補聴器のFAQ

パートナーズ補聴器の5つの問題点

補聴器を扱っているところは、今現在、いくつかあり、かつ、補聴器の相談先も、病院さんから、補聴器販売店(専門店)、さらには、眼鏡店でも、補聴器を扱うようになってきました。

ここで、このお店。パートナーズ補聴器の問題点について、まとめていきたいと思います。

誠に申し訳ないのですが、このお店は、万人向けのお店ではありません。欠点もありますし、問題点もいくつかあります。

ですので、このお店が向かない人も、当然、出てきます。

仮に補聴器に関して、相談したい方の気持ちを考えてみますと、お店の事を知った上で、ご自身にあった場所で相談したいとお考えかと思いますので、こちらでは、このお店の問題点に関して、まとめていきます。

パートナーズ補聴器の問題点

まず、このお店の問題点ですが、

  • 用意している補聴器(メーカー)の価格が高い
  • 選べる補聴器のメーカーが少ない(メーカー1つのみ)
  • 重度の難聴の方は、補えるものが少ない
  • 一部の補聴器の助成金が使えない
  • 完全予約制によるご対応

の5つです。

用意している補聴器(メーカー)の価格が高い

当店で扱っているのは、フォナック。というメーカーのみとなります。

こちらは、現行の補聴器の金額。全体的に価格は、少々高めになります。

このフォナックというメーカーは、補聴器の性能、聞こえの改善度、これらの部分は、良く、信頼できる補聴器メーカーなのですが、価格がそこそこ高いです。

補聴器のメーカーには、いくつかあり、かつ、海外のメーカーは、少し高めになります。(海外のメーカーで比べると、だいたい同じくらいです)

その事から、少し高くなっても、聞こえの改善を重視したい、耳は、大事な機能なので、聞こえの改善も、なるべく考えたい。という方には、向くのですが、少しでも安い補聴器が良い。という方には、当店は、残念ながら向きません。

その場合は、少々、価格が安めになる

あたりがよろしいかと思います。

この辺りだと、主要海外メーカーより、少し補聴器の金額がお安めになります。

選べる補聴器のメーカーが少ない(メーカー1つのみ)

上記の通り、当店は、フォナックしか扱っていませんので、選べる補聴器のメーカーが少ない。という点があげられます。

他の販売店さんだと、一つだけではなく、メーカーを3個、4個、扱っているケースが多くあります。

中には、6個、7個扱っているケースもあったりするのですが、当店は、一つのみです。

このようにしている理由は、

  • 補聴器の選択肢は、簡単にして、選びやすくする
  • 私自身の能力を活かせるもので、改善に貢献したい

の2つがあります。

一つめは、補聴器の選択肢は、なるべく簡単にして、選びやすくするためです。

今現在、補聴器の数が非常に多くなり、補聴器を選ぶ。と考えた際に数多くの選択肢がある時代になりました。

そのせいか、どれが自分に合うのか。が非常にわかりづらく、いくつか補聴器を試してみたけれども、音が違う感覚は、わかるが、それがどう良いのか。よくわからない。という声も、聞くようになりました。

特に補聴器は、試すと試すほど、過去に試したものがどんなものだったのか、忘れやすく、よりわからなくなってしまいがちです。

その事から、こちらでは、予め、聞こえの改善について信頼できるものだけで、絞らせていただき、用途別に補聴器の選択肢をわかりやすくして、お客様の希望にあったものを選びやすくしています。

2つめは、完全に私事になるのですが、私は、ずっとフォナックの補聴器で聞こえを改善してきた事もあり、このメーカーで聞こえを改善する事は、慣れていますが、その他のメーカーで、聞こえを改善する事には、慣れていません。

単に補聴器を販売する仕事であれば、それでも扱えば良いかもしれないのですが、聞こえを改善する仕事。と考えた場合、聞こえの改善に貢献できないものを提供するのは、果たして良い事なのか。それを考えるようになりました。

あくまでもお客様が求めているのは、聞こえの改善である。そう考えた時に、もっとも貢献できるもので、対応する事が一番大事なのではないか。と考え、当店では、フォナックのみとなっています。

この点は、私の技術不足の点が入ってしまい、誠に申し訳ございません。

その事から、仮にフォナックの補聴器が事前に合わない、とわかっている方には、当店は、向きませんので、ご注意ください。

リンク:フォナック(Phonak)と他メーカーの比較。フォナックの問題点

選べる補聴器が少ない。これが、2つ目です。

重度の難聴の方は、補えるものが少ない

この点は、フォナック。というメーカーが影響するのですが、このフォナックの欠点は、重度難聴用の補聴器をあまり開発していない事です。

今現在、重度難聴の方を改善する機器としては、補聴器と人工内耳と呼ばれる機器があるのですが、年々、人工内耳の性能がよくなり、こちらで改善する機会が多くなってきました。

その事から、フォナックは、あまり重度の難聴の方の補聴器を開発しなくなり、今現在、現行のシリーズで、重度難聴用の補聴器を開発していません。

そういった事情がありますので、仮に重度の難聴の方の場合は、他のメーカーの補聴器を使っていただく事をオススメします。

なお、フォナックが向く聞こえの方は、主に上記の通りです。

こちらに当てはまる方は、概ね、大丈夫なのですが、逆に当てはまらない方は、合わない可能性が高くなります。

これが、3つ目になります。

一部の補聴器の助成金が使えない

当店では、一部の補聴器の助成金が使えません。

今現在、補聴器を購入する際に使える助成金には、

  • 障害者自立支援法(使えます)
  • 軽度・中等度難聴児・者への補聴器購入助成制度(使えます)
  • 高齢者(65歳以上)への補聴器購入助成制度(使えます)
  • 医療費控除(使えません)

の4つがあります。

その中で、当店は、医療費控除のみ使う事ができません。

医療費控除を使う場合、認定補聴器技能者という資格を持った人が、医療費控除を申請する際の書類に記載する必要があるのですが、私は、今現在、取得途中ですので、医療費控除を使う事ができません。

仮に医療費控除の対象となる方は、医療費控除分を少しでも返還するため、補聴器の金額を一割引にして、販売しています。

人によっては、1割引にする事で金額があまり変わらなかったりするのですが、場合によっては、医療費控除を受けた方が、最終的には、金額が減るケースもありますので、仮に医療費控除の対象になり、一円でも安く買いたい。という方は、当店は、向きません。

そのような方は、認定補聴器専門店というお店でご相談される事をオススメします。

こちらであれば、認定補聴器技能者がおりますので、医療費控除に関して、利用できます。

なお、それ以外の制度は、利用する事ができますので、当店側でも、ご案内をしています。

これが4つ目です。

完全予約制によるご対応

当店は、完全予約制ですので、ぶらっときて、いつでも、気軽に相談したい。という方には、向きません。

完全予約制にしている理由は、ちゃんと一人一人の状況を理解した上で、対応したり、お客様が知りたい事、疑問に感じている事、それらの事にしっかり答えられるようにするためです。

特に補聴器は、非常にわかりづらく、かつ、金額が高額ということもあり、ご相談される方の中には、色々と心配な部分があるかと思います。

ですので、なるべくそういった部分に関して、相談できるようにしたり、ご自身のペースで相談できるよう、一対一の完全予約制によるご対応を行なっています。

なお、補聴器が故障したり、調子が悪くなった場合のご対応は、優先して、行っており、聞こえにくさに困らないようにしています。

これが5つ目ですね。

まとめ

上記には、このお店の問題点について、まとめさせていただきました。

誠に申し訳ございませんが、このお店は、万人受けするお店ではありません。

しっかりとご自身の耳の事や補聴器に関して、理解しながら相談したい方には、向くのですが、上記の問題点が気になる方には、正直、オススメしません。

ですので、仮にその部分が気になる方は、他の場所でご相談することをオススメします。

どのようなものにも、メリット、デメリットがありますので、その点を確認しながら、販売店は、選んでいけると良いですね。

ご覧いただいている方には、ご自身にとって良いお店を選んでいただければと思いますので、このお店の問題点をこのページでは、まとめてみました。

ご参考になったのであれば、幸いです。

補聴器の事やお困り事のご相談、承っています

初めまして、パートナーズ補聴器の深井と申します。このお店は、生まれつき難聴で補聴器を使っている人が対応している補聴器専門店です。

このお店の特徴やお客様から評価されている事は、上記の通りです。

もし、聞こえにくい事でお困りごとがあったり、補聴器の事で気になる事がありましたら、お話をお聞かせください。お一人でお悩みにならず、お気軽にご相談いただければ幸いです。

このお店の内容やお問い合わせ先。聞こえの改善や補聴器に関するFAQは、以下よりどうぞ。

お店の特徴聞こえの改善FAQ