左右で聴力が違う耳を補聴器で改善

左右の聴力差が大きい方を補聴器で改善するために

こちらは、左右の聴力差が大きい方を補聴器で改善していくために、大事になってくる内容をまとめていきます。

左右の聴力が大きく異なる方、例えば、片耳が全く聞こえないような耳の状況だった場合、その耳に補聴器を装用しても、聞こえが改善できないケースが多々見られます。

全てのケースがそのようになる訳では、ないのですが、そのようなケースもありますので、その点に注意して、自分自身の聞こえをよりよくできる方法を考えていく必要があります。

今回、こちらで記載していくのは、

  • 左右の聴力差が大きい方の聞こえにくさ
  • 左右の聴力差が大きい方を補聴器で改善するポイント
  • 実際の改善事例

の3つです。

聞こえにくさにお悩みの方は、参考にしてみてください。

目次

左右の聴力差が大きい方の聞こえにくさ

左右の聴力が大きく異なる方、というのは、このような聞こえの方です。

片耳は、聞こえているけれども、正常の聴力よりは下がっており、もう片耳に関しては、ほぼ全く聞こえない方になります。

このような聞こえの方の場合、残っている片耳のみでほとんど聞いている状態で、聞こえにくさを強く感じやすいのは、聞こえていない耳側になります。

聞こえない耳側から話されたり、呼ばれたりすると、わからなかったり、気がつかない事が非常に多くなります。

その事から、まだ何とか聞こえている耳側を活かして、聞いている事が多く、聞こえる耳側に人がくるようにして、少しでも聞きやすくしているケースが多いですね。

難聴になると、主に上記のところで聞きにくさを感じるようになります。

対面でのお話に関しては、正面であれば、聞こえている耳側の聞こえがある程度よければ、聞こえる事もありますが、ちょっと小さい声の方だとか、あまりはっきりお話しない方となると、急に聞きにくさが強くなります。

ただ、仮に普通の声の大きさだったとしても、聞こえない耳側から言われた場合は、聞きにくさが強く感じやすい(気がつかない、わからない)傾向があります。

このような聞こえの場合、かなり多くなってくるのが、この離れたところから呼ばれたり、話されたりすると、わからない、気がつかない。という事です。

状況によっては、聞こえる耳側から話されても、わからない事があり、聞こえない耳側から話された場合は、ほぼ気がつく事ができません。

音というのは、離れると離れるほど、急激に小さくなってきてしまい、さらに聞こえていない限り(認知しない限り)話している事、呼んでいる事に気がつきません。

その事から予期せぬ対人トラブルに繋がってしまったり、人間関係が悪化したりすることに繋がる事があります。

聞こえないというのは、耳だけではなく、こういった部分にまで影響してしまうので、そこが聞こえにくくなる事による1番の問題点です。

このような聞こえの場合、ある一側面での聞こえが極端に悪くなってきてしまいますので、気がつかない、わからない。という事が起こりやすくなる傾向があります。

残りは、騒がしい環境下での聞こえと複数の人とのお話です。

周りが騒がしいと、周りの音に邪魔されてしまって、聞きたい人の声が遮られてしまったり、複数の人とお話する際は、聞こえない側に人がきたら、聞こえにくいですし、声が小さい人がきても、聞きづらくなってしまいます。

どちらもだいぶ聞きにくさが強くなりやすい環境で、それらの環境下では、聞きにくさを強く感じやすい傾向があります。

左右の聴力が大きく異なる方の場合、様々なところで困りやすく、特に聞こえにくい側からの音、音声に極端に弱くなる傾向があります。

左右の聴力差が大きい方を補聴器で改善する方法

ここからは、実際に聞こえを改善させるための内容をまとめていきます。

結論から記載していきますと、聞こえの改善に大きく関与するのは、

  • 補聴器での聞こえの補い方
  • 補聴器の調整

この2つになります。

実際には、日常生活上(職場も含む)での補聴器の使いやすさ。も考える必要がありますので、補聴器の形状の部分もあるのですが、それを含めると3つですね。

こちらでは、なるべく補聴器が初めての方でもわかるように、補聴器の基本となる部分から、記載していきます。

※補聴器に関して、ある程度、ご存知の方は、改善ポイントからご覧ください。

補聴器の概要

補聴器で聞こえを改善する。と考えた場合、主に補聴器で考えていく要素というのは、

  • 補聴器での聞こえの補い方
  • 補聴器の形状
  • 補聴器の性能
  • 補聴器の調整

の4つになります。

補聴器は、主にこの4つによって成り立っていますので、この4つさえ理解できれば大丈夫です。

補聴器での聞こえの補い方

こちらでいう補聴器での聞こえの補い方。というのは、どのように自分の耳を補聴器で補っていくのか。の全体像になります。

左右の聴力が異なる場合、一般的な補聴器で両耳とも補っていくのか。それとも、聞こえにくい耳側が補聴器では、補えないため、バイクロス補聴器という特殊な補聴器で聞こえを補っていくのか。があります。

まず、このような聞こえの方の場合、大事になってくるのは、“聞こえない耳側からの音、音声をどう改善するかというところです。

聞こえにくさのところで記載させていただいた通り、聴力低下が大きい耳側から話されたり、そこからの音に非常に弱く、その点に困っている方が非常に多いためです。

そうなると、まだ聞こえている耳側にプラスして、聞こえない耳側も補っていく必要があるのですが、問題は、聴力低下が大きくなりすぎると、補聴器を装用しても、効果が得られない耳もある事です。

仮に両耳とも補聴器を装用して、聞こえの改善効果を得られるのであれば、左右の補聴器のバランスを整えながら、なるべく聞こえない側も改善できるようにした方が、聞こえの改善度は、高くなります。

しかし、仮に聞こえない耳側は、補聴器を装用しても、聞こえの改善効果が得られない耳であれば、聞こえる耳側に音を転送して、聞こえを改善するバイクロス補聴器。というもので改善できると、聞こえの改善度は、上げやすくなります。

バイクロス補聴器とは、聞こえる耳側は、補聴器を装用して、聞こえを改善し、聞こえを補えない耳側(聴力低下が大きい耳側)は、クロスと呼ばれる音の転送機器を使用します。

そのクロスに入った音を補聴器に送り、補聴器をつけている耳側に、補聴器側の音とクロス側の音が入ることにより、両方の音を聞けるようにした特殊な補聴器です。

聴力低下が大きい耳側が補聴器の効果が得られる耳なのか。それとも得られない耳なのか。それにより、選択肢が大きく変わってきます。

どちらにしても考えは、同じで、“聴力低下が大きい耳側をどのようにしたら聞きやすくできるか”を考える事が、このような聞こえの方の場合、聞こえの改善度を大きく左右します。

それをなるべく実現できる方法で、改善できると、聞こえの改善度は、上がりやすくなります。

これが、このような聞こえの方の場合における補聴器の補い方。という部分になります。

補聴器の形状

補聴器のカタログを開いていただくと、色々な補聴器があるかと思います。

その中で補聴器の形状というのは、大きく分けると、耳にかけて使用する耳かけ形の補聴器と耳の穴の中に入れて使用する耳あな形補聴器。の2つがあります。

上記には、一般的な補聴器とバイクロス補聴器。というものが出てきましたが、これは、両方とも同じです。(バイクロスにも、耳かけ形と耳あな形があります)

補聴器の形状は、主に扱いやすさ。が関わってきます。

ですので、自分にとって、扱いやすい補聴器は、何か。という視点で、形状に関しては、選んでいただくと、ご自身にとって、扱いやすい補聴器を得やすくなり、結果、スムーズに補聴器を活用しやすくなります。

補聴器の性能

今現在、補聴器というのは、上記のようにいくつかクラス別に分かれており、それぞれ3つか4つぐらい、一つの補聴器にグレード(クラス)があります。

これは、バイクロス補聴器に関しても同様です。

そのグレードごとに性能および、金額が変化する状態になります。

下のものは、低下した聴力の部分を補うもののみ付いている事が多く、

上のグレードになると、先ほどの機能にプラスして、聞こえを改善する過程で、気になりやすい音を抑える機能が付いていたり、騒がしい環境下で、なるべく聞きにくくならないようにする機能が付いていたりします。

補聴器は、聞こえを改善するために、聴力低下した部分に音を入れて、聞こえを改善するのですが、それだけですと、騒がしい環境下では、周囲の音に邪魔されてしまい、聞きにくさが出てしまったり、聞こえを改善する過程で、色々な音が聞こえるようになってきますので、一部の音が、不快に感じる事もあります。

ですので、それらの部分を抑える機能。支援してくれる機能があると、それだけ、金額が大きくなります。

これが、補聴器の性能になります。

補聴器の調整

補聴器の調整とは、低下した聴力の部分にどのぐらい音を補えると良いのか。という部分になります。

この部分は、非常に重要で、補聴器による聞こえの改善効果は、この補聴器の調整が、8割を占めます。

これは、バイクロス補聴器であっても同様です。

むしろ、バイクロス補聴器の場合、聞こえる耳側の補聴器の聞こえも、聞こえない耳側につけるクロス側の聞こえも、この調整によって、効果が決まりますので、8割どころか、9割ぐらいが、調整によって左右されます。

そして、なるべくしっかりと改善していくためには、

  • 自分の聴力に対し、補えるとよい数値を理解する
  • 補聴器での聞こえの改善状況を把握できるようにする

この2つが、聞こえを改善する上で、非常に重要になってきます。

今現在、補聴器は、ある程度、聴力別にどのぐらい聞こえを補えると良いのか。というのがわかってきています。

聞こえの改善目標値、もしくは、聞こえの改善状況は、測定機器を使って調べたり、補聴器の調整ソフトを使って、知る事ができます。

この部分で聞こえの改善がほぼ決まるため、ここの部分は、難しいのですが、なるべく理解できると、それだけ、ご自身の聞きにくさを改善させる事に繋がります。

聞こえの改善ポイント

さて、ここからが本編です。

改善の際、大事になってくる

  • 補聴器での聞こえの補い方
  • 補聴器の調整
  • 補聴器の形状

この3つに関して、記載していきます。

補聴器での聞こえの補い方

上記に記載させていただいた通り、このような聞こえの方の場合は、聴力低下が大きい耳側をどのようにしたら補えるのか。を考える必要があります。

そこから、両方に補聴器を装用して、聞こえを改善していくと良いのか、それとも、バイクロス補聴器で改善していったら良いのか。を考える訳ですね。

これは、耳の状況によって異なってしまいますので、ある人は、両耳に補聴器を装用して改善して、それを実現し、ある人は、バイクロス補聴器を装用して実現。とバラバラになります。

このページに改善事例を載せていくのですが、それぞれ

  • ケース①:バイクロス補聴器で改善
  • ケース②:一般的な補聴器で改善
  • ケース③:バイクロス補聴器で改善

のケースを載せてみましたので、どのように考えて、改善したのか、きになる方は、こちらをご覧ください。

こういったケースバイケース性が高いものは、確実にこうする良い。という事ができないため、実際のケースを見ていただく方がわかりやすいかと思います。

補聴器の調整

ここから少し難しいお話が出てきます。

補聴器の調整は、低下した聴力の部分をどのぐらい補えると良いか。という部分になります。

こちらは、なるべくわかりやすくお話しをしていくために補聴器を装用した状態の聞こえの改善状況を調べる事ができる音場閾値測定(おんじょういきち測定)を使ったもので、お話ししていきます。

まず、結論からいいますと、仮に上記のような聞こえの方を改善する場合、改善できていると良い数値は、だいたい全体的に35dB付近までになります。

こちらは、聴力検査の際に使われる表と同じものを使っており、数値が上にくるとくるほど、聞こえやすくなっている状態を示します。

音声の部分に関しては、500〜2000Hzが主に関係しやすく、この部分に関しては、35dBあたりまで改善できると、少し小さい声の方の音声がだいぶ理解しやすくなりますので、このあたりまで、改善できるとベストです。

また、アラーム系の音や高い音に関して改善していくために、1000〜4000Hzに関しては、35〜40dB前後ぐらいまで改善できるとベストです。

ここぐらいまで聞こえが改善されると離れているところで電話のベルがなっていてもわかるようになりますし、家のチャイムの音。洗濯機のアラームなど、実に様々な音がわかりやすくなります。

これらの音が聞こえないと周囲の状況がわからない事もありますので、生活をしやすくする、周りの方と感覚を同じようにする。という意味でも、このぐらいまで改善できると、だいぶわかりやすくなります。

なお、バイクロス補聴器で聞こえを改善する場合、特にこの聞こえの改善値が大事になってきます。

というのも、この聞こえの改善値が、左右の聞こえを決めるからです。この数値がよければ、良いほど、右耳も左耳もそれだけ良くなります。

だからといって無理に改善する必要は、ないのですが、できれば、なるべく改善状況を可視化して、改善できるところは、しっかり改善させられると、それだけ、聞こえにくい耳側からの音もわかりやすくなります。

バイクロス補聴器の場合は、この点に注意していただければと思います。

補聴器の形状

補聴器の形状に関してですが、バイクロス補聴器の場合、一般的な補聴器と同じで、耳にかけるタイプのバイクロス補聴器、そして、耳の穴の中に入れて使用するバイクロス補聴器がそれぞれあります。

聴力によって、お勧めできる形は、少々変わってしまうのですが、基本的に選んでいただくのが多いのは、上記の2つです。

耳かけ形の特徴は、耳を塞ぐ感覚が少なく、そのため、補聴器を使用する際、不快感が少なく使用できる事です。

ただ、耳の上にかけて使用するため、人によっては、メガネやマスク。それらの邪魔に感じたり、あとは、電話をする際に上にずらして行うため、電話をするのに少しコツがいる。という部分があります。

一方、耳あな形の場合は、耳の中に入れて使用するものになりますので、ものの邪魔になることがありません。

電話も、今まで通り行うことができますので、その点では、自然に使うことができます。

しかし、欠点もありまして、それは、耳を閉塞するため、自分の声が大きく聞こえたり、こもって聞こえる事が強くなる点です。

耳あな形補聴器は、耳の形に合わせて補聴器を作るため、閉塞した感覚が強くなりやすく、それによる不快感が強くなりやすいのが、欠点です。

どちらも一長一短になりますので、できれば、実際に使ってみて、どういった特徴があるのか。どういったものが自分にとって使いやすいのか、使いにくいのか。その点を確認しながら、選べると、ご自身にとって良いものを選びやすくなります。

おまけ:性能は、どう考える?

補聴器の選定で悩ましいのは、性能です。正直、性能に関しては、金額差がだいぶ大きいので、出せる範囲内でお考えいただく事をオススメします。

これは、バイクロス補聴器も同様です。

まず、どの補聴器(どのグレード)でも基本的な聞こえの改善は、できるようになっています。

この基本的な改善というのは、聞きにくくなった聴力の部分を補う。という部分ですね。

金額の違いは、聞こえを改善していくと周囲の一部の音が気になりやすかったり、周りが騒がしいケースでは、周りの音に邪魔されることが多くなってしまうため、そういったものを軽減する機能の有無、または、効力の違いによるものです。

ですので、出せる方は、出していただいた方が、しっかりと聞こえを改善することにプラスして、快適性や邪魔されにくさが加わり、より聞こえの改善がしやすくなります。

しかし、いかんせん、金額の違いが非常に大きいため、その点は、出せる範囲内、もしくは、聞こえの改善効果と金銭的なバランス。その点をお考えになりながら、選定していただく事をオススメします。

そして、こういった聞こえの方の場合、聞こえの改善に大きく関与するのは、補聴器での補い方(補聴器orバイクロス補聴器か)と補聴器の調整です。

こちらの方を優先して、お考えいただく事をオススメします。

実際の聞こえの改善事例

左右の聴力が大きい方の聞こえの改善については、上記の通りです。まとめてみますと、

  • 補い方:効果が見込めそうになければバイクロス補聴器
  • 調整:なるべく改善できると良いところまで改善
  • 形状:自分が使いやすいものを

というところになります。

ただ、こちらだけでは、わからないところもあるかと思いますので、実際の改善事例に関しても、載せていきます。

異なる難聴で聞きにくくなった方(初めて)

  • 補聴器:初めて
  • 改善:バイクロス補聴器
  • 備考:聴力低下した側が補聴器では、効果が得られず

ご相談される前は、どのような事でお悩みでしたか

実際に補聴器をお使いになってみて、いかがでしょうか

他にも似たような販売店があったのに関わらず、当店で購入された理由は、何でしょうか?

実際のアンケート内容

両耳とも生まれつき感音性難聴の方①(買替え)

  • 補聴器:買換え(他店で補聴器を購入)
  • 改善:一般的な補聴器を両耳装用
  • 備考:聴力低下が大きい耳側は、補聴器で補えるため、両耳装用

ご相談前は、どのような事でお悩みでしたか

実際に補聴器をお使いになってみて、いかがでしょうか

他にも似たような販売店があったのに関わらず、当店で購入された理由は、何でしょうか?

実際のアンケート

両耳とも生まれつき感音性難聴の方②(買替え)

  • 補聴器:買換え(他店で補聴器を購入)
  • 改善:バイクロス補聴器
  • 備考:聴力低下した側が補聴器では、効果が得られず

ご相談前は、どのような事でお悩みでしたか

実際に補聴器をお使いになってみて、いかがでしょうか

他にも似たような販売店があったのに関わらず、当店で購入された理由は、何でしょうか?

実際のアンケート

このほかのケースは?

こちら以外のケースに関しては、

にも、まとめています。

なお、お客様の声のみ、アンケート用紙のみの場合は、以下にまとめています。

まとめ

今回は、左右の聴力が大きく異なる方を対象に、そのような耳の状況をなるべく改善するための内容について、記載させていただきました。

このような聞こえの方の場合、聞こえにくい耳側からの音や音声、それらにかなり聞きにくさを感じやすいため、なるべくその方向からの音や音声、それをどうやったら改善できるのか。という視点で改善できると良いです。

聴力は低下すると低下するほど、聞きにくさが強くなりますので、その部分を改善できると、できるほど、聞こえの改善度も上がりやすくなります。

そのために、特殊な補聴器ではありますが、バイクロス補聴器。というものも含めて、紹介させていただきました。

なお、当店では、このような聞こえの方の聞こえの改善相談も行なっています。

もし聞こえにくさにお悩みでご相談を希望される場合は、お問い合わせページより、ご連絡ください。

お店の内容に関しては、こちらにまとめています。

こちらの内容が少しでも聞こえの改善に役立ったのであれば、幸いです。

ABOUT ME
深井 順一
生まれつきの難聴者が対応している補聴器専門店、パートナーズ補聴器、代表。聞こえにくさを抱えている方が、聞こえを改善し、より良い生活ができるようになるお店。という考えのもと、お店の内容やサービスを考え、補聴器による聞こえの改善をしています。書いている人の詳細は、”書いている人のページ”へどうぞ。お店に来た"お客様の改善事例は、こちら”に記載しています。最近は、Yourtubeにて、動画による解説も始めました。
聞こえにくくて、プライベートや仕事でお悩みの方へ

聞こえにくい事でお悩みだったり、使用されている補聴器が不調。など、聞きづらくてお困りの方がいらっしゃいましたら、お気軽にご相談ください。

当店では、補聴器を初めてお考えになる方や他の場所でうまくご相談できなかった方でも、安心してご相談できるよう、完全予約制にして、補聴器のご相談をしています。

聞こえの改善相談を行い、実際に日常生活や職場で使ってみて、補聴器があると良い。あると生活が楽になる。という方のみ、ご自身に合った補聴器を提供しています。

当店でのご相談を希望される場合は、まずは、お問い合わせフォームより、ご連絡ください。

聞こえの改善方法については、【まとめ】聴力別、補聴器で聞こえを改善させる方法に、まとめており、そして、お店の内容やお客様の実際の改善事例は、以下の通りとなります。

当店の特徴お客様の改善事例