日々、楽に使える充電型クロス補聴器、オーデオB-R、フォナッククロスB-R

クロス補聴器には、充電型のクロス補聴器も存在します。それが、オーデオB-R、フォナッククロスB-Rの組み合わせです。

充電型にできると、電池を購入する必要も電池を交換する必要もありません。そのため、日々、楽に補聴器を使えるようになります。

そして、密閉性が高くなりますので、補聴器の故障原因だった汗や湿気をより防ぐことにつながり、故障も少なくなる傾向があります。

クロス補聴器を使用する際、日々楽に使いたい。気軽に使いたい。という方にオススメできるのが、充電型のオーデオB-R、フォナッククロスB-Rになります。

オーデオB-R、フォナッククロスB-Rの概要

  • 適応:片耳が聞こえており、もう片耳が補聴器で補えない方
  • 形状:標準サイズ
  • 種類:RIC(リック)タイプ
  • 保証:補聴器2年、クロス1年。B90のみ3年
  • 金額:390,800〜660,800(セット価格)
  • 特徴:充電型のクロス補聴器
  • 色合:9種類
  • 充電:3時間でMAX、30%充電、30分、50%充電、60分
  • 備考:連続使用時間、〜16時間
補聴器名金額
(税込)
チャンネル
※1
抑制機能
※2
指向性機能
※3
オーデオB90-R
クロスB-R
660,800
(セット価格)
20 ch
オーデオB70-R
クロスB-R
510,800
(セット価格)
16 ch
オーデオB50-R
クロスB-R
390,800
(セット価格 )
12 ch

※1、チャンネルとは、補聴器を調整する際にどれだけ周波数別に細かく分けられているか。の数値です。多いと、それだけ、細かく調整しやすくなります。
※2、抑制機能とは、聞こえを改善した後に気になりやすい音や抑制しても問題ない音を抑制し、快適性を高めてくれる機能です。
※3、指向性機能とは、騒がしい中でもなるべく音声が邪魔されない様に支援してくれる機能です。

性能表は、こちらの通りです。

いくつか性能があり、それにより、金額や性能が変化します。

※補聴器側には、性能がありますが、クロス側には、性能はありません。

色に関しては、こちらの通り、9色あります。目立ちにくい色、というよりも、耳にかけていて自然に見える。もしくは、違和感なく、馴染む色が多く、自然に使えるようにしている色が多いです。

なお、当店の場合は、実際の色がわかるように色のモデルを用意しています。カタログですと、色が異なるケースもあるため、なるべく実物で選べるようにしています。

クロス補聴器は、片耳が正常(0〜25dBまで、赤いラインがその範囲です)で、片耳が全く聞こえないような方に使用される特殊な機器です。このような方は、一般的な補聴器では、改善が困難なため、クロス補聴器で改善した方が聞こえの改善がしやすくなります。クロス補聴器は、片耳が正常(0〜25dBまで、赤いラインがその範囲です)で、片耳が全く聞こえないような方に使用される特殊な機器です。このような方は、一般的な補聴器では、改善が困難なため、クロス補聴器で改善した方が聞こえの改善がしやすくなります。

まず、クロス補聴器が適応する方は、片耳は、正常で、もう片耳が全く聞こえない方、補聴器を装用しても、効果が望めない方になります。

仮に右耳が聞こえにくい場合、右に来る音を聞こえている左側に転送して聞く。ということをするのが、クロス補聴器です。仮に右耳が聞こえにくい場合、右に来る音を聞こえている左側に転送して聞く。ということをするのが、クロス補聴器です。

聞こえない耳側にクロスをつけ、聞こえる耳側に補聴器をつけることで、聞こえない耳側にきた音を聞こえる耳側に転送して聞こえるようにするのが、クロス補聴器になります。

こちらが実際の形状で、サイズとしては、標準サイズです。左側が、聞こえる耳側に装用する補聴器、右側が、聞こえない耳側に装用するクロス機器です。

クロス補聴器は、補聴器とクロス機器、この2つをセットにして、聞こえを改善させる機器になります。

そして、このように充電する機器があり、その中にしまって充電するようになります。

この部分が電源になっており、ボタンを押して、電源のON、OFFを行います。

耳に装用した状態は、このようになります。そこまで目立つものではなく、あくまでも自然に使えるように配慮した形状になっています。

オーデオB-R、フォナッククロスB-Rの特徴(メリット、デメリット)

オーデオB-R、フォナッククロスB-Rのメリット

  • 充電式なため、電池を交換する手間や買いに行く手間がない
  • クロス補聴器は、電池の消費が大きいため、メリットが大きい
  • 従来の補聴器より、故障が少ない(はず)

の3つです。

充電式なため、電池を交換する手間や買いに行く手間がない

充電式の良いところは、電池を交換する手間や買いにいく手間がないことです。

充電する習慣さえ作れれば、電池のことを気にせず、補聴器を使うことができます。

ただ、注意点としてですが、充電し忘れてしまうと、補聴器に十分なバッテリーが残っておらず、補聴器が使えない。ということが起こります。

充電しながら、補聴器を使う。ということができませんので、充電するサイクルをちゃんと作れるか。その点が、非常に重要になってきます。

この点は、試聴なり、貸出なりさせてもらい、実際にこの補聴器が使えるのか。問題なく自分が使いたいときに使えるか。を確認することが大切です。

なお、この点に関しては、連続使用時間が約12〜16時間であることも関係します。

基本的に一日中、補聴器を使用する人の使用時間は、12時間〜16時間になります。

例えば、朝起きて、補聴器をつけて、会社に行き、仕事が終わり、家に着き、家の中でも補聴器を使っている。というケースは、だいたい16時間前後になることが多いです。

仕事の時だけ使用する。という場合は、一日の使用時間が、10〜12時間前後になるのですが、家の中でも使用している方の場合は、16時間くらいまで行きますので、本当にこの連続使用時間で、使えるのか。も、確認した方がベストです。

クロス補聴器は、電池の消費が大きいため、メリットが大きい

クロス補聴器は、一般的な補聴器よりも、電池を消費しますので、充電型は、メリットが大きくなります。

クロス側、補聴器側、どちらも電池の消費が一般的な補聴器に比べ、2〜3倍ほど高くなります。

これは、クロス側が補聴器側と常に通信し、音を送っている状態になっており、いわば、Bluetoothで常に通信している状態に近い状況です。

そのため、充電型にできると、メリットに関しては、大きくなります。

従来の補聴器より、故障が少ない(はず)

充電型にできると、電池の問題が解決できますので、従来の補聴器より、故障が少なくなる傾向があります。

補聴器は、一般的に空気電池と呼ばれる電池を使用するのですが、この空気電池は、空気中の酸素を取り込んで、発電するタイプの電池です。

そのため、補聴器には、空気穴と呼ばれる穴をもうけ、補聴器自体を密閉しないようにしています。密閉してしまうと、電池に酸素が供給できなくなり、うまく発電できなくなってしまうからです。

しかし、充電型にできると、今まで電池のせいでなかなか密閉できなかったものが密閉できるようになり、それにより、汗や湿気による故障が少なくなる。というのは、大いに考えられます。

実際に販売経験もあるのですが、まだ、発売したばかり、ということもあり、故障した方は、おらず、正直、状況は、よくわかっていません。

ただ、故障しづらくなると、それによる修理代もかかりませんし、故障して使えない時間もなくなり、困る要素も少なくなります。

この点は、地味に嬉しい部分ではあります。

オーデオB-R、フォナッククロスB-Rのデメリット

オーデオB-R、フォナッククロスB-Rのデメリットは

  • メガネやマスクの邪魔になることがある
  • 充電し忘れた時に少し使用できない時間がある(かもしれない)

の2つです。

メガネやマスクの邪魔になることがある

こちらの欠点の一つは、耳にかける補聴器ですので、耳の上にかかるものの邪魔になることがあることです。

代表例は、メガネやマスク、といったもので、ヘルメット、帽子の邪魔にも、少しなりやすいです。

この部分に関しては、実際に邪魔になる方とそうでない方がいますので、その部分をどう考えるか。というようになります。

目立ちにくくて扱いやすいクロス補聴器、オーデオB-312、クロスB-312クロス補聴器として、使用できるオーデオB-312、フォナッククロスB-312の組み合わせによる利点、欠点に関してまとめると共に、この補聴器がオススメな人もまとめてみました。...

なお、仮に邪魔に感じる場合は、上記の小さいタイプにすると、まだ、邪魔になりにくくなります。

充電し忘れた時に少し使用できない時間がある(かもしれない)

充電式の最大の欠点がこちらになります。充電し忘れた時にどうするか。ですね。

一応、30分の充電で、30%は、使用できるようになっていますので、度々、充電しながら、使用することは可能だとは、思いますが、人によっては、気になる方もいるかもしれません。

この部分は、いかに充電サイクルを作れるか。というところが大切になります。

こちらを検討している場合は、実際に実物を試聴や貸出なりさせていただき、日常生活や職場などで、使ってみて、実際に使えるのか。困ることはないか。を試してみることが大切ですね。

オーデオB-R、フォナッククロスB-Rのメリット、デメリットからオススメの方

オーデオB-R、フォナッククロスB-Rのがオススメの方は

  • 楽に使用できる補聴器が良い
  • 故障しづらい補聴器が良い

という方になります。

オーデオB-R、フォナッククロスB-Rの良いところは、充電するサイクルさえ作れれば、楽に活用できることです。

電池の交換も不要になりますし、電池を買い忘れた!と思うこともありません。

この部分が一番のポイントですね。

また、故障しづらい。というところもポイントではあります。

上記には、載せていなかったのですが、クロス側は、少々、故障しづらい機器ですので、耐久性が上がるのは、単純に長く使用できることにつながり、その点は、良い部分です。

こちらの最大の欠点は、充電するサイクルをちゃんと作れるのか。そして、実際に活用してみて、自分の日常生活でしっかり使える補聴器(時間)なのか。というところです。

連続使用時間がフル充電で、12〜16時間になり、数値だけみる限りは、少々、ギリギリです。そのため、実際に使ってみて(試聴や貸出)、ご自身にとって、ちゃんと活用できる補聴器なのか。を確認することが大切です。

なお、メガネやマスクの邪魔にあまりならないものがいい。という場合は、小さいタイプもあります(ボタン電池使用です)

目立ちにくくて扱いやすいクロス補聴器、オーデオB-312、クロスB-312クロス補聴器として、使用できるオーデオB-312、フォナッククロスB-312の組み合わせによる利点、欠点に関してまとめると共に、この補聴器がオススメな人もまとめてみました。...

補聴器に関しては、実際にご自身で体験した方が色々なことがわかります。上記には、特徴を記載しましたが、あくまでも、傾向になりますので、ご自身がどう感じるかは、人によって変わります。

補聴器を体験させてもらいながら選べると、ご自身にとって良い補聴器を選べるようになります。