働く、仕事の事

難聴の方に合う仕事は何?

深井 順一|パートナーズ補聴器

毎月25日にお送りしているお店からのお便り(ニュースレター、メルマガ形式)のご登録はこちらよりどうぞ。https://l-s-b.org/news-letter/

補聴器による聞こえの改善は、聞こえの改善と補聴器のFAQ、にまとめています。また、個々の症状(症例)ごとの改善は、お客様の聞こえの改善事例にまとめています。

私の場合、お店の方で日々お客様とお話をするのですが、その際に出てきやすい内容の一つは、難聴の方に合う仕事ってなんだろうね?です。

補聴器で聞こえを改善したとしても耳が治るわけではありませんので、仕事や生活、どのように暮らしていくか、というところに関しては、ご自身で考えていく必要があります。

私自身も生まれつきの難聴者なので、そういったところを考えていくことになるのですが、その課題の一つは、仕事に関して、どう考えるか。です。

聞こえづらいとどうしても他の方ができることが自分はできなかったり、なかなか難しい仕事も出てきてしまいます。ですので、こういった部分は、考えざるを得ない側面もあります。

で、最近思うことは、あまり才能とか天職とかは、考えず、ただ単に合う、合わないで決めてしまっていいんじゃないか?ということです。

難聴の方に合う仕事という幻想

まず、個人的に感じていることですが、難聴の方に合う仕事というのは、存在しないということです。

難聴という聞こえにくいことの部分のみで合う仕事、あるいは、できる仕事というのは、ないと思った方がいいですね。

例えば、聞こえづらいので内職の仕事、工場での荷物詰めの仕事だとか、人とあまり会話しない仕事であればいいかも?と思うかもしれませんが、それが合う方もいれば、合わない方もいます。

難聴の人といっても、その人のパーソナリティに難聴が加わっただけであり、人と話をするのが好きな難聴の方もいれば、人と協力して、何か一つのことを成すことが好きな人、自分で周囲を引っ張って行う人、さまざまな人がいます。

聞こえづらいと、それが悪目立ちしないようなもので行なっていくのが良いのではないか、と考える方がいるのですが、一人で黙々と仕事をするのが好きな人はそれで良いのですが、中には、そうでない方もいます。というか、恐らく、そうじゃない人の方が実際には多いように感じます。

ですので、私自身のおすすめは、自分のパーソナリティに属するもの、それで合う、合わないを決めた方がいいんじゃないか。ということです。

パーソナリティというとわかりづらいのですが、要は性格ですね、性格や特徴、そういったもので決めてしまう。

そこが一番わかりやすい気がします。

どう自分の特性を活かしていくか

私もこのようなお店をしていますので、仕事に関してうまくいっているであろう方とよくお話をするのですが、どのようにそういった仕事に会ったのか、そして、どのように見つけていったのか、ですね。

ここに関しては、あまり規則性は感じられず、自分なりに頑張っていたら、それが合うようになっていった方もいれば、偶然、巡り合わせでそのようになった方、自分で会社を立ち上げて、いろいろしているうちにそうなった方、実に様々です。

ただ、一つだけ特徴があるとすると、やはりその方の特性、性格に合っているものをしていることですね。そこぐらいでした。

私自身が意識していることの一つは、自分の特徴が活きる文脈で仕事をすること、ここになります。

これは、苦しかった時の話をしようか 著者:森岡 毅さんの本なのですが、そこの中で出てくる言葉です。

この本を書いている森岡さんは、企業のマーケティングを主に仕事としている方で、マーケティングとは、会社の製品が自然と売れるようにしていく仕事全般を意味します。範囲が広すぎるので、なかなか表現が難しいのですが、簡単に表現するとこうでしょうか。

で、この本はまさにマーケティングを主体としている人らしい考え方がたくさんあるのですが、その中の一つが、先ほどの自分の特徴が活きる文脈で仕事をすること、ここになります。

自分の特徴とは、それこそ、自分の性格や本当の意味で特徴、特徴というとわかりづらいので、人と違う部分のことですね。そこを軸として、それが活きる文脈で仕事をすること、ということです。

大事なこととして、特徴というのは、それだけで強みになることはないということです。特徴というのは、文脈とセットで強みにも弱みにもなる、ということですね。

例えば、猪突猛進の方がいるとして、一つのことをやり切る力は強いかもしれないけど、途中で間違った場合に修正がしづらい方がいるとします。

このような場合、その特徴が活きるか、死ぬかは、その文脈によって変わるということです。

ここが踏ん張りどころだ、と感じるような事業のフェーズでは、そういった方は非常に活きます。しかし、自分たちがどのようなことをしていけると良いのか、あるいは、何か先を模索している最中は、そういった方は活きません。

この場合、大事なのは、その特徴自体に良し悪しがあるのではなく、その特徴が活きるか、死ぬかは、文脈、つまり周りの環境、今現在の自分の状況や環境によって決まるということです。

どんな場面でも役に立つ、あるいは、強みになる特徴というのは存在しません。なので、自分の特徴が活きる文脈で仕事をすること、ここが大事になるということです。

よく強みを活かすとか、長所を伸ばすとか、そういった話が出ますが、それ以上に、そもそもその強み、特徴は、どのような状態、環境、文脈であれば、活き、どのようになると死ぬのか、そこの方が理解が大切です。

どのような状態でも活かせる強みがない以上、本当に理解しておいた方が良いのは、その部分ですね。つまり、自分の能力が死ぬところ、活きるところを知っておく、ということです。

そして、上記に記載したうまくいっている方は、そこを把握しているのか、それとも偶然そうなっているのかはわからないのですが、そういった部分を感じました。

まさに自分の特徴が活きる文脈で仕事をすること、そこをしているということです。

まとめ

難聴の方に合う仕事は?というところは、誰もが気になるところだと思います。あくまでも私自身の経験にはなりますが、そういったものはないというのが今の所の考えです。

パーソナリティーや強み、性格、そういったものが人にはありますが、そもそも、どのような環境でも、どのような状態でも活かせる強みというのは存在しない以上、誰にでも合う仕事は存在しないというのが恐らく実際のところなのでしょう。

であれば、考えていくことは、まさに自分の特徴が活きる文脈で仕事をすること、ここになり、じゃあ、自分の特徴ってなんだろう?と考える事から始まると感じています。

正直、どこまでのことを求めるのかにより変わるのですが、パート、アルバイトの方もいますし、会社員、起業、独立といったことまで含めると、ちょっと範囲が広くなってしまいます。

ですので、そこまで考えていない方は、合う、合わないでいいと思いますし、がっつり考えたい方は、自分の特徴が活きる文脈で仕事をすること、でいいかなと感じています。

なお個人的には、上記に紹介した本は、もし難聴で仕事に関して、悩んでいる方、お困りの方であれば、読んでいただくことをお勧めします。

難聴の方の場合、やはりどうしても障害ということもあり、一般の方と比べて、できること、できないことが明確に分かれてしまいますので、どのように自分を活かしていくか、そこを考えることが大事になります。

そのための考えについて書かれた本になりますので、仕事に関して、お悩み、お困りの方は、一読をお勧めします。

ABOUT ME
深井 順一|パートナーズ補聴器
深井 順一|パートナーズ補聴器
補聴器を使っている人が対応している補聴器専門店・代表
1986年7月1日生まれ。生まれつきの難聴者で小学2年生の頃から補聴器を使っています。専門分野は、感音性難聴と老人性難聴で、私自身が補聴器を使っている当事者であることを活かして、お困りの方に貢献できるようお店作りをしています。
記事URLをコピーしました