の聞こえのバランスを取る。と考えた場合、感覚で合わせるのは、ほぼ不可能に近い状態になります。

ですので、できれば左右の聞こえの状態は、音場閾値測定のような測定を行い、左右でどのように聞こえているのか。それを可視化することをお勧めします。

可視化することができると、どこが同じように聞こえていて、どこは、違うのか。が、わかりやすくなりますので、感覚を合わせる上で、どこを修正したら良いかもわかりやすくなります。

感覚のみですと、左右の聞こえのバランスが違う。という事は、わかっても、どこが違うのかがわからないため、修正をしようと思っても、どこを修正したら良いかがわかりません。

補聴器の調整で大事なのは、どう調整すると良いか。ではなく、どこを修正したら良いかを知れるようにする事です。

なぜなら、どこを修正したら良いかがわからないと、どこをどうすれば良いかがわからないため、改善に繋がる行動ができないからです。

現状を把握し、どこを修正したら良いかを探るのが先ですので、その点にご注意ください。

これらの事をしたとしても、完璧に左右のバランスを整えるのは、難しい場合もあるのですが、少なくとも、左右の聞こえが違うという違和感を少なくする事はできますので、なるべくその違和感は、少なくしていきましょう。

そうすることができると、違和感なく補聴器を使いやすくなり、かつ、聞こえの改善度も上げやすくなります。

補聴器の形状

左右の聴力が異なる方の場合、一つ、注意しなければならないのは、補聴器の形状です。

ここの部分は、結論から言ってしまうと、聴力低下している耳側の聞こえを補える補聴器を選ぶ。ということになるのですが、その点に関して、記載していきます。

まず、今現在の補聴器ですが、補聴器の形状ごとに音の出力。補える聴力というのが異なります

そして、左右の聴力が異なる場合、たまに悩ましいケースがあり、それは、聞こえている耳側を軸に補聴器を選ぶのか、それとも、聞こえにくい耳側を軸に補聴器を選ぶのか。です。

こちらのケースは、あくまでも両耳とも補聴器を使用して補える耳を想定していますので、そのようなケースの場合は、低下した耳側を軸に補える補聴器を選択するのがベストです。

何度も記載し申し訳ないのですが、このような聞こえの方の場合、低下した耳側をどう補っていくのか。が非常に大事になってきますので、その耳を補える補聴器(補聴器の形状)を選ぶことが大切です。

なお、今現在、補聴器の中には、このように音の出力が変えられるものがあります。

そのようなもので改善できる場合は、適切な音の出力のタイプを選定し(左右で出力タイプを変更できます)、それぞれの耳で聞こえを改善できるようにできると、ベストです。

この部分は、補聴器屋さんが考えていくことではあるのですが、大事なところですので、その部分を共有する。ということで、こちらに関しても、記載させていただきました。

おまけ:性能は、どう考える?

補聴器の選定で悩ましいのは、性能です。正直、性能に関しては、金額差がだいぶ大きいので、出せる範囲内でお考えいただく事をオススメします。

まず、どの補聴器(どのグレード)でも基本的な聞こえの改善は、できるようになっています。

この基本的な改善というのは、聞きにくくなった聴力の部分を補う。という部分ですね。

金額の違いは、聞こえを改善していくと周囲の一部の音が気になりやすかったり、周りが騒がしいケースでは、周りの音に邪魔されることが多くなってしまうため、そういったものを軽減する機能の有無、または、効力の違いによるものです。

ですので、出せる方は、出していただいた方が、しっかりと聞こえを改善することにプラスして、快適性や邪魔されにくさが加わり、より聞こえの改善がしやすくなります。

しかし、いかんせん、金額の違いが非常に大きいため、その点は、出せる範囲内、もしくは、聞こえの改善効果と金銭的なバランス。その点をお考えになりながら、選定していただく事をオススメします。

なお、左右の聴力が異なる場合でも、基本的には、性能に関しても、両方とも同じものを使うのが、大半です。

左右の聴力が異なる方の実際の改善事例

上記に記載した通り、このような聞こえを改善していく場合に大事になってくるのは、

  • 補聴器での補い方:左右とも改善するように
  • 補聴器の調整:左右とも改善するように
  • 補聴器の形状:左右とも補えるように

の3つになります。共通するポイントは、いかに聞こえにくい側の聞こえを改善できるか。となります。※あと、左右の聞こえのバランスをどう取るか。

ただ、こちらの内容だけでは、わかりづらいところも多いかと思いますので、実際の改善事例に関しても、記載していきます。

こちらに関しても、ご参考にしてみてください。

生まれつきの感音性難聴の方(初めて)

  • 補聴器:初めて
  • 改善:両耳に耳あな形補聴器
  • 備考:左右のバランスを整えながら改善

ご相談前は、どのような事でお悩みでしたか

実際に補聴器をお使いになってみて、いかがでしょうか

他にも似たような販売店があったのに関わらず、当店で購入された理由は、何でしょうか?

実際のアンケート内容

生まれつきの感音性難聴の方(買い替え)

  • 補聴器:買い替え(他店で初め購入)
  • 改善:両耳に耳かけ形補聴器
  • 備考:左側も補聴器による効果が見込めたため、両耳装用

ご相談前は、どのような事でお悩みでしたか

実際に補聴器をお使いになってみて、いかがでしょうか

他にも似たような販売店があったのに関わらず、当店で購入された理由は、何でしょうか?

実際のアンケート

両耳とも原因不明の感音性難聴の方(買い替え)

  • 補聴器:買い替え(他店で初め購入)
  • 改善:バイクロス補聴器
  • 備考:左側は、改善が見込めないため、バイクロスで改善

ご相談前は、どのような事でお悩みでしたか

実際に補聴器をお使いになってみて、いかがでしょうか

他にも似たような販売店があったのに関わらず、当店で購入された理由は、何でしょうか?

実際のアンケート

他の症例は?

このほか、改善症例については、

にもまとめています。ご参考にどうぞ。

なお、お客様の声のみ、アンケート用紙のみの場合は、以下にまとめています。

まとめ

左右の聴力が異なる方の場合、耳の状況によっても、改善方法が変わってきてしまうのですが、今回は、聴力差がそこまで大きくないケースに関して記載してみました。

このようなケースでは、両耳に補聴器を装用し、左右ともバランスよく改善させる。という事が何よりも大事で、それができると、聞こえの改善度は、上がりやすくなります。

そして、左右ともバランスよく改善させる。という点に関しては、特に聞こえにくい側が重要になってきます。

そちら側の方が聴力が低下していますので、その耳側が聞きにくさを感じやすいためですね。

ですので、聞こえが低下した耳側もなるべく改善し、そして、聞こえている耳側も改善させ、バランスよく聞こえが改善できると、聞きにくさの改善は、しやすくなります。

もちろん、聴力によっては、難しいケースもありますので、ケースバイケースには、なってはしまうのですが、重要な点は、”いかに低下した耳側を改善するか”というところになります。

なお、中には、聴力が低下した耳側が補聴器で補えないケースもあります。

その場合の補い方は、症例の三番目、両耳とも原因不明の感音性難聴の方(買い替え)で記載していますので、そのようなケースも知りたい場合は、こちらもご覧ください。

なお、当店側でも、このような聞こえの方の聞こえの改善相談について、行なっています。

当店へご相談を希望される場合は、お問い合わせページより、お問い合わせください。

お店の内容やサービスについては、上記にまとめています。

改善方法がおおよそわかり、ご自身の聞こえの改善に役立ったのであれば、幸いです。

ABOUT ME
深井 順一
生まれつきの難聴者が対応している補聴器専門店、パートナーズ補聴器、代表。聞こえにくさを抱えている方が、聞こえを改善し、より良い生活ができるようになるお店。という考えのもと、お店の内容やサービスを考え、補聴器による聞こえの改善をしています。書いている人の詳細は、”書いている人のページ”へどうぞ。お店に来た"お客様の改善事例は、こちら”に記載しています。最近は、Yourtubeにて、動画による解説も始めました。
聞こえにくくて、プライベートや仕事でお悩みの方へ

聞こえにくい事でお悩みだったり、使用されている補聴器が不調。など、聞きづらくてお困りの方がいらっしゃいましたら、お気軽にご相談ください。

当店では、補聴器を初めてお考えになる方や他の場所でうまくご相談できなかった方でも、安心してご相談できるよう、完全予約制にして、補聴器のご相談をしています。

聞こえの改善相談を行い、実際に日常生活や職場で使ってみて、補聴器があると良い。あると生活が楽になる。という方のみ、ご自身に合った補聴器を提供しています。

当店でのご相談を希望される場合は、まずは、お問い合わせフォームより、ご連絡ください。

聞こえの改善方法については、【まとめ】聴力別、補聴器で聞こえを改善させる方法に、まとめており、そして、お店の内容やお客様の実際の改善事例は、以下の通りとなります。

当店の特徴お客様の改善事例