【クロス補聴器のFAQ】片耳のみ難聴の方がご相談前に気になる9つの事の回答

こちらでは、片耳のみ難聴の方がご自身の聞こえにくさを改善させる際、気になりやすい補聴器の金額や耳の事、それらに関するFAQをまとめていきます。

私の方でよくご質問受ける内容に関してまとめてみましたので、ご参考にしてみてください。

クロス補聴器は、いくらするの(費用、金額)?

クロス補聴器は、282,600〜602,600円(いずれも税込)まで、幅広くあります。

スタンダードのタイプとなる両耳とも耳かけのクロスの場合は、上記の通りです。

そして、片方の耳に耳あな、聞こえる耳側に耳かけ補聴器を使うタイプは、このようになります。

クロスと補聴器、の両方が必要となりますので、上記には、セットの金額で記載しています。

クロス補聴器を選ぶ要素には、形状と性能の2つがあるのですが、その2つにより、金額が変化します。

クロス補聴器の形や性能によって何が変わるの?

形状は、聞こえを改善させる得意な部分と使い勝手が主に異なります

例えば、両耳とも耳かけ形のタイプは、耳の上に音を拾うマイクを置くせいか、音を広く拾う傾向があります。そのため、離れたところから、呼びかけられてもわかりやすくなったり、会議の際や打ち合わせ、のような場面は、聞きやすくなる傾向があります。

ただし、あまりにも騒がしいところでは、逆に音を拾いすぎる傾向がありますので、それらの傾向から、オフィスに勤めている方や事務業、エンジニアなど、比較的、社内で仕事する方で、聞きにくさを感じやすい方にお勧めです

耳あなのクロスの場合は、耳の効果(人の耳は、基本的に前方を中心として音を拾うようになっています)を利用できるせいか、前方からくる音を中心に聞くような状態になります。すると、呼ばれた時もわかりやすくなるのですが、騒がしい環境に関しては、まだ、こちらの方が聞こえやすい。という方が多いです

聞こえやすいというよりも、周囲の音に邪魔されにくくなる事で、それにより、聞きやすい。という状態です。こちらは、全体的に改善ができる傾向があります。

周囲が騒がしくなりやすい環境下の方やそのような環境下の聞こえの改善を第一に考える方にお勧めできる形状です。

ただし、この機器は、2018年9月30日までの販売となります。それ以降は、こちらの後継機種も出ていませんので、このタイプを得る方法がなくなります。その点に注意です。

[box class=”box29″ title=”形状についてもっと見てみたい場合は?”]より詳しい内容は、クロス補聴器の種類(形状)の特徴と自分に適したものを選ぶ方法をご覧ください。[/box]

性能は、基本的に抑制機能の有無になります。上記の通り、聞こえを改善させる機能は、どのクロス補聴器にもついていますので、どれでも改善ができます

問題は、聞こえを改善した後で、その後の問題を改善しやすいものほど、金額が高くなります

聞こえを改善させると様々な音が良くも悪くも聞こえてくるようになります。そのため、聞き取りを邪魔されやすい環境で音を抑制するようにしたり、不快に感じやすい音を予め抑制したりする機能が入っているか、入っていないかが性能です。

この点は、飛行機と同じとお考えください。飛行機も目的地まで到達する。という基本のサービスは、エコノミーでもファーストでも変わりません。しかし、機内サービスや座る座席の質などに差が出て、エコノミーの場合は、長時間だと少し疲れやすかったり、ファーストは、長時間のフライトでも負担を少なくしてくれるような設計になっています。

補聴器も全く同じで、聞こえを改善させる。という基本の部分は変わりません。ただ、聞こえを改善させた後に様々な音が聞こえやすくなりますので、負担となりやすい音を抑制する機能がついているとついているほど、高額になり、使っていても負担が楽になったりします。

[box class=”box29″ title=”性能について詳しく知りたい場合は?”]より詳しい内容は、クロス補聴器の性能による違いと自分が望むグレードを選ぶ方法をご覧ください。[/box]

どこに相談すれば良いのでしょうか?

病院さんでも補聴器販売店さんでも大丈夫です。ただ、経験があるところとないところがあるようですので、その点にお気をつけください。

相談したいところに、予めご連絡し「このような状況なのですが、見てもらえますか?」と相談できると良いかもしれません。

補聴器のお試しは、しているのでしょうか?

補聴器のお試し、クロス補聴器のお試しは、行なっているところは行なっていますし、行なっていないところは、行なっていません。ですので、こちらも予め、ご相談したいところで伺ってみると良いでしょう。

クロス補聴器は、どのくらい使えるの?(寿命)

クロス補聴器の平均使用年数は、5〜7年ほどです。まず、クロス補聴器を含む、補聴器は、修理をして使い続けられる製品ですので、お皿のように割れたら(補聴器の場合は、壊れたら)お終い。ということはありません。修理をして、使い続けることができます。

しかし、いつまでも修理ができるかと言いますと、そのようなことはなく、基本的には、その製品が販売中止になってから、5年間は、修理ができるようになっています。そのため、どの補聴器でも必ず、5年間は、使えるようにしています。

その間は、修理できますし、それをすぎると、修理できなくなります。

買い換える理由は、人それぞれで、いい補聴器があるなら、買い換えたい。という方もいますので、基本的には、4〜7年くらいで次の補聴器に変える。という方が多くなります。

壊れた時の保証はあるの?

あります。クロス側は、1年間。補聴器側は、2年間。これが保証期間です。

クロス補聴器の場合は、クロスと補聴器の2つで成り立っていますので、それぞれで保証が異なります。クロスは、厳密には、補聴器ではなく、単なる通信機器ですので、1年と短い状態です。

そして、特にクロス側が壊れやすく、かつ、保証期間が短いため、注意が必要です。

[box class=”box29″ title=”壊れた時の保証について”]より詳しい内容を知りたい場合は、クロス補聴器の修理保証の基本と保証を活用する方法をご覧ください[/box]

壊れないようにできる事は、ありますか?

クロスや補聴器を壊れないようにするには、補聴器を乾燥させることが重要になってきます。補聴器の故障原因の大半は、汗や湿気によるものです。その原因を乾燥させることで、なるべく補聴器やクロスにダメージを残さないようにしていきます。

補聴器販売店では、この乾燥する機器を扱っており、場所によっては、簡易的な乾燥ケースを販売時につけてくれるところもあります。

[box class=”box29″ title=”乾燥について”]こちらについて詳しく知りたい場合は、

こちらをご覧ください。[/box]

また、できれば、半年に一度でも大丈夫ですので、購入元で定期的にクロス補聴器の状態をみていただけると良いです。補聴器の状態をみていただき、故障する前に対応できたり、聞きにくくなる前に対処できると、困ることも少なくなってきます。

[box class=”box29″ title=”補聴器の定期メンテナンスについて]こちらについては、クロス補聴器を良い状態で使い続けるためのお店での定期点検をご覧ください[/box]

壊れた場合は、どうすれば良いでしょうか?

音が聞こえなくなったり、変な音がする。など、明らかに使っている状態が異なる場合は、まずは、購入元の補聴器販売店へ伺ってみましょう。その場で直せるものであれば、その場で直してくれますし、中の部品が壊れている場合は、修理対応している製品なら、修理してくれます。

修理にかかる時間は、約1週間から10日ほどで、金額は、どこが壊れたかにもよりますが、5,000〜3、40,000円ほどかかるケースもあります。

一応、私が扱っているメーカーさんですと、3年目は、20,000円まで、4年目は、40,000円までの上限修理になっています(補聴器のみで、クロスにはありませんので、その点に注意)ので、なるべく金額はかからないようセーフしています。

注意すべきは、クロス側で、こちらだけ、上記の保証もなく、壊れやすさもそちらの方がどちらかというとある状態ですので、そちらのケアや管理が大切です。

[box class=”box29″ title=”壊れた時について”]こちらについて、詳しく知りたい場合は、クロス補聴器が故障した時の対応と修理期間中、困らなくする方法をご覧ください[/box]

クロス補聴器を使った場合、聞こえが良い方は、悪くならないのでしょうか?

こちらについては、事実を記載していきます。まず、現状としては、悪くなっている方に関しては、いません(私のところで見る限り。となります)

しかし、行なっている事は、聞こえない耳側にくる音を聞こえる耳側に送っていますので、聞こえている耳側に関しては、今まで以上に音の負担は、かかるようになります。

クロス補聴器に限らず、補聴器には、音が大きく聞こえすぎないように音の制限をかけています。聞こえを改善すると同時に音が大きくなりすぎないように制限をかけている。といえばわかりやすいかもしれません。

そのおかげか、今の所、聞きにくくなっている方は、お見受けしていない状態です。

[box class=”box29″ title=”クロス補聴器を使った場合の耳の負担”]こちらについては、クロス補聴器でよく聞かれる耳への負担と負担を軽減する2つのポイントをご覧ください。[/box]

無料で改善のご相談、補聴器のレンタル、行なっています

さて、よく聞かれる内容に関して、上記にまとめてみました。予め、理解しておけると良いかと思います。

私のところでも片耳難聴の方の聞こえの改善に関しては、承っていますので、お悩みな方は、ご相談ください。聞きにくさの改善に関するご相談は、無料で承っており、かつ、クロス補聴器の試聴や貸出に関しても、無料で行なっています

購入する義務はなく、あくまでも、クロス補聴器があると生活や職場でよくなるという方のみ、販売をしています。

ご希望の方は、お問い合わせフォームより、お問い合わせください。

[kanren id=”46″]

片耳のみ難聴の方にしているサービスは、片耳のみ聞こえにくいケースのご対応の通りになります。

[kanren id=”15770″]

そして、お店の内容に関しては、適切な補聴器を安心して提供する補聴器専門店、パートナーズ補聴器【墨田区】こちらにまとめています。

[kanren id=”10648″]

少しでもお悩みの部分が改善されたのであれば、幸いです。