片耳のみ聞こえにくいケースのご対応

初めて、補聴器について、ご相談する場合、わからないことも多く、不安な部分も多いかと思います。

特に補聴器の場合は、わかりづらい上に、金額が高額ともあり、わからないものをよくわからないまま購入する。というのは、なるべく避けたいものです。

そのため、当店では、初めての方でも、安心してご相談できるように

  • 予約制による一人一人のお客様に合わせた改善のご相談
  • 補聴器に関する基礎や選択まで、資料を用意してのご説明
  • 日常生活から職場まで体験できる補聴器の試聴、貸出サービス

を行なっています。

補聴器や耳に関して、徐々に理解しつつ、こちらのお店では、聞きにくさの改善と補聴器の選択を行なっています。

目次

当店での相談の流れ

初めに当店でのご相談の流れですが、

上記の通りとなります。

初回では、①〜④まで行い、耳の状況から補聴器に関する総合的な内容について説明致します。

その後、日常生活から職場まで、補聴器があるとどう変わるのか。その点に関して体験できるよう貸出を行なっています。

幾日か使用いただき、あった方が良いという方のみ、⑤の部分へ進みます。どのような補聴器が良いか、いくつか候補を出しつつ、試聴やご相談を行い、判断していきます。

そして、補聴器が決まったら、お渡しして今後のケアについてお伝えしています。

当店では、このように対応し、聞きにくさの改善及び、ご相談を行なっています。

当店では、試聴、貸出を行い、実際にあると良いかを体験できるようにしています。仮にあまり改善されない。金額に見合ったものではない。と感じた場合は、そのままご返却いただければ大丈夫です。貸出は、無料で行っていますので、その際にお金をご請求することもございません。

初回のご相談(①〜④)

初回で行う事は、

  1. 耳の状況のご確認(カウセリング)
  2. 各種、測定類で耳のご確認
  3. 補聴器で聞こえを改善させるためのご説明
  4. 日常生活、職場でも使えるよう補聴器の試聴・貸出

の四つになります。

まず初めに、耳の状況に関して、お伺いさせていただきます。

今現在、どのような状態なのか。治療などは、していただいて、耳の状況は、どのようになったのか。その点をお伺いしていきます。

その後、耳の状況に関して、把握していきます。聴力データ(オージオグラム)をお持ちなら、拝見させていただきます。

耳の状態に関しては、検査室がありますので、そちらで調べていきます。耳の状態に関しては、検査室がありますので、そちらで調べていきます。

お持ちでない方やもう少し詳しく見た方が良い方は、お店の方で、耳の測定を行なっていきます。

聞きにくさの改善のために、気になる部分や補聴器の種類、性能に関する内容をまとめて、お伝えしています。聞きにくさの改善のために、気になる部分や補聴器の種類、性能に関する内容をまとめて、お伝えしています。

耳の状況を把握したら、そちらの内容に関するご説明と補聴器で聞こえを改善していく際に必要となる内容を資料を使いながら、お伝えしていきます。

特に片耳のみ難聴の場合、かなり特殊なケースが多く、一般的な補聴器を装用する事で、改善できるケース、そうでないケースに分かれます。

それらに関する資料をまとめておりますので、そちらで一歩、一歩、理解できるようにご説明していきます。

補聴器で聞きにくさを改善させる内容や補聴器の種類など、ご説明をすると同時に、補聴器の試聴も行なっていきます。

補聴器の音の状態に関しては、まず、使用できる範囲内から初めていきます。

今現在、補聴器は、パソコンを使って調整していきます。その際の画面は、見えるようにし、何をしているのか。こちらもわかるようにしています。今現在、補聴器は、パソコンを使って調整していきます。その際の画面は、見えるようにし、何をしているのか。こちらもわかるようにしています。

クロス補聴器。と呼ばれる特殊な機器の場合は、補聴器でどのような状態になっているのか。ディスプレイを用いて、ご説明致します。

一般的な補聴器の場合も、内容は、見れるようにしています。一般的な補聴器の場合も、内容は、見れるようにしています。

また、補聴器で聞こえを改善していくケースにつきましては、ディスプレイを活用したり、

一般的な補聴器の場合、どのくらい聞こえていると良いか。というおおよその部分があります。状況をわかるようにして、聞きにくさの改善を行なっていきます。一般的な補聴器の場合、どのくらい聞こえていると良いか。というおおよその部分があります。状況をわかるようにして、聞きにくさの改善を行なっていきます。

補聴器を使用した状態を見ることができる測定がありますので、これらで、状況をわかるようにしていきます。

このように図にできると、どの部分が足りていて、どの部分が足りていないのかもわかるようになり、改善がしやすくなります。このように図にできると、どの部分が足りていて、どの部分が足りていないのかもわかるようになり、改善がしやすくなります。

こちらを使い、現状を出すとともに、今現在、どのくらい改善できているのか。そして、どのくらいまで、改善できると良いのか。という調整の部分も、ご説明致します。

そして、日常生活や職場でお使いいただけるよう、貸出も行なっています。

なお、貸出しているのは、安心して、相談できるようにしている。ということもありますが、販売側からしますと、補聴器を扱う上で、問題は、ないか。ちゃんと使えるものなのか。を確認するためでもあります。

初めて、ご相談する場合、どのようなものが良いのかは、なかなかわかりにくいものです。

そのため、実際に使っていただいて、問題なく使えるのか。使用していて、不具合は、ないか。が確認できると、販売側からしても、安心して、補聴器を提供できるようになります。

2回目以降(⑤)

幾日か補聴器を使用していただき、補聴器があると良い。となった場合は、ご自身に合う補聴器を探していきます。

補聴器の性能や種類、選ぶ上でのポイントとなる部分を再度、ご説明させていただき、どのようなものが良いかを探っていきます。

補聴器を選ぶ場合は、実際の経験を通じて、行えるとご自身にとって良い補聴器を選びやすくなります。

今回は、補聴器を使用した経験もありますので、その実際の感想と共に、行なっていきます。

デモ機器、貸出機の一部です。それぞれの種類を揃えており、自由に貸出できるようにしています。デモ機器、貸出機の一部です。それぞれの種類を揃えており、自由に貸出できるようにしています。

補聴器の試聴機は、ほぼ全種類揃えております。補聴器の種類や性能、それらに関して、ご相談しつつ、実際に貸出しながら、補聴器を決めていきます。

補聴器のご相談をしつつ、なるべく目標の部分まで、改善できるようにしていきます。ただし、無理にそこまで改善させることは、しません。あくまでも、お客様の様子を伺いながら、改善は、行なっています。補聴器のご相談をしつつ、なるべく目標の部分まで、改善できるようにしていきます。ただし、無理にそこまで改善させることは、しません。あくまでも、お客様の様子を伺いながら、改善は、行なっています。

なお、それと同時に補聴器の調整も良くしていきます。

クロス補聴器も一般的な補聴器も、なるべく適性の部分まで入れられるようにしていきます。

だからと言い、無理に改善することはしません。あくまでも、お客様とご相談しながら、改善できると良い部分まで、改善していきます。

最後(⑥)

貸出を行いつつ、購入する補聴器が決まったら、ご用意して、お渡しです。代金は、補聴器をお渡しと同時にご請求致します。

ここまできますと、補聴器の調整もほとんど終わっていることが大半です。仮に少しまだ、残っている場合は、もう少し調整し、より良くしていきます。

なお、お渡し後は、補聴器が故障しないようにしたり、音が止まりやすい原因などをお伝えし、なるべく困らないようにしていきます。

そして、もしできればですが、4〜7ヶ月に1度でも良いので、補聴器の定期メンテナンスをさせていただき、良い状態をキープさせていただければと思っています。

ご相談(改善)の流れのまとめ

当店では

このようにして、聞こえの改善を行なっています。

基本的には①〜④までを初回で行い、その後の対応は、ご希望に応じて変えています。

ご購入(改善)には、3〜6回通っていただくことが多く、初回の相談時は、1時間30分〜2時間ほどかかります(耳の状況など調べることが多いため、時間がかかります)。

その後の相談は、30分〜1時間になります。

少々、手間やお時間がかかる点は、誠に申し訳ございません。その代わり、聞きにくさを改善させ、生活をより改善できるよう、現状の改善を行なっています。

当店でご購入になったお客様の声

こちらでは、実際に当店でご購入になったお客様の声についてまとめていきます。

ご相談いただいた方をどう改善させたのかもリンク先に載せていますので、参考にしてみてください。

生まれつき片耳が聞こえにくい方

どのようなことでお悩みでしたか?

補聴器を実際にお使いになってみていかがでしょうか

このお店でご相談(購入)したのは、なぜですか?

実際のアンケート

こちらの方を改善させた方法や行なった事については、【実例】片耳、生まれつき感音性難聴の方を補聴器で改善した事例の通りです。

ムンプス難聴により、聴力低下した方

どのようなことでお悩みでしたか?

補聴器を実際にお使いになってみていかがでしょうか

このお店でご相談(購入)したのは、なぜですか?

実際のアンケート

こちらの方を改善させた方法や行なった事については、【席を気にしなく】ムンプス難聴の方、クロス補聴器で改善しましたの通りです。

突発性難聴により、聴力低下した方

どのようなことでお悩みでしたか?

補聴器を実際にお使いになってみていかがでしょうか

このお店でご相談(購入)したのは、なぜですか?

実際のアンケート

こちらの方を改善させた方法や行なった事については、【聞きにくい側の音声が理解しやすく】突発性難聴、片耳中等度難聴の方をクロス補聴器にて改善しましたの通りです。

このほか、片耳のみ難聴の方の改善例は

にまとめています。

なお、ご来店になったお客様の評価は、上記にまとめています。

Q&A

Q、耳鼻科にかかり、一通り診断をしていただいたのですが、聴力検査のデータがありません。その場合でも引き受けてくださるのでしょうか?

データがない場合でも、お店の方で調べさせていただきますので大丈夫です。

どのように補ったら良いのかを考える際、調べさせていただきます。

ただ、耳を耳鼻科さんでみていただいた事がない場合は、初めに受診する事をオススメします。

耳の状況によっては、治療できるケースもありますので、治療できる方にとっては、そちらの方が、お金も安く、聞こえの改善もできるようになります。

Q、補聴器の貸出は、どのくらいできるのでしょうか

補聴器の貸出は、1〜2週間を1区切りにして、何度か貸出をしています。

貸出っぱなし。という訳ではなく、補聴器を使用してみて、どうだったのか。それらを確認しつつ、あまり良くなかった場合は、修正を行なっていきます。

上記に記載した通り、補聴器の貸出機は、多くあるため、比較的、自由に貸出に関しては、行なっています。

Q、片耳が全く聞こえないのですが、もう片耳も少し聞きづらさを感じています。このようなケースでも、クロス補聴器は、使えるのでしょうか?

その場合は、バイクロス補聴器の方が良いかもしれません

バイクロスとは、全く聞こえない耳は、まだ聞きやすい耳側へ音を転送し、まだ聞きやすい耳側は、補聴器で聞こえを改善させる補聴器です。

クロス補聴器とよく似たもので、まだ聞きやすい耳側も補聴器で補ったのが、バイクロス補聴器となります。

ただ、実際には、どのくらい聞こえにくいのかにより、クロスかバイクロスかが分かれます。詳細は、以下の内容をご覧下さい。

リンク:【合う方は?】バイクロス補聴器の基本知識とよく聞かれる質問7選

聞きにくさにお悩みな方、お気軽にご相談ください

聞こえにくさにお悩みだったり、ご相談ごとがございましたら、以下のお問い合わせフォームか、ご連絡先より、ご連絡願います。

聞きにくさの改善に関するご相談や、補聴器の試聴、貸出に関して、承っております。

営業日に関しては、上記の通りです。営業日より、一日以内で返信しております。

お電話でのご連絡は、03-5809-7586までお願いいたします。ただ、接客中は、出れないこともございますので、予め、ご了承いただければ幸いです。

また、以下のフォームよりお送りしたのに関わらず、返信がない場合は、誠にお手数ですが、お電話でご連絡03-5809-7586(青色の部分をクリック、タップで当店へ電話繋がります)、いただければ幸いです。

よろしくお願いいたします。






 お名前 必須
例:東京 太郎

 メールアドレス 必須
例:abc@gmaill.com

 相談内容をご記入ください 必須
例:補聴器の相談希望です。○○日、○時は、空いていますか?