補聴器のこと

補聴器の金額(性能)の違いって何さ?

前回は、集音器と補聴器の違いに関して、簡単にではありますが、お話させていただきました。

ここの中には、補聴器がしている事。を記載したのですが、補聴器に関して、調べていくと、補聴器の金額の違い、即ち、性能の違いってどんなところにあるのか。という疑問も、中には、抱くかと思います。

高い補聴器は、1台あたり、50万を超え、安いものは、10万代になりますので、だいぶ金額の差が出てきますよね。

この点に関しては、簡単に言うと、聴力を補った後の問題をどれだけ改善するようにしてくれるか。これが違います。

実は、補聴器は、低下した聴力に音を補うだけでは、うまく行かず、色々な問題が出てきてしまったんですね。

ですので、その問題を軽減するものが搭載されていると、されているほど、金額が高くなります。

聞こえを改善するだけでは駄目だった?

補聴器。と言えば、耳の聞こえを補うもの。ここまでは、良いと思いますが、じゃあ、補うって、どんな風に?と言いますと、それが、前回の内容(集音器と補聴器の違いとは?)になります。

難聴の耳に関して、その聞こえている音の範囲別に音の大きさ別に補う音の量を変えたり、周波数別にも、補う量を変えていたりします。

このようにすれば、耳について合わせられそうなイメージがありますよね。

でも、実際は、そううまくは行きませんでした。

と言うのも、日常生活上には、様々な音があり、時には、それらの音に邪魔されてしまって聞きにくい事が出てきたり、補聴器をつけると、一部の音が強く感じたり、不快な感覚で、感じる事があるためです。

世の中が非常に静かで、何も邪魔する音がない場合は、低下した聴力だけを補えれば良いのですが、現実世界には、聞こえにくい事の他に邪魔する音や色々な音がありますので、その部分も考えていく必要があります

ですので、今現在の補聴器には、どのような補聴器にも低下した聴力を補う部分とあとは、抑制機能をつけて、邪魔される事をなるべく減らしたり、不快に感じる音をなるべく軽減して、使いやすくするようにしています。

これは、単純に聴力低下した部分だけ、補えれば、聞こえは、改善する。という訳では、なかったからこそ、このような機能もつけるようになりました。

代表的な機能は?

では、代表的な機能は?というと

  • 音を抑える系(抑制機能)
  • 指向性系

の2つですね。

中には、こちら以外のものもありますが、多くのものが、この2つに集約されます。

音を抑える系(抑制機能)

音を抑える系というのは、いわゆる抑制機能の事で、

  • ノイズキャンセラー(ノイズリダクションなど)
  • 風の音を抑制する機能(ウインドブロック)
  • 大きな音を抑制する機能
  • 反響音を抑制する機能

などがあります。

これらのものは、聞こえの改善にも影響しますが、どちらかというと快適性に影響しやすい機能ですね。

ノイズキャンセラーは、名前の通りで、雑音抑制だと思っていただければ良いです。

細かい説明をすると”何を雑音とするか”が非常に大事になってきてしまうのですが、今現在は、定常音、音が一定に続くものをノイズとして捉え、抑えても問題なさそうだよね。という事で、抑えるようにします。

多いのは、空調の音や冷蔵庫のモーターの音などが代表例ですね。

風の音を抑制する機能は、そのままで、マイクに風が当たったりすると非常に大きな音がするので、それを抑制する機能です。

大きな音を抑制する機能は、大きな音が身近でした場合、結構な音量で入ったりするのですが、その音だけを和らげる機能です。

あとは、反響音を抑制する機能。音が反響すると、輪郭が2重になって聞こえる感覚があり、内容がわかりづらくなります。

ですので、その感覚を和らげ、自然な感覚で聞こえるようにしてくれます。

これらの事をしてくれるのが、抑制機能ですね。抑制することにより、快適性や使いやすさを上げてくれるようになります。

指向性系(音を拾う範囲を狭める)

指向性系というのは、主に騒がしい中で聞き取る場合に使われるもので、騒がしい環境下だと、色々な音が入りすぎて、よくわからなくなってしまうため、音を拾う範囲を狭めて、なるべく周りの音に邪魔されないようにしてくれる機能です。

わかりづらいので、絵を出しますと、このようなイメージですね。話し手の方は、音を拾うようにして、その周囲に関しては、少し音の感度を下げて、音を入りづらくします。

普段の補聴器は、無指向性といって、どの方向からでも音が入るようになっているのですが、この状態だと、騒がしい中、非常に聞きにくくなってしまうため、騒がしい環境下の場合は、聞く音の範囲を絞って、なるべく邪魔されないようにしています。

これが指向性ですね。この性能の有無が今現在、補聴器の金額にものすごく直結しています。

聴力を補い、邪魔するものは、カットする

今現在の補聴器がしているのは、聴力低下した耳を補う。という事にプラスして、邪魔されやすいもの、不快に感じるものは、なるべく抑える。という事をしています。

それでも、まだまだ聞きづらいところ、不快に感じる部分は、あるのですが、徐々に補聴器の性能も良くなってきました。

昔は、聴力低下した部分のみを補う事だけしていたのですが、それでは、どうにも改善できないものが出てきてしまったっため、より改善していくために、抑制機能をつけて、改善していくようにしていった訳ですね。

なお、ちょっと書き忘れてしまったのですが、高い補聴器というのは、上記の抑制機能が非常に優れたものが入っており、耳を補うという事にプラスして、快適性及び周囲に邪魔される感覚も少なくなるようにしています。

安い補聴器というのは、基本的な聞こえを補う機能のみである事が多く、抑制機能、そして、指向性機能があるものもありますが、程々である事が多いです。

これが補聴器の金額の違いですね。どの補聴器にも、基本的な耳を補う基本機能は、入っていますので、その点は、安心していただければと思います。

以上、補聴器の金額(性能)の違いでした。

ABOUT ME
深井 順一
生まれつきの難聴者が対応している補聴器専門店、パートナーズ補聴器、代表。聞こえにくさを抱えている方が、聞こえを改善し、より良い生活ができるようになるお店。という考えのもと、お店の内容やサービスを考え、補聴器による聞こえの改善をしています。書いている人の詳細は、”書いている人のページ”へどうぞ。お店に来た"お客様の改善事例は、こちら”に記載しています。最近は、Yourtubeにて、動画による解説も始めました。
聞こえづらくて、プライベートや仕事でお困りの方へ

聞こえにくい事でお悩みだったり、使用されている補聴器が不調。など、聞きづらくて、プライベートや仕事でお困りの方がいらっしゃいましたら、お気軽にご相談ください。

当店では、補聴器を初めてお考えになる方や他の場所でうまくご相談できなかった方でも、安心してご相談できるよう、完全予約制にして、補聴器のご相談をしています。

聞こえの改善相談を行い、実際に日常生活や職場で使ってみて、補聴器があると良い。あると生活が楽になる。という方のみ、ご自身に合った補聴器を提供しています。

当店でのご相談を希望される場合は、まずは、お問い合わせフォームより、ご連絡ください。

聞こえの改善方法については、【まとめ】聴力別、補聴器で聞こえを改善させる方法に、まとめており、そして、お店の内容やお客様の実際の改善事例は、以下の通りとなります。

当店の特徴お客様の改善事例