補聴器のFAQ

1台30万以上の補聴器で聞こえを改善する場合の注意点とは?

補聴器を購入する方の中には、しっかりと聞こえを改善したい。という事で、高額な補聴器を求める方も、いるかもしれません。

一台あたり30万以上(両耳だと60万以上)の補聴器を使えば、耳が治るのか。というと、その様な事は、ないのですが、少なくとも、聞こえの改善効果を底上げする事は、できます。

仮に高い補聴器で聞こえを改善する場合、知っておくと良いのは、基礎となる聞こえの改善。これをしっかりとしておく事です。

それができると、高い補聴器に入っている機能と組み合わせる事で、聞こえの改善の底上げをしやすくなります。

一台、30万以上の補聴器って、どんな補聴器?

さて、まず、高い補聴器の定義をしておきたいのですが、こちらでは、一台あたり、30万以上のものとしています。

参考まで。こちらは、今現在、私のお店で販売されている補聴器の価格です。

今現在は、この様に補聴器のシリーズごとに3つか4つグレードが分かれており、

それぞれ、

  1. 価格は抑えつつ、最低限、聞こえの改善を行えるグレードの補聴器
  2. 基本となる聞こえの改善をしっかり行えるグレードの補聴器
  3. 聞こえの改善を最大限、行うグレードの補聴器

があります。

そして、こちらに関しては、

  1. 価格は抑えつつ…が、エコノミークラス
  2. 基本となる…がスタンダードクラス
  3. 聞こえの改善を最大限…が、ビジネス&ファースト

になります。

今回対象になるのは、ビジネスクラス、ファーストクラスの補聴器を使う場合になります。

一台、30万以上の補聴器は、抑制機能が優れている

一台あたり30万円以上する補聴器は、基本的な聞こえを改善する機能にプラスして、抑制機能が搭載されており、その機能が優れています。

主に騒がしい場所での聞き取りを支援する指向性。さらに、補聴器から聞こえると阻害されたり、不快に感じやすい音を抑制したり、その様な快適性を高める機能があります。

ただ、これらの機能ですが、基本となる聞こえの改善をしっかり行わないと、機能そのものが良いために、逆に抑制される部分が強く、全体的に聞こえてくる音が弱く感じたり、聞きにくく感じることがあります。

補聴器の金額が高くなると、高くなるほど、抑制機能や快適性を高める機能がよくなりますので、その点に注意する必要があります。

高い補聴器の機能をフル活用するために

では、その機能をフル活用するには、どうしたら良いのか。それは、補聴器の調整の部分をしっかりと行う事です。

補聴器は、聴力に合わせて、足りない部分に音を入れ、聞きやすくしてくれるのですが、抑制機能が強いため、ここの部分をしっかり補わないと、抑制機能が強い事がデメリットになってしまいます。

具体的には、なんでも良いので、自分自身の聞こえの改善状況を把握できる様にする事です。

把握できる様にすると良いポイントは、

  • 自分自身の聞こえの改善がどこまで改善できると良いのか(目標)
  • 今現在の聞こえの改善状況は、どうなっているのか(現状)

の2つです。

この2つが把握できる様になると、目標と現状を比較することで、今現在の聞こえの改善状況を把握しやすくなります。

さらに、それがわかることで、足りない部分があれば、より補い、さらに良くしていくことも可能になります。

具体的な内容がないとわかりづらいかと思いますので、例を出しますと、私のところでは、

  • 補聴器の調整ソフトの中の現状と目標
  • 補聴器を使用した状態の聞こえの改善状況

を見れる様にしています。

補聴器の調整ソフトでは、改善すると良い目標値と現状値が出る様になっている事が多いです。

補聴器の調整ソフトの中の現状と目標に関しては、今現在、補聴器を調整する画面には、現在出ている音の強さと、聴力から、このぐらい改善すると良いおおよその数値が出る様になっています。

簡単にいうと、目標値と現在値ですね。これが簡単に比較できる様になっています。

音というのは、低い音もあれば、高い音もあるため、なかなか今現在の改善状況が良いのか悪いのかを補聴器を使用している人が判断するのは、困難です。

ですので、この様な比較をできる様にしておくと良いです。その一つが、補聴器の調整画面ですね。

補聴器の世界には、補聴器の改善状況を把握するための測定もあります。

もう一つは、補聴器を使用した状態の実際の数値で、音場閾値測定(おんじょういきち測定)。というものがあります。

例。改善目標値と現状がわかると、どこが足りていて、どこが足りていないかがわかりやすくなります。

こちらで、今現在、聞こえている数値と目標となる数値。これを比較することにより、現状、改善目標まできているのか、それとも、足りていないので、より補った方が良いのか。を調べる事ができます。

こちらの改善目標値は、セルフになりますので、補聴器屋さんだとか、あとは、実際に対応してくださる方が教えてくれると思います。

それを聞きながら、自分自身の聞こえの改善状況を把握し、なるべく改善目標まで、聞こえを改善できると、補聴器の性能にプラスして、聞こえの改善にプラスαしやすくなります。

良い補聴器は、抑制機能が優れており、かつ、補聴器で不快に感じやすい音を予め抑える機能が付いている事が大半なので、高額な補聴器の方が、改善目標値まで、改善することは、楽です。

ですので、そういった機能を使いつつ、基礎となる聞こえの改善。ちゃんと自分自身の聴力に対して、補えると良いところまで、聞こえを補う。という事については、しっかり行える様にしましょう。

そうする事で、補聴器の機能を活用しながら、より聞こえの改善にプラスαしやすくなります。

一台、30万円以上する補聴器の場合は、ここを意識しておきましょう。

まとめ

一台30万以上の補聴器を求める方は、おそらく、なるべく聞こえを最大限改善できる様にしたい。という事で、求められる事が多いかと思います。

補聴器の聞こえの改善は、性能も関わってきますが、どちらかというと、聞こえの補い方、そして、補聴器の調整。これが、8割ぐらい関わります。

ですので、しっかりと聞こえを改善したい場合は、そちらをはじめに行い、その後、さらに補聴器の機能を使って、よりプラスαしていく。この様に考えていけると、聞こえの改善の底上げは、しやすくなります。

大事なのは、補聴器の調整が聞こえの改善に大きく関わる事です。補聴器の性能ではありません。

ですので、その基本となる聞こえの改善の部分をしっかりと行い、それにプラスして、補聴器の性能を活用し、より良くしていくことをオススメします。

そうする事で、聞こえの改善にプラスαしやすくなります。

補聴器のFAQ

補聴器に関して、よく聞かれることは、以下にまとめています。

補聴器について

お店について

助成金について

このお店の事

【聞き取りづらくて、お困りの方へ】聞こえの改善相談、承っています

聞こえにくい事でお悩みだったり、使用されている補聴器が不調。など、聞こえづらくてお困りの方がいらっしゃいましたら、お気軽にご相談ください。

安心してご相談できるよう、補聴器の貸出や試聴も行なっています。

当店でご相談を希望される場合は、まずは、お問い合わせフォームより、ご連絡ください。

当店の内容や聞こえの改善に関しては、以下にまとめています。

関連する記事