当店における両耳とも聞こえにくいケースの改善について

両耳とも聞こえにくいケースに関しては、現状をお伺いし、その状況に合った聞こえの改善方法を提案したり、聞こえの改善に関するご説明をはじめに行なっています。

そして、今現在、感じている聞こえにくさをなるべく改善していくために、補聴器の調整状態を見える化し、お客様と聞こえの改善状況をご相談しながら、改善できるところは、なるべく改善するようにしています。

基本的には、お客様がご希望されている事、気になる事、悩んでいる事。これらをお伺いさせていただき、それぞれの状況にあったご相談やご対応をしていますので、一概に言えないのですが(お客様の状況も多種多様なため)、一例として、改善の流れに関して、記載していきます。

目次

当店でのご相談の流れ(全体)

両耳とも聞こえにくい方の改善の流れですが、

主に上記の通りとなります。

初回では、①〜④まで行い、耳の状況に関して、お伺いしたり、お困りの部分を確認したり、ヒアリングをしていきます。

その後、耳の状況を確認させていただき、その状況にあった聞こえの改善方法や補聴器のご説明をしています。

いきなり購入。ではなく、実際に補聴器を使うと、どんな風になるのか。その点に関して、ご自身でご確認いただけます。いきなり購入。ではなく、実際に補聴器を使うと、どんな風になるのか。その点に関して、ご自身でご確認いただけます。

その後、日常生活や職場などで、どのような変化があるか体験できるように補聴器の貸し出しもしています。

実際に使っていただいた後、補聴器があると生活が楽になる。職場での対応が楽になる。などあった方が良い方は、補聴器の選定をしていきます。実際に使っていただいた後、補聴器があると生活が楽になる。職場での対応が楽になる。などあった方が良い方は、補聴器の選定をしていきます。

幾日か補聴器を使用いただき、あった方が良いという方のみ、⑤の部分へ進み、改めて、どのような補聴器にしようか、再度試聴をしたり、ご相談を行い、決めていきます。

そして、補聴器が決まったら、お渡しして今後のケアについてお伝えします。

当店では、上記のような流れで補聴器のご相談を行なっています。

補聴器の試聴、貸出に関しては、あまり改善されなかったり、不要だと感じましたら、そのまま補聴器をご返却いただければ大丈夫です。補聴器のご相談、試聴、貸出は、無料で行なっていますので、その際に何か請求することもしておりませんので、ご安心ください。

補聴器の選定について

補聴器の選定に関しては、耳の状況を確認させていただいた後、それぞれの状況を改善しやすい補聴器など、ご説明をしています。

補聴器に関しては、わかりづらいところも多くありますので、なるべく理解しやすくするために、予め、資料にまとめて、お伝えしています。補聴器に関しては、わかりづらいところも多くありますので、なるべく理解しやすくするために、予め、資料にまとめて、お伝えしています。

補聴器の形状に関する違いなどは、資料にまとめておりますので、一つ、一つ、お伝えし、わからない部分や気になる部分などあれば、その場でご質問いただきながら、どういったものが良いかをご相談できるようにしています。

実際に使いたいところでも使えるよう、補聴器の貸出もしています。実際に使いたいところでも使えるよう、補聴器の貸出もしています。

そして、補聴器に関しては、試聴、貸し出しを通じて、日常生活から、職場など、それぞれの環境で使い勝手や補聴器の取り扱いについても確認できるようにしています。

貸出については、安心して、相談できるようにする。という意味もありますが、当店側からしますと、使用する人が補聴器を扱う上で、問題なく使えるのか。を確認するためでもあります。

初めて、ご相談する場合、どのようなものが良いのかは、なかなかわかりにくいものです。

それは、聞こえを改善する側も全く同じで、実際に使っていただき、問題なく使えるのか。使用していて、使いづらいところは、ないか。を確認できますと、当店側も、どのような補聴器が良いのかわかりますので、このような仕組みにして、適切な補聴器を探せるようにしています。

実際に試していただきながら、どのような補聴器が良いか。ご相談できるようにしています。実際に試していただきながら、どのような補聴器が良いか。ご相談できるようにしています。

その後、また何か気になる事があれば、いくつか別の補聴器を試していただいても良いですし、その補聴器がよければ、その補聴器にする。など、臨機応変にご対応しています。

補聴器での聞こえの改善(音の調整)

補聴器での聞こえの改善。補聴器の音の調整に関しては、基本、見える化して、聞きにくさの改善をしています。

補聴器の調整画面。実は、補聴器の調整画面には、今現在出ている音の強さと聴力別にどのくらい改善すると良いかの指数が描かれています。補聴器の調整画面。実は、補聴器の調整画面には、今現在出ている音の強さと聴力別にどのくらい改善すると良いかの指数が描かれています。

見える化する際によく使用するのは、補聴器の調整画面や

補聴器での聞こえの改善状況を見える化するのに良く使われるのは、この測定です。補聴器での聞こえの改善状況を見える化するのに良く使われるのは、この測定です。

補聴器を使用した状態の聞こえの改善度を見える化できる測定です。

今現在、ある程度、聞こえが改善できると良い数値。というのが、聴力別にわかってきていますので、補聴器を使用した状態の聞こえの改善状況を把握しながら、聞こえを改善していけると、聞きにくさの改善は、しやすくなります。

聴力別に聞こえの改善のポイントは異なりますので、一つ例を出しますと、高い音が聞こえにくいケースの場合

例としての聴力。例としての聴力。

仮にこのような聴力の方がおり、補聴器で聞こえを改善していこう。と考えた場合ですが、

先ほどの聴力の改善例。正常な聴力までの改善は、できないのですが、それに近いくらいのところまで、改善する事で、少し小さい声や離れたところからのお話をわかりやすくする事ができます。先ほどの聴力の改善例。正常な聴力までの改善は、できないのですが、それに近いくらいのところまで、改善する事で、少し小さい声や離れたところからのお話をわかりやすくする事ができます。

概ね、上記のような数値くらいまで、聞こえが改善できると、このような聴力の方が感じやすい聞きにくさの部分が改善しやすくなり、離れたところからの会話、そして、高い音のアラーム系の音も気付きやすくなります。

傾向としては、このような状況になります。小さい声の方や特に離れたところからの声などがわかりづらくなりやすい傾向があります。傾向としては、このような状況になります。小さい声の方や特に離れたところからの声などがわかりづらくなりやすい傾向があります。

まず、このような聞こえの方の場合、少し声の小さい方の声や特に離れたところからの会話などで聞きにくかったり、呼ばれた時に気がつかなかったりします。

音声で関係しやすいのは、500〜2000Hzあたりです。その部分が、だいたい35dBくらいまで改善していると、少し小さい声の方の聞こえについては、改善しやすくなる傾向があります。音声で関係しやすいのは、500〜2000Hzあたりです。その部分が、だいたい35dBくらいまで改善していると、少し小さい声の方の聞こえについては、改善しやすくなる傾向があります。

その場合における音声のところで関係しやすい部分は、おおよそこの辺りになり、この辺りの改善数値に関しては、だいたい35dBくらいまで改善できると、ちょっと声の小さい音のレベル、離れたところからの呼びかけの部分が改善しやすくなります。

補聴器を装用して言葉の聞き取りがどのくらいできるのか。を調べる測定がありますが、その傾向として、先ほどの数値まで改善すると、こちらの50〜70dBくらいまでは、平均的に改善する傾向があります。補聴器を装用して言葉の聞き取りがどのくらいできるのか。を調べる測定がありますが、その傾向として、先ほどの数値まで改善すると、こちらの50〜70dBくらいまでは、平均的に改善する傾向があります。

補聴器の世界には、補聴器を装用した状態での聞こえの改善度を調べる測定もあったりするのですが、先ほどの部分が、35dBくらいまで改善できると、上記のように50dB、60dB、70dBなど、全体的に改善がされる傾向があります。

仮に小さい声の大きさの部分、40dBのところまで改善しようとなると、音場閾値上、30dBくらいまで必要になってきますので、人によっては、うるさく感じ過ぎてしまう事から控えたりするのですが、だいたい上記くらいの聞こえの改善ができるようになると、全体的に改善される傾向が出てきます。

アラームや高い音に関しては、だいたいこの辺りが関係します。典型的な高い音には、体温計がありますが、あちらの場合は、4000Hzが45dBくらいまで聞こえていると、聞こえやすくなる傾向があります。アラームや高い音に関しては、だいたいこの辺りが関係します。典型的な高い音には、体温計がありますが、あちらの場合は、4000Hzが45dBくらいまで聞こえていると、聞こえやすくなる傾向があります。

アラーム系は、だいたいこの辺りが関係してきており、その部分まで改善できると気づく音の範囲が一気に広がってきますので、周りの状況も把握しやすくなります。

補聴器は、どう調整するか。以上にそもそもの問題として、どこまで改善すると、聞きにくさが改善しやすいのか。を知る事が一番大事です。それがわからないと、どうなれば良いか、わからないからです。補聴器は、どう調整するか。以上にそもそもの問題として、どこまで改善すると、聞きにくさが改善しやすいのか。を知る事が一番大事です。それがわからないと、どうなれば良いか、わからないからです。

このように改善すると良い部分の目標を作ったり、聴力ごとのポイントをお話しながら、聞こえの改善に関しては、行なっています。

こちらのケースの場合は、少し離れたところからの会話やちょっと声の小さい方の声、そして、一部のアラーム系の音が聞こえづらくなりやすい状態ですので、それらの部分を改善できるように目標を作り、そこまで聞こえを改善する事で、聞こえにくさを感じやすいところを改善しやすくする。という事ですね。

実際の調整では、このように目標と現状を比較する事で、あとどこを改善したら良いかわかりやすくなります。このような見える化を当店では、行いながら、改善をしています。実際の調整では、このように目標と現状を比較する事で、あとどこを改善したら良いかわかりやすくなります。このような見える化を当店では、行いながら、改善をしています。

実際の改善では、このように今現在、改善できているところと目標を比較する事で、どこをもう少し改善すると良いのか。その点に関してもわかりやすくし、もう少し改善したい場合は、より補い、音を大きくするとちょっと辛くなりがちなら、その部分までで抑える。など、臨機応変にご対応に関しては、行なっています。

当店の場合は、補聴器の調整画面に関しても別のディスプレイを用意し、調整状態に関しても、見えるようにしています。当店の場合は、補聴器の調整画面に関しても別のディスプレイを用意し、調整状態に関しても、見えるようにしています。

これらの目標や現状の改善状況は、先ほどあげさせていただいた補聴器の調整画面でも確認できますし、音場閾値測定の結果を見る事で、把握することもできます。

補聴器の聞こえの改善状況を見える化すると、お互いにとって、良い状態を目指しやすくなります。目的の共有化がしやすくなるということですね。補聴器の聞こえの改善状況を見える化すると、お互いにとって、良い状態を目指しやすくなります。目的の共有化がしやすくなるということですね。

当店の場合は、このように見える化して、聞こえの改善状況を把握し、お客様とお店側で、その情報を共有して、補聴器の調整に関して、行なっています。

その理由の一つには、補聴器を装用しても聞こえる感覚こそわかるものの、なかなかどこまで改善されているのかは、感覚では、わかりづらいからです。

見える化して聞こえを改善できると良いところをお話ししつつ、そして、無理のない範囲で聞こえを改善する。

このようなご対応をするために、見える化して、補聴器による聞こえの改善状況をお客様側とお店側で共有し、良い聞こえの改善を目指せるようにしています。

ご相談になったお客様の声

こちらでは、実際に当店でご相談になったお客様の声についてまとめていきます。

リンク先には、実際にどのように改善させていったのか。その点に関してもまとめていますので、ご参考にどうぞ。

片耳、突発性難聴、もう片耳、原因不明の難聴の方

どのようなことでお悩みでしたか?

補聴器を実際にお使いになっていかがでしょうか

このお店でご相談(購入)した理由は、何でしょうか?

実際のアンケート

【全体的に聞きやすく】40代の中等度難聴の方を補聴器で改善した実例左耳、突発性難聴により、聴力低下。右耳は、原因不明の難聴により、両耳とも中等度難聴の方を補聴器で改善していきました。その際の改善のポイントについてまとめて見ました。ご参考にどうぞ。...

原因不明の感音性難聴で聞きにくくなった方

どのようなことでお悩みでしたか?

補聴器を実際にお使いになっていかがでしょうか

このお店でご相談(購入)した理由は、何でしょうか?

実際のアンケート

【感音性難聴を改善】高い音が聞こえにくい中等度難聴の方、補聴器で改善高い音が聞こえにくい軽・中等度難聴(高音漸傾型)の方を補聴器で改善しました。その際にどのように改善したのか、補聴器の選択は、どのようにしたのか。こちらについてまとめてみました。...

年齢により、徐々に聞こえづらくなった方

どのようなことでお悩みでしたか?

補聴器を実際にお使いになっていかがでしょうか

このお店でご相談(購入)した理由は、何でしょうか?

実際のアンケート

【非常に聞きやすくなった】高音急墜型感音難聴の方を改善しましたオージオグラムでいう高音急墜型の難聴の方を補聴器で改善しました。改善の際に重要となる部分や補聴器選定、それらの部分に関してまとめてみました。参考になれば幸いです。...

その他の改善症例&改善情報

その他の改善例に関しては、

こちらにまとめています。

なお、改善方法に関しては

【まとめ】聴力別、補聴器で聞こえを改善させる方法軽度難聴、中等度難聴、高い音が聞こえにくい難聴など、聴力別にどのように聞きにくさを改善したら良いのかをまとめてみました。聞きにくさにお悩みの方は、ご参考にしてみてください。...

こちらにまとめています。

Q&A

Q、補聴器の無料貸出は、どのくらいの期間があるのでしょうか

基本的にこちらは、制限は、ありません。

1週間〜2週間に一度、ご来店いただき、ご様子を見させていただきながら、もう少し借りたい。などあれば、その都度、貸出期間を伸ばしています。

平均的に借りる期間は、1〜2週間を3〜4回くらい行うことが多いです。

Q、耳鼻科で聴力検査をしてもらったのですが、そのデータがありません。そのような場合でもみていただけるのでしょうか?

データがないだけであれば、こちらで再度測定することができますので、大丈夫です。補聴器を合わせる過程上で耳の状況を確認させていただきます。

ただし、一度も耳鼻科さんに行ったことがない方は、まず耳を診ていただいた方が良いです。聞こえにくくなったケースの中には、治療で治るものもありますので、治療で治るのであれば、そちらの方が安上がりになります。

Q、お店に持っていくものは、ありますか?

お店に持って来ていただけると嬉しいのは、耳鼻科さんで検査した内容になります。ただ、こちらは、病院さんから受け取っている場合のみで構いません。

こちらがない場合は、当店でお調べすることもできますので、もしお持ちであれば、ご持参いただけると嬉しいです。

Q、各種助成制度は、利用できますか

恐れ入ります、利用できるものと利用できないものがあります。今現在、助成制度に関しては、

  • 障害者自立支援法
  • 高齢者補聴器購入制度(65歳以上)
  • 小児補聴器購入制度(18歳未満)
  • 医療費控除

の4つがあります。

その内、医療費控除は、残念ながら利用できません。仮に医療費控除の対象となるお客様の場合、医療費控除分を少しでも還元するために、補聴器の代金を一割引にして、販売しております。

それ以外の助成制度は、ご利用いただけます。そして、仮に対象となる方につきましては、当店から、お客様へご案内もしております。

Q、補聴器メーカーは、何を扱っていますか?

主に扱っているのは、フォナックというメーカーです。それ以外には、オーティコン、ワイデックスも扱っています。

メインは、フォナックで、仮に補聴器の音が合わない、様々な補聴器メーカーを試してみたい。というご要望にお答えするためにフォナック以外のものも扱っています。

当店の取り扱い製品当店の取扱商品のまとめです。当店では、フォナック。というメーカーの製品を扱っており、その補聴器から、ケア用品、サポート用品まで、全てまとめてみました。...

Q、お支払い方法は、どのようなものがありますか?

お支払い方法に関しては、こちらの通りです。基本的な支払い方法は、用意しており、クレジットカードも、大半のカードをご利用できるようにしています。

補聴器の金額は、高額ですので、もしよければクレジットカードのポイントにでもしていただき、他のものを購入する際にご利用いただければと思います。

なお、キャッシュレス還元事業には、登録済みで、5%の還元ができます。

【お困りの方へ】ご相談、承っています

聞こえにくいことでお悩みだったり、補聴器に関するご相談ごとがございましたら、以下のお問い合わせフォームより、お気軽にご連絡ください。

ご連絡、予定を合わせさせていただき、お困りの部分を改善するご相談をさせていただきます。

お問い合わせ内容は、営業日より、一日以内で返信しております。お問い合わせいただき、ご来店日時をご相談の上、ご対応させていただきます。

お電話でご連絡する場合は、03-5809-7586までお願いいたします。ただ、接客中は、出れないこともございますので、予め、ご了承いただければ幸いです。

また、以下のフォームよりお送りしたのに関わらず、返信がない場合は、誠にお手数ですが、お電話でご連絡、03-5809-7586(青色の部分をクリック、タップで当店へ電話繋がります)、いただければ幸いです。

どちらかお問い合わせしやすい方をご利用ください。よろしくお願いいたします。





 お名前 必須
例:東京 太郎

 メールアドレス 必須
例:abc@gmaill.com

 相談内容をご記入願います 必須
例:聞きにくさに悩んでおり、補聴器(聞こえ)の相談希望です。○○日、○時は、空いていますか?