ご両親が聞きにくさでお困りのご家族様へ

当店では、ご両親が聞こえにくいことにより、お困りのケースも承っております。

ご年配の方の場合、当店で意識しているのは、

  • ご自身が扱う上で問題ない補聴器を選ぶ事
  • 聞きにくさが改善できると良い部分まで、無理ない範囲で改善する事

この2つです。

年齢が高くなると高くなるほど、身体的な制限が出やすくなってしまいますので、ご本人様が扱いやすいものを選び、活用できる補聴器を選ぶようにしています。

そして、聞こえの改善度に関しては、補聴器でどこまで聞こえを改善させたのか。その点によって、決まることが多くなります。

今現在、補聴器に関しては、ある程度、改善できると良い部分がわかってきていますので、使用している補聴器の効果状況を確認しながら、改善できる部分まで、なるべく改善するようにしていきます・

扱いやすい補聴器を選び、無理のない範囲で聞こえを改善する。この2つを意識しながら、現状の改善を行なっています。

当店では、補聴器を販売する。という考えではなく、今、感じている難聴による不便さをなるべく無くす。という考えで、ご対応しています。

当店でのご相談の流れ(全体)

初めに当店での相談の流れですが、

上記の通りとなります。

初回では、①〜④まで行い、耳の状況の把握から聞こえを改善させるための基本となる部分をご説明致します。

その後、日常生活から職場まで、どのような変化があるか体験できるよう補聴器を貸出しています。

幾日か補聴器を使用いただき、あった方が良いという方のみ、⑤の部分へ進み、どのような補聴器にしようか、試聴やご相談を行い、決めていきます。

そして、補聴器が決まったら、お渡しして今後のケアについてお伝えします。

当店でのご相談は、基本、上記のような流れにて、ご対応しています。

補聴器の試聴、貸出に関しては、あまり改善されなかったり、不要だと感じましたら、そのまま補聴器をご返却できるようにしています。補聴器のご相談、試聴、貸出は、無料で行なっていますので、その際に何かご請求することもしておりません。

初回のご相談(①〜④)

初回で行うことは

  1. 現状のお伺い(ヒアリング)
  2. 各種、測定類で耳の確認
  3. 聞こえの改善に関するご説明
  4. 補聴器の調整及び、聞こえの改善
  5. 日常生活で使えるよう補聴器の試聴、貸出

の5つとなります。

現状のお伺い(ヒアリング

まずはじめに、耳の状況やお困りの部分に関して、お話をお伺いさせていただきます。

この際、お伺いさせていただくのは、

  • 聞こえが低下した原因(わかる範囲内で構いません)
  • 今現在の状況

になります。

特に聞こえが低下した原因は、補聴器で聞こえを改善する際、重要になる要素の一つですので、わかる範囲内でお伺いしていきます。

耳の現状確認(測定)

その後、耳のデータに関して、お持ちであれば、そちらを拝見させていただき、

当店では、測定室がありますので、仮に聴力データがない場合でも、補聴器で聞こえを改善させる際に、足りないデータがあれば、こちらで調べさせていただきます。当店では、測定室がありますので、仮に聴力データがない場合でも、補聴器で聞こえを改善させる際に、足りないデータがあれば、こちらで調べさせていただきます。

それがない場合は、足りない部分を測定を通じて、把握していきます。

耳の状況を調べさせていただき、聞こえの改善に役立てていきます。

聞こえの改善に関するご説明

耳の状態を調べさせていただき、状況を把握した後は、補聴器に関するご説明です。

初めての方でもちゃんと要点を理解できるように補聴器の基礎、補聴器の種類から、その特徴。金額による違いまで、予め、まとめた資料を使い、ご説明しています。初めての方でもちゃんと要点を理解できるように補聴器の基礎、補聴器の種類から、その特徴。金額による違いまで、予め、まとめた資料を使い、ご説明しています。

この際

  • ご自身の耳の状況からどう聞こえを改善すると良いか
  • 補聴器の種類や特徴、それぞれの金額の違い

など、耳のことから補聴器のことまで、資料を使って、ご説明させていただきます。

補聴器は、上記のように形状ごとに補える聴力の部分があります。まずは、必ず、聴力が補えるものを選ぶ必要があります。補聴器は、上記のように形状ごとに補える聴力の部分があります。まずは、必ず、聴力が補えるものを選ぶ必要があります。

補聴器には、いくつか種類があり、それぞれ、音の出力(聴力を補える範囲)と形状ごとに補いやすい聴力が変化します。

例。あくまでも当店で扱っている補聴器でのお話になりますが、補聴器の形状によっても補いやすい聴力型や扱いやすさ、どのようなところで使いやすいのか、が補聴器によって変化します。例。あくまでも当店で扱っている補聴器でのお話になりますが、補聴器の形状によっても補いやすい聴力型や扱いやすさ、どのようなところで使いやすいのか、が補聴器によって変化します。

ご自身の聴力を調べさせていただいた後、適する補聴器に関して、ご紹介させていただき、その中から、ご自身が使いたいと思う補聴器を探していきます。

合う補聴器というのは、非常に単純で

  • 聞こえの改善ができる事
  • 取り扱いに問題ない事

の2つです。

ご本人様が扱えるものを選び、聞こえの改善もしていきます。

補聴器の調整及び、聞こえの改善

ご説明の途中から、補聴器の試聴も実際に行なっていきます。

補聴器の音の調整に関しては、両耳とも難聴の場合、聞こえの改善の8割を占めるほど、非常に重要な要素となります

なるべく聞こえにくさを改善していくためのポイントは、単純で

  • 改善目標値を把握する
  • 現状を把握する

この二つになります。

こちらは、補聴器の効果を可視化できるもので表現してみたものです。聴力によって、変化しますが、今現在の補聴器は、概ね、このくらいまで、改善できるようになってきています。こちらは、補聴器の効果を可視化できるもので表現してみたものです。聴力によって、変化しますが、今現在の補聴器は、概ね、このくらいまで、改善できるようになってきています。

冒頭でもお話させていただいた通り、補聴器は、今現在、どのくらい改善すると良いのか。その点は、おおよそ、わかってきています。

その部分まで、改善できると聞こえにくさの改善は、しやすくなりますので、改善目標値と今現在の聞こえの状態。それを把握できるようにしていけると、聞こえの改善は、しやすくなります。

補聴器の音を聞いただけでは、どこまで改善できているかわかりづらいので、効果を調べる測定で、改善状況を把握できると、改善は、しやすくなります。補聴器の音を聞いただけでは、どこまで改善できているかわかりづらいので、効果を調べる測定で、改善状況を把握できると、改善は、しやすくなります。

補聴器の効果を調べる機器で、それらを確認しつつ、補聴器を使用した感覚。例えば、音が大きすぎて辛い事は、ないか。補聴器から聞こえる音の違和感が強すぎる事はないか。それらを確認しつつ、改善できると良いところまで、少しずつ改善していきます。

こちらに関しては、お客様のペースや耳の状況によって、変わってきますので、それぞれのペースに合わせて、聞こえの改善を行っていきます。

日常生活での試聴

当店では、即決せずに補聴器を日常生活で試せるようにしています。そのようにした方が、適切に使える補聴器なのかを知ることができるためです。当店では、即決せずに補聴器を日常生活で試せるようにしています。そのようにした方が、適切に使える補聴器なのかを知ることができるためです。

補聴器に関して、ある程度、調整できたら、実際に日常生活で使えるよう、貸出を行い、試せるようにしています。

貸出については、安心して、相談できるようにする。という意味もありますが、当店側からしますと、使用する人が補聴器を扱う上で、問題なく使えるのか。ちゃんと使えるものなのか。を確認するためでもあります。

初めて、ご相談する場合、どのようなものが良いのかは、なかなかわかりにくいものです。

そのため、実際に使っていただき、問題なく使えるのか。使用していて、使いづらいところは、ないか。を確認できると、当店側も、どのような補聴器が良いのかわかりますので、適切な補聴器を提供することに繋がります。

これらを確認するために、試聴や貸出を行い、状況を確認していきます。

2回目以降(⑤)

幾日か、補聴器の貸出をさせていただき、補聴器があると良い。ご自身に合う補聴器を選びたい。と、なった場合は、補聴器の選定に移行します。

また、再度、復習も入れて、補聴器の種類から補聴器の性能、補聴器を選ぶ上で、大切となる部分をご説明していきます。

補聴器を選ぶ場合は、実際の経験を通じて、行えるとご自身にとって良い補聴器を選びやすくなります。補聴器を選ぶ場合は、実際の経験を通じて、行えるとご自身にとって良い補聴器を選びやすくなります。

今回は、実際に補聴器を使った経験がありますので、実際に使ってみてどうだったのか。それらを踏まえ(確認し)ながら、補聴器の形状、性能に関して、相談していきます。

様々なものを日常生活から職場で試せるよう、広く種類に関しては、用意しています。見た目は、似たようなものが多いのですが、中身が異なります。様々なものを日常生活から職場で試せるよう、広く種類に関しては、用意しています。見た目は、似たようなものが多いのですが、中身が異なります。

補聴器の試聴機は、ほぼ全ての機器を揃えておりますので、自由にどの補聴器(機種、性能)も試せるようにしています。

試したり、ご相談しながら、ご自身が望む補聴器を探していきます。

補聴器のご相談をしつつ、少しずつ、改善目標値まで改善していきます。無理に行わず、使える範囲内から初め、音を大きくしても良さそうになってきたら、徐々に改善度を上げていきます。補聴器のご相談をしつつ、少しずつ、改善目標値まで改善していきます。無理に行わず、使える範囲内から初め、音を大きくしても良さそうになってきたら、徐々に改善度を上げていきます。

なお、こちらと同時に、補聴器の調整も煮詰めていきます。

上記の通り、補聴器には、改善できると良い目標値がありますので、効果を確認できる機器を使いながら、現状を把握し、無理のない範囲で、聞こえの改善をしていきます。

最後(⑥)

ご自身が望む補聴器がわかったら、補聴器をご用意して、お渡し致します。

この部分まできますと、補聴器の調整も8割、9割がた終わっている事が多く、その後に、少し調整する事があれば、より改善できるようにしていきます。

補聴器をお渡しと同時に代金のご請求をさせていただき、完了です。

お渡し後は、補聴器が故障しないようにしたり、音が止まりやすい原因などをお伝えし、なるべく困らないようにしていきます。

そして、もしできればですが、4〜6ヶ月に1度でも良いので、補聴器の定期メンテナンスをさせていただき、良い状態をキープさせていただければ、より良い補聴器の活用に繋がります。

当店におけるアフターサービス(故障時の対応も含む)こちらでは、当店で行っているアフターフォローに関する内容や、聞きにくくなった際に行っている事をまとめています。仮に補聴器が故障したり、聞きにくさを感じるようになって来た場合、まず初めに聞きにくさに困らないようにさせていただき、状況の改善を行っていきます。...

ご相談(改善)の流れのまとめ

当店では

このようにして、聞こえの改善を行なっています。

基本的には①〜④までを初回で行い、その後の対応は、ご希望に応じて変えています。

ご購入(改善)には、3〜6回通っていただくことが多く、初回の相談時は、1時間30分〜2時間ほどかかります(耳の状況など調べることが多いため、時間がかかります)

その後のご相談は、30分〜1時間になります。

少々、手間やお時間がかかる点は、誠に申し訳ございません。

その代わり、しっかりご相談できる環境を作り、聞こえにくさを改善できるようにしています。

このお店に合う方(対象となる方)

上記に記載した通り、このお店は、しっかり測定したり、補聴器を使っていただきながら、状況をお伺いし、ご家族様、そして、ご本人様を交えて、ご相談を繰り返していきます。

このお店に合う方は、

  • 若年性の老人性難聴の方
  • ある程度、ご自身で活動できる方
  • ご自身のペースでしっかりとご相談したい方

になります。

寝たきりの方や車椅子の方、さらには、ご自身では、補聴器の装用が難しい方、ご両親が補聴器の必要性を感じていない場合は、このお店は向きません。

そのような方は、別のお店を探すことをお勧めします。

逆にご両親が困っており、その相談先を探されている方であれば、上記の対応をさせていただき、より良い状態になるよう、こちらで、お手伝いさせていただきます。

ご購入になったお客様の声

こちらでは、実際に当店でご購入になったお客様の声についてまとめていきます。

リンク先には、実際にどのように改善させていったのか。その点に関してもまとめてみましたので、ご参考にどうそ。

老人性難聴、突発性難聴により、聞こえにくい方

どのようなことでお悩みでしたか?

ご家族様
ご本人様

補聴器を実際にお使いになっていかがでしょうか

ご家族様
ご本人様

このお店でご相談(購入)した理由は、何でしょうか?

ご家族様
ご本人様

実際のアンケート

ご家族様
ご本人様
【より聞きやすく】右耳、老人性難聴、左耳、突発性難聴の方、補聴器で改善80代、女性の方。片耳、老人性難聴、もう片耳、突発性難聴の方を補聴器で改善しました。補聴器で聞こえを改善する際に重要となる、補聴器の調整から、形状の選択など、まとめてみました。お悩みの方は、参考にどうぞ。...
扱いやすさを重視したオーソドックス補聴器、ボレロBーP(SP)ボレロBーP(SP)は、フォナックの補聴器の中で、標準的な耳かけ形になります。こちらは、少し形状が大きくなるものの、扱いやすさ、誰でも使える汎用性。これらが特徴的な補聴器です。メリット、デメリットをまとめ、オススメの人に関して、記載してみました。...

https://l-s-b.org/category/improvement-case/

その他の改善症例

その他の改善例に関しては、

こちらに記載しています。ご参考にどうぞ。

Q&A

Q、自立支援法(身体障害者手帳による補聴器購入)は使えますか?

はい。身体障害者手帳をお持ちの方でしたら、自立支援法も取り扱いがございます

その際は、自立支援法を使いたい。身体障害者手帳を持っている。とお声がけいただければ、幸いです。

Q、高齢者(児童)補聴器購入費助成制度は、利用できますか?

お住いの地域がご利用可能でしたら、ご利用できます。

こちらに関しては、○○区(お住いの地区名) 高齢者(児童) 補聴器購入費助成制度、とWebで検索していただければ、お住いの地域で、行なっている場合は、出てきます。

実際には、お住いの地区により変化し、助成を行なっているところと行なっていないところに分かれます。

助成制度がご利用できる場合は、当店より、制度に関するご案内をしております。

Q、耳鼻科で聴力検査をしてもらったのですが、そのデータがありません。そのような場合でもみていただけるのでしょうか?

データがないだけであれば、こちらで再度測定することができますので、大丈夫です。補聴器を合わせる過程上で耳の状況を確認させていただきます。

Q、お店に持っていくものは、ありますか?

お店に持って来ていただけると嬉しいのは、耳鼻科さんで検査した内容になります。ただ、こちらは、病院さんから受け取っている場合のみで構いません。

こちらがない場合は、当店でお調べすることもできますので、もしお持ちであれば、ご持参いただけると嬉しいです。

Q、お支払い方法は、どのようなものがありますか?

お支払い方法に関しては、こちらの通りです。基本的な支払い方法は、用意しており、クレジットカードも、大半のカードをご利用できるようにしています。

補聴器の金額は、高額ですので、もしよければクレジットカードのポイントにでもしていただき、他のものを購入する際にご利用いただければと思います。

なお、キャッシュレス還元事業には、登録済みで、5%の還元ができます。

当店では、このように改善しています

こちらでは、ご両親が聞きにくさでお困り方へ、聞こえの改善をどう行なっているのか。その点に関して、まとめてみました。

聞こえにくさを補聴器で改善していく場合、補聴器の調整により、聞こえの改善度が決まることが多いです。

そのため、その部分に関して、なるべく良い状態にできるようにする事、そして、使いやすい補聴器を選ぶ事で、お悩みの部分をなるべく改善できるよう、対応しています。

難聴になり、聞きづらさが強くなってしまうと、どうしても聞きにくいが故に、行動しづらくなったり、人と接するのが億劫になる事があります。

当店では、なるべくそういった難聴による不便さ。それを改善するために、しっかりと聞こえを改善する事を第一に考え、上記のようにご対応しています。

【お困りの方へ】ご相談、承っています

聞こえにくいことでお悩みだったり、お使いの補聴器に関するご相談ごとがございましたら、以下のお問い合わせフォームより、ご連絡ください。

お悩み事のご相談や補聴器の試聴、貸出について、承っています。

お問い合わせ内容は、営業日より、一日以内で返信しております。お問い合わせ後、来店日時をご相談の上、対応させていただきます。

お電話でご連絡する場合は、03-5809-7586までお願いいたします。ただ、接客中は、出れないこともございますので、予め、ご了承いただければ幸いです。

また、以下のフォームよりお送りしたのに関わらず、返信がない場合は、誠にお手数ですが、お電話(03-5809-7586)へ、ご連絡願います。

どちらかお問い合わせしやすい方をご利用いただければ幸いです。よろしくお願い申し上げます。






 お名前 必須
例:東京 太郎

 メールアドレス 必須
例:abc@gmaill.com

 相談内容をご記入願います 必須
例:補聴器の相談希望です。○○日、もしくは、○○日が空いているのですが、いつ頃、予定は空いていますか?