補聴器のこと

片耳難聴を改善するクロス補聴器をしっかり理解する3つのポイント

クロス補聴器とは、片方のみ難聴の方の聞こえを改善させる、ちょっと変わった補聴器になります。

聞こえない耳側に補聴器を使っても、聞こえの改善がうまくできない場合に使われるもので、聞こえる耳側で、聞こえない耳側の音も聞こえるようにして、聞こえを改善させます。

今現在は、このような変わった補聴器も出てきていますので、片方のみ難聴の方の聞こえを改善するクロス補聴器について、今回は、記載していきます。

クロス補聴器とは?

クロス補聴器の形状は、このような形をしています。

基本的に音を転送するクロス。と呼ばれる音の転送機器と一般的な補聴器を組み合わせて、使用します。

聞こえない耳側にクロスを載せ、聞こえる耳側には、一般的な補聴器を使います。

そうすることにより、クロスに入った音を常時、補聴器に飛ばしてくれるようになります。

このようにして、聞こえを改善するのが、クロス補聴器になります。

少し補足をさせていただくと、聞こえる耳側につける補聴器は、このような穴が開いた耳せんを使います。

耳をしっかりと塞ぐ耳せんを使ってしまうと聞こえる耳側がより聞きにくくなってしまうため、聞こえる耳側の音は、穴が開いていることで、そのまま聞こえ、聞こえない耳側の聞こえは、クロスで転送して聞く。

そのようにして聞こえを改善しているのが、クロス補聴器になります。

片耳難聴は、なぜ聞きにくい?

クロス補聴器は、このように片方のみ難聴で、かつ、その耳に補聴器を装用しても、聞こえにくさの改善がほとんどできない耳の方へ使われる改善方法です。

片耳のみ難聴の方の聞きにくさには、このようなところに聞きにくさがあるかと思います。

共通するのは、聞こえない耳側から話された時にわかりづらい。ということですね。

この聞きにくさを理解するカギは、少し専門的になってしまうのですが、

  • SN比(エス、エヌ、ヒ)
  • 頭部陰影効果(とうぶいんえいこうか)

の2つがあります。

SN比って何?

まず、普段、私達が聞こえている状態。というのは、SN比が良い状態だからこそ、聞こえている。というのがあります。

SN比というのは、S(シグナル)とN(ノイズ)の比率を表すもので、Sというのは、聞きたい音、即ち、シグナル、ここでは、音声とした方がわかりやすいですね。

そして、Nというのは、ノイズで、邪魔する音。になります。

聞きたい音声(シグナル)がノイズ(邪魔する音)より、音が大きい場合は、聞きやすく、逆にノイズの方が大きい場合は、かなり聞きにくくなります。

シグナルの方が大きい場合は、SN比+1dBだとか、SN比+4dBだとか。そんな風に表現されます。

逆にノイズの方が大きい場合は、SN比-2dB(マイナス)だとか、SN比-5dBとか。そんな風に表現されます。

ポイントは、SN比±0dBで、約半分くらいの理解度を得られる。ということです。

例えば、音声が、60dBの大きさで、周囲のノイズ、騒がしさも60dBだったとしたら、プラマイ0ですので、その場合の話している言葉の理解のしやすさは約50%。ということです。

50%というと、話の内容を半分理解できるか、理解できないかなので、結構、理解しづらいです。

このレベルが、プラマイ0、ということを覚えておきましょう。

頭部陰影効果とは?

さて、次は、頭部陰影効果ですね。

なにやら物騒な名前ですが、簡単にいいますと、頭が壁になって、音がきた方向から、逆の耳に届くまでに、音が減少するよ。というものです。

例えば、左側から音がした場合、左側の耳に音が届いて、その次に右側に音が届きます。

すると、この左側に届いた時の音の大きさと右側に届いた時の音の大きさでは、10〜13dBもの音量差が出てしまうんですね。

これが、頭部陰影効果です。

一般の方は、両方とも聞こえているので、これによって、騒がしい環境下でも、だいぶ聞きやすくなっているのですが、片耳難聴の方の場合は、これがうまく機能しない状態になります。

例えば、右側からノイズがしている。そして、左側からお話された場合、右側から来たノイズは、頭部陰影効果によって、12〜15dBぐらい減少して、ノイズが、左に届く。

でも、左側から話された音声の部分は、その影響を受けません。なので、健聴の方は、話し手に向いている方の耳で、音声を聞くことによって、SN比がよくなりやすく、結果、話が理解しやすくなります。

しかし、片耳のみ難聴の方の場合、仮に左側が聞きづらい(右が聞こえている)としましょうか。

先ほどの内容と同じような状態だと仮定すると、左側から話された音声は、聞こえている右側に届くまでに頭部陰影効果によって、音の音量が10〜13dB下がって、聞こえます。

右側から聞こえるノイズに関しては、そのまま音量が下がらずに聞こえるので、こうなると、SN比が簡単に逆転してしまうんですね。

SN比は、プラマイ0でかなり聞きにくく、マイナスになるとほぼわかりません。そうなると、かなり聞きにくさを感じるようになります。

これが、例えば、右側から話されて、左側にノイズがある場合は、片耳難聴の場合でも、結構よく聞こえます(右側が聞こえていると仮定)。

この場合は、右側から話された音声は、そのまま入り、左側からしているノイズが右側に届くまでに頭部陰影効果によって、10〜13dBぐらい下がるので、SN比が逆転しづらいんですね。

片耳のみ難聴の方が聞こえない耳側から話されるとわかりづらいのは、この頭部陰影効果によって、SN比が悪くなりやすいから。なんです。

聞こえる耳側で話された場合は、結構、わかりますよね。

それは、聞こえる耳側から話されれば、ノイズに邪魔されることが少なく、逆に聞こえない耳側から話されると、頭部陰影効果によって、音声の部分が、小さくなってしまうからです。

これが、片耳難聴の方の聞こえにくさの正体です。

クロス補聴器がしようとした事

このような状況でしたので、クロス補聴器というのは、上記の通り、

  • SN比を悪くしないようにしよう
  • 頭部陰影効果の影響を薄くしよう

という風に考えたんですね。

具体的には、聞こえる耳側に音を送って、頭部陰影効果の影響を少なくする事。

そして、補聴器には、ノイズキャンセラーやノイズ、音声の聞こえを邪魔する音を抑制する機能があったりするのですが、そういったものをつけて、聞こえを改善するようにしました。

音を転送して聞こえを改善する。と聞くとなぜそんな事を?と思うかもしれないのですが、片耳のみ難聴の方の中には、一般的な補聴器を装用しても、その耳を改善できない耳もあります。

そして、上記のように聞きにくさの部分が出てきてしまうことがありますので、それらのものは、聞こえない耳側で音を受け取り、聞こえる耳側に転送してあげる。

そうすることにより、頭部陰影効果の影響を薄くして、聞こえやすくする。という事をクロス補聴器は、しています。

これがクロス補聴器の仕組みですね。

クロス補聴器は、どんな耳を改善できる?

基本的にクロス補聴器で改善するとよい耳の状況は、

  • 片耳が全く聞こえないケース
  • 片耳の明瞭度が著しく低いケース
  • 片側の耳に補聴器をつけると違和感が強すぎるケース

の3つがあります

ポイントは、どのケースも、一般的な補聴器を装用しても、改善ができない。かなり難しいケース。というところになります。

片耳が全く聞こえないケース

片耳が全く聞こえないケースというのは、このような聞こえの方です。

文字通り、うんともすんとも言わない状態で、全く聞こえず、その耳に一般的な補聴器を装用したとしても、聞こえの改善は、かなり薄くなります。

ですので、そのようなケースに関しては、音を転送して聞こえを改善する。という方法があります。

クロス補聴器を使うことが多い典型的なケースがこちらですね。

片耳の語音明瞭度が低いケース

またまた、わかりづらい言葉が出てきて、申し訳ないのですが、2つ目は、語音明瞭度(ごおんめいりょうど)というものが著しく低いケースです。

難聴には、いくつか種類があるのですが、基本的に耳を治せない難聴は、感音性難聴。というものが大半です。

この感音性難聴というのは、音を受け取る神経の部分に何らかの障害がある難聴で、こうなると、音声を聞いたとしても、それが音声として、認識できない。という問題も出てきてしまいます。

重要なのは、音を入れることによって聞きやすくなる耳もあれば、残念ながらそうならない耳がある。ということです。

それをおおよそ表すのが、語音明瞭度。というもので、これが低い場合は、その耳に補聴器を装用したとしても、残念ながら聞こえの改善がだいぶしづらくなります。

補聴器を装用したとしても、音声が聞こえる感じがあまりしない。という事ですね。

ですので、このような、ケースもクロス補聴器は、当てはまります。

片側の耳に補聴器をつけると違和感が強すぎるケース

最後は、こちら。稀にですが、聴力低下した耳側に補聴器をつけると、違和感が強すぎて、音を受け入れられないケースがあります。

補聴器を通して音を聞くと、聞こえてくる音が響きすぎて、とてもじゃないがつけ続けていられない。というようなケースですね。

その場合も当てはまります。

このようなケースになるのは、突発性難聴やメニエール病の方の一部に見られることがあり、あとは、聴神経腫瘍摘出手術により、聴力低下した方など、元々は、聞こえていたけれども、何らかの病気によって、急に聞きにくくなった。というケースに見られる事があります。

このようなケースにも使われる事があります。

クロス補聴器で改善できるところ、しにくいところ

クロス補聴器の効果に関しては、概ね、このようになります。

そこまで騒がしい環境下ではなければ、聞こえない耳側から話されたり、あとは、離れたところから、話された場合に、わかりやすくなる。というところは、実際に活用されているお客様から聞いています。

ただ、騒がしい環境下の場合は、まだまだ難しく、あまりにも騒がしいと聞こえの改善効果は、下がる傾向があり、聞きにくさを感じるところも出てきやすい傾向があります。

複数の人とのお話に関しては、3〜4人だとか、そこまで数が多くない場合は、聞きやすくなる事が多いのですが、かなり広い会議室のような、10〜20人入るような環境になると、それもまた、効果は、薄まってしまうようです。

そして、一つ、注意があるのですが、クロス補聴器は、残念ながら音の方向感覚は、改善する事ができません。

音の方向感覚は、両方の耳が聞こえている場合に得られる効果ですので、片方の耳のみ聞こえている状態のクロス補聴器では、方向感を得る事ができない状態になります。

その点にお気をつけください。

このような状況からすると、ある程度、聞こえの改善をしてくれるのは、事実ですが、状況によっては、変わらず。というところも出てくる状況です。

これが、クロス補聴器の効果になります。

お客様の声

実際にクロス補聴器を購入した方の声に関しても、まとめていきます。

仮にこの補聴器というのが、どんなものなのか。ご参考にしてみてください。

片耳のみ生まれつきの感音性難聴をクロス補聴器で改善

どのようなことでお悩みでしたか?

クロス補聴器を実際に購入されて、いかがでしょうか

このお店でご相談(購入)になったのは、なぜでしょうか?

実際のアンケート

突発性難聴により、片耳が聞こえなくなった方をクロス補聴器で改善

どのようなことでお悩みでしたか?

クロス補聴器を実際に購入されて、いかがでしょうか

このお店でご相談(購入)になったのは、なぜでしょうか?

実際のアンケート

ムンプス難聴により、聞きにくくなった方、クロス補聴器で改善

どのようなことでお悩みでしたか?

補聴器を実際に購入されて、いかがでしょうか

このお店でご相談(購入)になったのは、なぜでしょうか?

実際のアンケート

この他のケース

こちら以外のケースに関しては、

また、お客様の声のみ、アンケート用紙のみの場合は、以下にまとめています。

まとめ

こちらでは、クロス補聴器に関して、まとめてみました。

クロス補聴器は、一般的な補聴器では、改善できない片耳のみ難聴の方の聞こえを改善するために作られたちょっと変わった補聴器です。

片耳のみ難聴の方の全てを改善できる訳ではないのですが、聞きにくさを感じているいくつかの部分を改善してくれます。

少し気になった方は試してみたり、経験してみるのも良いと思いますし、どんなものか、伺ってみるのも良いかと思います。

当店でもクロス補聴器は、ご用意していますので、もしご相談を希望される場合は、お問い合わせページより、お問い合わせください。

こちらの内容が聞きにくさにお困りの方へ参考になったのであれば、幸いです。

ABOUT ME
深井 順一
生まれつきの難聴者が対応している補聴器専門店、パートナーズ補聴器、代表。聞こえにくさを抱えている方が、聞こえを改善し、より良い生活ができるようになるお店。という考えのもと、お店の内容やサービスを考え、補聴器による聞こえの改善をしています。書いている人の詳細は、”書いている人のページ”へどうぞ。お店に来た"お客様の改善事例は、こちら”に記載しています。最近は、Yourtubeにて、動画による解説も始めました。
聞こえづらくて、プライベートや仕事でお困りの方へ

聞こえにくい事でお悩みだったり、使用されている補聴器が不調。など、聞きづらくて、プライベートや仕事でお困りの方がいらっしゃいましたら、お気軽にご相談ください。

当店では、補聴器を初めてお考えになる方や他の場所でうまくご相談できなかった方でも、安心してご相談できるよう、完全予約制にして、補聴器のご相談をしています。

聞こえの改善相談を行い、実際に日常生活や職場で使ってみて、補聴器があると良い。あると生活が楽になる。という方のみ、ご自身に合った補聴器を提供しています。

当店でのご相談を希望される場合は、まずは、お問い合わせフォームより、ご連絡ください。

聞こえの改善方法については、【まとめ】聴力別、補聴器で聞こえを改善させる方法に、まとめており、そして、お店の内容やお客様の実際の改善事例は、以下の通りとなります。

当店の特徴お客様の改善事例