このお店が考える補聴器のあり方

こちらでは、このお店が考えている補聴器のあり方。こちらについて、記載していきます。

こちらは、補聴器のコンセプトになり、どう補聴器があると良いのか。どう改善できると良いのか。そういった本質的な部分になります。

生まれつき難聴で補聴器を実際に使っている人間として考えたのは、シンプルに補聴器が自然と聞こえにくい人を支え、生活しやすくしている姿でした。

これは、補聴器を自然に使え、聞こえが改善されて、今までしづらかったことがしやすくなり、生活を支えられるようになっている姿です。

こちらでは、このお店が考える補聴器のあり方に関して、以下、ご紹介していきます。

補聴器のあり方を考える

補聴器は、聞こえを改善する一つの道具であり、聞こえを改善し、聞こえにくい人の生活をより良くする道具になります。

では、この補聴器というのは、どんな風に日常生活にあると良いのでしょうか。

わたし自身、実際に補聴器を使っている人間ではあるのですが、そんな私が感じているのは、日々の日常に補聴器が溶け込んでいるような姿が理想だな。と考えました。

補聴器を自分の耳に意識的に使う。キツいけど訓練して使う。使いづらさがあり、あまり使う気が起きないけどガマンして使う。ではなく、自然と聞こえにくい人の生活を支えているような、そういった姿です。

補聴器は聞こえにくい人の生活をより良くする道具。と考えてみると、補聴器は辛い状態で使い続けるものではないですし、嫌だと感じている方が無理に使うものでもないと、思うからです。

それであれば、このお店が提供できると良い事は、聞こえにくさに困っている人を自然と支えられるような補聴器を設計する。それこそが、目指せるとよい姿に、私は感じました。

コンセプトが示してくれること

上記にようにコンセプトを考えていくと色々なものが見えてきます。

例えば、補聴器を使うと音が非常にキツく感じ、長くはつけていられない。うるさくて疲れてしまい、辛くなってしまう。ということがある状態。

この状態は、補聴器のあり方で記載した自然と聞こえにくい人の生活を支えていると言えるでしょうか。

なかなか支えているとは、言いづらいと思います。

補聴器で聞こえる音の違和感が強くなると、補聴器を使うことが辛く感じたり、単純に使いづらさが強いことで、使いたいときに使えない。という状態になりがちです。

さらに辛い状態で使い続ける事は、とてもキツイ行為ですので、そのような使い方は、長くは続きません。

このような状況だった場合、自然に生活を支えているというイメージとは、かけ離れている事がわかるかと思います。

中には、そういった感覚を感じやすい人がいるのは、事実です。

しかし、それであれば、できる限り、負担が少ない方法を考えたり、使える範囲内でできる限りの改善を行い、聞こえの改善と補聴器の使いやすさを考える。という事も大事な事となります。

また、補聴器で聞こえの改善は、できているかもしれないのですが、補聴器がかなり使いづらく、なかなかうまく操作できなかったり、使うと耳が痛くなってしまう状態。

この状態は、補聴器のあり方で記載した聞こえにくい人の生活を支えられていると言えるでしょうか。

これも、また、なかなか支えられているとは、言いづらい状態です。

痛みが生じたり、なかなかうまく操作できない状態ですと、使う事が全然、できない状態になってしまいます。

一方、ご自身にとって補聴器が使いやすく、聞こえもそれなりにしっかり改善され、以前は聞きにくかった会話が聞きやすくなったり、聞きにくい事による不安がだいぶ軽減された状態。

このような状態だった場合は、補聴器のあり方で記載した内容に合っているでしょうか。

おそらく概ね、その方の生活を支えられていると判断できると思います。

音が不快に感じる、音がキツいなどなく、ご自身にとって扱いやすい補聴器であれば使いたい時に使用でき、かつ、聞こえが改善される事で、その方の生活は、支えやすくなります。

このような自然と使う人を支えられている姿。それが、この店で考える補聴器のあり方です。

このようにコンセプト、あるいは、補聴器のあり方を考えるというのは、非常に大事な事です。

物事のあり方は、お店(自分自身)が提供するものの指針になるからです。

生活がより良くなるように補聴器を設計する

補聴器を実際に使っている人間として考えたのは、上記の通り、補聴器が日々の生活の中で自然と聞こえにくい人を支えている姿。それを補聴器のあり方として、考えました。

これは、補聴器を使う人にとって、ちゃんと使いやすい補聴器を考える。という事でもあります。

そして、しっかり音を入れて、聞こえを改善して欲しい。という方もいれば、音を入れ過ぎると、辛くなってしまうので、聞こえの改善と音のバランスを考えたい。という方もいます。

さらに、補聴器をつけるのには、ちょっと抵抗があり、目立たなく自然に使えるものが良い。という希望がある方もいます。

その事から、このお店では、完全予約制にし、お一人お一人の状況やお困り事。さらには価値観を理解しながら、その方、その方にとって、使いやすい補聴器を提供できるようなお店作りを意識しました。

このお店が目指しているのは、補聴器を販売する事ではありません。聞こえにくさを抱えている人の生活をより良くする事です。

生活を支えられる補聴器を提供し、生活を支えられるサービスを考える。それがこのお店で日々、行なっている事です。

まだまだ発展途上な部分はあるのですが、少しずつよくしていきたいとも、考えています。

これがこのお店が目指す補聴器のあり方となります。