補聴器のFAQ

補聴器の助成金って何がある?対象は?助成額は?窓口は?

補聴器には、いくつか助成金があります。

利用できる条件や助成額、さらには、窓口がそれぞれ異なるのですが、受けられると、少しお金の負担分を下げることができます。

以下、その内容をまとめていきますので、補聴器の金額の負担分を少しでも、減らしたい。という方は、ご自身の状況に合う助成のものが、あるかどうか、探してみる事をオススメします。

補聴器の助成金は、3つ+医療費控除

今現在、補聴器を購入する際に受けられる制度は、

  • 障害者自立支援法
  • 軽度・中等度難聴児・者への補聴器購入助成制度
  • 高齢者(65歳以上)への補聴器購入助成制度
  • 医療費控除

の4つがあります。

医療費控除だけ、税金の負担分を下げるものになりますので、少々、ニュアンスが異なるのですが、お金にかかわる。というカテゴリーでいうと、入りますので、こちらもまとめていきます。

障害者自立支援法

  • 対象:聴力が両耳70dB以下or片耳、50dB、片耳、90dB以下
  • 助成額:約4万〜14万ぐらい
  • 窓口:お住いの市区町村の障害福祉課(役所)
  • 注意:利用する場合は、補聴器購入前に行う必要あり

障害者自立支援法とは、国が定めた障害者と認定された方々に対して行われる福祉サービスになります。

条件が結構高いのですが、両耳の平均聴力が、70dB以下、もしくは、片耳、50dB以下、もう片耳は、90dB以下。

簡単にいうと、両方の耳の平均聴力が、140dB以下になった場合に適応される制度です。※60dBと80dBは、対象外なので注意。

助成額は、等級や何が交付されるのか。によって、変わってしまうのですが、片耳分であれば、約4万〜7万、両耳分であれば、8万〜14万ぐらいの助成額が出ます。

窓口は、お住いの市区町村の役所になります。役所の中には、障害福祉課と言われる部署がありますので、そこが窓口になる事が多いです。

なお、仮に相談する場合ですが、補聴器を購入する前に行う必要があります。補聴器を購入した後は、申請できませんので、その点にご注意ください。

こちらの制度は、最も一般的なものではあるのですが、ちょっとハードルが高いため、使える方は、だいぶ制限されます。

もし、聴力に関して、対象になる方は、使ってみるのも良いかと思います。

軽度・中等度難聴児・者への補聴器購入助成制度

  • 対象:18歳未満で、障害者自立支援法を受けられない児童
  • 助成額:2万〜4万(自治体により変化)
  • 窓口:お住いの市区町村(役所)の障害福祉課
  • 注意:行なってる市区町村としていない市区町村あり
  • 調べ方:お住いの市区町村+補聴器購入費助成制度と検索
  • 備考:補聴器購入前に相談する必要あり

こちらは、障害者自立支援法を受けられない児童が対象になる助成制度です。

条件は、自立支援法を受けられない児童であれば、ほぼ全員受けられます。※もしかしたら、一部、所得制限があるかもしれません。

助成額は、自治体によって異なり、大体2万〜4万ぐらいが多いです。

補聴器一台につき、ではなく、一度の申請につき。ですので、その点にご注意ください。

窓口は、お住いの市区町村(役所)の障害福祉課で扱っていることが多いです。ですので、仮に相談する場合は、こちらに相談しに行けば、対応してくれます。

ただ、行なっている自治体とそうでないところがありますので、その点にご注意ください。

行なっているところは、お住いの市区町村+補聴器購入費助成制度、で検索してもらえれば、行なっているか、どうか、わかります。

仮に検索で出てこなかった場合は、行なっていない可能性が高くなります。

なお、こちらも補聴器を購入する前に相談する必要があります。その点にご注意ください。

高齢者(65歳以上)への補聴器購入助成制度

  • 対象:65歳以上で、障害者自立支援法を受けられない
  • 助成額:2万〜4万(自治体により変化)
  • 窓口:お住いの市区町村(役所)の障害福祉課
  • 注意:行なってる市区町村としていない市区町村あり
  • 調べ方:お住いの市区町村+補聴器購入費助成制度と検索

こちらは、障害者自立支援法を受けられない高齢者の方への助成制度になります。

65歳以上であれば、ほぼ誰でも受けることができます。※所得制限は、あるかもしれません。

助成額は、自治体によって変わるのですが、大体2万〜4万ぐらいが多いです。こちらも、補聴器一台につき、ではなく、一度の申請につき。になります。

窓口は、お住いの市区町村(役所)の障害福祉課になります。そこで、相談する事ができます。

ただ、自治体によっては、行なっていないケースがありますので、行なっているかどうか。事前に調べておくことをオススメします。

お住いの市区町村+補聴器購入費助成制度と検索していただければ、行なっている自治体は、出てきます。

なお、こちらも補聴器を購入する前に相談する必要がありますので、その点にご注意ください。

医療費控除

国税庁より引用ですが、

医師による診療や治療などのために直接必要な補聴器の購入のための費用で、一般的に支出される水準を著しく超えない部分の金額は、医療費控除の対象となります。
 補聴器が診療等のために直接必要か否かについては、診療等を行っている医師の判断に基づく必要があると考えられますので、一般社団法人耳鼻咽喉科学会が認定した補聴器相談医が、「補聴器適合に関する診療情報提供書(2018)」により、補聴器が診療等のために直接必要である旨を証明している場合には、当該補聴器の購入費用(一般的に支出される水準を著しく超えない部分の金額に限ります。)は、医療費控除の対象になります。

引用:国税庁 補聴器の購入費用に係る医療費控除の取り扱いについて

医療費控除に関しては、このようになっています。

上記には、日本耳鼻咽喉科学会のWebサイトと国税庁のサイトを用意しましたので、そちらをご覧いただくとよりわかりやすいかと思います。

注意点としては、こちらを希望する場合、補聴器を相談する前に耳鼻科さんへ相談しに行くことが大事です。

リンク:補聴器相談医(日本耳鼻咽喉科学会)

今現在、補聴器相談医のみしか記載する事ができないようですので、相談医がどこにいるのか。それを調べて、ご相談に行くことをオススメします。

リンク:認定補聴器専門店検索サイト

また、こちらは、書類を書いていただく必要があるのですが、認定補聴器技能者しか、この書類は、記載する事ができません。

ですので、こちらを利用する場合は、認定補聴器技能者がいるお店に相談しに行く必要があります。

補聴器のお店には、認定補聴器専門店というのがあり、こちらであれば、ほぼ認定補聴器技能者は、います。

仮にこの制度を利用する場合、相談できる場所が、少し限られますので、それぞれ、ご自身が通いやすいところを見つけていただき、ご相談される事をオススメします。

なお、実際のところですが、よくわからない部分があります。

お客様から直接お話を聞く機会がいくらかあるのですが、医師の方で断られたり、さらに医療費控除の書類を確定申告の時に出したけれども、下りなかった。という話は、聞いています。

もちろん、決定になっているケースも聞いていますので、全てがそうではないのですが、その手前で決定が下りなかったり、医師の方で、断られたりするケースも聞いているのも事実です。

ご利用の場合は、そういった点も了承の上、行なっていただいた方がよろしいかと思います。

誠に申し訳ございません。当店(パートナーズ補聴器)は、この制度を利用する事ができません。そのため、仮にこちらが対象になるお客様は、補聴器の代金を一割引にし、少しでも、ご負担を軽減できるようにしています。その点だけ、誠に申し訳ございません。

オマケ・補聴器の割引(児童のみ)

補聴器の割引ですが、児童のみ、多くのメーカーで、割引価格があります。

  • 対象:18歳未満の方、就学されている方(学生)
  • 割引額:10〜15%引きが多い
  • 備考:上記の制度と併用可

基本的には、学生さんや18歳未満の方に関しては、学生割、児童割がありますので、補聴器は、購入しやすくなっています。

なお、これらは、上記の制度と併用が可能です。

例えば、身体障害者手帳がなく、市区町村で児童に対して、補聴器購入費を少し助成してもらえる場合、その助成額とこの割引が使えます。

ですので、対象の方は、このように金額を抑える事ができます。

助成金のまとめ

こちらでは、補聴器の助成に関する事をまとめていきました。

今現在、補聴器の助成に関しては、これらのものがあります。仮にお金の部分を少しでも、抑えたい。という方は、利用できるものは、利用し、抑えていく事をオススメします。

以上、補聴器の助成制度でした。

補聴器のFAQ

補聴器に関して、よく聞かれることは、以下にまとめています。

補聴器について

お店について

助成金について

このお店の事

ABOUT ME
深井 順一
生まれつきの難聴者が対応している補聴器専門店、パートナーズ補聴器、代表。聞こえにくさを抱えている方が、聞こえを改善し、より良い生活ができるようになるお店。という考えのもと、お店の内容やサービスを考え、補聴器による聞こえの改善をしています。書いている人の詳細は、”書いている人のページ”へどうぞ。お店に来た"お客様の改善事例は、こちら”に記載しています。最近は、Yourtubeにて、動画による解説も始めました。
【聞こえにくさにお悩みの方へ】補聴器使用者対応の補聴器専門店、パートナーズ補聴器

聞こえにくい事でお悩みだったり、使用されている補聴器が不調。など、聞きづらくてお困りの方がいらっしゃいましたら、お気軽にご相談ください。

当店では、補聴器を初めてお考えになる方や他の場所でうまくご相談できなかった方でも、安心してご相談できるよう、完全予約制にして、補聴器のご相談をしています。

聞こえの改善相談を行い、実際に日常生活や職場で使ってみて、補聴器があると良い。あると生活が楽になる。という方のみ、ご自身に合った補聴器を提供しています。

当店でのご相談を希望される場合は、まずは、お問い合わせフォームより、ご連絡ください。

なお、当店の内容や聞こえの改善に関しては、

こちらにまとめています。