耳の聞こえにくさを補聴器で改善するためのまとめ

このブログをみているということは、何かしら耳や補聴器に関して、聞きにくさやお悩みがあるかと存じます。

こちらでは、耳の聞きにくさを補聴器で改善させる際、どのようにしていったら良いのか。どんな風にしていけると改善できるようになるのか。その点を中心に、

  • 症状別、補聴器での改善
  • 聴力別、補聴器での改善

それぞれの状況別にまとめたページになります。

ご自身の耳の状況から、対象となるものを選び、ご覧ください。

こちらをご覧になり、少しでも聞きにくさやお悩みの部分が改善できたのであれば、幸いです。

症状別に補聴器で改善を考える

こちらは、耳が聞こえにくくなった症状にフォーカスして、補聴器での改善方法を記載していきます。

  • 両耳とも感音性難聴
  • 片耳のみ感音性難聴
  • 老人性難聴
  • 片耳のみ突発性難聴
  • 両耳とも突発性難聴(重複含む)
  • ムンプス難聴

全部でこれらに関してまとめてみました。

こちらの内容は、新しく書き次第、徐々に追加していきます。

両耳とも感音性難聴を補聴器で改善

こちらは、このように両耳とも感音性難聴により、聞きにくくなった方を補聴器で改善させる内容をまとめたものです。

対象となるのは

  • 生まれつきの感音性難聴の方
  • 原因不明の感音性難聴になり、聞きにくくなった方

になります。

両耳とも感音性難聴の場合、補聴器の適性が両耳にあれば、両方の耳に補聴器を装用し、なるべく聞きにくさを改善していけると良いです。

また、補聴器の基本から補聴器の種類、そして、聞こえの改善に重要になる補聴器の調整も入れ、改善に必要なものを全てまとめてみました。

片耳のみ感音性難聴を補聴器で改善

片耳のみ生まれつき聞きにくい方、感音性難聴の方、原因不明の感音性難聴により、聞きにくくなってしまった方が対象です。聴力に関しては、大きく下がったケースから、中等度くらいまで、どのような聴力でも対象となります。片耳のみ生まれつき聞きにくい方、感音性難聴の方、原因不明の感音性難聴により、聞きにくくなってしまった方が対象です。聴力に関しては、大きく下がったケースから、中等度くらいまで、どのような聴力でも対象となります。

こちらは、片耳のみ感音性難聴により、聞きにくい方を補聴器で改善させる内容をまとめたものです。

こちらが対象となるのは、

  • 生まれつきの感音性難聴
  • 片耳難聴(一側性難聴)
  • 原因不明の感音性難聴

の方々です。

片耳のみ難聴の方は、補聴器で補える聴力であれば、補聴器。補聴器で補えない聴力、もしくは、補聴器の効果を得られない耳であれば、クロス補聴器で改善していけると、良いです。

こちらには、補聴器とクロス補聴器に関する基本、そして、それぞれの種類、性能など、片耳のみ感音性難聴の方を改善させるための内容を全てまとめてみました。

老人性難聴を補聴器で改善させる

老人性難聴(加齢性難聴)の改善に関する内容です。聴力は、問わず、どのような方でも対象となります。老人性難聴(加齢性難聴)の改善に関する内容です。聴力は、問わず、どのような方でも対象となります。

こちらは、老人性難聴(加齢性難聴)により、聞きにくくなった方を補聴器で改善させるための内容をまとめたものになります。

ただし、年齢は、若年層の50~70代までとしています。

こちらが対象になるのは、

  • 老人性難聴により、聞きにくくなった方
  • 老人性難聴とその他の難聴により、聞きにくくなった方

になります。

老人性難聴の場合、両耳とも同じように聞こえにくくなる事が多く、補聴器の適性が両耳ともあるのでしたら、両耳に補聴器を装用し、なるべく補っていけるとベストです。

こちらには、補聴器の基本となる内容から、補聴器の種類、性能、金額による違い。これらを入れ、補聴器で聞きにくさを改善させるための内容をまとめてみました。

片耳のみ突発性難聴を補聴器で改善させる

こちらは、突発性難聴により、片耳が聞こえにくくなった方が対象です。聴力は、どのような状態でも対応しています。こちらは、突発性難聴により、片耳が聞こえにくくなった方が対象です。聴力は、どのような状態でも対応しています。

片耳のみ突発性難聴により、聞きにくくなった耳を補聴器で改善させるためのまとめになります。

突発性難聴は、片耳のみ発症する事が多く、さらに発症した耳は、様々な耳の状態になります。そのため、耳の状況に合わせて改善していく事が大切です。

補聴器を装用して効果が見込める耳であれば、補聴器で改善させていき、補聴器を装用しても効果が見込めない耳であれば、クロス補聴器で改善していけると、改善しやすくなります。

こちらは、補聴器やクロス補聴器、それらの基本から、種類、性能。そして、金額の違いなど、聞きにくさを改善する際に必要な内容から、知っておけると良い事を全てまとめてみました。

両耳とも突発性難聴を補聴器で改善

こちらは、両耳とも突発性難聴になってしまった方や片耳、突発性難聴になり、もう片耳が別の難聴により、両耳とも聞こえにくい状態の方を補聴器で改善する内容です。

突発性難聴は、片耳のみに起こる事が多いのですが、突発性難聴と別の難聴が加わると、このように両耳とも聞こえにくくなる事があります。

このようなケースを補聴器で改善させる内容から、補聴器の種類、性能。そして、金額の違いなど、聞こえを改善させる際に大切になる内容をまとめてみました。

ムンプス難聴を補聴器で改善

こちらは、ムンプス難聴により、片耳が聞こえなくなった方を補聴器で改善させる内容をまとめたものです。

ムンプス難聴は、片耳のみ大きく聞こえにくくなる事が多く、そのような場合、その耳に補聴器を装用しても、うまく効果が出ない事が多くなります。

そのようなケースは、クロス補聴器。というもので、改善していけると、お悩みを改善しやすくなります。

こちらには、改善に必要な内容から、クロス補聴器の種類、性能。金額による違いなど、改善する際に知っておいた方が良い事をまとめてみました。

聴力別、改善を考える

こちらでは、

  • 両耳とも同じくくらい聞きにくいケース
  • 片耳のみ聞こえにくいケース
  • 両耳とも聞こえにくいけど、左右の聴力が異なるケース

に分けて記載していきます。

両耳とも聞こえにくいケース

こちらは、両耳とも同じくらいの聴力の方が対象です。こちらは、両耳とも同じくらいの聴力の方が対象です。

こちらは、このように両耳とも聞こえにくく、両方とも同じような聴力の方が対象です。

リンク:両耳とも聞こえにくいケースを補聴器で改善させるために

このような聴力になるのは、

  • 生まれつきの感音性難聴
  • 原因不明の感音性難聴(両耳とも)
  • 老人性難聴
  • 騒音性難聴
  • 低音障害型感音難聴

などが当てはまります。

こちらにより、聞きにくくなった場合、補聴器で聞きにくさを補っていくために、必要なものや知っておいたほうが良い事をまとめてみました。

リンク:両耳とも聞こえにくいケースを補聴器で改善させるために

片耳のみ聞こえにくいケース

こちらは、片耳は聞こえるけれどももう片耳は、聞こえない。という方が対象です。聞こえないレベルは、軽度のものから、重度のものまで対象です。こちらは、片耳は聞こえるけれどももう片耳は、聞こえない。という方が対象です。聞こえないレベルは、軽度のものから、重度のものまで対象です。

こちらは、このように片耳のみ聞こえにくい方が対象です。もう片方は、問題なく聞こえており、もう片方だけが聞きにくい状態が、こちらに当てはまります。

リンク:片耳のみ聞こえにくいケースを補聴器で改善させるために

このような聴力になるのは、

  • 生まれつきの感音性難聴(片耳のみ)
  • 原因不明の感音性難聴(片耳のみ)
  • 突発性難聴
  • ムンプス難聴
  • 聴神経腫瘍摘出手術による聴力低下
  • 外リンパ瘻

などが当てはまります。

こちらにより、聞きにくくなった場合、補聴器で聞きにくさを補っていくために、必要なものや知っておいたほうが良い事をまとめてみました。

リンク:片耳のみ聞こえにくいケースを補聴器で改善させるために

両耳とも聞こえにくく左右で聴力が異なるケース

こちらは、このように両方とも聞こえいくいけれども、左右で聴力が異なる場合が当てはまります。

リンク:両耳とも聞こえにくく、左右の聴力が異なるケースを補聴器で改善するために

このような聴力になるのは、2つの症状が耳に起こることにより、なることが多く

  • 生まれつきの感音性難聴(片耳のみ)
  • 原因不明の感音性難聴(片耳のみ)
  • 突発性難聴
  • ムンプス難聴
  • 聴神経腫瘍摘出手術による聴力低下
  • 外リンパ瘻

などの片耳のみ聞きにくくなる症状に老人性難聴やもう片耳も何らかの病気により、聴力低下したケースから

  • 生まれつきの感音性難聴(両耳)
  • 原因不明の感音性難聴(両耳)

聞こえにくくなった際に、両耳とも異なる聴力になる方まで、幅広くいます。

こちらにより、聞きにくくなった場合、補聴器で聞きにくさを補っていくために、必要なものや知っておいたほうが良い事をまとめてみました。

リンク:両耳とも聞こえにくく、左右の聴力が異なるケースを補聴器で改善するために

各改善事例一覧

上記の内容に関する改善事例に関しても載せていきます。

リンク先ですが、このようにどのような耳の方なのか。をわかりやすくし、

どのような人の改善事例なのかをわかるようにしています。お好きなところから、ご覧ください。

どのような難聴の方が、どのように改善されたのか。実際の改善方法から形状の選定、調整まで、記載しています。お悩みの方は、ご参考にどうぞ。

両耳とも聞こえにくいケースの改善事例

リンク:両耳とも聞こえにくいケースの改善事例一覧

両耳とも聞きにくく、主に両耳とも同じくらいの聞こえにくさになったケースをまとめたものが、上記のものです。

  • 生まれつきの感音性難聴
  • 原因不明の感音性難聴(両耳とも)
  • 老人性難聴
  • 騒音性難聴
  • 低音障害型感音難聴

主にこれらの改善事例になります。

リンク:両耳とも聞こえにくいケースの改善事例一覧

片耳のみ聞こえにくいケースの改善事例

リンク:片耳のみ聞こえにくいケースの改善事例一覧

片耳のみ聞きに聞こえにくい方の改善事例を集めたのが、こちらになります。

  • 生まれつきの感音性難聴(片耳のみ)
  • 原因不明の感音性難聴(片耳のみ)
  • 突発性難聴
  • ムンプス難聴
  • 聴神経腫瘍摘出手術による聴力低下
  • 外リンパ瘻

主にこれらの改善事例になります。

リンク:片耳のみ聞こえにくいケースの改善事例一覧

両耳とも聞こえにくく、左右の聴力が異なるケースの改善事例

リンク:左右の聴力が異なる方の改善事例一覧

両耳とも聞こえにくいけれども左右の聴力が異なる場合の改善事例に関して、集めたのが、こちらになります。

  • 生まれつきの感音性難聴(片耳のみ)
  • 原因不明の感音性難聴(片耳のみ)
  • 突発性難聴
  • ムンプス難聴
  • 聴神経腫瘍摘出手術による聴力低下
  • 外リンパ瘻

これらのものに老人性難聴が加わったり、原因不明の感音性難聴になり、聞こえにくくなったケースが多くあります。

リンク:左右の聴力が異なる方の改善事例一覧

その他の内容

書いている人のプロフィールや内容に関しては、

お店の内容に関しては、

また、お問い合わせやご相談がございましたら、お問い合わせ先はこちら、お願いいたします。

こちらをご覧になり、少しでも聞きにくさの改善に貢献できたのであれば、幸いです。