お使いの補聴器の買い替え相談と改善のためにしている事

当店では、お使いの補聴器が聞きにくい、買い替え期間が来ている。という方のご相談も承っています。

お使いの補聴器が聞きにくい場合、一度、うまく行っていないこともあり、補聴器のご相談は、慎重になるかと思います。

補聴器は、高額になる事が多く、なるべくなら、聞きにくさを改善できるところで相談したい。と思うのが、人情です。

そのため、当店では、安心してご相談できるよう

  • 予約制による一人一人のお客様に合わせた改善のご相談
  • 補聴器に関する基礎や選択まで、資料を用意してのご説明
  • 日常生活から職場まで体験できる補聴器の試聴、貸出サービス

を行なっています。

買い替えの方や補聴器をお持ちの方は、まず、現状を把握させていただきます。

そして、そこから、より良くする方法に関して、ご説明しながら、改善を行なっています。

当店での相談の流れ

初めに当店での相談の流れですが、

上記の通りとなります。

初回では、①〜④まで行い、耳の状況から補聴器の事について説明致します。

その後、新しい補聴器で日常生活から職場まで、どのような変化があるか体験できるよう補聴器を貸出しています。

幾日か使用いただき、あった方が良いという方のみ、⑤の部分へ進み、どのような補聴器にしようか、試聴やご相談を行い、判断していきます。

そして、補聴器が決まったら、お渡しして今後のケアについてお伝えしています。

当店では、このように対応し、聞きにくさの改善及び、ご相談を行なっています。

補聴器の試聴、貸出に関しては、あまり改善されなかったり、不要だと感じましたら、そのまま補聴器をご返却できるようにしています。補聴器のご相談、試聴、貸出は、無料で行なっていますので、その際にお金をご請求することはしておりません。

初回のご相談(①〜④)

初回で行う事ですが、

  1. 現状の確認(ヒアリング)
  2. 耳および、補聴器の状態の確認(測定を通じて確認)
  3. 補聴器で聞こえを改善することに関するご説明
  4. 日常生活、職場で使えるよう補聴器の試聴、貸出

の4つとなります。

まずはじめに現状に関して、お伺いしていきます。

補聴器を使用していて、どの様な状態なのか。今、どの様なことを感じているのか。それらを確認させていただきます。

その後、耳の状況や補聴器を使用した状態に関して、確認していきます。

補聴器には、どの様に聞こえているのかを把握する測定がありますので、その測定を使い

測定を通じて、理解できるようになりますと、どこが足りていて、どこがどう足りないのか。わかるようになります。測定を通じて、理解できるようになりますと、どこが足りていて、どこがどう足りないのか。わかるようになります。

現状を明らかにしていきます。例えば、こちらの測定は、補聴器を使用した状態が概ね、わかる様になります。

聴力ごとに補えると良い部分は、大方決まっていますので、

  • 目標値と比較して、どの様に聞こえているのか
  • 改善すると良い部分まで改善できているのか

それらを確認する事ができます。

少し見づらくなっていて、申し訳ないのですが、仮に左右の耳で聞こえが異なる場合は、左右別々に把握することで、状況をみることができます。少し見づらくなっていて、申し訳ないのですが、仮に左右の耳で聞こえが異なる場合は、左右別々に把握することで、状況をみることができます。

左右の聴力が異なる場合は、右のみ、左のみ。で調べることもできます。

この様にできると、左右の耳の状態を確認したり、左右の耳のバランスも調べられる様になります。

その後は、調べた内容をご説明させていただき、

  • どの様に改善できると良いか
  • 補聴器の種類から補聴器の性能に関するご説明

を行い、ご相談を続けていきます。

補聴器の種類や性能など、補聴器をつける上で知っておいたほうが良い事。そして、理解しておくと良いところは、予め、まとめています。補聴器の種類や性能など、補聴器をつける上で知っておいたほうが良い事。そして、理解しておくと良いところは、予め、まとめています。

基本的に、改善に関する内容や良く聞かれる内容は、資料にまとめておりますので、こちらを使いながら、お話していきます。

そして、ご相談しながら、補聴器の試聴も行なっていきます。

補聴器の調整に関しては、ディスプレイに出る様にし、かつ使える範囲から初めていきます。

そして、先ほど、補聴器の状況を調べる際に使われた測定を使い、新しく試聴した補聴器の状態も、わかる様にしていきます。

わかる様にしましたら、今現在の状態は、どの様になっているのか。そして、どのくらいまで改善できると良いのか。それらに関して、ご説明し、より良くしていきます。

そして、実際に日常生活や職場で使えるよう、貸出を行い、試せるようにしています。

なお、貸出しているのは、安心して、相談できるようにしている。ということもありますが、販売側からしますと、補聴器を扱う上で、問題は、ないか。ちゃんと使えるものなのか。を確認させていただくためにも行っています。

2回目(⑤)

幾日か使用いただき、補聴器があると良い。となった場合は、どの様な補聴器にしていくか。ご相談を継続していきます。

再度、補聴器の種類から補聴器の性能に関して、ご説明させていただき、ご自身が望む補聴器をご相談していきます。

補聴器を選ぶ場合は、実際の経験を通じて、行えるとご自身にとって良い補聴器を選びやすくなります。

そして、今回貸出した補聴器を使用していただいた経験、感じたことも含めて、ご自身に合うものを探していきます。

様々なものを日常生活から職場で試せるよう、広く種類に関しては、用意しています。見た目は、似たようなものが多いのですが、中身が異なります。様々なものを日常生活から職場で試せるよう、広く種類に関しては、用意しています。見た目は、似たようなものが多いのですが、中身が異なります。

補聴器の種類や性能に関しては、現行機種、ほぼ全種類用意しておりますので、ご希望のものを試せる様にしています。

試聴機で、試しながら、どの様な補聴器が良いか。体験しながら、決めていきます。

試聴と同時に、聞きにくさの改善も少しずつ行っていきます。試聴と同時に、聞きにくさの改善も少しずつ行っていきます。

なお、こちらのご相談と同時に、聞こえの改善も行なっていきます。

なるべく目標となる部分まで、改善させ、聞きにくさを改善できる様にしていきます。

ただし、無理に改善させることは、致しません。こちらも、あくまでもお客様とご相談しながら、聞きにくさの改善をしていきます。

最後(⑥)

試聴を行い、ご自身が望む補聴器が決まりましたら、ご用意して、お渡しです。

製品お渡しと同時に代金のご請求をさせていただきます。

聞こえの改善に関しては、この段階で、8割がた終わっている事が多いです。調整がまだ残っている方の場合は、引き続き、改善をしていきます。

補聴器お渡し後は、聞きにくくならないよう、ケアに関するお話や補聴器で聞きにくくなりやすい部分のお話を行い、なるべく壊れないようにしていきます。

なお、定期的なメンテナンスとして、4〜6、7ヶ月に1度は、定期メンテナンスをお願いしています。

こちらができると、音が聞こえにくくなったり、不具合が起こる前にご相談できると、聞こえに困ることを少なくでき、補聴器をより良く使う事ができます。

ご相談(改善)の流れのまとめ

当店では

このようにして、聞こえの改善を行なっています。

基本的には①〜④までを初回で行い、その後の対応は、ご希望に応じて変えています。

ご購入(改善)には、3〜6回通っていただくことが多く、初回の相談時は、1時間30分〜2時間ほどかかります(耳の状況など調べることが多いため、時間がかかります)。その後の相談は、30分〜1時間になります。

少々、手間やお時間がかかる点は、誠に申し訳ございません。その代わり、聞きにくさを改善させ、生活をより改善できるよう、現状の改善を行なっています。

ご相談になった方(購入になった方)の声

こちらでは、主にご購入になった方の声を載せていきます。

実際にどのように改善したかの内容も載せていきますので(リンク先に記載しています)ご参考にしてみてください。

両耳とも中等度の感音性難聴の方の改善

こちらの方は、はじめ他店で補聴器をご購入されましたが、調整されている状態がよくわからず、ご自身が感じている部分に関して、うまく伝えられないていた方でした。

現状を見てみますと、概ね、良い状態には、なっているのですが、それにプラスして、より良くなるよう、こちらで、調整させていただきました。

どのようなことでお悩みでしたか?

実際に補聴器をお使いになってみて(ご相談されてみて)いかがでしょうか?

このお店で購入(相談)した理由は何でしょうか?

実際のアンケート内容

補聴器の音の感覚は、なかなか伝えるのが難しかったりします。

そのため測定を行いつつ、現状を明らかにし、状況をご説明しながら、改善をしていきました。

その結果、より良くでき、こちらとしては、何よりです。

こちらの実際の症例に関しては、【こもった感覚が軽減し快適に】生まれつき中等度難聴の方、補聴器で改善をどうぞ。

生まれつきの感音性難聴で左右の聴力が違う方の改善

こちらの方は、左右で聴力が異なり、特に左側に関しては、補聴器をつけていても聞こえる感覚がしない。という方でした。

幾度か、補聴器のご相談を元々、購入されたところで行なっていたようですが、一向に改善する気配がなく、当店へお越しになりました。

現状を見てみると、確かに左側の補聴器の聞こえがあまり補えておらず、右側に関しても、低い音ばかり補えており、聞き取りに必要な高い部分に関しては、あまり増幅していない状態でした。

足りない部分を全体的に補い、バランスよくなるよう、調整し、改善していったケースになります。

どのようなことでお悩みでしたか?

実際に補聴器をお使いになってみて(ご相談されてみて)いかがでしょうか?

このお店で購入(相談)した理由は何でしょうか?

実際のアンケート内容

左右のバランスを補いつつ、なるべく補聴器で聞こえを改善できるようにしていったケースとなります。

聴力低下が大きいこともあり、完全にはならなかった点は、申し訳ないのですが、今までの状態より、非常によくでき、こちらとしては、何よりです。

こちらの方を改善させた方法、実際にしたことは、生まれつき感音性難聴、左:高度難聴、右:中等度難聴の方の改善事例をどうぞ。

右耳、突発性難聴。左耳、老人性難聴の方の改善

こちらの方は、左右で別々の難聴により、聞きにくさがある方となります。

他店で補聴器を購入されたのですが、何度か通うものの、あまりうまく行かなかったことから、当店へお越しになりました。

耳の状況を把握してみると、右側で補っている部分が低く、あまり改善されていない状態でした。

そのため、左右のバランスを整えながら、主に右側を中心に改善をしていきました。

どのようなことでお悩みでしたか?

実際に補聴器をお使いになってみて(ご相談されてみて)いかがでしょうか?

このお店で購入(相談)した理由は何でしょうか?

実際のアンケート内容

左右の聴力が異なるため、補聴器使用時の状態を確認し、右も左も聞こえるようにしていきました。

その結果、現状をよりよくでき、こちらとしては、何よりです。

残念ながら、右耳の耳の状態は、そこまでよくないため、左側をメインに使っていただくことには、なるのですが、ご本人様の意向を汲み、できる限りのことをさせていただきました。

改善させた実際の方法に関しては、【今までより聞きやすく】左:中等度難聴、右:高度難聴の改善事例をご覧ください。

このほか、他店で購入され、うまくいかなかった方を改善したケースにつきましては、

にまとめています。

なお、ご来店になったお客様の当店に対する評価は、上記の通りです。

Q&A

Q、補聴器の貸出は、どのくらいまでできるのでしょうか?

一回、1〜2週間で、何回かのスパンに分けて貸出ししています。この点は、お客様により、効果や使いたい日数が異なりますので、比較的、自由に行なっています。

Q、耳鼻科で聴力検査をしてもらったのですが、そのデータがありません。そのような場合でもみていただけるのでしょうか?

データがないだけであれば、こちらで再度測定することができますので、大丈夫です。補聴器を合わせる過程上で耳の状況を確認させていただきます。

聞こえにくさにお悩みの方、お気軽にご相談ください

聞こえにくさにお悩みの方や補聴器に関するご相談ごとがございましたら、以下のフォームより、お問い合わせください。

営業時間に関しては、上記の通りになります。営業日1日以内で返信しています。

そして、お電話の方が良い場合は03-5809-7586(青色の部分をクリック、タップで当店へ電話繋がります)こちら宛にご連絡ください。お電話の場合は、接客中などで出れない場合もございます。予め、ご了承いただければ幸いです。






 お名前 必須

 メールアドレス 必須

 相談内容をご記入ください 必須