2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

カテゴリー:時期

聞こえにくさが軽い内に補聴器をつけた方がいい3つの理由

snowdrop-1263455_640

たまに「少しだけ聞きにくいだけなので、このままでいいかな」「聞きにくいけれど我慢すればいいか」などお考えの方をお見かけします。本当の意味で、ほんの少しだったり、あまり困っていないのであれば構わないのですが、明らかに困っている場合は、医療機関への相談、補聴器の相談をおすすめします。

補聴器は、聴力低下が軽い内に装用した方が、聞こえにくさを改善できます。そのため、状況を改善させるのでしたら、早期に装用する事がおすすめです。どんな病気も早期の方が改善できるように補聴器も早期の方が聞こえの効果を改善できます。

続きを読む

今更ながら補聴器はQOLを改善させる道具だという事が理解できた気がする

boy-717151_640

「補聴器はQOLを改善させる道具」これは当たり前ではあるのだが、なかなかこのように考えている方は少ないのではないだろうか。ほとんどの人は、補聴器は音を聞こえるようにする道具、聞こえにくさを改善させる道具と考えていたり、この言葉を表面的に捉えている方が多いように感じる。

私は、自分でお店を持ち、様々な体験をする内に、ようやくこの言葉が理解できたように思う。補聴器は、聞こえにくい人が使うものだが、見方を変えれば、自分自身が悩んでいる事を改善する道具である。しかし、できる事はそれだけではない、聞こえにくい事でしにくくなっている事はたくさんあるので、本当の意味で色々な事ができるようになる。

今回、考えさせられる事があったので、こちらに関して記載していく。補聴器の事について理解が深まれば幸いだ。そして、もし聞こえにくい事があれば、すぐに付けよう、自分の生活の質が上がる事は、それはとても良い事だ。

続きを読む

情報を得る事よりも自分でどう感じたかを重視しよう

dandelion-1366856_640

インターネットが発達し、今現在では、様々な情報が簡単に得られるようになりつつあります。そのおかげで、色々と知る事ができる反面、情報を得ただけになってしまい、その後の行動に結びついていない方も増えつつあるのかもしれません。

補聴器の世界も同様で、情報が徐々にではありますが、増えつつあります。しかし、実際の行動となるとあまりされていない方も多いのではないでしょうか。ここで私がお伝えしたいのは、情報を得るだけではなく、実際に体験していただきたいという事です。

特に今現在、聞こえにくさにお困りであり、医師に感音性難聴と診断され、かつ補聴器を勧められた場合、改善方法は、補聴器しかありません。

どんな事もそうですが、情報を得るより、体験する方がよい情報を得られます。補聴器も同様で、体験した方がずっと様々な事がわかります。

続きを読む

耳の改善は、少しずつ始めればいい

hand-895592_640

聞こえにくくて困っている、どのようにしたら良いのか、困っている。そして、どこに相談したら良いか、困っている。そのようなお悩みを抱えている方が本当に多いなと、自分自身は、感じます。

どんな人でも新しい事、知らない事、わからない事を解決しようとする時、多大なエネルギーを使います。知っている事を解決するのは、容易くても、知らない事となると「失敗するのではないか」「どうしたら良いのか」という一種の恐れもあり、及び腰にもなりがちです。

解決したいけれど、なかなか行動に移せない、そのような方に私自身がアドバイスするとしたら、少しずつ始めれば良いという事です。

続きを読む

補聴器を装用しない理由の一つは、対人関係

apple-1216853_640

当事者が困ったからではなく、周囲の方から、補聴器を勧めるケースというのは、よくあります。耳の聞こえが低下した際、音というのは、目に見えないものですので、聞こえにくくなった事そのものに気が付きにくいためです。

しかし、中には、補聴器の装用を拒むケースがあります。それらの理由には、

  • 音が大きい
  • 雑音がする
  • かっこわるい

などと聞きますが、それ以外にもあります。それは、対人関係です。それは、どのような意味なのでしょうか。こちらについて載せて行きます。

続きを読む

補聴器を使うタイミングは「困った時」である2つの理由

portrait-1243972_640

補聴器を装用するタイミングは、人それぞれであり、アドバイスをする方の表現も人それぞれです。補聴器を実際に装用し補聴器の販売をしている私からお伝えさせていただきますと、補聴器を使うタイミングは「困った時」というのが、正直な感想です。

その理由には、タイトル通り、2つの理由が存在します。

続きを読む

補聴器を装用する前に確認したい8つの事

underground-1081975_640

補聴器を装用する前にぜひとも確認したいものがあります。それは、禁忌八項目と呼ばれるものです。この禁忌八項目は、補聴器を装用する前に耳の状況を確認し、お客さんにとってより良い改善をするために、設けられました。

基本的に耳の改善に関しては、耳鼻咽喉科で治るものであれば治療を行い、治療しても改善しない、治療しきれなかったものに関しては、補聴器を装用して聞こえを補っていきます。この考えが忠実に再現されたのが、禁忌八項目です。

では、この禁忌八項目とは、どのようなものが当てはまるのでしょうか。一緒に見ていきましょう。

続きを読む

若い人と高齢の方では、補聴器の必要性が異なる

rome-686305_640

たまに「補聴器を装用する方は、単に難聴のレベルによって異なるのですか?」と質問される事がありました。基本的には、難聴が進むと進む程、補聴器を装用する人は増えてくるのですが、補聴器は、難聴のレベルだけで決まる事はありません。補聴器を装用する一番の決定打は、その方の社会参加度になります。言い換えれば、どれだけ人と触れ合う機会があるかです。この数値が高く、そして難聴のレベルが高くなると補聴器を装用する確率があがります。

今回は、若い人と高齢の方で、どのように補聴器に対する意識が異なるのかを載せていきます。今回の内容で重要なのは、どんな時に人は補聴器を必要とするか、そして補聴器はどのような役割があるかを理解する事です。こちらがわかると良く理解できるようになると思います。

続きを読む

しっかり理解したい補聴器を早めに装用する3つのメリット

book-863418_640

補聴器を早めに装用するメリットとは、どのようなものがあるのでしょうか。よく言われる補聴器を早く装用するメリットは、聞き取りを良い状態でキープできる事、若い頃ほど、補聴器に馴染みやすい、慣れやすい、という事です。しかし、早期装用のメリットは、これだけではありません。

難聴の本質は、コミュニケーション障害です。このコミュニケーション障害による弊害も補聴器を早期装用する事により、軽減できます。これが、三つ目のメリットです。

今回は、一般的に言われている事にプラスして、私自身が考える早期装用のメリットについても記載していきます。早期装用して、聞こえを改善させていくと共に、コミュニケーション障害の被害も少なくしていく事が、難聴を改善させるうえで、重要になります。

続きを読む

補聴器の装用タイミングを理解する2つのポイント

clocks-1054799_640

補聴器を装用するタイミングは、いつが良いのでしょうか。こちらは、伺う人により、異なる答えが来ます。ある人は「聴力がこのくらいまで下がったら……」ある人は「聞こえにくさを感じた時……」と言います。

私自身は、聞こえにくさを感じた時に補聴器は装用する方が良いと考えています。なぜなら難聴は、聞こえにくさだけが影響するわけではないからです。そして、聞こえにくさを感じており、それによる精神的苦痛を和らげられるのであれば、たとえ軽度の聞こえであっても補聴器の効果があると考えています。

さて、これは、なぜなのでしょうか。その内容について述べていきます。

続きを読む