当店における片耳のみ聞こえにくいケースの改善の流れ

片耳のみ聞こえにくいケースに関しては、現状の耳の状況をお調べし、その状況に合った聞こえの改善方法を提案したり、聞こえの改善に関するご説明をはじめに行なっています。

そして、今現在、感じている聞こえにくさをなるべく改善していくために、補聴器の調整状態を見える化し、お客様と聞こえの改善状況をご相談しながら、改善できるところは、なるべく改善するようにしています。

基本的には、お客様がご希望されている事、気になる事(聞いてみたい事)、悩んでいる事。これらをお伺いさせていただき、それぞれの状況にあったご相談やご対応をしていますので、一概に言えないのですが(お客様の状況も多種多様なため)、一例として、改善の流れに関して、記載していきます。

目次

当店でのご相談の流れ(全体)

片耳のみ聞こえにくいケースのご相談ですが

主に上記の通りとなります。

初回では、①〜④まで行い、耳の状況に関して、お伺いしたり、お困りの部分を確認したり、ヒアリングをしていきます。

その後、耳の状況を確認させていただき、その状況にあった聞こえの改善方法や補聴器のご説明をしています。

いきなり購入。ではなく、実際に補聴器を使うと、どんな風になるのか。その点に関して、ご自身でご確認いただけます。いきなり購入。ではなく、実際に補聴器を使うと、どんな風になるのか。その点に関して、ご自身でご確認いただけます。

その後、日常生活や職場などで、どのような変化があるか体験できるように補聴器の貸し出しもしています。

実際に使っていただいた後、補聴器があると生活が楽になる。職場での対応が楽になる。などあった方が良い方は、補聴器の選定をしていきます。実際に使っていただいた後、補聴器があると生活が楽になる。職場での対応が楽になる。などあった方が良い方は、補聴器の選定をしていきます。

幾日か補聴器を使用いただき、あった方が良いという方のみ、⑤の部分へ進み、改めて、どのような補聴器にしようか、再度試聴をしたり、ご相談を行い、決めていきます。

そして、補聴器が決まったら、お渡しして今後のケアについてお伝えします。

当店では、主に上記のような流れで補聴器のご相談を行なっています。

補聴器の試聴、貸出に関しては、あまり改善されなかったり、不要だと感じましたら、そのまま補聴器をご返却いただければ大丈夫です。補聴器のご相談、試聴、貸出は、無料で行なっていますので、その際に何か請求することもしておりませんので、ご安心ください。

片耳のみ全く聞こえないケースのご対応

片耳のみ全く聞こえないケースの聞こえの改善

ここからは、個別に記載していきます。片耳のみ難聴の場合、その特殊さゆえ、耳の状況によって改善する補聴器から、補聴器の選定まで、全く別の状態になりますので、分けて、記載していきます。

片耳が全く聞こえないケースの典型例。このようなケースは、生まれつきの片耳難聴から突発性難聴、ムンプス難聴、聴神経腫瘍などにより、なる事があります。片耳が全く聞こえないケースの典型例。このようなケースは、生まれつきの片耳難聴から突発性難聴、ムンプス難聴、聴神経腫瘍などにより、なる事があります。

まずは、このような聴力の場合です。

このような全く片耳が聞こえないケース。もしくは、何らかの理由により、その耳に補聴器を装用しても効果が得られないケースは、クロス補聴器。というもので、聞こえにくさの改善をしています。

このような特殊なケースは、まず一般的な補聴器による補聴効果はほとんど得られない。ということを知る必要があります。このような特殊なケースは、まず一般的な補聴器による補聴効果はほとんど得られない。ということを知る必要があります。

まず、このような聞こえの方を改善する場合ですが、残念ながら、一般的な補聴器。聞こえにくくなった耳に補聴器を装用して、聞こえの改善をする。という方法では、ほとんど聞こえの効果を得る事ができません。

クロス補聴器とは、聞こえる耳側に補聴器をかけ、聞こえない耳側にクロスをかける事で、クロスに入った音を聞こえる耳側に転送して、聞こえを改善する補聴器です。クロス補聴器とは、聞こえる耳側に補聴器をかけ、聞こえない耳側にクロスをかける事で、クロスに入った音を聞こえる耳側に転送して、聞こえを改善する補聴器です。

そのため、聞こえる耳側に音を転送して、聞こえにくさを改善するクロス補聴器。というもので、聞こえにくさの改善を行い、改善していく事が多いです。

これは、片耳のみ聞こえにくく、かつ、その耳に補聴器を装用しても効果が得られなかったケースも同様です。

片耳のみ難聴のケースは、一般的な補聴器では、聞こえにくさが改善できないケースが多々ありますので、そのような場合は、その方の状況にあった補聴器で、聞こえにくさの改善をするようにしています。

クロス補聴器に関する内容は、一通り、資料にまとめ、クロス補聴器に関して、理解しやすくしています。クロス補聴器に関する内容は、一通り、資料にまとめ、クロス補聴器に関して、理解しやすくしています。

そして、このような珍しい機器は、情報が少ない事から、その内容に関しても、どのようなものなのかをご説明するようにも、しています。

クロス補聴器の選定

補聴器の選定に関しては、耳の状況を確認させていただいた後、上記のような聞こえを改善する方法から、クロス補聴器とは、どのようなものなのか。それらを含めて、お話をしています。

クロス補聴器には、いくつか特徴や注意点がありますので、その点も含めて、お話をしています。クロス補聴器には、いくつか特徴や注意点がありますので、その点も含めて、お話をしています。

クロス補聴器にもいくつか形状などあるのですが、一部のものは、使用すると、逆に聞こえづらくなるものなどもありますので、その注意点を含めた内容をお伝えしています。

もちろん、特殊な機器のご説明となりますので、わからない部分や気になる部分などあれば、その場でご質問いただきながら、どういったものが良いかをご相談できるようにも、しています。

クロス補聴器に関しても実際に使いたいところでも使えるよう貸出もしています。クロス補聴器に関しても実際に使いたいところでも使えるよう貸出もしています。

そして、クロス補聴器に関しても、試聴、貸し出しを通じて、日常生活から、職場など、それぞれの環境で使い勝手や補聴器の取り扱いについても確認できるようにしています。

貸出については、安心して、相談できるようにする。という意味もありますが、当店側からしますと、使用する人が補聴器を扱う上で、問題なく使えるのか。を確認するためでもあります。

初めて、ご相談する場合、どのようなものが良いのかは、なかなかわかりにくいものです。

それは、対応する側も全く同じで、実際に使っていただき、問題なく使えるのか。使用していて、使いづらいところは、ないか。を確認できますと、当店側も、どのような補聴器が良いのかわかりますので、このような仕組みにして、適切な補聴器を探せるようにしています。

実際に試していただきながら、どのようなものが良いか。ご相談できるようにしています。実際に試していただきながら、どのようなものが良いか。ご相談できるようにしています。

その後、また何か気になる事があれば、いくつか別の補聴器を試していただいても良いですし、その補聴器がよければ、その補聴器にする。など、臨機応変にご対応しています。

クロス補聴器による聞こえの改善(音の調整)

クロス補聴器で聞こえを改善する際も補聴器による聞こえの改善状況を見える化して、行なっています。

クロス補聴器に関しては、補聴器の調整画面を見ていただいた方がわかりやすいため、このように内容を見れるようにしています。クロス補聴器に関しては、補聴器の調整画面を見ていただいた方がわかりやすいため、このように内容を見れるようにしています。

クロス補聴器の場合、聞こえる耳側に音を転送する特殊な機器ですが、ある程度、聞こえを改善した方が良い部分は、あり、その状況を補聴器の調整画面をご覧いただきながら、お話をしています。

補聴器の設定なども見れ、かつ、使いやすい補聴器にする事も、大切なことです。補聴器の設定なども見れ、かつ、使いやすい補聴器にする事も、大切なことです。

なお、補聴器の調整画面は、補聴器を調整するだけのものではなく、補聴器の使い方や使用設定などもありますので、補聴器を使う方が使いやすい補聴器の設定をするためのご相談をするためにも、このようにしています。

当店の場合は、なるべく聞こえにくさを改善できるようにするため、そして、使いやすい補聴器を提供するため、このようにして、ご対応しています。

片耳難聴で一般的な補聴器で改善すると良いケースのご対応

片耳難聴で一般的な補聴器で改善する良いケースとは

片耳難聴といっても、聴力に関しては、色々あります。上記のような全く片耳のみ、聞こえないケースから、もう少し軽く、軽度〜中等度難聴のようなケースです。

中等度難聴くらいの場合は、その耳に一般的な補聴器をつけた方が聞こえの改善度は、上がる傾向があります。中等度難聴くらいの場合は、その耳に一般的な補聴器をつけた方が聞こえの改善度は、上がる傾向があります。

このような軽度〜中等度難聴に該当する場合は、その耳に一般的な補聴器を装用した方が、聞こえにくさの改善は、しやすくなります。

厳密には、耳の状況によっても、変わってきてしまうのですが、聴力低下した耳側に補聴器を装用した方が、聞こえにくさの改善がしやすいケースもあり、そのような方は、聞こえにくくなった耳側に補聴器を装用して、聞こえにくさを改善しています。

補聴器の選定

耳の状況を確認させていただいた後、仮に一般的な補聴器を装用して聞こえにくさを改善した方が、聞こえが改善できそうなケースは、こちらに該当する内容をお話しさせていただきます。

補聴器に関しては、わかりづらいところも多くありますので、なるべく理解しやすくするために、予め、資料にまとめて、お伝えしています。補聴器に関しては、わかりづらいところも多くありますので、なるべく理解しやすくするために、予め、資料にまとめて、お伝えしています。

補聴器の形状に関する違いなどは、資料にまとめておりますので、一つ、一つ、お伝えし、わからない部分や気になる部分などあれば、その場でご質問いただきながら、どういったものが良いかをご相談できるようにしています。

実際に使いたいところでも使えるよう、補聴器の貸出もしています。実際に使いたいところでも使えるよう、補聴器の貸出もしています。

そして、補聴器に関しては、試聴、貸し出しを通じて、日常生活から、職場など、それぞれの環境で使い勝手や補聴器の取り扱いについても確認できるようにしています。

試していただいた後、何か気になることがあれば、別の補聴器を試聴していただいても良いですし、試聴した補聴器がよかった場合は、その補聴器にする。など、臨機応変にご対応しています

補聴器での聞こえの改善(音の調整)

一般的な補聴器で聞こえを改善していく場合、基本的には、補聴器での聞こえの改善状況を見える化して、聞きにくさを改善しています。

補聴器の調整画面。補聴器の調整画面には、今、どのくらい改善されていて、どのくらいまで改善されると良いかの目標も見る事ができます。補聴器の調整画面。補聴器の調整画面には、今、どのくらい改善されていて、どのくらいまで改善されると良いかの目標も見る事ができます。

見える化する際によく使用するのは、補聴器の調整画面や

補聴器での聞こえの改善状況を見える化するのに良く使われるのは、この測定です。補聴器での聞こえの改善状況を見える化するのに良く使われるのは、この測定です。

補聴器を使用した状態の聞こえの改善度を見える化できる測定です。

先ほどの聴力の場合、概ね、改善できると良い数値は、このくらいになります。正常な人の聴力は、0〜25dBになり、そこには、至らないのですが、その近くまで改善する事で、聞こえにくさの改善は、しやすくなります。先ほどの聴力の場合、概ね、改善できると良い数値は、このくらいになります。正常な人の聴力は、0〜25dBになり、そこには、至らないのですが、その近くまで改善する事で、聞こえにくさの改善は、しやすくなります。

今現在、ある程度、聞こえにくさの改善に関しては、どこまで改善できると良いのか。その点は、おおよそ、わかってきています。

改善目標値と今現在、どこまで聞こえが改善できているのか。その比較をする事で、どこが改善されていて、あと、どこを改善すれば良いのか。その点がわかりやすくなり、聞こえの改善がしやすくなります。改善目標値と今現在、どこまで聞こえが改善できているのか。その比較をする事で、どこが改善されていて、あと、どこを改善すれば良いのか。その点がわかりやすくなり、聞こえの改善がしやすくなります。

そのことから、上記のものを活用し、現状を明らかにしつつ、目標の部分と今現在、どこまで聞こえが改善されているのか。その点を把握しながら、聞こえの改善状況をご相談できるようにも、しています。

当店でご相談になったお客様の声

こちらでは、実際に当店でご相談になったお客様の声についてまとめていきます。

ご相談いただいた方をどう改善させたのかもリンク先に載せていますので、興味がある方は、参考にしてみてください。

突発性難聴により、聞きにくくなった方

どのようなことでお悩みでしたか?

補聴器を実際にお使いになってみていかがでしょうか

このお店でご相談(購入)したのは、なぜですか?

実際のアンケート

【仕事時、聞きやすく】突発性難聴により、片耳難聴の方、クロス補聴器で改善50代、女性。突発性難聴により、右耳が失聴してしまった方を補聴器で改善しました。全く聞こえない耳でしたので、クロス補聴器で改善し、その際の改善思考から、補聴器の選定まで、まとめています。...

ムンプス難聴により、聞きにくくなった方

どのようなことでお悩みでしたか?

補聴器を実際にお使いになってみていかがでしょうか

このお店でご相談(購入)したのは、なぜですか?

実際のアンケート

【ミーティングで聞きやすく】ムンプス難聴で、片耳聞こえない方をクロス補聴器で改善ムンプス難聴により、片耳、全く聞こえなくなってしまった方をクロス補聴器で改善しました。改善に関する考え、補聴器の選択など、全てまとめてみました。お悩みの方は、参考にしてみてください。...

生まれつき片耳のみ聞こえにくい方(生まれつきの感音性難聴)

どのようなことでお悩みでしたか?

補聴器を実際にお使いになってみていかがでしょうか

このお店でご相談(購入)したのは、なぜですか?

実際のアンケート

【聞きやすく】片耳のみ生まれつき感音性難聴の方、クロス補聴器で改善生まれつき片耳のみ感音性難聴の方をクロス補聴器で改善しました。実際にどう考えて改善したのか、考え方、機種選定、性能選定、全て記載しています。同じような耳の方は、参考にしてみてください。...

その他の症例&改善情報

その他の改善例に関しては、

こちらに記載しています。

また、改善に関する内容は、以下にもあります。

片耳が全く聞こえない片耳難聴を補聴器で改善する4つのポイント片耳のみ全く聞こえない方を補聴器で改善するための考え、補聴器選定、補聴器の性能、補聴器の調整についてまとめました。今現在、一般的な補聴器では補えない方、用にクロス補聴器での改善もできるようになりました。...
片耳のみ中等度難聴の耳を補聴器で改善する4つのポイント片耳のみ中等度難聴ほどの聞こえを補聴器でしっかり改善する方法についてまとめました。改善に重要になる、補う方法、補聴器の種類の違い、性能、そして、補聴器の調整まで、まとめています。聞きにくさにお悩みの方へ、参考になれば幸いです。...
クロス補聴器の3つの対象者としっかり理解する7つのポイント片耳のみ聞こえにくい方を改善するクロス補聴器の基本、作られた経緯、対象者、改善する際の形状(種類)、性能、聞こえを引き出す調整に関して、まとめてみました。中には、実際に改善した方の実例も載せていますので、お悩みの方は、参考にしてみてください。...

Q&A

Q、聴力データがないのですが、それでもお引き受けしてくれますか?

データがない場合でも、お店の方で調べさせていただきますので大丈夫です

どのように補ったら良いのかを考える際、調べさせていただきます。

Q、片耳が全く聞こえないのですが、もう片耳も少し聞きづらさを感じています。このようなケースでも、クロス補聴器は、使えるのでしょうか?

その場合は、バイクロス補聴器の方が良いかもしれません

バイクロスとは、全く聞こえない耳は、まだ聞きやすい耳側へ音を転送し、まだ聞きやすい耳側は、補聴器で聞こえを改善させる補聴器です。

クロス補聴器とよく似たもので、まだ聞きやすい耳側も補聴器で補ったのが、バイクロス補聴器となります。

ただ、実際には、どのくらい聞こえにくいのかにより、クロスかバイクロスかが分かれます。詳細は、以下の内容をご覧下さい。

当店における左右の聴力が異なるケースの改善の流れ左右の聴力が異なるケースの改善に関しては、現状の耳の状況をお調べし、その状況に合った聞こえの改善方法を提案したり、聞こえの改善に関するご...
バイクロス補聴器の対象者としっかり聞こえを改善する7つのポイントバイクロス補聴器は、片耳が補聴器で補え、もう片耳が補聴器で補えない方に使用される機器です。この補聴器の対象者、基本となる仕組み、形状選定、性能、そして、改善に必要な調整まで、全てをまとめてみました。実例もご用意しましたので、聞こえにお悩みの方は、参考にしてみてください。...

Q、自立支援法(身体障害者手帳による補聴器購入)は使えますか?

当店にて、自立支援法の取り扱いは、ありますが、残念ながら片耳のみ難聴の場合は、制度の対象とならないため、使うことができません。

一番、等級の低いレベルで、両耳とも70dB以下の聴力か、片耳が90dB以下で、もう片耳が、50dB以下になって、初めて対象となります。

片耳のみ難聴の場合は、等級対象とならないため、残念ながら使うことができません。

Q、お店に持っていくものは、ありますか?

お店に持って来ていただけると嬉しいのは、耳鼻科さんで検査した内容になります。ただ、こちらは、病院さんから受け取っている場合のみで構いません。

こちらがない場合は、当店でお調べすることもできますので、もしお持ちであれば、ご持参いただけると嬉しいです。

Q、お支払い方法は、どのようなものがありますか?

お支払い方法に関しては、こちらの通りです。基本的な支払い方法は、用意しており、クレジットカードも、大半のカードをご利用できるようにしています。

補聴器の金額は、高額ですので、もしよければクレジットカードのポイントにでもしていただき、他のものを購入する際にご利用いただければと思います。

なお、キャッシュレス還元事業には、登録済みで、5%の還元ができます。

【お困りの方へ】ご相談、承っています

聞こえにくいことでお悩みだったり、お使いの補聴器に関するご相談ごとがございましたら、以下のお問い合わせフォームより、ご連絡ください。

お悩み事のご相談や補聴器の試聴、貸出について、承っています。

お問い合わせ内容は、営業日より、一日以内で返信しております。お問い合わせ後、来店日時をご相談の上、対応させていただきます。

お電話でご連絡する場合は、03-5809-7586までお願いいたします。ただ、接客中は、出れないこともございますので、予め、ご了承いただければ幸いです。

また、以下のフォームよりお送りしたのに関わらず、返信がない場合は、誠にお手数ですが、お電話(03-5809-7586)へ、ご連絡願います。

どちらかお問い合わせしやすい方をご利用いただければ幸いです。よろしくお願い申し上げます。






 お名前 必須
例:東京 太郎

 メールアドレス 必須
例:abc@gmaill.com

 相談内容をご記入願います 必須
例:補聴器の相談希望です。○○日、もしくは、○○日が空いているのですが、いつ頃、予定は空いていますか?