両耳とも聞きにくいケースを調べてわかる改善方法

両耳とも聞こえにくいケースと言っても、耳の状況は、様々です。両耳とも同じような聴力の方がいれば、左右の耳の聞こえが、異なる方もいます。

そして、重要なのは、耳の状況が異なれば、補聴器で改善させる方法も変わることがあるということです。

当店では、なるべく聞きにくさを改善させるために、耳の状況を把握し、最良の方法で改善していくようにしています

最良の方法というと少し大げさかもしれません。しかし、そのようなことはありません。なぜなら補聴器は、残念ながら耳を治すことができないからです。

そのため、妥協すると妥協するほど、聞きにくさの方が勝ちやすくなり、改善度が薄くなってしまいます。

当店では、ゴールを【聞きにくさを改善させ、生活をより充実させる事】としています。それを目指すため、耳の状況を調べ、最良の状態を目指し、改善していきます。

感音性難聴を調べる測定

補聴器をつけて改善しようとする人は、多くが感音性難聴の方です。

感音性難聴は、耳の中の内耳が機能不全を起こすことにより、おこる難聴。厄介なのは、音が聞こえにくくなる他、音声の理解がしづらくなることにある。感音性難聴は、耳の中の内耳が機能不全を起こすことにより、おこる難聴。厄介なのは、音が聞こえにくくなる他、音声の理解がしづらくなることにある。

感音性難聴とは、耳の器官である内耳が何らかの理由により、損傷し、聞きにくくなる難聴です。今現在は、治療する術がないため、補聴器で聞きにくさを改善していきます。

問題は、ここからで、感音性難聴になると

  • 音が聞きにくくなる事
  • 音声が理解しづらくなる事

の2つが起こります。そのため、耳の測定には、

  • 音の聞こえ方を調べる→聴力測定
  • 音声の聞こえ方を調べる→語音明瞭度測定

の2つがあります。

当店では、初めにこの2つを調べ、どのように改善したら良いのか。その方針を考えていきます。

聴力検査

聴力検査は、基準(0dB)から各音の聞こえ(周波数)が、どのような状態なのかをみる測定です。

聴力検査では、聴力を測定する。調べた図は、このようになる。基本的には、○(右耳)と×(左耳)の数値を主にみる。この数値をみることで、どのような状況かを把握することができる。聴力検査では、聴力を測定する。調べた図は、このようになる。基本的には、○(右耳)と×(左耳)の数値を主にみる。この数値をみることで、どのような状況かを把握することができる。

見方は、このようになります。各音の高さ別に、どのような聞こえ方をしているのかがわかり、左右で、どのように異なるのか、同じなのかもわかるようになります。

当店では、どのような状態かを調べ、耳の状況に関してお伝えしています。

語音明瞭度測定

耳には、言葉の理解度を調べる測定があります。それが、語音明瞭度測定(語音弁別能検査とも言います)です。

補聴器の世界には、音声を理解するための測定。というものがある。これにより、どのくらい理解できるのか。補聴器の適性は、どのくらいなのかがわかる。補聴器の世界には、音声を理解するための測定。というものがある。これにより、どのくらい理解できるのか。補聴器の適性は、どのくらいなのかがわかる。

あ、き、じ、など、一つ一つの言葉を聞こえる音量で聞かせ、どのくらい正解するのか、を調べる測定が、語音明瞭度測定です。

行なっている様子。聞こえた通りに紙に書き、採点を行う。重要なのは、正解することではなく、状況を把握する事。リラックスして受けよう。行なっている様子。聞こえた通りに紙に書き、採点を行う。重要なのは、正解することではなく、状況を把握する事。リラックスして受けよう。

感音性難聴は、音以外に言葉の聴きにくさが出てくるため、このような測定があります。

縦軸が正解率で、横軸が音の大きさです。正解率が高いと高いほど、補聴器の適性があり、低くなると低くなるほど、補聴器を装用しても、効果が望みにくくなります。

重要なのが、数値の意味。補聴器の適性は、50%以上になる。50%以下の場合は、補聴器の効果が劇的に薄くなってくるので、注意が必要だ。重要なのが、数値の意味。補聴器の適性は、50%以上。50%以下の場合は、補聴器の効果が劇的に薄くなってくるので、注意が必要。

正解率の意味は、このようになります。こちらの意味がすごく重要になるのですが、正解率が50%以下だった場合は、補聴器の効果は、薄くなります

こちらに関しても確認し、耳の状況について把握していきます。

なお、この測定をしているのは、耳の状況によっては、ある特殊な補聴器を使用した方が改善できる事があるためです。

重要なのは、状況を把握し、どのように補ったらより良くなるかを考える事です。その一歩として、状況の把握があります。

その状況の把握を行い、どのように改善したら良いのか。その改善の方針を考えていきます。

耳の状況把握後の補い方パターン

さて、左右の聴力と明瞭度(語音明瞭度測定で調べた音声の理解度)がわかったら、どのように補っていくと良いのか。その点に関して、まとめていきます。

パターンとしては

  • 両耳とも同じくらいの聴力、明瞭度
  • 聴力が左右で異なるケース
  • 明瞭度が左右で異なるケース

の3つです。

両耳とも同じくらいの聴力、明瞭度

両耳とも聴力、明瞭度が同じケースは、どのようなケースにおいても、両耳に補聴器を装用し、聞きにくさをなるべく減らしていった方が、最良の結果になります

両耳とも聴力や理解度が同じケースというのは、

一般的な両耳とも同じような聞こえのケース。このようなケースは、生まれつき聞こえにくい方や老人性難聴の方によく見られる。一般的な両耳とも同じような聞こえのケース。このようなケースは、生まれつき聞こえにくい方や老人性難聴の方によく見られる。

このような左右とも同じような聴力で

同じような聴力の場合は、聞こえの理解度(明瞭度)も同じような傾向がある。その場合は、両耳につけて、なるべく聞きにくくした方が、聞きにくさの改善はしやすくなる。同じような聴力の場合は、聞こえの理解度(明瞭度)も同じような傾向がある。その場合は、両耳につけて、なるべく聞きにくくした方が、聞きにくさの改善はしやすくなる。

このような理解度の方になります。両耳とも軽度〜中等度難聴の方によく見られます。

聴力によって聞きにくさは変わるが、先ほどのような聴力の場合は、対面でのお話も半分くらいしかわからず、かつ、離れたところからの音や呼びかけに非常に気がつきにくい。特に複数の人との会話が、理解しづらくなる傾向が強くなる。聴力によって聞きにくさは変わるが、先ほどのような聴力の場合は、対面でのお話も半分くらいしかわからず、かつ、離れたところからの音や呼びかけに非常に気がつきにくい。特に複数の人との会話が、理解しづらくなる傾向が強くなる。

仮に先ほどの聴力の方だと、このような聞きにくさを感じている事が多くなります。

補聴器を装用すると、それらの部分を全体的に良くしやすい。実際には、静かなところや距離の部分、呼びかけや会議の際は、聞きやすくなりやすい。ただ、騒がしい中では、少し聞きにくさを感じる事もある。補聴器を装用すると、それらの部分を全体的に良くしやすい。実際には、静かなところや距離の部分、呼びかけや会議の際は、聞きやすくなりやすい。ただ、騒がしい中では、少し聞きにくさを感じる事もある。

それを全体的に改善できるようになります。

補聴器には、補聴器の状態を把握する測定がある。それは、両耳とも装用した状態を測ることもできるし、左右の聞こえを別々に測る事もできる。どのような聴力にも改善する目標があるので、ちゃんと両耳とも効果が出る部分まであげてあげることが重要になる。補聴器には、補聴器の状態を把握する測定がある。それは、両耳とも装用した状態を測ることもできるし、左右の聞こえを別々に測る事もできる。どのような聴力にも改善する目標があるので、ちゃんと両耳とも効果が出る部分まであげてあげることが重要になる。

実際には、聞こえを改善させる部分というのが補聴器には、あるのですが、両耳ともバランスよく改善してあげられると上記のように全体的に、改善できるようになります

厳密には、両耳とも聞きにくさを感じているケースでの改善方法は、

  • 両耳に補聴器を装用する
  • 片耳のみ補聴器を装用する

の2つがあります。

補聴器を片耳のみつけた場合は、対面の会話(近い人の会話)や静かな中であれば、聞きやすくなる。しかし、つけていない側から話されたり、騒がしいところでのお話。そして、音の方向感覚がわからないなどの欠点もある。日中の大半を家の中や一人でいる際は、気にならないかもしれないが、働いている場合や人と会う機会がある方は、片耳装用だと不自由を感じやすい。補聴器を片耳のみつけた場合は、対面の会話(近い人の会話)や静かな中であれば、聞きやすくなる。しかし、つけていない側から話されたり、騒がしいところでのお話。そして、音の方向感覚がわからないなどの欠点もある。日中の大半を家の中や一人でいる際は、気にならないかもしれないが、働いている場合や人と会う機会がある方は、片耳装用だと不自由を感じやすい。

まず、片耳のみ使用した場合は、このようになります。人の耳は、両耳とも聞こえていますので、それを標準としていますが、

  1. つけていない側からの音、呼びかけに気がつきにくい
  2. 騒がしいところだと、余計にわかりづらくなる
  3. 音の方向感覚がわかりづらい

という特徴があります。①と③は、片耳のみつける事の特徴で

特に重要なのは、騒がしいところでの聞こえが片耳だと落ちやすいところ。片耳だと結構、聞きにくくなりやすく、働いている人や日中、人と会うことがある人は、この部分で、聞きにくさを感じやすい。特に重要なのは、騒がしいところでの聞こえが片耳だと落ちやすいところ。片耳だと結構、聞きにくくなりやすく、働いている人や日中、人と会うことがある人は、この部分で、聞きにくさを感じやすい。

補聴器メーカーソノヴァジャパンより引用

②は、片耳のみになると、より聞きにくさが強くなります。

静かなところだけでしか話をしなかったり、特定の方向から必ず話しかけられる。という環境であれば、片耳のみの装用でも良いかもしれませんが、一般的な生活や仕事をしている方は、よほど、特殊な状況でない限り、そのようなことはありません。

仕事をする際や日々の日常生活をしやすくするには、全体的に改善させることが大切だ。そのようにできると、補聴器でできる限りの改善というのは、しやすくなる。それでも聞きにくさが出てしまうところは、申し訳ないが、できる限り、聞きにくさを減らすことはできる。仕事をする際や日々の日常生活をしやすくするには、全体的に改善させることが大切だ。そのようにできると、補聴器でできる限りの改善というのは、しやすくなる。それでも聞きにくさが出てしまうところは、申し訳ないが、できる限り、聞きにくさを減らすことはできる。

聞きにくさを全体的に改善させる場合は、両耳に装用し、どこから話されても気がつけるようにしたり、返事できるようにすると良くなります。

そして、騒がしいところでも、なるべく聞きにくくならないようにして、困ることをできる限り、少なくしていくのが、ベストです。

聴力が左右で異なるケース

聴力が左右で異なるケースは、どれだけ左右の聴力が異なるか。というところで、改善方法が分かれます

聴力が左右で異なるケースというのは、単純に

  • 聴力差が少ない(10〜15dB以内)ケース
  • 聴力差が大きい(40〜50dB)ケース

の2つに分かれます。

聴力差が少ない(10〜15dB)ケース

聴力差が少ないケースのモデルケース。こんなに綺麗に出ることは少ないが、少し異なる。というケース。このような場合は、両耳に補聴器を装用し、なるべく聞きにくくならないようにしていくのが、良い。聴力差が少ないケースのモデルケース。こんなに綺麗に出ることは少ないが、少し異なる。というケース。このような場合は、両耳に補聴器を装用し、なるべく聞きにくくならないようにしていくのが、良い。

このように聴力の左右差が比較的少ないケースは、

語音明瞭度で判断する場合は、数値の最良値で判断していく。×が左耳側で、右耳が○になる。聴力が近いケースは、別々の難聴になったなど、特殊なケースを除くと、明瞭度が良いケースが多い。語音明瞭度で判断する場合は、数値の最良値で判断していく。×が左耳側で、右耳が○になる。聴力が近いケースは、別々の難聴になったなど、特殊なケースを除くと、明瞭度が良いケースが多い。

語音明瞭度測定をしてみると、差は少なく、良い傾向があります。

聴力が左右で異なる場合、補聴器の効果を確認する際、左右別々も確認しておくと良い。左右で差がなければ、バランスよく補え、良い状態にできる。聴力が左右で異なる場合、補聴器の効果を確認する際、左右別々も確認しておくと良い。左右で差がなければ、バランスよく補え、良い状態にできる。

このような場合は、両耳装用し、なるべく左右のバランスを整えながら、改善していくとベストです。

聴力に差があるケースは、補聴器での効果測定をしっかり行い、バランスを確認しながら改善していくと良い。そうすると全体的に聞きにくさが改善され、良くなることが多くなる。聴力に差があるケースは、補聴器での効果測定をしっかり行い、バランスを確認しながら改善していくと良い。そうすると全体的に聞きにくさが改善され、良くなることが多くなる。

このようにできると、全体的に改善ができるようになります。

聴力差が大きい(40〜50dB)ケース

聴力差が大きいケースは、大抵の場合、左右で聞こえにくくなった原因が異なったりする。中には、片耳が全然聞こえないケースも存在する。聴力差が大きいケースは、大抵の場合、左右で聞こえにくくなった原因が異なったりする。中には、片耳が全然聞こえないケースも存在する。

しかし、中には、このように片耳が極端に聞きにくいケースもあったりします。このようなケースは、耳ごとに悪化した原因が異なるケースが多いです

その場合、このようなバイクロスという補い方が今現在は、存在している。その場合、このようなバイクロスという補い方が今現在は、存在している。

このような場合は、バイクロス補聴器で補うと聞きにくさをより改善できます。

簡単にいうとバイクロスとは、聞こえる耳側は、そのまま補聴器の役割を行い、聞こえない耳側(聴力低下が大きい耳側)は、補えないので、聞こえる耳側へ常時、音を送るシステム。そのようにすることで、聞こえを改善させる。簡単にいうとバイクロスとは、聞こえる耳側は、そのまま補聴器の役割を行い、聞こえない耳側(聴力低下が大きい耳側)は、補えないので、聞こえる耳側へ常時、音を送るシステム。そのようにすることで、聞こえを改善させる。

バイクロス補聴器とは、簡単に言いますと、聞こえの良い側で、全ての音を聞く補聴器です。まだ、補える耳側は、補聴器で補い、補聴器では、効果が薄い耳側は、クロスという音の転送機器を置き、まだ聞きやすい耳側に音を送ります。

そのようにして、聞きやすい側で、全ての音を聞くのが、バイクロス補聴器です。

残念ながら補聴器は、聴力により、改善度が異なる。ここが重要なポイントで、聴力低下が大きいと大きいほど、補いにくく、自ずと効果も薄くなる。残念ながら補聴器は、聴力により、改善度が異なる。ここが重要なポイントで、聴力低下が大きいと大きいほど、補いにくく、自ずと効果も薄くなる。

上記の聴力のようにあまりにも聴力が下がりすぎてしまった場合、残念ながら聞きにくい側は補聴器の効果が薄くなります。補聴器は、どのような聴力でも一律に改善できるものではなく、聴力低下が大きいと大きいほど、効果が薄くなります。この場合、補いきれない。というように表現した方がわかりやすいかもしれません。

そこで、片耳が良い事を利用し、その耳側で聞きにくい側の音を受けられるようにしたのが、バイクロス補聴器になります。

上記のような聴力の方は、聞きにくい側から話されたり、呼びかけられたりする方がわかりづらい。当然だが、聴力は下がっている側の方が聞きにくくなりやすく、音にも呼びかけにも気がつきにくくなる。上記のような聴力の方は、聞きにくい側から話されたり、呼びかけられたりする方がわかりづらい。当然だが、聴力は下がっている側の方が聞きにくくなりやすく、音にも呼びかけにも気がつきにくくなる。

このようなケースでは、特に聞こえが低下している耳側から、話しかけられたり、そこからの呼びかけに反応できないなど、聞きにくい側の方が、困りやすい状態です。

その部分を効果的に改善できるようにしたのが、バイクロス補聴器になります。

この場合におけるバイクロス補聴器の利点は、聞こえない側からの音もわかるようになるか、そうでないかになる。左も右もどちらも改善させられると、当然、その分、聞きにくさに困ることは、少なくなる。この場合におけるバイクロス補聴器の利点は、聞こえない側からの音もわかるようになる事にある。左も右もどちらも改善させられると、その分、聞きにくさに困ることは、少なくなる。

ただ、全ての部分がよくなるわけではありません。バイクロス補聴器は、片耳で全て聞くため、音の方向感覚は、得ることができません。※上記のように聴力差が大きいと両耳に補聴器を装用しても、音の方向感は、わかりません。

しかし、それ以外のところを改善してくれます。

明瞭度が左右で異なるケース

音声の理解度、すなわち明瞭度が左右で異なるケースは、聞こえも左右異なるケースが多くなります。

こちらでは、明瞭度のみの判断に関して記載していきますが、実際には、聴力と併用して改善を考えていきます。

明瞭度が左右で異なるケースは、

  • 明瞭度の差が少ないケース
  • 明瞭度の差が大きいケース

の2つに分かれます。

明瞭度の差が少ないケース

聴力差があるケースでも、両方ともある程度、良好であれば、両耳に装用し、よりよくできると良い。聴力差があるケースでも、両方ともある程度、良好であれば、両耳に装用し、よりよくできると良い。

測定をしてみて、結果が両耳ともそんなに差がなかったり、両耳とも明瞭度が50%以上の場合は、両耳に補聴器を装用して、聞きにくさを改善していきます。

数値の意味は、重要なので、繰り返し記載。数値の意味は、重要なので、繰り返し記載。

少し前に明瞭度の数値の意味について記載しましたが、50%以上であれば、補聴器の適性があります。

明瞭度に差があるケースでも、そこまで大きく変わりがなければ、両耳装用し、なるべく聞きにくさを改善していけると、良い。明瞭度に差があるケースでも、そこまで大きく変わりがなければ、両耳装用し、なるべく聞きにくさを改善していけると、良い。

その場合、できれば、両耳に補聴器を装用し、バランスよく改善できるとよくしやすくなります。

両耳とも低い場合は、効果は薄くなる傾向はある。ただ、それでもわかることは増えるので、改善する見込みがあるのであれば、やってみるのも重要になる。両耳とも低い場合は、効果は薄くなる傾向はある。ただ、それでもわかることは増えるので、改善する見込みがあるのであれば、やってみるのも重要になる。

なお、これは、明瞭度が50%以下だった場合においても同様です。

残念ながら、50%以下だった場合は、明瞭度が低いと判断され、補聴器を装用しても、音声が理解しづらかったり、言葉の聞こえが改善されたような感覚には、なりづらくなります。

しかし、それでも補聴器がないよりは、改善ができます。なるべく聞きにくさを改善していくのであれば、両耳に装用し、よりよくしていくのがベストです。

明瞭度の差が大きいケース

明瞭度の差が左右で大きいケースは、バイクロス補聴器で補うと、よりよくなります。

上記のように明瞭度が近く、良いケースは、両耳装用の方が聞こえにくさを改善できるのですが、

このように片耳が良くもう片耳が非常に悪い場合は、良い耳側を利用できるバイクロス補聴器の方が改善できる傾向がある。明瞭度が低いと、どんなに良い補聴器でも、明瞭度をよくすることができないためだ。このように片耳が良くもう片耳が非常に悪い場合は、良い耳側を利用できるバイクロス補聴器の方が改善できる傾向がある。明瞭度が低いと、どんなに良い補聴器でも、明瞭度をよくすることができないためだ。

このように左右で離れており(40〜50%)、かつ、聞こえている耳側が良い場合は、聞こえている耳側で全てを聞くバイクロス補聴器の方が改善できます。

このようなケースでは、ほとんどの場合において、片耳のみ50%以下になっていることが多いです。

明瞭度は、下がると下がるほど、音は聞こえても、音声の理解が難しくなる。その点が、感音性難聴で最も危惧すべき部分になる。明瞭度は、下がると下がるほど、音は聞こえても、音声の理解が難しくなる。その点が、感音性難聴で最も危惧すべき部分になる。

この部分は、下がると下がるほど、音はわかるけれども、言葉がわからない。という感覚が強くなります。そのため、補聴器を装用しても、音は、聞こえるけれども、音声は「?」という状態になりやすくなります。

バイクロス補聴器は、片耳が何らかの形で、非常に悪化してしまい、補聴器では、効果が薄い人のために開発された機器。対象になるのであれば、それで改善してみるのも良いだろう。※バイクロス補聴器は、かなり珍しいタイプの補聴器です。バイクロス補聴器は、片耳が何らかの形で、非常に悪化してしまい、補聴器では、効果が薄い人のために開発された機器。対象になるのであれば、それで改善してみるのも良いだろう。※バイクロス補聴器は、かなり珍しいタイプの補聴器です。

そのため、その耳側で聞くのではなく、聞こえが良い方で全て聞けるようになると、より理解しやすくなります。

バイクロスと言っても見た目は、一般的な補聴器と同じ。そして、このほかの形状もある。バイクロスと言っても見た目は、一般的な補聴器と同じ。そして、このほかの形状もある。

このように片耳の明瞭度が低く、補聴器を装用しても残念ながら改善できないケースにおいては、バイクロス補聴器を使用した方がより聞きにくさを改善しやすくなります

感音性難聴を改善させるためのまとめ

当店では、はじめに耳の状況を確認し、どのように改善したら良いか、聞きにくさを改善できるかを理解していきます。

その後、その改善方法に沿って補聴器のご説明や改善する上でのポイント、試聴、貸出などを行なっています。

上記に記載した通り、感音性難聴は、音が聞こえにくくなる事に加え、音声を理解する力も低下してしまいます。そして、耳の状況によっては、補聴器がほとんど機能しない耳もあります。主に聴力低下が大きすぎるケースや明瞭度が極端に悪いケースが主に該当します。

聞きにくさをなるべく改善していくには、現状はどうなっているのか。そして、その耳の状況をどうよくしていけると良いのか。その部分を調べることがとても重要です。

当店では、このようにして聞きにくさを改善させ、生活をよりしやすくなるようにしています。