耳・補聴器のこと

アドラー心理学から学ぶ、難聴の方に大切な課題の分離

深井 順一|パートナーズ補聴器

自分自身が難聴者で補聴器を使っている当事者であること。ここを活かしながらnote(ブログ)(https://note.com/junichi_fukai)を書いています。興味がある方は、どうぞ。

補聴器で生活をより良くしていくための内容は、【FAQ】補聴器で生活をより良くするために、へどうぞ。また、個々の症状(症例)ごとの改善を知りたい方は、お客様の聞こえの改善事例へどうぞ。

こんにちは、パートナーズ補聴器の深井です。ご覧いただき、ありがとうございます。

今回、記載していくのは、タイトルの通り、アドラー心理学から学ぶ、難聴の方に大切な課題の分離。こちらの内容を記載していきたいと思います。

今現在、アドラー心理学 嫌われる勇気 という本を読み返している最中なのですが、この本の内容は、難聴の方であれば、多くの方に必要な考え方だと感じています。

その代表格がタイトルの中にもある、課題の分離。というものです。

今回はこちらについて記載していきます。

難聴の方の課題

さて、難聴の方の課題について記載していきますと、補聴器で聞こえを改善するものの、残念ながら、今現在、補聴器は耳を治す。というところまではいきません。

今より、聞こえにくさや不自由さ、不便さは解消されるものの、全てが解消されるわけではない。となると、じゃあ、その他のものは、どうしたら良いか。という課題があります。

今現在、その点に関しては、周りの方に「聞こえにくいため、補聴器をつけています。ゆっくり話してくれるとわかりやすいです」とか就職する際やアルバイト、パートの際の面接で耳のことを伝える、補聴器のことを伝えるという場面もあります。

このように周りの方に耳のこと、補聴器のことを伝えるという場面、協力をいただく場面というのが出てきます。

この際、難聴の方がよぎるのは、「果たして、こんなことを言って、周りの方に変に思われないだろうか?」とか就職、アルバイトやパートの面接の際に「耳のこと、補聴器のことを伝えると、それがマイナスに働き、落とされないだろうか?」ということだと思います。

伝える必要性や言ったほうがいいんだろうな。と思うものの、実際にそれを伝えたら、相手がどのような反応をするのかわからない。だから、伝えられない。という人も少なくありません。

少しでも環境をより良くしていくためには、周囲の方にも耳のこと、補聴器のことを伝えていく必要性が出てくる時もあります。

では、その時、どのような心構えをしていければ良いのか。その答えは、このアドラー心理学 嫌われる勇気の中にあります。

課題の分離という方法

アドラー心理学 嫌われる勇気の本の中では、アドラー心理学の解説が基本です。このアドラー心理学は、すべての問題は、対人関係にある。とし、その対人関係をどのように解消したら、人が幸せに生きていけるようになるのか。を考えた本です。

全ての問題は、対人関係にある。と言われると、本当にそうなのかな?と思うこともあるかもしれません。しかし、私自身は、思い当たる節は多いなと考えています。

例えば、上記の耳のことを伝える、補聴器のことを伝えるなんて、まさにそうです。

対人関係と言いますか、それを伝えた時にどのような反応をされるかがわからない、勤めている会社には、実は耳のことを伝えておらず、そのことを伝えたら、何言われるかわからない。こういった恐怖があるから、耳のことを伝えていない方も中にはいるでしょう。

では、そのような状況をどのように良くしていくのか。それが、課題の分離です。

課題の分離とは、その問題は、誰の問題なのか、誰の課題なのか。です。

例えば、勇気を出して、耳のこと、補聴器のことを相手に話したとします。その際、そのことを受け入れてくれるのか。それとも「何それ、私に関係あるの?」と拒否されるのかは、相手の課題、相手の問題になる。ということです。

伝える側ができることは、あくまでも伝えるだけです。その伝えた内容をどう理解するか、それを受け入れるか、受け入れないかは、相手の課題になります。

ここを無理にでも理解させよう。受け入れさせよう。とすると「相手の心理を操る◯つの方法」だとか、権力だとか、法律で、無理やり従わせ、相手を力で屈服させることになります。

こういったやり方をされた方は、おわかりいただけると思いますが、その内容に納得して、それを受け入れたわけではありません。無理やり屈服させられたら、誰だって、怒りを感じます。ですので、後でとんでもない反動がきます。

いわゆる復讐とか、こちらが弱くなった時にやり返されるなどですね。

このように伝えはするけれど、それを受け入れるか、受け入れないかは、相手の課題になる。ここを理解できると、心は楽になります。

実は私も、発売当初(確か2013年頃)にこの本を読んでから、「なるほど、そういった考えがあったのか」と感じ、今現在、自分自身でも実践しています。

中には、大変ありがたいことに受け入れてくれる方もいますし、中には、そうでない方もいます。

大事なことは、全ての方が受け入れてくれるわけではないのですが、それと同時に全ての方が拒否するわけではないということです。

その受け入れてくれた方。大変ありがたい受け入れてくれた方とのお付き合いを大切にする。それが個人的には、大事なことだと思っています。

耳のこと、補聴器のことを伝えるのは、とても勇気がいることです。

聞こえにくい時に、気軽に聞き返せる、ちょっと変な返答をしても、そんなに気にしないでもらえる(相手からして、ちょっと聞きづらかったかな?と思われるぐらいで済む)など、そのような方々をどれだけ増やせるか。そこがカギだと個人的には、思っています。

大事なことは、変えられることに集中すること

ここで、大切なことを一つお伝えさせていただくと、大事なのは、変えられることに集中することです。

例えば、難聴の耳、障害を負った体というのは、変えられるものではありません。今現在、地球上に治療する方法が存在しない以上、それは変えられないことです。

しかし、補聴器を付けて、よりその障害度を軽くすること、不自由さ、不便さを少なくすること、これはできます。

耳のこと、補聴器のことを周りに理解してもらうこと。これは、変えられません。それは、相手が決めることだからです。しかし、耳のことや補聴器のことを周りに伝えること。これは、できます。

有名な言葉にニーバーの祈りというのがあるのですが、ここで繰り返し出されている内容は、変えられないものを見るのではなく、変えられるものを見ることです。

私がアドラー心理学が素晴らしいと思う点は、この変えられないものを見るのではなく、変えられるものに集中し、人々がどのようにしたら、幸せに生きていけるようになるのかを考えていることです。

上記の課題の分離もそこからきています。相手が自分のことをどう思うか。これは相手の課題になりますので、自分がそもそも介入できる問題ではありません。

大事なことは、変えられないものと変えられるものを見分け、変えられるものに集中していくこと。こちらになります。

まとめ

さて、アドラー心理学の内容に関して、記載していきました。こちらの内容は、難聴の方であれば、非常に参考になる内容が多く含まれています。

こちらでは、課題の分離という内容を中心に記載していきましたが、それ以外にもたくさん有用な内容は、あります。

しばらく、参考になる内容については、このブログの中に書いていきたいと思いますので、もし気になる方は、ブログを読んでいただくか、本を読んでいただくことをお勧めします。

ABOUT ME
深井 順一|パートナーズ補聴器
深井 順一|パートナーズ補聴器
使っている人が対応している補聴器専門店・代表
1986年、7月1日生まれ。生まれつきの難聴者で小学2年生の頃から補聴器を使っています。自分自身が難聴者であり、補聴器を使っている当事者であること。ここを活かしながら、お困りの方に貢献できるお店を目指しています。
記事URLをコピーしました