補聴器の乾燥剤、補聴器用シリカゲル

補聴器は、精密機器になりますので、汗、湿気といった水ものに弱い傾向があります。

それらのものから守ってくれるのが、乾燥剤(シリカゲル)です。

補聴器用のシリカゲルは、乾燥剤の中でも、入門用のもので、簡易的なタイプとなります。

使い始めの方やそこまで補聴器を長い時間、使用しない方にオススメの乾燥剤になります。

補聴器用シリカゲル

こちらの概要ですが

  • 乾燥効果:★★☆☆☆
  • 金額:@162円(税込)(交換用のシリカゲルのみの価格)
  • 交換ペース:1ヶ月〜2.5ヶ月に一度
  • 備考:補聴器販売店で、補聴器購入時につけるところもあり

となります。

この様なケースに入っており、補聴器販売店で、補聴器を購入した際につけてくれるところもあります。

この袋の中に入っているのが、シリカゲルです。

中には、青い錠剤が入っており、その部分のみ、色が変わる様になっています。中には、青い錠剤が入っており、その部分のみ、色が変わる様になっています。

使用できる状態のものは、この様に青い状態になっており

元々、青い錠剤だった部分のみ、赤紫色に変化します。一時期、電子レンジでちんすれば、効果が戻る。という内容が広まりましたが、その様なことをしても、効力は、戻りませんので、ご注意ください。元々、青い錠剤だった部分のみ、赤紫色に変化します。一時期、電子レンジでちんすれば、効果が戻る。という内容が広まりましたが、その様なことをしても、効力は、戻りませんので、ご注意ください。

これが、赤紫色になったら、交換の目安です。

使用できる目安は、夏場だと1ヶ月ほどで、冬であれば、2.5ヶ月ほど持ちます。

補聴器販売店では、交換用のシリカゲル(@162円、税込)を売っていますので、中身を交換し、使用し続けることができます。補聴器販売店では、交換用のシリカゲル(@162円、税込)を売っていますので、中身を交換し、使用し続けることができます。

効果がなくなってきたら、交換用のシリカゲルがありますので、それと交換して、使い続けます。

これが、シリカゲルです。

乾燥機器とシリカゲルの立ち位置

乾燥する道具は、色々とあります。それぞれの特徴を理解し、ご自身にあったものを使う事が大切です。乾燥する道具は、色々とあります。それぞれの特徴を理解し、ご自身にあったものを使う事が大切です。

乾燥剤、もしくは、乾燥機器の中では、シリカゲルは、入門用になります。

もし、汗をよくかく方や、補聴器をなるべく長く活用したい。と、お考えの場合は、乾燥機器タイプのものを使用し、毎日、ケアすることをオススメします。

仕事の時だけ使用する。ご友人とお会いする時だけ、使用する。など、一日中使用する。ということが少なければ、シリカゲルでも、大丈夫です。

ご自身の使用状況に合わせて、乾燥剤やケアする用品を選ぶことが大切です。

オールマイティタイプの補聴器用乾燥機器、クイックエイド&クレイドルクイックエイドは、オールマイティに乾燥、雑菌処理をしてくれる乾燥機器です。臭いが気になりやすい方やしっかり補聴器を乾燥したい。という方にオススメの機器となります。...
乾燥能力重視の乾燥剤不要型、補聴器用乾燥機、D-DryD-dryは、今現在、販売されている乾燥機器の中でも、最も乾燥能力が高い機器になります。汗をよくかく方や、汗や湿気による故障から補聴器を守りたいという方にオススメです。...