補聴器のこと

Youtubeで動画を作り始めた理由

皆さん、新年明けまして、おめでとうございます。

今年も、よろしくお願い致します。

前年は、色々と大変な時期で、今年も、まだまだ大変な時期が続きそうですが、私の方としても、できる事を続けていこうと思います。

前年、動画を作るようになり、Youtubeに自分なりに投稿してみたりと、実験してみたりしているのですが、そういえば、動画を作り始めた理由に関して、記載していなかったな。と、思いまして、ちょうど良い機会なので、こちらに関して、思っていた事を記載していきます。

私が動画を考えるようになったきっかけ

私自身が、Youtubeに投稿し始めたのは、2019年の8月頃で、実は、昨年から始めた訳ではありません。

2020年、色々な人がYoutubeに関して、やり始めたのですが、それがきっかけでは、なく、その前から、考えとしては、2019年の4月頃から、ありました。

理由は、単純で、動画の方がよりわかりやすく伝えられるのではないか。というところにあります。

Webサイト(ブログ)で情報提供しようとすると、写真しか使えないので、例えば、こんな風に写真を貼り付けて表現したりします。

しかし、物であれば動画で実際のものをみてもらった方が、わかりやすいよなぁ。と思うようになりました。

もちろん、これは、写真だと、色々と加工できてしまうし、実際に自分がお客さんの立場だったら、どんな風に見たいか。それは、リアルのもの。

作られたものではなく、実際のところやリアルそのもの。と感じたんですね。

それは、あまりにも世の中のものが作り手にとって、都合よく編集されたり、作られたりしているためです。

動画であれば、ある意味、隠しようがないですし、本当のところを伝えやすくなるのではないか。と、個人的に思うようになります。

ちょうどYoutubeを見始めたのが、2018年の終わりぐらいからで、Youtube自体は、私の場合、触れるのが、非常に遅かったのですが、動画を見た時に、表現できる幅の広さ、そして、情報量。真実性。それを考えた時に、このようなテキストベースより、圧倒的に優秀な部分を感じました。

そこから、動画での情報発信を考えていくのですが、当時、最大の勢力(今もですが)、であったYoutubeに目をつけていく事になります。

動画を作る上での悩み

いい部分を感じたところは、確かにあるのですが、じゃあ、すぐにでもはじめよう。とは、実は、なりませんでした。

それは、悩みの部分も多くあったからです。

主な悩みの部分は、

  • そもそも動画を作ったことがない
  • 耳が聞こえにくい人に音声ベースは、どうなの?
  • 書くのは割と得意だが、話すのは、かなり苦手

の3つです。

これは、動画の性質と私自身の能力の問題である点が大きいです。

そもそも動画を作った事がない

第一に考えたのは、そもそも、私自身、動画を作った事がない。という事です。

何が必要なのか、そして、どんな風にすると良いのか。これは、さっぱりわかりませんでした。

Youtubeで活躍している人達を見ていた時に感じた事ですが、元々、映像系の人だったり、動画に興味があったり、中には、テレビに携わっている人もおり、バックボーンがある程度、ある方が多いように感じ、全くやった事がない私に果たしてできるのか?

このような疑問を感じたのは、事実です。

その後、数々のやらかしを重ねて、自分なりに作っていたり、Youtubeスタイルを確立していくのですが、初めてやるものは、なかなか、イメージも、実際に作れるのか。そういったわからない部分が多かったのも、事実です。

ここは、全くの0からスタート。という事ですね。

耳が聞こえにくい人に音声ベースは、どうなの?

動画というと、映像の方が大事なように思いますが、映像よりも、実は、音声の方が大事になります。

これは、動画を意識する前から、色々とテレビの業界に関して、知っていた事もあり、動画も全く同じである事も、知っていました。

テレビ業界の場合は、音声をしっかり取るためにピンマイクを使ったり、さらに音声さんが、ちゃんと音声を疲労ためのガンマイクを使ったりと、これでもか、というぐらい音に気を使っています。

そういった状況を知っており、さらに、元々、聞こえにくい人に対して、音声が大事な動画を通じて、情報提供する。

それは、果たして、本当に良い事なのか。その方法での、情報提供は、求めているのか。私には、さっぱりわかりませんでした。

Webサイトのようなテキストベースであれば、聞こえにくい事は、関係ないので、良い事がわかりやすいのですが、音声がベースとなる動画は、どうなのか。個人的には、全く予想を立てる事ができませんでした。

普通に考えたら、相性が悪い部分の多い方が目立ちますよね。

ここまでくると、実際にやってみて、どんな反応があるのか。それで確認することでしか、真実を知ることはできないのですが、この部分の悩みは、非常に強くありました。

書くことは、割と得意だが、話すのは、かなり苦手

これは、完全に私の能力上の問題なのですが、このように書くことは、割と得意なのですが、話すのは、かなり苦手です。

内容をまとめて書いたりすることは、私の場合、ほとんど何も意識しなくてもできるのですが、内容を話すとなると、また、別の能力が必要になります。

私の場合、そんなに滑舌も良い方ではない事も合間って、だいぶ相性が悪いように思いました。

話す内容をまとめるのは、できるのですが、それを自然に流暢に話す。という事が、だいぶ難しかったです。

これに関しては、経験を積んでやっていくしかないな。と思い、考えるより、やっていく事になるのですが、今現在でも、自分なりには、やっていますが、なかなか難しいなぁと感じる事が多いです。

ちなみに初期の頃は、A4のページにびっしり話す内容を書き、それを、4〜5枚用意し、全て暗記してから、話す。みたいな事をしていましたが、話す事に夢中になったり、話の内容を忘れたりしてしまったため、やり方に関しても、だいぶ、試行錯誤するようになりました。

能力上の問題も、壁としては、非常に高くそびえ立っていた状態ですね。

やってみて、感じた事

では、実際にやってみてどうなのか。それは、今の所、実は、そんなにまだよくわかっていません。

私の方の感覚としては、表現の幅。それは、広げられそうだ。という印象は、あります。

上記に記載した通り、写真だけ載せるより、実際のものを動画で写した方が、わかりやすいですし、何よりも、リアルな感覚が伝わります。

まだまだ表現する事に慣れてはいないため、ここから、まだまだ私も学んでいかなければならないのですが、今まで壁に感じていた表現の幅。それは、広げられそうな印象を持っています。

私自身のやり方が良いか、悪いかは、正直、よくわかっていませんが、テキストベースより、情報量に関しては、多くなる。という部分は、素直に評価できる部分ですね。

ただ、問題も多くあり、動画の製作は、このようなテキストベースによるものより、非常に時間がかかります。

私の体感だと、このようなブログ一つ書く時間と、動画を一つ作る時間は、だいたい、6〜8倍ぐらい異なり、動画は、ものすごく時間がかかります。

そこのところをどうしようか、その部分が、個人的な悩みのタネですね。

テキストベースの場合(ブログ)、間違えても、簡単に変えられるのですが、動画は、間違えても、直しようがない。という一回限り。という要素も合間って、本当に時間がかかります。

まだまだわからないところがあるのは、事実ですが、ただ、全くもって可能性がないとも言えないところもあり、もう少しやってみたいなと、思っています。

まとめ

動画に関して、個人的な感覚について、まとめてみました。

動画については、だいぶ前から考えており、実際にスタートしたのが、2019年8月頃からですね。

その頃は、どう作ると良いのか。さっぱりわからなかったため、色々と実験し、動画ができ始めた頃が、2019年10月頃。

そして、2020年に入ると新型コロナウイルスにより、生活が代わり、時間ができた事をいい事に動画の勉強をする事になります。

その延長線上に今がある状態ですね。

1年、経過しているのですが、未だにうまく作れないので、私の場合、そこまで、才能は、ないのかもしれませんが、自分なりのペースで、色々とやっていこうと思います。

以上、Youtubeに関する事でした。

お困りごとがございましたら、お話をお聞かせください

このお店では、生まれつき難聴で補聴器を使っている人が補聴器に関するご相談や聞こえの改善相談を承っています。

もし、聞こえにくさにお困りの方や使用している補聴器が不調な方がいましたら、お話をお聞かせください。もしかしたら、お役に立てることがあるかもしれません。

ご相談ごとがございましたら、まずは、お問い合わせフォームより、ご連絡願います。

なお、このお店の内容や場所、聞こえの改善内容については、以下にまとめています。