両耳とも難聴の聴力別、改善

中等度難聴の聞こえを補聴器で改善する3つのポイント

こちらでは、両耳とも中等度難聴の方の聞こえをしっかりと改善するための要点に関して、まとめていきます。

結論から言いますと、中等度難聴の方の場合、

  • 聞こえの補い方(どの耳に補聴器を装用するのか)
  • 補聴器の音の調整(どのぐらい改善するか)

の2つにより、聞こえの改善の8割が決まります。

ですので、この2つに関しては、できればしっかりと押さえておきましょう。

補聴器で聞こえを改善する際に関わる要素は、

  1. 聞こえの補い方
  2. 補聴器の形状(種類)
  3. 補聴器の性能
  4. 補聴器の音の調節

の4つがあるのですが、聞こえを改善する上で特に大事になるのが、①と④で、補聴器の形状に関しては、扱いやすさが関係します。

全てを記載すると非常に長くなってしまうため、こちらでは、補聴器でしっかりと聞こえを改善するために大事になる①と④、そして、扱いやすさに関係する2について、まとめていきます。

ここだけしっかり押さえておければ、聞こえの改善効果は、だいぶ上げやすくなります。

ポイント①聞こえの補い方

聞こえの補い方と言われるとピンと来ないかもしれませんが、こちらは、どの耳に補聴器を装用するのか。という部分になります。

片耳のみ使うのか、それとも両方の耳に使うのか。仮に片方に使うのであれば、どちらの耳に装用するのか。そういった部分です。

結論から言いますと、仮に両耳とも補聴器を装用して効果が見込めるのであれば、両方の耳に補聴器を装用できると良いです。

片方のみ補聴器を使った場合と両方に使った場合の違いは、上記の通りです。

簡潔に記載すると、騒がしい中での聞こえの改善度。その点が変化します。

それ以外には、補聴器をつけていない側から話されると、変わらずわかりづらいままになりますので、そういった場合においても、わかりやすくなります。

どのような環境でも、どの方向からも、話されてもわかりやすくしたい場合は、両方の耳に装用することが大事になります。

なお、仮に両方の耳に補聴器を装用するとなると、補聴器の代金が2倍になりますので、金額が問題になりやすくなります。

この点ですが、両方の耳に価格を抑えた補聴器を使うのと、片方の耳に良いものを使うのとでは、両方の耳に価格を抑えた補聴器を使う方が、聞こえの改善は、できます。

ですので、その点をお考えになりながら、予算や補聴器の選定を考えられると良いです。

これがまず一つ目です。

ポイント②補聴器の形状(種類)の選択

補聴器の形状(種類)は、主に扱いやすさに関わります。

中等度難聴の方の場合、基本的にほとんどの補聴器が使えるため、ご自身が使いたいと思えるものを使っていただければ大丈夫です。

今現在、補聴器の種類には、主に上記のものがあります。

耳にかけて使用するタイプの耳かけ形補聴器があり、その中でも、いくつか種類があり、耳の穴の中に入れて、使用する耳あな形補聴器があり、その中でも、いくつか種類があります。

聞こえの改善効果は、形状では変わらず、状況別の使いやすさ、扱いやすさが変化します。

それぞれの違いは、このようになります。

ただ、このままだと対象が多すぎて、選びづらくなるかと思いますので、

中等度難聴の方が使いやすい補聴器を絞らせていただきますと、この2つが当てはまります。

  • 耳かけ形補聴器ならRIC補聴器
  • 耳あな形補聴器ならCIC補聴器

この2つですね。

補聴器を使用する上で知っておくと良いことは、補聴器を使用した際に自分の声が低く響くような感覚やこもったりする感覚を感じやすい事です。

これは、聴力的に125〜500Hzの間で、60dBの範囲内に聴力があると、感じやすく、聴力が良いと良いほど、この感覚は、感じやすくなります。

この感覚は、不快感に直結しますので、ないに越したことはなく、では、その感覚を軽減しやすい補聴器は?となると、それが

  • 耳かけ形補聴器ならRIC補聴器
  • 耳あな形補聴器ならCIC補聴器

になります。

CIC補聴器は、耳の中に入れて使用する補聴器ですので、ポイントとして、目立ちにくい事に加え、メガネやマスク、そういったものの邪魔にならない事です。

CIC補聴器は、耳の中に入るため、それにより、ものの邪魔にならないという特徴があります。

さらには、電話をする場合も、今まで通り行うことができるため、そういった部分の使いやすさがあります。

欠点は、自分の声の響き、自分の声が少し大きく聞こえやすい事です。

耳を塞ぐと塞ぐほど、補聴器を装用した際に感じる不快感のこもり、閉塞感は強くなるのですが、それを感じやすくなります。

ですので、こちらは、メガネやマスクなど、そういったものがあっても、楽に使いたい。電話をする機会が多いので、楽に使えるようにしたい。という方に向く補聴器の形です。

RIC補聴器は、耳にかけて使用するタイプの耳かけ形補聴器の一種で、こちらの大きな利点は、補聴器を装用した時にデメリットである閉塞感、自分の声が大きくなる感覚を軽減しやすい事です。

耳の上にかけて使用するため、メガネ、マスク。さらには、電話がちょっとしづらい傾向があります。

逆にデメリットは、耳にかけて使用する補聴器ですので、一部の方は、メガネやマスク、そういったものの邪魔に感じやすくなります。

一応、使い方さえ理解すれば、この点は、改善しやすいのですが、中には、メガネやマスクの邪魔に感じやすい方もいるかもしれません。

また、電話をする場合は、受話器を上にずらしてしていただく必要があります。

補聴器本体が耳にかかっている状態ですので、音を拾うマイクも、そこにあり、上に受話器をずらさないと、電話の音声が聞きづらくなります。

電話の当て方に少しコツが入りますので、そういったところがデメリットになります。

この形状の補聴器は、初めて補聴器を使う方にオススメします。

補聴器を使った時のデメリットである閉塞感、自分の声が不快に感じる要素を減らせるので、そのような方には、使いやすい補聴器になります。

中等度難聴の方の場合、どのような形状でも、ご自身が使いやすければ大丈夫です。

こちらでは、あえて選択されることが多い2つの形状を記載してみました。この中から選べれば、比較的、使いやすい補聴器を得ることができるかと思います。

ポイント③補聴器の音の調節

補聴器の音の調整とは、どこまで聞こえを改善するか。という聞こえの改善のメインの部分になります。

今現在補聴器は、聴力ごとにおおよそどのぐらい改善すると良いか。という部分は、わかってきています。

音場域値測定という聞こえの状態を可視化できるもので表現すると、このぐらい改善できると良いです。

中等度難聴の場合、補聴器を装用した状態の聞こえの効果を可視化できる音場域値測定で表現すると、だいたい、このぐらいまで改善できると、聞こえの改善度は、上げやすくなります。

中等度難聴の方の場合、これらのところで、聞こえづらく、状況によっては、だいぶわかりづらくなります。

まず、中等度難聴の方の場合、小さい声や離れたところからのお話は、もちろん、人によっては、対面でお話ししていても、聞き取りにくい状態になることがあります。

それらの部分を全体的に改善するには、だいたい35dBぐらいまで改善できるようになると、離れたところからの呼びかけやお話し、さらには、今まで小さくて聞き取りづらかった音声などが、聞きやすくなります。

500〜2000Hzは、音声が関わるところなので、35dBまで、なるべく改善させたいところです。

もう少しポイントをお話ししますと、音声に関しては、500〜2000Hzが関係しやすく、この辺りは、できれば、35dBぐらいまで改善できると良いです。

この辺りは、アラーム系や呼びかけ系があるため、聞こえるようになると、だいぶ反応しやすくなります。

さらに、高い音に関してですが、アラームや音声の明瞭性。ここに関わってきますので、この辺りは、35〜40dBほどまで改善できると、周囲で鳴っているアラームもかなりわかりやすくなります。

アラーム系は、少しでも離れるとわからなくなるケースが多くありますので、そういったところもわかりやすくなっておけると、周囲の状況を掴みやすくなります。

そうなると結局は、だいたい35dBぐらいまで全体的に改善させることになるのですが、この辺りまで改善できるようになると、それなりに聞こえの改善効果を得やすくなります。

補聴器は、どこまで聞こえを改善するかにより、効果が変化しますので、できるのであれば、ここぐらいまで改善するようにしましょう。

中等度難聴の方の実際の改善事例

ここからは、実際の改善事例に関してまとめていきます。

片耳、突発性難聴、もう片耳、原因不明の難聴の方

  • 補聴器:初めて
  • 改善:両耳に耳あな形補聴器

ご相談前は、どのような事でお悩みでしたか

実際に補聴器をお使いになってみて、いかがでしょうか

他にも似たような販売店があったのに関わらず、当店で購入された理由は、何でしょうか?

実際のアンケート

生まれつき感音性難聴で中等度難聴の方(買い替え)

  • 補聴器:買い替え(他店で初めは購入)
  • 改善:両耳に耳あな形補聴器
  • 備考:他店でうまくご相談できず

ご相談前は、どのような事でお悩みでしたか

実際に補聴器をお使いになってみて、いかがでしょうか

他にも似たような販売店があったのに関わらず、当店で購入された理由は、何でしょうか?

実際のアンケート

生まれつき感音性難聴の方(聴力、左右差あり)

  • 補聴器:初めて
  • 改善:両耳に耳あな形補聴器
  • 備考:左右のバランスを整えながら、改善

ご相談前は、どのような事でお悩みでしたか

実際に補聴器をお使いになってみて、いかがでしょうか

他にも似たような販売店があったのに関わらず、当店で購入された理由は、何でしょうか?

実際のアンケート

この他の改善事例について

こちらの他には

にも記載しています。

また、お客様の声のみ、アンケート内容のみについては、以下にまとめています。

まとめ

こちらでは、中等度難聴の方の聞こえの改善ポイントに関して、まとめてみました。

基本的にこのような聞こえの方の場合、

  • 聞こえの補い方(どの耳に補聴器を使うか)
  • 補聴器の音の調整(どこまで聞こえを改善するか)

の2つにより、聞こえの改善度が決まることが大半です。ですので、この2つは、しっかりと押さえておきましょう。

このほか、一応、補聴器の性能も入るのですが、補聴器の性能は、良いに越したことはないのですが、それ以上に、上記の2つの方が聞こえの改善に影響する要素が強いです。

上記の2つを押さえた上で、より改善したい場合は、性能に関して考えていただければと思います。

補聴器にも、8:2の法則、いわゆるパレートの法則はあり、それが、先ほどの2つになります。これが、聞こえの改善の約8割を決めますので、まずは、そこを押さえましょう。

それ以外には、補聴器の形状がありますが、こちらは、ご自身が使いやすいものを選べれば、大丈夫です。

ということで、こちらの内容がお役に立ったのであれば幸いです。

【聞き取りづらくて、お困りの方へ】聞こえの改善相談、承っています

聞こえにくい事でお悩みだったり、使用されている補聴器が不調。など、聞こえづらくてお困りの方がいらっしゃいましたら、お気軽にご相談ください。

安心してご相談できるよう、補聴器の貸出や試聴も行なっています。

当店でご相談を希望される場合は、まずは、お問い合わせフォームより、ご連絡ください。

当店の内容や聞こえの改善に関しては、以下にまとめています。

関連する記事