このお店でしている補聴器の調整(聞こえの改善)

補聴器の調整とは、低下した聴力の部分に音を入れ、聞こえを改善していく作業の事です。

このお店のコンセプトは、補聴器でつまづいてしまった方へ、ご自身の希望に合わせた補聴器のご相談を行い、日々の生活をより良くする事を目的としている補聴器専門店です。

その事から、補聴器を使った音の感覚と聞こえの改善状況を把握しながら、お客様、お一人、お一人に合わせた聞こえの改善を行なっています。

以下、どのように改善しているのか。について、ご紹介していきます。

補聴器の調整の流れとしている事

補聴器の調整に関しては、初め、補聴器を使った際の音の感覚をお伺いしながら、補聴器の効果測定を通じて、今感じている音の感覚と改善状況を合わせ、より良い状態を目指せるようにご相談しています。

補聴器を調整する際、はじめに行なっていくのは、補聴器を使った時に感じる音の感覚を頼りに、音が大きすぎず、日常生活上で、このぐらいの音量であれば使えるかな?というラインまで、音量を上げる事です。

ちょうど良いぐらいにまで、補聴器の音量を調整したら、その後、補聴器の効果測定を行います。

補聴器の効果測定を行うと、色々と数値が出てきますので、これで、今現在、ご自身が感じている音の感覚と、聞こえの改善状況を把握することができます。

補聴器は、聴力ごとにどれだけ、音を大きくできると良いか。の目標のラインがあります。その目標値と今現在の音の感覚、そして、改善状況がわかる事で、現状を把握することができます。

例えば、このような測定結果だったとしますと、先ほど、日常生活上で補聴器を使える範囲内で、音量を改善した結果、音の感覚としては、適量だけれども、改善状況としては、もう少し、高い音の部分を大きくした方が良さそうだ。ということがわかります。

その際、もう少し音量を大きくしても良さそうな感覚がありましたら、無理のない範囲で、音量を大きくできますし、初めて補聴器を使うので、まずは、このぐらいからはじめたい。という場合は、このぐらいの音量から始めていきます。

このように、このお店では、補聴器を使った音の感覚と、今現在の聞こえの改善状況を見える化して、ご希望に合わせたご対応をしています。

見える化する事によるご相談の特徴

補聴器の改善状況を見える化できると、今感じている音の感覚がどのような状況なのかがわかり、あとは、お客様のご希望に応じて、ご対応する事が可能になります。

例えば、できるだけ改善できるところは、改善したい。という場合は、無理のない範囲で、聴力ごとの改善できるとよい目標値まで音量を大きくしていきますし、聞こえの改善を重視すると、うるさすぎてしまうので、聞こえの改善は程々にしたい。という場合は、聞こえの改善と音の快適性のバランスをとった改善をしています。

お客様、お一人、お一人が求める聞こえの改善は、どうしても異なります。

ある人は、聞こえの改善を重視し、ある人は、聞こえの改善と聞こえてくる音の快適さのバランスを重視する。このように考え方、あるいは、価値観というのは、人それぞれになります。

このお店では、なるべくそういった価値観や音の感覚。そういったものにも寄り添ったご対応をしたいと考えています。

その事から、上記のように補聴器を使った時に感じる音の感覚と補聴器による改善状況を把握し、今現在の聞こえの改善状況の見える化に力を入れて、ご希望に応じた補聴器の調整を行なっています。

まとめ

このお店は、補聴器でつまづいてしまった方へ、ご自身の希望に合わせた補聴器のご相談を行い、日々の生活をより良くする事を目的としている補聴器専門店です。

その事から、なるべくではあるのですが、お客様が望む状態にしていきたいと考えています。

音の感覚や価値観は、どうしても人それぞれ異なりますので、現状を把握する事。なるべく改善状況をわかりやすくする事。そのようにする事で、聞こえの改善に関しても、ご相談しやすい環境を作る事に力を入れています。

補聴器でつまづいてしまった方をなるべくより良い状態にできるよう、このお店では、このようにして、ご対応しています。