補聴器のこと

補聴器を販売するお店として、より良い対応のために私が考えた事

さて、先日の続きですが、こちらではより良い対応、相談のために自分が整備した事について、まとめていきます。

基本的に私自身が行なった事は、大きく分けて、

  • 見えるようにした事
  • しっかりと時間を取れるようにした事

の2つがあります。

見えるようにした事

1番のポイントは、とにかく見えるようにした事です。

これは、使用者側にも、わかりやすくした事、わかりづらい部分を見えるようにした事。といった方が理解しやすいかもしれません。

先日は、win-winの関係を作る事が大切。という風にお話しさせていただきましたが、これの障壁は、補聴器は、専門的な部分が多く、初めての方や一般の方が非常に取っ付きにくい事にあります。

主なわかりづらいポイントは

  • 自分自身に合う補聴器や形状、性能の違い
  • 補聴器の調整やどの部分まで改善されるとどれだけ改善されるか

の2つですね。

補聴器のカタログをみても、自分には、何が合うのかさっぱりわからないのは、仕方がない。という事です。

そこで、こちらで意識した事は、補聴器に関して、わかりづらい部分を見えるようにする事でした。

大きく分けると

  • 外部(お店の外)
  • 内部(お店での対応)

の2つがあります。

外部は、お店の外。という意味で、このようなブログを使って、補聴器の事を書いたり、あとは、実際のお客様の改善事例。という事で、許可いただいた方の内容を書くようにしていました。

そうする事で見えづらい補聴器の事、形状や性能。そして、実際の改善では、どんな所に気をつけて改善しているのか。がわかる事で、どこに気をつければ良いのかが、使用者視点でわかりやすくなるためです。

もちろん、ブログの内容や改善事例だけでは、わかりづらい部分もありますので、実際にお店では、わかりづらい部分を予め、まとめておいたり、実際の補聴器を使用したりして、より理解を深められるようにしています。

こちらが内部の部分ですね。

他のわかりづらいところは、補聴器の調整ですね。この補聴器の調整もかなりわかりづらいため、補聴器の内部の様子を実際にお客さん側でも見れるようにしたり、

補聴器での聞こえの改善状況も測定を通じて、理解できるようにしているのも、全て、見えるようにする。というところの一部です。

補聴器は、使用した感覚こそわかるのですが、使用しただけだと、自分がどのぐらい改善されていて、今の感覚は、良いのか、悪いのかは、なかなか判断ができません。

まさに先日、書いた主観の確認。の利点と欠点がそれにあたるのですが、その欠点の部分を補うために、測定での確認があります。

そこも含めて、見えるようにする事で、お客さん側でも「今、どんな状況なのか」を理解できるようにし、ある程度、判断できるようにしています。

判断できるようになると、お互いにどう改善していくか。の相談は、しやすくなるため、なるべく疑問を解消できるようにし、その中で、なんとなくでも、お客さん側にある要望を形にできるようにして、良い相談に繋げられるようにしています。

これが見えるようにするためにした事です。

簡単に言いますと、補聴器の情報から、聞こえの改善に関して、全て見えるようにした。という事ですね。

しっかり時間を取るようにした事

そして、上記のことをするには、時間が必要です。そのため、予約制にして、相談できるようにしました。

耳のことを調べたり、補聴器の使用状況、改善状況を調べるのは、時間がかかりますので、その点をしっかりやるために予約制にしています。

もちろん、大切な事を説明したり、お客さん側が何がわからなく、何に戸惑っているのか、他に知りたい事や気になっている事など、確認するためにも、時間は、取るようにしました。

これが、今のところの自分なりに整備した事になります。

まとめ

基本的な部分は、冒頭の通り、見えるようにする事。そして、しっかりと時間を取れるようにする事。の2つがポイントだと思っています。

1番のポイントは、見えるようにする事で、それをする事で、お互いに状況を把握したり、共有したり、それをする事で、だいぶ相談は、しやすくなると感じています。

この他にも、実際には、価値観を理解することもしていたりするのですが、補聴器を使用する方と言っても、聞こえの改善を重視する方もいれば、聞こえの改善も大事だけれども、快適に使える事も考えたい。という方もいます。

その価値観を理解し、そして、バランスも考えていく。その考え方も共有したりなど、色々としています。

見えるようにする事で、改めて、見えてくる世界というのもありますので、今現在は、このように相談環境は、作っています。

まだまだ改善の余地はあるかと思いますが、7つの習慣のような、お互いにとって、win-winとなれる環境を作る。という当初の目的は、今も変わっていません。

という事で、以上、私がしている事でした。

ABOUT ME
深井 順一
生まれつきの難聴者が対応している補聴器専門店、パートナーズ補聴器、代表。難聴の体でもなるべく人生を楽しめるように。という考えのもと、お店のサービスを考え、聞こえにくさにお悩みの方を補聴器で改善しています。書いている人の詳細は、”書いている人のページ”へどうぞ。お店に来た"お客様の改善事例は、こちら”に記載しています。最近は、Yourtubeにて、動画による解説も始めました。
聞こえにくさにお悩みの方へ

聞こえにくい事でお困りだったり、使用されている補聴器が聞きにくいなど、お困り事がございましましたら、お気軽にご相談ください。

お困りごとを改善させるお手伝いをさせていただきます。

当店では、上記のような補聴器の無料お試しセットをご用意し、実際に日常生活や職場でご体験いただいた後に、補聴器について、改めて、お考えいただけるようにも、しています。

予約制にして、ご相談を承っておりますので、ご希望の方がいらっしゃいましたらお問い合わせフォームへ、ご連絡ください

なお、お店のサービスやお客様の実際の改善例は、以下の通りとなります。

当店の特徴お客様の改善事例