このお店でしている補聴器の調整(聞こえの改善)

補聴器の調整とは、低下した聴力の部分に音を入れ、聞こえを改善していく作業の事です。

このお店が意識していることは、聞こえにくさにお困りの方や補聴器にお悩みの方。そのような方が再び、より良く生活できるようになる補聴器専門店です。

その事から、補聴器を使った音の感覚と聞こえの改善状況を把握しながら、お客様、お一人、お一人に合わせた聞こえの改善を行えるようにしています。

以下、どのように改善しているのか。について、ご紹介していきます。

補聴器の調整の流れとしている事

補聴器の調整に関しては、初め、補聴器を使った際の音の感覚をお伺いしながら、補聴器の効果測定を通じて、今感じている音の感覚と改善状況を合わせ、より良い状態を目指せるようにご相談しています。

補聴器を調整する際、はじめに行なっていくのは、補聴器を使った時に感じる音の感覚を頼りに、音が大きすぎず、日常生活上で、このぐらいの音量であれば使えるかな?というラインまで、音量を上げる事です。

ちょうど良いぐらいにまで、補聴器の音量を調整したら、その後、補聴器の効果測定を行います。

補聴器の効果測定というのは、補聴器を使って、実際にどのぐらいまで聞こえが改善されているのかを知る測定の事です。

補聴器の効果測定を行うと、色々と数値が出てきます。この結果を見る事で、今現在、ご自身が感じている音の感覚と、聞こえの改善状況を把握することができます。

補聴器は、聴力ごとにどれだけ、音を大きくできると良いか。の目標のラインがあります。その目標値と今現在、どこまで聞こえが改善できているのか。それを組み合わせる事で、現状を把握しやすくなります。

例えば、このような測定結果だったとしますと、先ほど、日常生活上で補聴器を使える範囲内で、音量を改善した結果、音の感覚としては、適量だけれども、改善状況としては、もう少し、高い音の部分を大きくした方が良さそうだ。ということがわかります。

その際、もう少し音量を大きくしても良さそうな感覚がありましたら、無理のない範囲で、音量を大きくできますし、初めて補聴器を使うので、まずは、このぐらいからはじめたい。という場合は、このぐらいの音量から始める事ができます。

このように、このお店では、補聴器を使った音の感覚と、今現在の聞こえの改善状況を見える化して、ご希望に合わせたご対応をしています。

見える化する事によるご相談の特徴

このようにこのお店は、補聴器を使った感覚や聞こえの改善状況。これらを把握しながら、聞こえの改善を行なっています。

このようにしている理由は、補聴器は、耳につけるだけでは、どのぐらい聞こえが改善されているのか。そして、自分の聴力から改善できると良い所まで、改善されているのかが非常にわかりづらいためです。

聞こえにくさはできる限り、改善したいものですし、かといって、音が大きすぎるのも、きつく使いづらいのも考えものです。

その事から、このお店では、聞こえの改善の可視化を行い、どのような状況なのか。どう改善していくか。お互いにお話しながら、ご相談できるようにしています。

補聴器を使った時に感じる音の感覚。音が大きい、音が小さい、音が高く感じる。こういった感覚と聞こえの改善状況の可視化を合わせると、補聴器を使った時の音の感覚と聞こえの改善のバランスを整えやすくなります。

まとめ

このお店が意識していることは、聞こえにくさにお困りの方や補聴器にお悩みの方。そのような方が再び、より良く生活できるようになる補聴器専門店です。

その事から、なるべくではあるのですが、お客様が使いやすい状態、あるいは、なるべく聞こえが改善されている状態にしていきたいと考えています。

音の感覚や価値観は、どうしても人それぞれ異なりますので、現状を把握する事。なるべく改善状況をわかりやすくする事。そのようにする事で、聞こえの改善に関しても、ご相談しやすい環境を作る事に力を入れています。

なるべくより良い状態にできるよう、このお店では、このようにして、ご対応しています。