老人性難聴(加齢性難聴)を補聴器でしっかりと改善するために

こちらでは、老人性難聴(加齢性難聴)と診断された方の耳を補聴器で改善させていく内容についてまとめていきます。

この内容が対象となるのは

  • 老人性難聴と診断された方
  • 老人性難聴+他の難聴も加わり聞きにくくなった方

で、かつ、年齢は、50〜70代前半くらいまでとなります。

若年性の老人性難聴の方からしっかりと意識があり、認知症にもまだなっていない方々が対象です。

補聴器を使用する方としては、少し若い方で、90代、80代後半の方は、対象にしておりません。

聞きにくさにお悩みの方は、ご参考にしてみてください。

老人性難聴は、耳の状態、年齢、認知症のレベル、手足の自由度など、様々な要因により、改善方法が大きく変わります。そのため、こちらでは、まだ絞りやすい年齢で制限させていただき、耳の状態別に改善方法を記載しています。あまりにも年齢が高い(80〜90代)の方や認知症が進んでいる方、手足が不自由な方は、対象としておりませんので、ご注意願います。

老人性難聴をより良くするための改善思考

【改善の基本】両耳とも聞きにくいケースを補聴器でよくする際の改善思考補聴器で聞こえを改善させていく際に重要になるのは、どのように改善すると良いかの基本的な改善の部分です。耳には、聴力以外にも言葉がどれだけ理解できるのか。といいう部分があります。耳の状況を理解した上で、その耳がもっとも改善できる方法を選ぶのが大切です。...

老人性難聴を補聴器で改善していくケース

耳の状態を把握し、両耳とも補聴器を装用して改善してくと良いケースは、そのまま両耳に装用して、なるべく聞こえにくさを改善していきます。

補聴器の基本

補聴器の基本知識と適切な補聴器を選ぶためのポイント補聴器の基本となる部分をまとめると共に、その一つである自分の聴力を補える補聴器を選ぶ重要性に関して記載してみました。どの補聴器にも必ず、どのくらいの聴力の方が補えるものなのかの記載がありますので、それに沿って補聴器を選ぶことが大切になります。...

補聴器の形状(種類)

補聴器の形状別、特徴と自分に合う補聴器を選ぶためのポイント補聴器の形状には、耳かけ形補聴器と耳あな形補聴器があります。この2つの特徴と違い、聞こえ方などをまとめ、ご自身に合う補聴器は、どれなのかをわかるように記載してみました。補聴器に関してしっかり理解したい方にオススメの内容です。...

補聴器の性能

補聴器の性能の基本と補聴器の性能グレード別、特徴のまとめ補聴器の性能には、聞こえを改善させる機能と聞こえを改善した後の問題を改善する機能に分かれます。性能の基本を理解するとともに、自分にあった性能別グレードを選ぶための特徴についてまとめてみました。...

補聴器の調整

聞こえの8割を決める補聴器の調整をうまく行かせる3つのポイント補聴器には、聴力に対し、補えると良い数値というのがあります。そこまで改善させることができると、聞きにくさを改善しやすくなります。そして、実際にどのようにすると、聞きにくさを改善しやすくなるのか。その点をまとめてみました。...
左右の聴力が違う場合の補聴器の調整と改善させるポイント左右の聴力が異なる場合、それぞれ別々の改善目標値があります。それを把握できるようにしつつ、聴力ごとの改善目標値まで聞こえを改善できると、聞こえを改善しやすくなります。その方法からどのようにしていければ良いかを記載してみました。...
【聞こえを改善】補聴器の効果を最大限、引き出す2つのポイント補聴器の聞こえをよくするためのポイントとなる部分をまとめてみました。補聴器は、別に奇抜な方法を取る必要はなく、基本となる部分をしっかり行えれば、それなりに聞こえるようになります。...

補聴器を使う、慣れる

【初めての方へ】補聴器をスムーズに使うために覚えておきたい使い方初めて、補聴器を相談する方に対して、補聴器を使う上で必要な操作に関して、まとめてみました。これらのことができれば、補聴器をしっかり使用できるようになります。...
補聴器をつけると聞こえてくる音と補聴器に慣れる方法補聴器が初めての方のために補聴器を使用して聞こえてくる音となれる方法について記載しました。補聴器に慣れてくると、機械的な感覚も少しずつ楽になり、使いやすくなります。...

補聴器使用者の声、視点

【使用者の評価付】補聴器をつけて感じる補聴器の効果とは?補聴器を使用して得られる効果は、どのようなものなのでしょうか。こちらについて、実際に使用した方からの評価も入れて、記載してみました。参考になれば、幸いです。...
補聴器を使っている人は、どんな風に補聴器を使っている?初めて補聴器を使用する。となった場合、わからない部分も多いかと思います。他の人は、補聴器をどう使用しているのか。という部分について、載せてみました。これについては、聞こえにくさにより、結構、分かれます。...
みんな補聴器は、どう決めているの?という疑問に答えてみた補聴器のご相談や補聴器を考える際、どのように決めればいいのか。そして、他の人は、どう決めているのか。その流れや形状、性能の違いに関して、記載してみました。...

老人性難聴(加齢性難聴)の改善事例

【職場で聞きやすく】老人性難聴で聞きにくくなった方を補聴器で改善老人性難聴の方を補聴器で改善を行いました。どのように補聴器を選んだのか、どのように改善させたのか。その点に関してまとめてみましたので、同じような状況の方は、ご参考にしてみてください。...
【非常に聞きやすくなった】高音急墜形感音難聴の方を改善させました高音急墜形の聴力の方を補聴器にて聞こえの改善を行いました。補うのが難しい例ではありますが、どんなものを使って良くなったのか、これらが参考になれば幸いです。...
【以前の補聴器より聞きやすく】左右で聴力が異なる方、補聴器で改善しました補聴器をすでにお持ちでしたが、聞こえない耳側が特に聞きにくさを感じており、その方の改善を行いました。このようなケースは、ちゃんと左右の耳に補聴器を装用した状態を確認しながら改善していくことが重要です。...

こちらは、実際のお客様を改善した事例の一覧です。実際に改善させた方法を中心に記載しています。

老人性難聴をバイクロス補聴器で補って良くするケース

片耳のみ補聴器の効果が得られそうもない。という場合は、バイクロス補聴器というもので、改善できると、よくしやすくなります。

その場合に必要となる内容をまとめてみました。

バイクロス補聴器の基本

【合う方は?】バイクロス補聴器の基本知識とよく聞かれる質問7選バイクロス補聴器の基本となる、この補聴器が合う方、どのように改善されるのか、そして、どのようなものなのか。こちらを中心に記載すると共に、良く聞かれる、金額や相談できるところまで、記載して見ました。...

バイクロス補聴器の種類、形状

バイクロス補聴器の形状と形状別特徴による選ぶポイントバイクロス補聴器を選ぶ際、形状と性能の部分を選ぶ必要があります。こちらでまとめていくのは、形状です。 バイクロス補聴器における形状...

バイクロス補聴器の性能

バイクロス補聴器の性能別違いと自分に合った性能を選ぶポイントバイクロス補聴器の性能に関する基本をまとめると共に各性能がどのような人におすすめなのか。その点をまとめてみました。バイクロスに関してお考えの場合は、参考にしてみてください。...

バイクロス補聴器の調整

バイクロス補聴器の調整の基本と聞こえを改善させる3つのポイント補聴器の調整は、聞こえの改善の8割ほど占める重要な部分になります。これは、バイクロス補聴器でも変わりはありません。 バイクロス補聴...
耳かけバイクロス補聴器の効果を少しでも上げる3つの方法補聴器の聞こえは、調整によって決まる事が多いのですが、しっかりとその効果が出るようにしてあげることも大切です。その3つに関して記載してみました。...

老人性難聴を改善した事例

【お持ちの補聴器より聞きやすく】軽・中等度難聴の方、バイクロス補聴器で改善両耳とも聴力が異なり、聞こえにくい耳側に補聴器を使っても改善できなかった方をバイクロス補聴器で改善させてみました。その場合にしたこと、どのくらいまで改善させたのかについて記載してみました。...

こちらには、私が老人性難聴の方を改善した事例について、載せていきます。

また、バイクロス補聴器での改善事例、左右の聴力が異なる型の改善事例も載せていますので、参考にどうぞ。

うまく改善できない時は?

ハウリング(ピーピー音)がする

補聴器を使っていて耳からピーピーなる音(ハウリング)を改善する方法補聴器を使用している時、たまにピーピーなる事があります。ハウリングという現象が起こると、そのようになるのですが、その音を止める方法についてまとめてみました。...

自分の声が大きい

補聴器使用時に起こるこもり(自分の声がこもる)を改善するには補聴器を使用する際に気になりやすいのは、耳の閉塞感や自分の声がこもる、低く頭で響いた感覚がある。などになります。これらのものは、補聴器を使用する際に必ず起こるものです。こちらの軽減方法についてまとめてみました。...

補聴器が耳から外れる

【快適に使うために】補聴器が耳から外れる場合の改善策まとめ補聴器が耳から外れてしまう。という場合に、どのようなことをして、改善していければ良いのか。こちらをまとめてみました。耳かけ形、耳あな形で異なりますので、その点に関しても記載しています。...

補聴器をつけると耳が痛い

補聴器を使っていて、耳に痛みを感じたら、早めのご相談を補聴器を使用していて、痛みを感じた場合の対応について記載してみました。痛みを感じた場合は、早々に補聴器屋さんに相談し、よりよくしてもらいましょう。...

補聴器をつけても聞きづらい

【聞きにくさにお悩みの方へ】補聴器の聞こえにきくさを良くする改善思考補聴器を使用しているけれども聞こえにくい。という方へ向けた補聴器の調整の改善の考え方を記載してみました。改善して行く場合は、自分の聴力の改善目標値、現状の聞こえ、現状の音の体感。これらを把握しながら、改善できると良い数値まで、改善していけるとより良くなります。...

補聴器購入前の豆知識

補聴器の相談前

補聴器をつけるタイミング

補聴器を使うタイミングは、いつが良い?→聞こえに困った時補聴器を使用するタイミングは、話す方により、返答が異なります。確実なのは、聞こえにくさに困った時。こちらになります。返答が人によって異なる理由などについてもまとめてみました。...

補聴器をつける前に

補聴器を装用する前に確認したい8つの事補聴器を装用する前にぜひとも確認したいものがあります。それは、禁忌八項目と呼ばれるものです。この禁忌八項目は、補聴器を装用する前に耳の状...

予め、知っておくと良い事

補聴器の相談時間(相談日数)

補聴器相談の流れと、知っておきたい購入までにかかる時間補聴器のご相談が初めての方のために、相談の流れや知っておきたいことについて記載しました。補聴器のご相談は、色々とすることが多いため、購入までに時間がかかります。...

補聴器の試聴について

補聴器販売店で行われている試聴・貸出サービスとその利点良心的な補聴器販売店や病院さんでの補聴器外来では、補聴器の試聴、貸出サービスがあります。補聴器を相談するときは、これらのサービスを利用できると、安心して相談しやすくなります。...
【片耳難聴】相談の際は、補聴器の試聴・貸出システムを利用してみよう片耳のみ難聴の方で、聞きにくさにお悩みの場合は、試聴や貸出しているお店で相談してみると、いいです。気軽に補聴器の事をお伺いでき、かつ体験や経験することもできます。...

バイクロス補聴器は、扱っているところとそうでないところがありますので注意が必要です。

補聴器の寿命(使える時間)

補聴器の寿命(使用年数)とそれを考慮した買い替えサイクル補聴器が使用できる年数は、基本的に5〜7年になります。中には、それよりも長く使用している方もいますが、そのくらいで考えておけると、補聴器購入時にどのようなものにしようか、検討がつきやすくなるかと思います。...

補聴器の保証

補聴器の保証の種類と保証を有効利用する方法補聴器には、いくつか保証があります。代表的なものは、製品保証で、故障した際、無償で修理できる期間があります。 それ以外にも、紛失保...

補聴器で聞こえにくくならない?

補聴器をつけると聴力は下がる?の質問に答えてみた補聴器を使うと聞こえなくなるとご心配な方は、いますが、基本的に補聴器は、聞こえを改善すると共に音の制限をかけ、大きな音は、大きくなりすぎないようにしています。その点について、まとめてみました。...

補聴器の返品・再作

補聴器の返品、交換は、できる?その点をまとめてみた補聴器の返品は、できるものとできないものがあります。そして、返品ではなく、交換や修正をして、よくすることもできます。それらについてまとめてみました。...

補聴器のメーカー

補聴器メーカーの種類とメーカー選びより、重要な二つのポイントメーカーの種類については、日本で主となる7種類をまとめています。そして、メーカー選びより、重要になる補聴器のご相談に関してもまとめてみました。...
クロス補聴器があるメーカーとメーカー以上に重要な相談する場所補聴器メーカーには、いくつかあるのですが、クロス補聴器の場合、限られたメーカーしか製造をしていません。 今までは、フォナック。とい...

クロス補聴器とバイクロス補聴器は、同様の機器となります。

補聴器の相談場所

【相談場所まとめ】補聴器を相談できる場所とそれぞれの利点、欠点補聴器の相談ができる場所は、病院、補聴器販売店(専門店)、メガネ屋さんの三つです。それぞれのメリット、デメリットに関して、まとめてみました。...
【相談形式付】クロス補聴器の相談は、どこでできる?クロス補聴器の相談場所ですが、病院さん、補聴器屋さんで相談できます。ただ、扱っている場所と扱っていない場所がありますので、クロス補聴器に関して、調べる事が大切です。...

クロス補聴器とバイクロス補聴器は、同様の機器となります。

補聴器の助成金

【助成金まとめ】補聴器の購入費助成制度と医療費控除について補聴器を購入する際の助成金に関してまとめてみました。大きく分けて、障害者自立支援法、軽・中等度難聴児補聴器購入助成金、高齢者補聴器購入費助成金、医療費控除があります。...

補聴器、購入後に知っておけると良い事

定期点検

補聴器購入後の定期点検と聞こえをキープする環境作りの大切さ補聴器を購入後は、聞こえの良い状態をキープする事が大切です。その方法である定期点検とその理由に関して記載してみました。良い状態で使い続けられると、結果的に困ることを少なくできます。...

故障しないようにするケア

補聴器購入後、故障して困らないようにするための三つのポイント補聴器を購入後は、補聴器のケアを知ること。補聴器のリカバリー方法を知ること、定期点検を行うこと、これらを行えると、困りにくくなります。その内容についてまとめてみました。...

修理について

【修理手順付】こんな症状が出れば補聴器の故障!すぐに修理しよう補聴器でこのような症状があったら修理した方が良いものをまとめると共に修理する際の手順も記載してみました。補聴器で何か感じた場合は、気軽に補聴器屋さんに相談してみましょう...

聞きにくさを感じたら?

補聴器購入後、聴力が変わったら、再調整してもらおう補聴器を使用していて聴力が下がった場合は、気軽に補聴器屋さんに相談してみましょう。再度、補聴器の状態を調整し直し、今現在の状態に合わせ直してくれます。補聴器屋さんでは、このような事もしています。...

夏の故障を防ぐ

故障が多い夏の補聴器の対策。大切な補聴器を守ろう夏は、補聴器の故障が多くなる時期です。その際の対策を補聴器使用者、補聴器を販売している側、この二つの視点でまとめてみました。壊れないようにする事で、困る頻度を減らす事ができます。...

使用の注意

補聴器が影響を受けるものと検査を受けるための心得補聴器を使用していて、影響を受けるものがあります。それは、防犯ゲートや金属探知機、そして、MRIなどの検査機器です。こちらに関する内容と検査を受けるための心得についてまとめてみました。...

補聴器を失くさないように

補聴器を紛失する原因と失くさないための2つの工夫補聴器を購入して、気をつけたいことの一つのは、補聴器を失くす事です。 今現在、補聴器の種類によっては、紛失補償。というものも出てき...