両耳とも難聴の聴力別、改善

中等度難聴の聞こえを補聴器で改善する3つのポイント

こちらでは、両耳とも中等度の難聴の方を補聴器で改善していくための内容をまとめていきます。

こちらに該当するのは、上記のような聴力で、かつ、このような症状の方となります。

補聴器で聞こえを改善する際に関わる要素は、

  1. 聞こえの補い方(装用する耳)
  2. 補聴器の形状(種類)
  3. 補聴器の性能
  4. 補聴器の調整

の4つがあるのですが、聞こえを改善していく際に、大事になってくるのは、①、②、④になります。

今回は、中等度難聴の聞こえにくさと、その聞きにくさを改善していくためのポイントについて、記載していきます。

当店では、聞こえにくさにお困りの方へ、聞こえの改善相談を行っています。お店の詳細は、パートナーズ補聴器の特徴をご覧下さい。

目次

中等度難聴の聞きにくさ

中等度難聴の場合の聞きにくさは、おおよそのこのようになります。

中等度難聴のポイントは、

  • 全体的に人の会話、お話がわかりづらい(聞こえづらい)
  • 騒がしい環境下になると、だいぶ聞きにくい
  • 距離が離れると呼びかけ、音は、ほぼ気づかない

の3つです。

対面でのお話は、大きめにお話してくれたり、はっきり話そうと努力している方の声であれば、聞こえる事もあるのですが、少し声が小さい方や滑舌が悪かったりすると、途端に何を言っているのか、わからなくなります。

騒がしい環境下では、基本的に何を言っているのか、ほぼわからないぐらい聞きづらく、周囲の人と囲んでお話をする場合は、少しでも距離が離れたり、声が小さい方がいると、ほぼその輪の中の話は、わかりづらくなります。

あと、致命的なのが、離れたところからの呼びかけ、音に気づかない事です。

6〜7mぐらい離れたとこからの音は、だいぶ大きくないと気づかなかったり、チャイムやタイマーの音、呼び出し音、それらにも、ほぼ気がつかなくなります。

中等度難聴というと、まだ軽そうなイメージですが、実際には、だいぶ聞きにくさが強くなる聴力です。

この辺りから、全体的に聞きにくさが強くなるため、補聴器による聞こえの改善を考える方が急増します。

中等度難聴を補聴器で改善するポイントは?

さて、ここから本題ですね。

冒頭に記載した通り、補聴器で聞こえを改善していく際に関わる要素としては、

  1. 聞こえの補い方(装用する耳)
  2. 補聴器の形状
  3. 補聴器の性能
  4. 補聴器の調整

の4つになります。

その際、聞こえを改善する際に大事になってくる要素は、①、②、④になります。

そして、特に聞きにくさの改善に影響するのは、①と④になります。

しっかり聞こえを改善していきたい場合は、せめて、この2つだけでも、押さえておきましょう。

ポイント①聞こえの補い方

聞こえの補い方と言われるとピンと来ないかもしれませんが、こちらは、どの耳に補聴器を装用するのか。という部分になります。

片耳のみ使うのか、それとも両方の耳に使うのか。仮に片方に使うのであれば、どちらの耳に装用するのか。そういった部分です。

非常に表現が難しいのですが、仮に両耳とも補聴器を装用して、聞こえの改善効果を得られる耳であれば、両方の耳に補聴器を装用して、聞こえを改善するのが、一番良い方法です。

騒がしい環境下は、両耳に補聴器を使って、なるべく改善するようにし、音声の聞きにくさ、離れたところからの呼びかけ、音は、補聴器の調整で改善できるようにすると良いです。

まず、中等度難聴の方の場合、聞こえを改善する際に考えていきたいポイントは、

  • 騒がしい環境下での聞き取りをなるべく改善する事
  • 音声に関しては、小さい声もなるべく改善できるようにする事
  • 離れたところからの呼びかけ、音にも気づくようにする事

の3つです。

この中で騒がしい環境下での聞き取りをなるべく改善していくためには、両方の耳に補聴器を装用する事が、今の所、一番有効です。

片耳装用と両耳装用の違いは、こちらの通りです。簡単にいいますと、騒がしい環境下での聞こえの改善効果が変わります。

片耳のみの場合、改善されていない側は、そのままの状態になるので、できれば、両方とも改善したいところ。

また、片耳のみにつけた場合、補聴器をつけていない側からの音は、音が聞こえづらい状態になりますので、依然として、呼ばれても気がつかない。お話がわかりづらい、アラーム系の音に気がつかない。などが起こります。

特に中等度難聴にまで聴力が低下している場合、両耳ともだいぶ気づいていない事が多くなります。

その事から、どのような環境でも、どの方向からも、話されてもわかりやすくしたい場合は、両方の耳に装用することがとても大事になります。

なお、仮に両方の耳に補聴器を装用するとなると、補聴器の代金が2倍になりますので、金額が問題になりやすくなります。

両方の耳に価格を抑えた補聴器を使うのと、片方の耳に良いものを使うのとでは、両方の耳に価格を抑えた補聴器を使う方が、聞こえの改善は、できます。

ですので、その点をお考えになりながら、予算や補聴器の選定を考えられると良いです。

ポイント②補聴器の形状(種類)の選択

補聴器の形状(種類)は、主に扱いやすさに関わります。

中等度難聴の方の場合、基本的にほとんどの補聴器が使えるため、ご自身が使いたいと思えるものを使っていただければ大丈夫です。

今現在、補聴器の種類には、主に上記のものがあります。

耳にかけて使用するタイプの耳かけ形補聴器があり、その中でも、いくつか種類があり、耳の穴の中に入れて、使用する耳あな形補聴器があり、その中でも、いくつか種類があります。

聞こえの改善効果は、形状では変わらず、状況別の使いやすさ、扱いやすさが変化します。

それぞれの違いは、このようになります。

ただ、このままだと対象が多すぎて、選びづらくなるかと思いますので、

中等度難聴の方が使いやすい補聴器を絞らせていただきますと、この2つが当てはまります。

  • 耳かけ形補聴器ならRIC補聴器
  • 耳あな形補聴器ならCIC補聴器

この2つですね。

補聴器を使用する上で知っておくと良いことは、補聴器を使用した際に自分の声が低く響くような感覚やこもったりする感覚を感じやすい事です。

これは、聴力的に125〜500Hzの間で、60dBの範囲内に聴力があると、感じやすく、聴力が良いと良いほど、この感覚は、感じやすくなります。

この感覚は、不快感に直結しますので、ないに越したことはなく、では、その感覚を軽減しやすい補聴器は?となると、それが

  • 耳かけ形補聴器ならRIC補聴器
  • 耳あな形補聴器ならCIC補聴器

になります。

CIC補聴器は、耳の中に入れて使用する補聴器ですので、ポイントとして、目立ちにくい事に加え、メガネやマスク、そういったものの邪魔にならない事です。

CIC補聴器は、耳の中に入るため、それにより、ものの邪魔にならないという特徴があります。

さらには、電話をする場合も、今まで通り行うことができるため、そういった部分の使いやすさがあります。

欠点は、自分の声の響き、自分の声が少し大きく聞こえやすい事です。

耳を塞ぐと塞ぐほど、補聴器を装用した際に感じる不快感のこもり、閉塞感は強くなるのですが、それを感じやすくなります。

ですので、こちらは、メガネやマスクなど、そういったものがあっても、楽に使いたい。電話をする機会が多いので、楽に使えるようにしたい。という方に向く補聴器の形です。

RIC補聴器は、耳にかけて使用するタイプの耳かけ形補聴器の一種で、こちらの大きな利点は、補聴器を装用した時にデメリットである閉塞感、自分の声が大きくなる感覚を軽減しやすい事です。

耳の上にかけて使用するため、メガネ、マスク。さらには、電話がちょっとしづらい傾向があります。

逆にデメリットは、耳にかけて使用する補聴器ですので、一部の方は、メガネやマスク、そういったものの邪魔に感じやすくなります。

一応、使い方さえ理解すれば、この点は、改善しやすいのですが、中には、メガネやマスクの邪魔に感じやすい方もいるかもしれません。

また、電話をする場合は、受話器を上にずらしてしていただく必要があります。

補聴器本体が耳にかかっている状態ですので、音を拾うマイクも、そこにあり、上に受話器をずらさないと、電話の音声が聞きづらくなります。

電話の当て方に少しコツが入りますので、そういったところがデメリットになります。

この形状の補聴器は、初めて補聴器を使う方にオススメします。

補聴器を使った時のデメリットである閉塞感、自分の声が不快に感じる要素を減らせるので、そのような方には、使いやすい補聴器になります。

中等度難聴の方の場合、どのような形状でも、ご自身が使いやすければ大丈夫です。

こちらでは、あえて選択されることが多い2つの形状を記載してみました。この中から選べれば、比較的、使いやすい補聴器を得ることができるかと思います。

ポイント③補聴器の調整

補聴器の音の調整とは、どこまで聞こえを改善するか。という聞こえの改善のメインの部分になります。

今現在、聴力ごとにある程度、どこまで聞こえを改善できると改善効果が高くなるのか。という部分は、わかってきています。

補聴器の調整で、聞こえを改善していくポイントは、

  • 自分自身の聞こえの改善状況を把握できるようにする事
  • どこまで聞こえが改善できると良いのかを知る事

の2つです。

自分自身の聞こえの改善状況を把握できるようにする事

はじめに大事になってくるのが、自分自身の聞こえの改善状況を把握できるようにする事です。

補聴器は、装用して、聞こえる感覚こそわかるのですが、どこまで聞こえが改善されているのか、このぐらいの感覚で良いのか。その判断は、感覚のみでは、非常にしづらくなります。

比較的、簡単に現状を知れるものとしては、

  • 補聴器の調整画面
  • 音場閾値測定(おんじょういきち測定)

の二つがあります。

今現在、補聴器は、パソコンを使って調整しており、上記のように、現在出ている音の強さと、聴力から目標値を出して、今現在、どういった聞こえの改善状況なのか。を表現してくれます。

それ以外には、補聴器を使った状態でどのぐらい聞こえているのか。を測定する測定器があるのですが、それが音場閾値測定(おんじょういきち測定)です。

こちらは、目標値こそセルフですが、どの周波数がどのぐらい聞こえが改善されているのかがわかりやすく、現状の改善状況を把握しやすい測定になります。

どちらでも、大丈夫ですので、現状を把握しつつ、聞こえを改善していけると、聞きにくさの改善は、しやすくなります。

どこまで聞こえが改善できると良いのか(音場閾値測定版)

ここから、どこまで聞こえが改善できると良いのか。そのポイントについて、記載していきます。

音場域値測定という聞こえの状態を可視化できるもので表現すると、このぐらい改善できると良いです。

中等度難聴の場合、補聴器を装用した状態の聞こえの効果を可視化できる音場域値測定で表現すると、だいたい、このぐらいまで改善できると、聞こえの改善度は、上げやすくなります。

上記の通り、中等度難聴の場合、小さい声や離れたところからのお話は、もちろん、人によっては、対面でお話ししていても、聞き取りにくい状態になります。

それらの部分を全体的に改善するには、だいたい35dBぐらいまで改善できるようになると、離れたところからの呼びかけやお話し、さらには、今まで小さくて聞き取りづらかった音声などが、聞きやすくなります。

500〜2000Hzは、音声が関わるところなので、35dBまで、なるべく改善させたいところです。

もう少しポイントをお話ししますと、音声に関しては、500〜2000Hzが関係しやすく、この辺りは、できれば、35dBぐらいまで改善できると良いです。

この辺りは、アラーム系や呼びかけ系があるため、聞こえるようになると、だいぶ反応しやすくなります。

そして、高い音に関しては、アラーム系や音声の明瞭性。ここに関わってきますので、この辺りは、35〜40dBほどまで改善できると、周囲で鳴っているアラーム、タイマー、呼び出し系の音もかなりわかりやすくなります。

アラーム系は、少しでも離れるとわからなくなるケースが多くありますので、そういったところもわかりやすくなっておけると、周囲の状況を掴みやすくなります。

そうなると結局は、だいたい35dBぐらいまで全体的に改善させることになるのですが、この辺りまで改善できるようになると、それなりに聞こえの改善効果を得やすくなります。

補聴器は、どこまで聞こえを改善するかにより、効果が変化し、かつ、中等度難聴は、だいぶこの部分の影響を受けます。

ですので、できるのであれば、ここぐらいまで聞こえを改善できると良いです。

中等度難聴の方の実際の改善事例

ここからは、実際の改善事例に関してまとめていきます。

片耳、突発性難聴、もう片耳、原因不明の難聴の方

  • 補聴器:初めて
  • 改善:両耳に耳あな形補聴器

ご相談前は、どのような事でお悩みでしたか

実際に補聴器をお使いになってみて、いかがでしょうか

他にも似たような販売店があったのに関わらず、当店で購入された理由は、何でしょうか?

実際のアンケート

生まれつき感音性難聴で中等度難聴の方(買い替え)

  • 補聴器:買い替え(他店で初めは購入)
  • 改善:両耳に耳あな形補聴器
  • 備考:他店でうまくご相談できず

ご相談前は、どのような事でお悩みでしたか

実際に補聴器をお使いになってみて、いかがでしょうか

他にも似たような販売店があったのに関わらず、当店で購入された理由は、何でしょうか?

実際のアンケート

生まれつき感音性難聴の方(聴力、左右差あり)

  • 補聴器:初めて
  • 改善:両耳に耳あな形補聴器
  • 備考:左右のバランスを整えながら、改善

ご相談前は、どのような事でお悩みでしたか

実際に補聴器をお使いになってみて、いかがでしょうか

他にも似たような販売店があったのに関わらず、当店で購入された理由は、何でしょうか?

実際のアンケート

この他の改善事例について

こちらの他には

にも記載しています。

また、お客様の声のみ、アンケート内容のみについては、以下にまとめています。

まとめ

こちらでは、中等度難聴の方の聞こえの改善ポイントに関して、まとめてみました。

騒がしい環境下での聞こえは、両方とも補聴器を装用して、聞こえの改善ができるのであれば、両耳装用にして、なるべく改善していくようにし、

対面でのお話や離れたところからの呼びかけ、音、そう言ったものは、補聴器で、なるべく改善できるとよい目標値まで、改善する事で、できる限り、改善していくようにしていくと良いです。

補聴器の形状は、ご自身が使いやすいものを選んでいただければ、使いやすく、かつ、聞こえの改善もできるようになります。

このようにしていただければ、聞こえにくさの改善は、しやすくなります。

残念ながら、これらの事をしても、耳が治る。という所までは改善できません。

しかし、このようにしていただくことで、なるべく聞きにくさを軽減し、今まで感じていた不自由な部分を減らすことはできるはずです。

こちらの内容が少しでも、お役に立ったのであれば幸いです。

このお店は、生まれつき難聴で補聴器を使っている人が対応している補聴器専門店です。

このお店では、聞こえにくさにお困りの方へ、一対一で、お困り事やご相談してみたい事をちゃんと相談できる環境を作り、補聴器を実際に使っている人が、お一人、お一人のご希望に合わせた聞こえの改善や補聴器のご相談を行なっています。

もし、聞こえにくさにお困りの方や使用している補聴器が不調な方がいましたら、お話をお聞かせください。お一人でお悩みにならず、お気軽にご相談いただければ幸いです。

ご相談ごとがございましたら、まずは、お問い合わせフォームより、ご連絡願います。

なお、このお店の内容や場所、聞こえの改善内容については、以下にまとめています。

関連する記事