片耳が全く聞こえない耳を補聴器で改善

片耳のみ全く聞こえない耳を補聴器で改善するために

このページは、片耳のみ全く聞こえない耳を補聴器で改善していく場合、どのようにしていくと良いのか。その点について、まとめていきます。

仮に片耳のみ全く聞こえない場合、一般的な補聴器を装用しても、聞こえを改善しづらいケースがあり、そのようなケースの場合は、クロス補聴器というちょっと変わった補聴器で改善していけるとよかったりします。

今回こちらで記載していくのは、

  • 片耳のみ全く聞こえない方の聞こえにくさ
  • 片耳のみ全く聞こえない方を補聴器で改善するために
  • 実際の改善事例

の3つになります。

もし、聞こえにくさにお悩みの方がいらっしゃいましたら、参考にしてみてください。

片耳のみ全く聞こえない方の聞こえにくさ

片耳のみ全く聞こえない方というのは、上記のような聞こえの方です。

片方は、正常だけれども、もう片方は、全く聞こえていない。という状況の方ですね。

このような聞こえの方の場合、片方は、聞こえているため、その方向から話される分には、わかるのですが、全く聞こえない耳側から、話されると、わかりづらかったり、気がつかなかったりします。

もうちょっと詳しくお話ししますと、片耳のみ難聴の方の場合、聞きにくさ、わかりづらさが出てくるのは、このような場面です。

対面でのお話しに関しては、片耳が正常ですので、ほとんど問題なく聞こえていることが多いです。

ただ、聞こえない耳側から話されたり、話される位置によっては、わかりづらい事も出てきてきやすくなります。

この点に関しては、聞こえに問題ない部分と聞こえにくさが強くなってしまう部分があるという事ですね。

そして、離れたところからの呼びかけや音。それに関しては、聞こえない耳側からの場合、結構、わからない部分が出やすくなります。

ちょっと周りがざわついている時や少し騒がしくなると、意外にも、すぐ隣にいる人の話や呼ばれた際に気がつかないケースもあるため、それが離れたところ。となると、よりわかりづらくなってしまいます。

特に片耳のみ難聴の方の場合、デッドポイントがあり、聞こえにくい耳側の斜め前、そして、斜め後ろは、かなり気づきにくくなる傾向があります。

呼ばれた事に気がつかなかったり、話しているのに聞きにくく、聞いていないように周囲の方に見られてしまうと、それが人間関係にも響いてしまうことがありますので、ここは、悩みのタネになりやすい部分ですね。

耳は、目では、聞こえにくい事がわかりづらく、さらに部分部分で聞こえている耳側で聞こえているため、周囲の方に話さないと、聞こえにくい事が伝わりづらい事も合間って、余計に誤解を招きやすくなってしまいます。

耳の場合、聞こえにくいというより、こういった人間関係に直結する部分も出てきてしまうため、それが厄介な部分です。

騒がしいところでは、周囲の音によって、聞きたい人の声がかき消されやすい傾向があります。

特に聞こえない耳側に来られた場合、周囲の音の方が音が強いため、呼ばれても、わからない、話されても、わからない。という事が増えやすくなります。

ここも困りやすいところの一つです。

囲んでお話する際も困りやすい部分の一つです。この点は、聞きにくい側に人が来てしまった場合、その部分だけ、弱くなりやすく、聞きづらさが出て来やすくなってきてしまいます。

ただ、この点に関しては、聞こえる耳側を人に向けられるよう工夫して、席を決めたりしているケースも多々見られます。

そういった事が自由にできる場合は、良いのですが、なかなか会議やミーティングの場でそれができないケースもあるのも事実です。

それができない場合に聞きづらさやそれがストレスになる事があります。

最後は、音の方向感覚ですね。片耳のみしか聞こえていないため、音の方向感覚をつかむ事ができません。

大きな音がした際、自分だけ、違う方向を向いたり、何か落とした際、音の方向感覚がわからないため、どこに落ちたかがわからない。という事が起こります。

これは、地味に困りやすい部分の一つですね。

片耳のみ難聴の場合、このような部分で聞きにくさを感じやすい傾向があります。

聞こえる耳側を人に向けられたり、その方向に人がいる場合は、困りにくいのですが、状況によっては、それができず、聞きにくい耳側に人がきてしまうような環境になると、困る部分が、いくつか出やすくなってしまいます。

その事から、困りやすい部分と困らない部分が極端に出てくるのが、大きな特徴です。

片耳のみ全く聞こえない耳を補聴器で改善するために

ここからは、実際にどう改善していくと良いのか。その点について記載していきます。

片耳のみ難聴の方の場合、聞こえを改善する上で大事になるのは、

  • 補聴器での聞こえの補い方

こちらになります。

実際には、補聴器の形状について、いくつか注意しなければならない事もありますので、こちらも入れて、合計2つですね。

こちらのページでは、補聴器が初めての方でも、なるべくわかるようにするため、補聴器の基本となる部分から載せていきます。

※仮に補聴器について、ある程度、ご存知の方は、改善ポイントまで飛ばしていただいて結構です。

補聴器の概要

補聴器で聞こえを改善する。と考えた場合、主に補聴器で考えていく要素というのは、

  • 補聴器での聞こえの補い方
  • 補聴器の形状
  • 補聴器の性能
  • 補聴器の調整

の4つになります。

補聴器は、主にこの4つによって成り立っていますので、この4つさえ理解いただければ大丈夫です。

補聴器での聞こえの補い方

こちらでいう補聴器での聞こえの補い方。というのは、どのように自分の耳を補聴器で補っていくのか。の全体像になります。

片耳のみ全く聞こえない耳側を補聴器で改善する場合、一般的な補聴器を装用して、聞こえを改善するか。それとも、クロス補聴器と呼ばれる特殊な補聴器を装用して、聞こえを改善するか。の選択肢があります。

一般的な補聴器を装用して、聞こえを改善する方法というのは、その耳に補聴器を装用する事で、聞こえが改善される耳だった場合に行う改善方法です。

仮に片耳が全く聞こえない場合、この方法では、改善するのが難しいケースが多くなります。

聴力は、低下すると低下する程、補聴器で聞こえを改善するのが難しくなり、一部の方は、補聴器を装用しても、全く効果が出ない事もあります。

一方、補聴器には、クロス補聴器。と呼ばれる少し変わった補聴器もあります。

これは、低下した耳側に関して、補聴器を装用しても効果が得られないため、その耳側にきた音を聞こえる耳側に転送して聞こえを改善させるという補聴器です。

イメージとしては、このようになります。聞こえない耳側に音を入れても改善されないので、聞こえる耳側に音を入れるようにして、聞こえを改善したのが、クロス補聴器になります。

片耳のみ難聴の方の場合、この聴力低下した耳側をどのようにしたら補えるのか。により、選択肢が変わります。

補聴器で補えるのであれば、補聴器。補聴器で補えないのであれば、クロス補聴器。それぞれ耳の状況により、改善が変化します。

補聴器の形状

補聴器のカタログを開いていただくと、色々な補聴器があるかと思います。

その中で補聴器の形状というのは、大きく分けると、耳にかけて使用する耳かけ形の補聴器と耳の穴の中に入れて使用する耳あな形補聴器。の2つがあります。

補聴器の形状は、主に扱いやすさ。が関わってきます。

ですので、自分にとって、扱いやすい補聴器は、何か。という視点で、形状に関しては、選んでいただくと、ご自身にとって、扱いやすい補聴器を得やすくなり、結果、スムーズに補聴器を活用しやすくなります。

補聴器の性能

今現在、補聴器というのは、上記のようにいくつかクラス別に分かれており、それぞれ3つか4つぐらい、一つの補聴器にグレード(クラス)があります。

そのグレードごとに性能および、金額が変化する状態になります。

下のものは、低下した聴力の部分を補うもののみ付いている事が多く、上のグレードになると、先ほどの機能にプラスして、聞こえを改善する過程で、気になりやすい音を抑える機能が付いていたり、騒がしい環境下で、なるべく聞きにくくならないようにする機能が付いていたりします。

補聴器は、聞こえを改善するために、聴力低下した部分に音を入れて、聞こえを改善するのですが、それだけですと、騒がしい環境下では、周囲の音に邪魔されてしまい、聞きにくさが出てしまったり、聞こえを改善する過程で、色々な音が聞こえるようになってきますので、一部の音が、不快に感じる事もあります。

ですので、それらの部分を抑える機能。支援してくれる機能があると、それだけ、金額が大きくなります。

これが、補聴器の性能になります。

補聴器の調整

補聴器の調整とは、低下した聴力の部分にどのぐらい音を補えると良いのか。という部分になります。

一般的な補聴器で聞こえを改善する際にかなり重要になる要素で、自分の聴力に対し、補えるとよい数値を理解しておく事、そして、補聴器での聞こえの改善状況を把握できるようにしておく事が、聞こえを改善する上で、非常に重要になってきます。

ただ、仮にクロス補聴器で聞こえを改善していく場合、クロス補聴器は、聞こえる耳側に音を転送するだけになりますので、調整というよりも、しっかりと装用できるようにする事の方が大事になります。

片耳のみ全く聞こえない耳を補聴器で改善するポイント

さて、本編です。こちらでは、なるべくしっかりと聞こえを改善するために

  • 補聴器での聞こえの補い方
  • しっかりと使えるようにするために
  • クロス補聴器の形状の注意点

の3つに関して、記載していきます。

補聴器での聞こえの補い方

こちらに関しては、上記に記載した通り、低下した耳側に一般的な補聴器を装用して、聞こえを改善できるのであれば、一般的な補聴器。

それが難しいのであれば、クロス補聴器で改善できると良いです。

今回のようなケースの場合、ほぼ一般的な補聴器では、聞こえの改善ができないため、このような場合は、クロス補聴器で聞こえが改善できると、まだ、聞こえの改善は、しやすくなります。

そして、クロス補聴器での聞こえの改善ですが、概ね、このようになります。

音の方向感覚は、残念ながらクロス補聴器の仕組み上、改善できず、それ以外に関しては、改善度が上がりやすくなります。

離れたところからの呼びかけなどは、わかりやすくなりやすく、ただ、騒がしい環境下の場合は、あまりにも騒がしい場所だと、効果は、落ちやすくなります。

そういった欠点はあるものの、ある事により、聞こえない耳側からの音や呼びかけ、それに気付きやすくしてくれます。

それがクロス補聴器です。

しっかり使えるようにするために

仮にクロス補聴器で聞こえを改善していく場合、大事になってくるのは、補聴器の調整。といより、しっかりと装用できるようにする事です。

クロス補聴器でよく使われる補聴器の形状は、このような補聴器なのですが、

この補聴器は、音が出る部品を耳の中に入れて使用します。

そのため、この部分をしっかりと耳の中に入れ、かつ、音が耳に伝わるようにしてあげる必要があります。

この部分が耳から抜けやすかったり、挿入が浅かったりすると急激に音が弱くなってしまいますので、その点に注意です。

ここからは、できれば。という事になるのですが、このような、耳から抜けることを防止するパーツもありますので、これがあっても邪魔にならない方は、つけられるとよかったりします。

特に耳は、口が動くと耳の中が動くため、話したり、食事したりするとずれやすくなります。

なるべく装用状態は、よくできるようにしましょう。それが、この補聴器の場合、重要になります。

クロス補聴器の形状の注意

クロス補聴器の場合でも、補聴器の形状を選ぶ選択肢があります。

ただ、結論からいいますと、クロス補聴器を使用する場合、仕様上、使えるのは、耳にかけるタイプの耳かけ形補聴器のみになります。

今現在、クロス補聴器で聞こえを改善していこうと考えた場合、選択肢として、この2つがあります。

クロス補聴器の仕様上、基本的に補聴器をつける聞こえている耳側は、聞こえている耳側は、そのまま聞こえるようにするため、その音が入る穴を設けています。

耳かけ形だと非常にわかりやすいのですが、このような穴を設け、聞こえる耳側は、そのまま音がくるようにして、聞こえない耳側からは、クロスを通じて、音がくるようにしています。

しかし、耳あな形の場合、聞こえる耳側につける耳あな形補聴器が、形状が大きく、耳を塞いでしまいます。

こうなると、聞こえる耳側の音が入りづらく、今まで以上に聞こえる耳側が聞きにくくなってしまいます。

この部分は、改善できないものなのか。色々と実験して試してみたのですが、どうも仕様上、耳を塞いでしまい、聞きにくさは、強くなってしまう傾向が出ています。

そのため、もし、クロス補聴器で聞こえを改善する場合は、基本的に耳かけ形の補聴器で改善する事をオススメします。

実際の改善事例

さて、補聴器で聞こえを改善する方法に関しては、上記の通りです。

まとめてみますと

  • 補い方:適したもので行う
  • 注意:クロスの場合は、しっかりと装用できるように
  • 形状:クロスの場合は、耳かけ形で

となります。

ただ、こちらの内容のみだと、わかりづらい部分もあるかと思いますので、こちらでは、実際に片耳のみ全く聞こえない方に関して、どう改善していったのか。その点に関する実際の改善事例に関して、載せていきます。

もし、聞こえにくさにお悩みの方がいましたら、参考にしてみてください。

突発性難聴による片耳難聴

ご相談前は、どのような事でお悩みでしたか

実際に補聴器をお使いになってみて、いかがでしょうか

実際のアンケート

ムンプス難聴による片耳難聴

ご相談前は、どのような事でお悩みでしたか

実際に補聴器をお使いになってみて、いかがでしょうか

実際のアンケート

低音障害型感音難聴による片耳難聴

ご相談前は、どのような事でお悩みでしたか

実際に補聴器をお使いになってみて、いかがでしょうか

実際のアンケート

その他のケースは?

こちら以外のケースに関しては、

こちらにまとめています。ご参考にどうぞ。

まとめ

今回は、片耳のみ全く聞こえない方の聞こえを補聴器で改善する。という内容で、記載させていただきました。

片耳のみ全く聞こえない場合、その耳側に一般的な補聴器を装用したとしても、聞こえの改善ができないケースが多々みられますので、そのような場合は、クロス補聴器の方が聞こえの改善は、しやすくなります。

クロス補聴器にしても、全ての部分で聞こえにくさが改善される訳ではないのですが、より聞きやすくなる事により、生活が楽になったり、聞きにくい事によるストレスは、軽減しやすくなります。

こちらの内容がお役に立ったのであれば幸いです。

ABOUT ME
深井 順一
生まれつきの難聴者が対応している補聴器専門店、パートナーズ補聴器、代表。難聴の体でもなるべく人生を楽しめるように。という考えのもと、お店のサービスを考え、聞こえにくさにお悩みの方を補聴器で改善しています。書いている人の詳細は、”書いている人のページ”へどうぞ。お店に来た"お客様の改善事例は、こちら”に記載しています。最近は、Yourtubeにて、動画による解説も始めました。
【お困りの方へ】補聴器のご相談、承っております

聞こえにくさにお悩みだったり、使用されている補聴器の調子が悪いなど、ございましましたら、当店でもご相談を承っております。

もし、

  • 職場で聞きにくさに困る事がある
  • 聞きにくい事でうまく人とコミュニケーションしづらい
  • 他のところで相談したけど、うまくいかなかった

など、ございましたら、お気軽にご相談ください。現状を改善させるお手伝いをさせていただきます。

当店では、予約制にして、ご相談を承っておりますので、ご希望の方がいらっしゃいましたらお問い合わせフォームより、ご連絡いただければ幸いです。

なお、お店の内容に関しては、以下の通りです。また、お客様の改善症例に関しても、以下の通りとなります。

お会いする機会がございましたら、よろしくお願い致します。

当店の特徴お客様の改善事例