両耳とも難聴の聴力別、改善

高い音が聞こえづらい耳を補聴器で改善する3つのポイント

こちらでは、高い音が聞こえづらくなっている耳をできる限り、補聴器で改善していくためのポイントをまとめていきます。

こちらの内容は、高い音が低下してきており、主に上記の症状の方が当てはまります。

補聴器で聞こえを改善していく際に関わる要素は、

  • 聞こえの補い方
  • 補聴器の形状
  • 補聴器の性能
  • 補聴器の調整

の4つがあるのですが、その中の①、②、④が、特に大事になってきます。

こちらでは、高い音が聞こえづらい耳の状況の方が、どんな聞きにくさが出るのか。

その状況を補聴器で、どう改善していけると良いのか、その点について、まとめていきます。

当店では、聞こえにくさにお困りの方へ、聞こえの改善相談を行っています。お店の詳細は、パートナーズ補聴器の特徴をご覧下さい。

目次

高い音が聞こえづらい耳の現状

どのぐらい聞こえにくいのか、により、少し変化してしまうのですが、おおよその困る感覚について表現すると、上記のようになります。

まず、対面でのお話に関しては、聞こえる方は、問題なく聞こえるのですが、ちょっと離れていたり、あるいは、声が小さい方、あまりはっきりお話しない方、そういった方の場合に聞きにくさを感じやすくなります。

そして、多いのは、騒がしい環境下での聞き取りにくさです。高い音が下がっている聴力の方は、特にこの部分を強く感じやすくなります。

※高い音が下がっていると特に騒がしい環境下は、聞きにくくなりやすいです。

それ以外には、周りの方と囲んでお話をするケース。

こちらに関しては、はっきりお話する方であれば良いかもしれませんが、少し距離が離れていたり、あるいは、声が小さい方がいると、聞き取りにくさが出てきてしまい、グループでのお話がわかりづらくなる事があります。

あとは、離れてしまうと、急激に音や呼びかけ、そういったものにわかりづらくなります。

音は、距離が離れたりすると、急に聞こえづらくなりますので、特にアラーム系の音、タイマー系の音には、鳴っている事すら気がつかず、時には、人に呼ばれても、呼ばれている事にすら、気がつかない事があります。

高い音が聞こえにくい場合、主にこれらの聞きにくさ、困りやすさが出てきやすくなります。

補聴器で聞きにくさを改善していくポイント

さて、ここから本題です。上記の聞きにくさがある方をなるべく改善していくためのポイントに関して、まとめていきます。

冒頭で記載した通り、補聴器で聞こえを改善していく場合、

  1. 聞こえの補い方
  2. 補聴器の形状
  3. 補聴器の性能
  4. 補聴器の調整

の4つがあるのですが、このような聞こえの方の場合は、①、②、④が、改善の鍵を握ります。

そして、特に①と④の二つにより、聞こえの改善の8割は、決まります。

ですので、しっかりと聞こえを改善したい場合は、ここの部分を押さえておきましょう。

では、一緒に改善していきましょう。

ポイント①聞こえの補い方

聞こえの補い方と言われると、非常にわかりづらいのですが、こちらは、どの耳に補聴器を装用するか。という部分です。

片耳に補聴器を使うのか、それとも両耳に装用するのか。仮に片耳の場合は、どちらの耳につけるのか。こちらになります。

非常に表現が難しいのですが、仮に両耳とも補聴器を装用して、聞こえの改善効果を得られる耳であれば、両方の耳に補聴器を装用して、聞こえを改善するのが、一番良い方法です。

騒がしい環境下の聞こえは、両耳装用で軽減し、小さい声の方や離れた際にわかりづらい事、そして、アラーム系、タイマー系は、補聴器の調整で改善していけると良いです。

まず、高い音が聞きにくい場合、聞こえを改善していく際に考えていきたいのは、

  • 騒がしい環境下での聞き取りをなるべく改善する事
  • アラーム系、タイマー系の音に気づきやすくする事
  • ちょっと小さい声や聞きにくい人の声を聞きやすくする事

の3つです。

高い音が低下しているケースでは、これらの部分で聞き取りづらさがでやすくなり、騒がしい環境下での聞こえの改善は、今の所、両方の耳に装用していただく事が一番改善できる方法です。

片耳装用と両耳装用の違いは、こちらの通りです。簡単にいいますと、騒がしい環境下での聞こえの改善効果が変わります。

片耳のみの場合、改善されていない側は、そのままの状態になるので、できれば、両方とも改善したいところ。

片耳装用の場合、補聴器をつけていない側からの音は、音が聞こえづらい状態になりますので、依然として、例えばアラーム系の音が聞こえづらいままになったり、その方向から呼ばれても、気がつかない事があります。

ですので、騒がしい環境下を含め、どのような環境でも、どの方向からでも、なるべく聞こえを改善したい場合は、両方の耳に補聴器を装用する事が大切です。

なお、両方の耳に補聴器をつけるとなると、金額の部分が、負担になりがちです。

その部分が気になる方は、片方に良い(高い)補聴器をつけるのではなく、価格を抑えた補聴器を両方につけていただく事をオススメします。

その方が聞こえにくさの改善に繋がります。

その点をお考えになりながら、補聴器の予算や選定をしていけると良いですね。

ポイント②補聴器の形状(種類)の選定

高い音が聞こえづらい方の場合、補聴器を装用した時に自分の声の閉塞感や自分の声が大きく響きやすい傾向がありますので、なるべくそのような感覚は、軽減できる形状が使いやすくなります。

補聴器の形状は、聞こえの改善には、ほとんど影響せず、扱いやすさ。それが関与します。

今現在、補聴器の形状には、上記のように耳にかけるタイプ、そして、耳の穴の中に入れて使用するタイプ。の2つがあります。

その中で、高い音が聞こえにくい方が使いやすい補聴器は、上記の2つになります。

  • 耳かけ形補聴器なら、RIC補聴器
  • 耳あな形補聴器なら、CIC補聴器

この2つですね。

まず、高い音が聞こえづらくなっている方は、大抵、低い音の聞こえは、よく、高い音になるにつれ、聴力が下がっている方が大半です。

このような方が補聴器を使う際に考えなければならないのは、補聴器を装用した際に感じやすい閉塞感や自分の声の不快感。それを軽減しつつ、低下した部分を補う事です。

閉塞感や自分の声の不快感。この点は、125〜500Hzが60Bの範囲内だった場合に感じやすく、さらに、この部分の聴力が良いと良いほど、不快感が強くなりやすいです。

では、この部分を軽減しやすくなるものは?となるのですが、それが、先ほどの、

  • 耳かけ形補聴器なら、RIC補聴器
  • 耳あな形補聴器なら、CIC補聴器

になります。

この2つは、先ほどの不快感にプラスして、同時に高い音をより補いやすい形状ですので、高い音が聞こえづらい方の場合は、この2つのうち、ご自身が使いやすい方を選んでいただけると良いです。

CIC補聴器は、耳の中に入れて使用する補聴器で、耳の中に入れて使用することのメリット、デメリットがあります。

こちらの良いところは、耳の中に入れて使用しますので、メガネやマスクの邪魔にならず、かつ、電話も、今まで通り行いやすくなります。

ですので、そういったものの邪魔にならないものが良い。あるいは、電話をする機会が非常に多い。という方は、この形状が使いやすいです。

デメリットは、耳の中にしっかり入るため、補聴器をつけることの不快感。自分の声が大きく聞こえる感覚や閉塞感。それを感じやすい事です。

RIC補聴器は、耳にかけて使用するタイプの補聴器で、耳にかけることによる利点と欠点があります。

良い点は、補聴器を装用した時に感じやすい不快感。これを一番軽減しやすい形状である事です。

ですので、比較的、楽に使いやすい補聴器になります。

欠点は、耳にかけて使用するため、マスクやメガネの邪魔に少し感じやすくなったり、電話をする際は、受話器を上にズラして行う必要があるため、少し手間に感じやすいです。

マスクやメガネに関しては、使い方を理解すれば、あまり気にならないのですが、電話だけは、少しコツがいるので、少ししづらく感じやすい傾向があります。

どちらの形状も、利点、欠点がありますので、どちらの方が使いやすいのか。その点で考えられると良いです。

どちらにしても、聞こえの改善は、できる状態になりますので、補聴器の形状は、主に扱いやすさ。そこが変わってきます。

ポイント③補聴器の調整

補聴器の調整とは、どこまで聞こえを改善させるか。という聞こえの改善の大元の部分になります。

今現在、聴力ごとにある程度、どこまで聞こえを改善できると改善効果が高くなるのか。という部分は、わかってきています。

補聴器の調整で、聞こえを改善していくポイントは、

  • 自分自身の聞こえの改善状況を把握できるようにする事
  • どこまで聞こえが改善できると良いのかを知る事

の2つです。

自分自身の聞こえの改善状況を把握できるようにする事

はじめに大事になってくるのが、自分自身の聞こえの改善状況を把握できるようにする事です。

補聴器は、装用して、聞こえる感覚こそわかるのですが、どこまで聞こえが改善されているのか、このぐらいの感覚で良いのか。その判断は、感覚のみでは、非常にしづらくなります。

比較的、簡単に現状を知れるものとしては、

  • 補聴器の調整画面
  • 音場閾値測定(おんじょういきち測定)

の二つがあります。

今現在、補聴器は、パソコンを使って調整しており、上記のように、現在出ている音の強さと、聴力から目標値を出して、今現在、どういった聞こえの改善状況なのか。を表現してくれます。

それ以外には、補聴器を使った状態でどのぐらい聞こえているのか。を測定する測定器があるのですが、それが音場閾値測定(おんじょういきち測定)です。

こちらは、目標値こそセルフですが、どの周波数がどのぐらい聞こえが改善されているのかがわかりやすく、現状の改善状況を把握しやすい測定になります。

どちらでも、大丈夫ですので、現状を把握しつつ、聞こえを改善していけると、聞きにくさの改善は、しやすくなります。

どこまで聞こえが改善できると良いのか(音場閾値測定版)

ここから、どこまで聞こえが改善できると良いのか。そのポイントについて、記載していきます。

結論から記載しますと、低下している聴力にもよるのですが、だいたい、この辺りまで、改善できると、だいぶ、聞こえの改善度は、高くなります。

低い音は、聞こえている事が多いので、なるべく下がらないようにして、聞こえをキープしよう。

まず、低い音の聞こえは、良いので、その部分は、なるべく下がらないようにします。

この場合、記号の数値が、同じくらいであればベストです。

逆に補聴器をつけている状態の方が10dB(2マス)15dB(3マス)下がるようなら、改善を考え直した方が良いです。(上がる分にはOK)

500〜2000Hzは、音声が関係しやすいので、改善できると良い。高い音が聞こえにくい方の場合は、1000Hz、1500Hz、2000Hzが特に重要。ここは、できれば補いたいところ。

音声の部分は、だいたいこの辺りが関係しやすく、500〜2000Hz、特に1000Hz、1500Hz、2000Hzあたりは、35dBぐらいまで改善できると良いです。

対面でのお話がわかりやすくなるような改善ができれば、離れたところからの呼びかけ、複数の人とのお話も改善されやすくなります。

この部分は、対面でのお話と周囲の人とのお話。さらに、離れた際の呼びかけ全てに影響し、だいたい35dBぐらいまで改善できるようになると、ちょっと声の小さい方、離れたところからの呼びかけ、それらのものが聞きやすくなります。

この部分が聞きやすくなれば、周囲の人とのお話の部分も改善する傾向がありますので、できれば、35dBぐらいまで、改善できると、改善度は、上がりやすくなります。

高い音は、35〜40dB付近まで改善できると、だいぶアラーム系に気が付きやすくなる。すると、それらがわからなくて、誤解される。という事もだいぶ防ぎやすくなる。

そして、高い音に関しては、できる範囲で全然、大丈夫なのですが、35〜40dBぐらいまで、改善できると良いです。

このぐらいまで改善できるようになると、アラーム系の音、タイマー系の音、さらには、呼びかけなども、だいぶ気づきやすくなります。

そうなると、結論で記載した通り、全体的に35dB付近まで改善することになるのですが、その辺りまで改善できるようになると、聞こえの改善度は、だいぶ上げやすくなります。

高い音が聞こえづらい方の実際の改善事例

ここからは、実際の改善事例に関して載せていきます。

原因不明の感音性難聴により聞きにくくなった方

  • 補聴器:初めて
  • 改善:両耳にCIC補聴器

ご相談前は、どのような事でお悩みでしたか

実際に補聴器をお使いになってみて、いかがでしょうか

他にも似たような販売店があったのに関わらず、当店で購入された理由は、何でしょうか?

実際のアンケート

生まれつきの感音性難聴の方

  • 補聴器:初めて
  • 改善:両耳にCIC補聴器
  • 備考:他店でうまく聞こえを改善できず

ご相談前は、どのような事でお悩みでしたか

実際に補聴器をお使いになってみて、いかがでしょうか

他にも似たような販売店があったのに関わらず、当店で購入された理由は、何でしょうか?

実際のアンケート

老人性難聴により聞きにくくなった方

  • 補聴器:他店で購入し、うまくいかず
  • 改善:両耳にCIC補聴器

ご相談前は、どのような事でお悩みでしたか

実際に補聴器をお使いになってみて、いかがでしょうか

他にも似たような販売店があったのに関わらず、当店で購入された理由は、何でしょうか?

実際のアンケート内容

そのほかの聞こえの改善事例とお客様の声

こちら以外の改善事例は、

こちらにもあります。ご参考にどうぞ。

なお、お客様の声のみ(高い音が聞こえづらいケース限定)については、上記の通りです。

まとめ

こちらには、高い音が聞こえづらい方を補聴器で改善するポイントに関して、まとめてみました。

聞こえの補い方の部分では、両耳装用にして、なるべく騒がしい環境下での聞こえの改善と、気づきにくい呼びかけ、高い音に関して、どの方向からもわかるようにし、

補聴器の形状では、ご自身が使いやすいと思えるものを選び、扱いやすく。

補聴器の調整では、なるべく改善できると良い目標値まで改善して、対面でのお話や周囲の人のお話、距離が離れたとしても、なるべく聞こえるようにしていけると良いです。

残念ながら補聴器で耳を治す。ということはできません。

しかし、このようにしていただくことで、なるべく聞きにくさを軽減し、今まで感じていた不自由な部分を減らすことはできるはずです。

こちらの内容が少しでも、お役に立ったのであれば幸いです。

お困りごとがございましたら、お話をお聞かせください

このお店は、生まれつき難聴で補聴器を使っている人が対応している補聴器専門店です。

このお店では、別の場所でお困り事や補聴器のご相談がうまくできなかった方や、お店でのご相談や補聴器を使う事に関して、不安を感じている方。

主にこのような方へ、お一人お一人の状況や価値観を理解しながら、その方、その方に合わせた補聴器のご相談や聞こえの改善を行なっています。

もし、聞こえにくさにお困りの方や使用している補聴器が不調な方がいましたら、お話をお聞かせください。お一人でお悩みにならず、お気軽にご相談いただければ幸いです。

ご相談ごとがございましたら、まずは、お問い合わせフォームより、ご連絡願います。

なお、このお店の内容や場所、聞こえの改善内容については、以下にまとめています。