お使いいただく方にとって良い調整をしやすくするために

深井 順一|パートナーズ補聴器

このお店では、お使いいただく方にとって良い調整をしやすくするために、聞こえの改善状態を可視化しながら、ご相談をしています。

補聴器をつけての聴力検査を活用したご相談

補聴器の問題点の一つは、補聴器を耳につけても、その状態が良い状態なのか、それともそうでないのかが分かりづらいことです。

私自身も補聴器を使っているのですが、補聴器を使ってわかるのは、こんな風に音を感じるという感覚だけで、どのぐらい自分の聞こえが改善されているのか、そして、自分の聴力から改善できると良い部分まで聞こえが改善されているのか、これはわかりません。

音場閾値測定(おんじょういきち測定)と読みます。

その事からこのお店では、補聴器をつけた状態での聞こえ方を測定しながら、その状態をお客様と共有しつつ、聞こえの改善について相談しやすくなるようにしています。

測定機器で可視化できると良いことは、今現在の聞こえの状態と、聴力から補えると良い部分を比較することで、現状がわかりやすくなることです。

例えば、の部分が補えると良い目標の部分。▲の部分が今現在の聞こえの状況だったとします。※改善目標値は、聴力によって変わるためセルフで出す必要があります。

見比べてみると、低い音は、改善目標値まで改善されているのに対し、高い音に関しては、そこまでは、改善できていないことが分かります。

このように可視化できると、補聴器を使って感じる感覚は、そのまま感覚として分かり、さらにその感覚は、今現在、改善できると良い部分に対して、どのぐらい改善できているのかが分かりやすくなります。

すると、お使いの方の価値観や求めているもの、その部分と相談しながら聞こえを改善をしていく、ということが可能になります。

例えば「なるべくしっかりと改善したい」「聞こえの改善を優先したい」とお考えだった場合は、使っていて辛くなりすぎない程度に目標の部分まで聞こえを改善させ、なるべく聞こえにくさを改善できるようにしたり、

「改善ばかり意識して音を大きくしすぎると辛くなってしまうので程々が良い」という場合は、快適に使える感覚を目指し、音を入れすぎないようにする。ということもできます。

このようにできると、ご自身の価値観やこういう風にしたい、という希望のもと、補聴器の調整、聞こえの改善がしやすくなります。

まとめ

このお店では、お使いいただく方にとって良い調整をしやすくするために、聞こえの改善状態を可視化しながら、ご相談をしています。

補聴器を使う方には聞こえの改善を重視したい、という方もいれば、あまりにも聞こえの改善を重視しすぎると辛くなってしまう、という方もいます。

使う方には、様々な方がおり、私自身としても補聴器を使っている当事者として、お使いいただく方にとって良い調整をしやすくするために、このようにご対応をしています。

なお、実際には、この測定以外にも補聴器の音を調整する画面でも、同じように改善できている部分と聴力から、どのぐらい聞こえが改善できると良いのかを知れる画面があります。

お店の様子。調整画面も見れるようにしています。

ですので、お客様側が補聴器の内部の状況だったり、補聴器側の改善状況を見れるようにディスプレイを用意して、ご確認できるようにもしています。

ご自身の状態がわかりやすくなると聞こえの改善に貢献しやすくなり、その結果、満足度も上がりやすくなる。それが私自身、今までの経験から感じていることです。

その事からも、このようにして、お使いいただく方にとって良い調整ができるよう、ご対応しています。

記事URLをコピーしました