良い状態をキープするための補聴器の定期メンテナンス

補聴器をご購入後、当店では、良い聞こえの状態をキープするために補聴器の定期メンテナンスをお勧めしています。

補聴器は、使用していれば部品の劣化が起き、気がつかず、聞きにくくなってしまうケースもあります。それらが起こる前に対応できると、聞こえがよい状態をキープでき、困ることも少なくできます。

補聴器がある状態に慣れますと、補聴器がない状態は、すごく不安になってしまいます。

そのため、補聴器を購入した後は、できるだけ困らないよう、良い状態をキープすることが重要になります。

当店でしているメンテナンス

当店でしているメンテナンスは、

  • 点検:音のチェック、動作のチェック
  • 掃除:補聴器の汚れの除去
  • 交換:劣化や目詰まりしている部品の交換
  • 備考:補聴器をお預かりするケースでは、代替機の貸出もしています

こちらの通りです。

基本的にはメンテナンスを行い、クリーニングをすると同時に、どこか不良があったり、初めの内に直した方が良いものは、直していきます。

中には、メーカーへお送りしないと直らないケースもあったりするのですが、その場合は、補聴器の代替機を貸出して、なるべく困らないようにしています

メンテナンスの料金や頻度に関しては、

  • 代金:点検、掃除の基本料540円+部品代
  • 期間:4〜6ヶ月に一度
  • 備考:人や状況によって、通う頻度は変化します(6ヶ月に一度、などの頻度)

このようになります。メンテナンスの頻度は、4〜6ヶ月に一度を推奨しています。

汚れやすい人は、2〜3ヶ月に1度くらいで、そのようなことはなく、一般的な方は、6ヶ月に1度に定期メンテナンスをお願いしています

補聴器の点検

補聴器の点検で行なっているのは、

  • 動作チェック
  • 補聴器の音チェック

の2点です。

動作チェック

動作チェックでは、スイッチ系の確認を行います。

スイッチ系とは、ボリュームやプログラムスイッチ、そして、電源になります。

これらのものは、何度も動作させると、へたってきたりしますので、動作が怪しくなったら、修理するためにお預かりしたり、その場で手直しします。

特に耳かけ形の場合、電源のON、OFFを繰り返すと電池に当たる金具が開いてしまい、スイッチが入りにくくなったりしますので、そのようにならないよう、事前に対処します。

事前に対処できると、お使いの時に急に使えなくなる。というのは、減らすことができます。

補聴器の音、チェック

補聴器の音が弱くなっているか、しっかり出ているかは、耳では、わかりづらいため、特性機と呼ばれる機械で、補聴器の状態を調べ、現状の状況をチェックしていきます。補聴器の音が弱くなっているか、しっかり出ているかは、耳では、わかりづらいため、特性機と呼ばれる機械で、補聴器の状態を調べ、現状の状況をチェックしていきます。

補聴器の音、チェックとは、補聴器の音を調べる特性機で、設定した通りに音が出ているのか。その確認を行います。

補聴器の音は、高い音だけ低下していたり、気がつかないで低下することもありますので、実際に設定した通りに出ているのか。その確認を機械で行います。

補聴器の掃除

補聴器の掃除では、汚れを落とすこともそうですが、それ以上に行なっているのは、聞きにくくならないように対処することです。

白い部品の奥に音を出す部品があります。この白い部品(フィルター)が詰まると音が聞こえなくなってしまいますので、そうなる前に対処できると良い状態をキープすることができます。白い部品の奥に音を出す部品があります。この白い部品(フィルター)が詰まると音が聞こえなくなってしまいますので、そうなる前に対処できると良い状態をキープすることができます。

耳あな形補聴器、一部のクロス補聴器では、耳の中にイヤホンを入れるため、耳垢や汚れにより、音が聞こえなくなることもあります。

耳の中に入る部分には、上記の写真のような白いフィルターがついています。

こちらが詰まる前に掃除やメンテナンスを行い、常に聞こえる状態をキープするようにしています。

補聴器の部品の交換

補聴器によっては、交換する部品がいくつかあります。

補聴器には、いくつか交換する部品があります。劣化した場合は、使いにくくなったり、聞きにくくなる前に交換し、良い状態にしていくことが大切です。補聴器には、いくつか交換する部品があります。劣化した場合は、使いにくくなったり、聞きにくくなる前に交換し、良い状態にしていくことが大切です。

耳かけ形の方が多いのですが、チューブ(上から2番目、透明なくだ)やフック(一番上の半月のように曲がっている部品)、耳せんが主な交換対象になります。

これらの部品は劣化してくると使いづらくなったりしますので、劣化している場合は、交換をしていきます。

人によって異なりますが、4〜6ヶ月の頻度で交換していきます。汚れやすい人ほど、交換の目安は、早くなります。

重要なのは、聞こえる状態をキープすること

当店では、このような定期メンテナンスを行なっています。メンテナンスの目的は、聞こえる状態をキープすることです。

上記の内容は、全て聞こえる状態をキープするために行っており、仮に悪いところがあった場合、修理の必要性があるケースでは、代替機の貸出も行い、困ることを少なくしています。

当店の考えは、補聴器を売ることではなく、補聴器を通じて、少しでも日常生活や職場での環境を良くしていただくことです。

そのため、定期メンテナンスを行い、なるべく困るような要素を少なくしていきます。

部品の劣化や音が聞こえにくくなる原因にはいくつかありますが、定期メンテナンスを行うことで、それらの部分は、減らすことができます。

聞こえにくくなることが減れば、自然と困ることも少なくなってきます。

当店では、このようなアフターフォローも行なっています。

【お困りの方へ】無料でご相談、承っています

聞こえにくいことでお悩みだったり、補聴器に関するご相談ごとがございましたら、以下のお問い合わせフォームより、お気軽にご連絡ください。

お困りの部分を改善したり、聞きにくさの改善のお手伝いをさせていただきます。

お問い合わせ内容は、営業日より、一日以内で返信しております。お問い合わせいただき、ご来店日時をご相談の上、ご対応させていただきます。

お電話でご連絡する場合は、03-5809-7586までお願いいたします。ただ、接客中は、出れないこともございますので、予め、ご了承いただければ幸いです。

また、以下のフォームよりお送りしたのに関わらず、返信がない場合は、誠にお手数ですが、お電話でご連絡、03-5809-7586(青色の部分をクリック、タップで当店へ電話繋がります)、いただければ幸いです。

どちらかお問い合わせしやすい方をご利用ください。よろしくお願いいたします。

当店は、一人で行なっているため、ご対応に限りがございますご希望の場合は、お早めに連絡する事をお勧め致します。






 お名前 必須
例:東京 太郎

 メールアドレス 必須
例:abc@gmaill.com

 相談内容をご記入ください 必須
例:補聴器の相談希望です。○○日、○時は、空いていますか?