RICタイプのクロス補聴器、オーデオB、クロスBセットの特徴

クロス補聴器とは、片耳が正常で聞こえており、もう片耳が、全く聞こえない。補聴器では、補えない。というような方に使用される補聴器です。

聞こえない耳側にくる音を聞こえる耳側に転送して、聞こえを改善してくれます。

フォナックの製品では、オーデオBとフォナッククロスBがその組み合わせでできるようになっており、小型で、かつ、耳への負担が少なく、楽に使える補聴器です。

初めてなので、楽に使えるものが良い、使いやすい補聴器が良い。という方にオススメです。

オーデオB-312、フォナッククロスB-312の概要

  • 適応:片耳が聞こえており、もう片耳が補聴器で補えない方
  • 形状:小型
  • 種類:RIC(リック)タイプ
  • 金額:260,600〜602,600(セット価格)
  • 保証:補聴器、2年。クロス、1年。※B90のみ3年
  • 特徴:目立ちにくく、使用した感覚が楽な補聴器
  • 色合:9種類
  • 電池:PR41電池(312電池)
  • 備考:一つの電池で、約46〜58時間、保ちます
補聴器名
(組合せ)
金額
(税込)
チャンネル
※1
抑制機能
※2
指向性機能
※3
オーデオB90-312
クロスB-312
602,600
(セット価格)
20 ch
オーデオB70-312
クロスB-312
452,600
(セット価格)
16 ch
オーデオB50-312
クロスB-312
332,600
(セット価格)
12 ch
オーデオB30-312
クロスB-312
260,600
(セット価格)
8 ch

※1、チャンネルとは、補聴器を調整する際にどれだけ周波数別に細かく分けられているか。の数値です。多いと、それだけ、細かく調整しやすくなります。
※2、抑制機能とは、聞こえを改善した後に気になりやすい音や抑制しても問題ない音を抑制し、快適性を高めてくれる機能です。
※3、指向性機能とは、騒がしい中でもなるべく音声が邪魔されない様に支援してくれる機能です。

性能表は、こちらの通りです。補聴器とクロスと呼ばれる機器のセットで、補聴器側にのみ、性能があります。それにより、ランクや機能が異なります。

性能の違いは、どの補聴器にも、基本的な音を転送する機能は、搭載されており、金額が高くなると、抑制機能がより強くなり、邪魔される音や気になりやすい音を抑えるようになってくれるところです。

日常生活では、色々な音がしますので、そういった音に邪魔されて聞きづらい、ある一部の音が大きく聞こえて不快。そういった感覚は、金額が上がると上がるほど、軽減してくれます。

これが、性能の違いです。

カラーは、こちらの通り、9種類あります。※クロス側も同様です

目立ちにくさ。というよりも肌の色や髪の色を意識し、自然に見せられたり、違和感なく、自然に使えるようにしている色が多いですね。

当店の場合は、実物のカラーを用意し、選びやすくしています。これは、カタログの写真と実物では、色が変化しますので、なるべく実物をみて、選べるようにするためです。

クロス補聴器は、片耳が正常(0〜25dBまで、赤いラインがその範囲です)で、片耳が全く聞こえないような方に使用される特殊な機器です。このような方は、一般的な補聴器では、改善が困難なため、クロス補聴器で改善した方が聞こえの改善がしやすくなります。
クロス補聴器は、片耳が正常(0〜25dBまで、赤いラインがその範囲です)で、片耳が全く聞こえないような方に使用される特殊な機器です。このような方は、一般的な補聴器では、改善が困難なため、クロス補聴器で改善した方が聞こえの改善がしやすくなります。

はじめにクロス補聴器に関してですが、上記のような片耳が正常で問題なく聞こえており、もう片耳が全く聞こえない、補聴器を装用しても、まるで聞こえるようにならないような方が対象です。

仮に右耳が聞こえにくい場合、右に来る音を聞こえている左側に転送して聞く。ということをするのが、クロス補聴器です。
仮に右耳が聞こえにくい場合、右に来る音を聞こえている左側に転送して聞く。ということをするのが、クロス補聴器です。

そのような方の場合、一般的な補聴器では、聞こえを改善させることが、非常に困難ですので、聞こえる耳側に聞こえない側に来る音を転送させ、聞こえを改善させるのが、クロス補聴器です。

こちらのタイプは、いくつか形状があります。小型のタイプの312、ちょっと大きいけれども、電池の寿命がよくなる13タイプ。これらのものがあります。

形状の違いはあるものの、いずれも、同じ金額になります。

実際の形状としては、このようになり、オーデオB-312、フォナッククロスB-312は、小型のタイプです。

画像に関しては、左側にあるのが、聞こえる耳側につける補聴器、右側にあるのが、聞こえない耳側につけるクロス機器です。

耳の裏にかかっているのですが、形状が小さいため、結構見えづらい状態になります。

どちらも耳に装用した状態は、このように耳の裏に隠れてしまうことが多いです。

このように装用している状態もスッキリとした形をしているのが、オーデオB、フォナッククロスBになります。

オーデオB、フォナッククロスBの特徴

オーデオB、フォナッククロスBのメリット

  • 目立ちにくく、耳に乗った感覚が楽

こちらです。

オーデオB、フォナッククロスB(特に小型タイプ)は、形状が小さいため、補聴器を使用しても、そう目立つものではありません。

そのため、目立ちにくいものが良い、という方から、自然に使用できるものが良い。あえて目立たせる必要は、ないため、自然に使いやすいものが良い。という方にオススメです。

また、形状が小さいと耳に載せた感覚も楽になります。

こちら以外には、もう少し形状が大きいタイプのクロス(標準タイプ)があるのですが、そちらの場合、補聴器が重く感じる。耳にずっしり乗っている感覚を感じる。という方が、たまにいます。

形状が小さければ、それだけ軽く、耳に、ちょこんと乗っているだけになりますので、長く使用していても、疲れにくい。負担になりにくい。という利点もあります。

そのため、自然に使いたい。という方から、楽に使いたい。という方にオーデオB、フォナッククロスBは、オススメです。

オーデオB、フォナッククロスBのデメリット

  • マスクやメガネの邪魔になることがある

になります。

補聴器は、だいたい赤いマークの位置にあります。そのため、その部分に重なるものがあると、少し邪魔に感じやすくなります。
補聴器は、だいたい赤いマークの位置にあります。そのため、その部分に重なるものがあると、少し邪魔に感じやすくなります

こちらは、耳にかけるタイプであるがゆえの欠点なのですが、人の中には、メガネやマスクの邪魔になることがあります。

メガネは、そんなにないのですが、マスクの場合、耳の裏にかける部分が重なり、それが補聴器に引っかかり、補聴器が外れやすかったり、少し邪魔に感じることがあります。

ただこのタイプには、耳の中に入る補聴器(耳あな形補聴器)もあるのですが、クロス補聴器は、仕様上、オススメできるものではないため、この部分は、実際に試してみて、問題なく使えるか。を確認することが大切です。

この対策としては、マスクの線の部分が、耳の外側に来るようにすれば、意外と邪魔になりません。そこを意識すれば、だいぶ楽には、使えます。

オーデオB、フォナッククロスBの選択肢

上記に記載した通り、こちらのタイプには、厳密には、2つあります。

それぞれ、目立ちにくさを重視するなら、312タイプ(小型タイプ)、電池の保ちを重視するなら、13タイプ(標準タイプ)をオススメします。

小型タイプは、形状が少し小型であるため、使用する電池も少々小さくなり、それにより、少し電池の寿命が短いです。

ですので、その部分が気になる方は、少し形状は大きくなりますが、13タイプという標準型のタイプを使えると、だいたい1.5倍ほどの保ちになりますので、オススメです。

補聴器は、自分が使いたい、もしくは、使いやすそうだ。と思うものを使いましょう。

まとめ

クロス補聴器の基本形状である耳かけ形のクロス補聴器に関して、記載しました。

基本的にこの補聴器は、一般的な補聴器とクロス。と呼ばれる音の送信機があって、初めて、機能します。

そして、基本的に今現在は、耳かけ形補聴器のクロスを使う事が仕様担っています。

その特徴に関して、今回は、記載しました。自分にとって、使いやすい補聴器を見つけられたのであれば、幸いです。