【耳あな型】ものの邪魔にならず、操作性を重視したバートB-312

耳あな形補聴器の一つ、バートB-312は、耳の中に入れて使用する補聴器です。

そのため、メガネやマスク、帽子といったものに邪魔されず、スムーズに使うことができます。

また、電話をする際も、今までの耳の感覚でできるため、それらの機会が多い方は、カナル形補聴器がオススメです。

バートBー312の概要

  • 聴力:軽度〜高度難聴まで
  • 形状:標準サイズ
  • 種類:ITC(カナル形)
  • 金額:@188,000〜540,000円
  • 保証:2年間、※B90のみ3年間
  • 特徴:耳あな形補聴器のオーソドックスタイプ
  • 色合:赤、青、クリア、ベージュの4種類
  • 電池:PR41電池(312電池)
  • 備考:一つの電池で、約90〜130時間、保ちます
補聴器名金額チャンネル
※1
抑制機能
※2
指向性機能
※3
バートB90-312片耳:540,000
両耳:1,080,000
20 ch
バートB70-312片耳:370,000
両耳:740,000
16 ch
バートB50-312片耳:280,000
両耳:560,000
12 ch
バートB30-312片耳:188,000
両耳:376,000
8 ch 

※1、チャンネルとは、補聴器を調整する際にどれだけ周波数別に細かく分けられているか。の数値です。多いと、それだけ、細かく調整しやすくなります。
※2、抑制機能とは、聞こえを改善した後に気になりやすい音や抑制しても問題ない音を抑制し、快適性を高めてくれる機能です。
※3、指向性機能とは、騒がしい中でもなるべく音声が邪魔されない様に支援してくれる機能です。

性能表は、こちらの通りです。どの補聴器にも、いくつか性能があり、バートB90、B70……と分かれていきます。

これらの違いは、聴力低下した部分だけを中心的に補うか、それにプラスして、抑制機能を使って、他の音に邪魔される感覚をより軽減するか。の違いです。

どの補聴器にも、聞こえを改善する基本的な機能は、あるのですが、日々の日常では、周囲が騒がしかったり、一部の音が不快に感じる音もありますので、そういった部分も抑える機能、快適にしてくれる機能がついていると、金額が上がってきます。

それがグレードごとに分かれています。

バートB-312は、このような形状をしています。種類としては、カナル型の耳あな形補聴器になります。

耳に装用した状態は、このような状態になります。

耳あな形補聴器は、耳の型を採取して、その人、専用の補聴器を作ります。そのため、耳に装用した場合は、ぴったり収まります。

対応する聴力は、軽度〜中等度難聴までになります。

適応しやすい聴力は、上記のように全体的に聴力が低下している方です。

耳あな形補聴器は、耳をかなり塞ぐため、自分の声が大きく聞こえたり、閉塞感を覚えたりすることがあります。

125hz、250Hz、500Hzあたりが、60dBよりも軽い場合は、特に感じやすくなりますので、その点に注意です。
125hz、250Hz、500Hzあたりが、60dBよりも軽い場合は、特に感じやすくなりますので、その点に注意です。

この部分の聴力が軽いと、軽いほど(聞こえていると、聞こえているほど)、その感覚は、強くなりやすいため、そのような方は、バートB-312は、あまりオススメできません。

全体的に聞こえを補うのが、バートB-312は、得意ですので、そのような方にオススメできる機器となります。

カラーは、赤。青、クリア、ベージュの4種類から選べるようになっています。※耳の中に入る部分が、カラー選択できます。

製作時にお好きな色をお選びいただけます。

バートB-312の特徴(メリット、デリット)

バートB-312のメリット

  • 耳の中に入るため、メガネやマスクの邪魔になりにくい(電話がしやすい)
  • 操作性が良い
  • 電池の持ちが少し良い

の3つです。

耳の中に入るため、メガネやマスクの邪魔になりにくい(電話がしやすい)

一つ目は、耳の中に補聴器が入るため、メガネやマスクの邪魔にならない事です。

このように耳の中に入るものは、耳にかかる物の邪魔にならず、他、ヘルメットや帽子といったものの邪魔になりにくくなります。

わかりづらいのですが、この部分にマイクがあります。そのため、今までの感覚で、電話もできます。
わかりづらいのですが、この部分にマイクがあります。そのため、今までの感覚で、電話もできます。

また、電話も今までの感覚で行えますので、電話をよく使う。職場で、電話をよく取る方などは、スムーズに改善しやすくなります。

操作性が良い

形状が少し大きいので、色々と操作するボタンをつけられます。それが、利点でもあります。
形状が少し大きいので、色々と操作するボタンをつけられます。それが、利点でもあります。

バートB-312の場合は、色々と操作ができるのも、利点の一つです。

補聴器には、音量を操作したり、プログラムという音を記録しておき、スイッチを押すことで、その設定に音を切り替えたりする機能もあったりします。

音量を変えるボタンが自由についているため、例えば、音が小さく感じていたら、自分で自由に音を大きくすれば良いですし、逆に大きければ、自分で小さくすることができます。

自分で操作できると、活用の幅が広がるようになりますので、結果、かなり使いやすい補聴器になります。

耳あな形の小さいタイプ、CIC補聴器。こちらですと、形状が小さいため、操作できる部分が限られたりします。
耳あな形の小さいタイプ、CIC補聴器。こちらですと、形状が小さいため、操作できる部分が限られたりします。

ちなみに、小さいタイプですと、使用の制限がかかることがあり、操作しづらい部分があったりします。

バートB-312の場合は、そのような制限はありません。基本的な操作の部分は、全て揃っています。

ここがこの補聴器の良いところですね。

電池の保ちが少し良い

形状が少し大きくなりますので、それに伴い、使用できる電池も少し大きくなります。

少しでも、保つ電池が良い。という方の場合は、こちらがオススメです。

バートB-312のデメリット

  • 一部、耳あな形補聴器が適さない方がいる
  • こもり、響きを比較的、感じやすい

の2つです。

一部、耳あな形補聴器が合わない方がいる

耳あな形補聴器は、

  • 耳垢が多い
  • 耳垢が湿っている方
  • 耳の中を手術したことがあり、耳の中が変形している方

には、適しません。

耳あな形補聴器は、このような白い部分から音が出ています。

この白い部分には、フィルターがついており、この部分がつまると、音が聞こえにくくなります。

耳垢が多かったり、耳垢が湿っている方は、この部分が詰まりやすく、音が頻繁に聞きづらくなる傾向がありますので、活用しづらくなります。

ただ、このようなフィルターの交換道具はあり、ご自身で改善させることは、可能です。

ですので、仮にこの部分が当てはまる場合は、どのくらいの交換頻度になるのか。そして、それよりもメリットの部分が上回るか。を、考えられると、良いですね。

また、耳の中を手術して、耳の中が変形している方も、あまりオススメできません。

例えば、昔、中耳炎になり、耳の手術を行い、治療したケースは、たまに耳の中が広がっており、耳の形を採取しようとすると、耳の中が広がっているために、耳型が抜けないことがあります。

事故に繋がる危険性があるため、そのような耳の方の場合は、耳かけ形にしていただいた方が、無難ではあります。

こもり、響きを感じやすい

耳あな形補聴器は、補聴器の中で、最も、こもり、響きを感じやすい形状です。

そして、バートB-312は、そこそこ感じやすいタイプの補聴器になります。

適切に作られていれば、これらの部分は、感じるものの、使用できる範囲内まで抑えられていたりするのですが、人によっては、響く感覚がきつく感じる方もいます。

この部分は、実際に作ってみて、どうか。というところになるのですが。中には、ご自身の声の感覚が大きく感じる、内側で響いて聞こえる。という方がいます。

そのような方の場合は、耳あな形補聴器ではなく、耳かけ形補聴器にしていただいた方が、活用しやすくなります。

特徴(メリット、デメリット)からバートB-312がオススメな人

バートB-312がオススメな人は、

  • メガネやマスクなどの物の邪魔にならない補聴器が良い方
  • 操作性の良いもの、自由度が高い補聴器が良い方
  • 聴力が全体的に下がっている方で、耳あな形補聴器が良い方

の方々です。

耳あな形補聴器の良いところは、メガネやマスクなどの邪魔にならない事です。そして、電話も今までの感覚で行えるため、スムーズに改善しやすくなります。

また、バートB-312は、音量を自由に調整できたり、プログラムもつけることができます。これらの自由度が欲しい。という方にもオススメです。

なお、ここからはできればですが、聴力が全体的に下がっている方で、上記の耳あな形補聴器の利点を得たい。という方に、バートB-312は、オススメです。

上記に記載した通り、この補聴器(カナル形全部に共通)は、ご自身の声が内側で大きく聞こえたり、こもったり、閉塞感を感じたり、と、そのような部分が結構、強く出がちです。

125hz、250Hz、500Hzあたりが、60dBよりも軽い場合は、特に感じやすくなりますので、その点に注意です。

特に低い音がよく聞こえている方の場合は、それが出やすいため、できれば、その部分まで、下がっている方が使用できると、ベストです。

全体的に聞こえを補いやすい。という特性も相まって、より改善しやすくなります。

バートBー312の注意点は、このこもり、自分の声の響き、その部分が少々、感じやすいことです。

その部分に関しては、製作してみて、実際に体験してみないと何とも言えない部分は、あるのですが、なるべく購入する前に試聴なり、貸出なりさせていただき、この補聴器は、自分に合うのか。使用できる範囲内なのか。を確認できると、ベストです。

あまりにもきつい場合は、

耳にかけるタイプにするか、

聴力が対応するのであれば、小型のタイプも選択肢に入ります。

当店の場合は、こちらも実際に試しながら、使用できる範囲内なのか。それとも、他のものを考えた方が良いのか。その部分を見ながら、相談するようにしています。

耳あな形補聴器は、試すのが難しい部分がありますが、おおよそのあたりをつけておき、使わせてもらってから判断できると、良い選択ができるようになります。

まとめ

こちらでは、バートB-312について、お話しさせていただきました。

この補聴器は、耳あな形補聴器でありながら、操作性に優れているのが、この補聴器の大きなポイントです。

ですので、そういったところに良さを感じる方は、こちらの補聴器がおすすめです。

ただ、耳の中に入れる補聴器ですので、こもった感覚や自分の声が少し大きく聞こえる感覚がありますので、そのような感覚は避けたい。という方は、耳にかける補聴器の方が良いかと思います。

補聴器は、自分自身が使いやすそうなものを選びましょう。それが一番です。