このお店で扱う補聴器、扱う補聴器メーカーで考えた事

こちらでは、このお店が扱う補聴器、扱う補聴器メーカーについて、考えた事を記載していきます。

補聴器を実際に使っている側の人間として考えたのは、補聴器を使う方の生活がしやすくなる事。そして、日々の生活を支えやすくし、その良い状態がなるべく長く続くようにする事でした。

そのためには、聞こえを改善する。というところ以外にも大事な要素がいくつかあります。

こちらでは、このお店で扱う補聴器や補聴器メーカーに関して、考えたことを記載していきます。

補聴器で大事な事は何だろう?

さて、補聴器で大事な要素は、何でしょうか。

こう聞くと、恐らく「聞こえがしっかりと改善される補聴器」という風に思われる方が多いかと思います。

聞こえの改善度が大きければ大きいほど、今まで感じていた不便な部分や聞こえにくい事で、不安や苦痛を感じていた部分。それらの部分を改善しやすくなります。

補聴器は、聞こえにくい人の生活をより良くする道具であり、この根本的価値を出せないのであれば、使う価値は、ないとも言えそうです。

しかし、本当にそうでしょうか?

例えば、聞こえは改善されるけれども、補聴器を使うと騒々しくなり、辛くなってしまう状態。これは、はたして、よいと言えるのでしょうか。

それ以外には、聞こえは改善されるけれども、補聴器が扱いづらく、補聴器を使う度に、苦労したり、使いづらさを感じる状態。これは、よいと言えるのでしょうか。

補聴器で聞こえを改善する要素は、大事な部分ではあるのですが、聞こえの改善効果だけが大事であることはありません。

補聴器が持つ聞こえの改善効果を活かすためには、それ以外にも大事な要素が、いくつかあります。

生活を支えていくために補聴器には、何が必要か

では、補聴器には、何が必要なのでしょうか。私自身が考える補聴器に必要なものは、

  • 聞こえの改善効果が得られる補聴器である事
  • 補聴器が扱いやすい事
  • 耳をちゃんと守れる設計にしてある事

の3つです。

この3つは、どれも大事な要素で、3つ揃って、初めて聞こえにく方の生活を支え、そして、それを長く続ける事ができるようになります。

聞こえの改善効果が得られる補聴器である事

一つ目の要素は、聞こえの改善効果が得られる補聴器である事。こちらになります。

補聴器の根幹の部分であり、この部分の効果により、聞こえの改善度が決まる傾向があります。

ただ、聞こえを改善しようとしすぎれば(音を強めに入れれば)、騒がしさが強くなったり、騒々しくなり、音を抑えすぎれば、聞こえの改善効果は下がりやすくなります。

ですので、結局は、聞こえの改善と補聴器の使いやすさ。そのバランスが大事になり、聞こえの改善と補聴器の使いやすさ。この2つをなるべく両立できる補聴器が理想になります。

大事な要素の一つは、この聞こえの改善効果の部分です。

補聴器が扱いやすい事

2つ目は、補聴器が扱いやすい事です。

この補聴器の扱いやすさは、操作性、というところもそうですし、補聴器を使っていて、音が辛い、きつい。といった事がなく、聞こえる音的にも使いやすい。という状態も意味します。

もしかしたら、この部分に関しては、あまり意識しない方も多いかもしれません。

しかし、いくら補聴器の改善効果が高くても、補聴器を使った時に音的に不快に感じやすかったり、あるいは、補聴器自体の操作性があまりよくなく、使いづらさを感じる場合は、改善効果の高さを活かす事ができません。

聞こえの改善効果を活かすには、その土台である使いやすさ、扱いやすさををしっかりと担保する必要があります。

その事から、この部分は、聞こえの改善効果以上に大事な事となります。

これがあることによって、その補聴器が持つ聞こえの改善効果を活かす事ができるようになります。

耳をちゃんと守れる設計にしてある事

3つ目は、意外かもしれませんが、耳をちゃんと守れる設計にしてある事。こちらです。

補聴器は、聞こえを改善するために、身の回りの音をより大きくして、聞こえやすくするのですが、それと同時に耳を守る。ということもしなければなりません。

大きい音が、大きい音のまま入ると、それが不快感に繋がったり、耳への負担になってしまい、最悪のケースでは、聴力低下の要因になってしまう事があります。

そのため、補聴器というのは、音の大きさ別に音量の調整ができるようになっており、大きい音は、なるべく大きい音のまま入りづらくし、耳を守る。という事もしています。

一番大事な要素は、耳をちゃんと守れる設計にしてある事

上記には、いくつか記載させていただいたのですが、この中で一番大事な要素は、ダントツで耳をちゃんと守れる設計にしてある事です。

今現在の補聴器は、補聴器のメーカーによって聞こえの改善効果、聞こえ方に多少の差はありますが、改善に一番差が出やすいのは、その人の耳の状態です。

聴力低下の量は、少なければ少ないほど、聞こえの改善効果は得やすく、補聴器の世界には、言葉の聞き取り、という要素もあるのですが、この言葉の聞き取りのレベル、これも高ければ高いだけ、補聴器の効果を得やすくなります。

逆に聴力低下が非常に大きい方や言葉の聞き取りのレベルが低い方は、残念ながら100万円を超える補聴器を使っても、音声の聞こえやすさの改善には、繋がりにくくなってしまいます。

残念ながら補聴器というのは、どんな耳の状態でも、どんな聴力の方でも、必ず、一定の改善ができる。というような代物ではありません。

実際には、耳の状態が9割と言われるぐらい、耳の状況によって、聞こえの改善効果が変わってしまいます。

そのため、補聴器で聞こえを改善していく場合、実は一番大事になってくるのは、補聴器を装用して、耳が悪くならないようにする事となります。

これは、今現在、耳を治せない。という事も合間って大事な部分となります。

その事から、長期的に物事を考えていくと、一番大事になってくるのは、耳を守る事です。

耳の状況が悪くなれば悪くなるだけ、改善効果が悪くなる。という事は、逆に今現在の状況がもっとも良い状況になりますので、その状態をキープする事が、聞こえを改善していく上で、もっとも大事なこととなります。

ここから扱う補聴器、扱う補聴器メーカーを考える

聞こえの改善効果は、確かに大事な事ですが、それを活かすには、補聴器の扱いやすさが必要になり、良い聞こえの改善効果を活かし続けるには、耳を守る仕組みが必要です。

その事から、このお店では、この3つが確立されている補聴器、あるいは、補聴器メーカーを考えていきました。

その際、私の方でピックアップした補聴器メーカーはフォナック(Phonak)というスイスにある補聴器メーカーでした。

この補聴器メーカーは、上記の3つを全てクリアしており、大きい音に関しては、しっかり抑制するような設計にして、耳を守るようにし、かつ、聞こえの改善効果と補聴器の扱いやすさ。これを両立しやすくしている補聴器メーカーの一つです。

その事から、この補聴器メーカーの製品を扱っており、自分の耳にもこのメーカーの補聴器を使っています。

実際に補聴器を使っている人間として考えたのは、日々の生活を補聴器が支えられるようにする事した。

それも、できる限り、良い改善状況を長くキープできるようにしていく事です。

補聴器を使っていて、音がキツく感じる、あるいは、補聴器自体が扱いづらく、辛く感じる。という状態は、日々の生活を長く支えられるようにする。ということは、しづらくなってしまいます。

聞こえを改善することしか考えず、必要以上に大きい音を入れてしまったり、辛く感じるような状態にしてしまい、聴力低下を招きやすい状況にするのも、日々の生活を長く支えられるようにする。という思想とは、外れてしまいます。

その事から、この条件に当てはまり、かつ信頼できる補聴器メーカーのもので、このお店では、聞こえの改善及び、お困りごとの改善を行なっています。

選べる補聴器メーカーが少ない。という点は、誠に申し訳ございません。

幸いこのメーカーは、補聴器の種類(形状)は、豊富にあり、一般的な補聴器の形状から、スマートフォンと繋げられる補聴器、充電型の補聴器まであるメーカーです。

その中で、ご自身が使いやすい補聴器、扱いやすい補聴器を選び、長く良い状態にしていけるよう、ご対応しています。

こちらが、扱う補聴器や補聴器メーカーで考えた事となります。