書いている人の詳細

初めまして、パートナーズ補聴器の深井と申します。

このブログは、聞こえにくい人を支援する耳・補聴器ブログ。という事で、聞こえにくさを抱えている状態をどうよくしていくか。その点を中心に、記載しているブログです。

私自身がしている事は、あくまでも補聴器の販売。ではなく、聞こえにくい人を支援する事としています。

そのため、こちらで記載しているのは、補聴器の製品というより、聞こえにくさの状態をどのようにしたらより良くなるのか。改善しやすくなるのか。聞こえの改善に関する事を中心に記載しています。

こちらには、このブログを書いている私自身の内容をまとめてみましたので、知りたいところからご覧いただければ幸いです。

書いている人は、こんな人

プロフィール

  • 名前:深井 順一
  • 生年月日:1986年7月1日
  • 生まれ:静岡県静岡市葵区
  • 育ち:千葉県市川市北国分
  • 住んでるところ:お店(東京都墨田区)近辺

私の生まれは、静岡県になります。小学校一年生くらいまでおり、父の転勤に合わせ、小学校2年生の頃に千葉県市川市に引っ越しました。そこからずっと千葉県市川市になります。

2007年より補聴器販売店に就職(理研産業株式会社(補聴器の販売会社))。

その際、初めは、東京勤務でしたので、実家(千葉県市川市)から通っていましたが、一時期、神奈川県の横浜の方にある勤務先に変更になり、横浜市の保土ケ谷区にも2〜3年ほど、住んでいたこともあります。

今現在は、東京でお店を運営していることもあり、東京都墨田区に住んでいます。

耳について(聴力及び、病状)

私は生まれつきの難聴者ですが、耳については以下の通りです。

  • 病名:スティックラー症候群
  • 難聴:感音性難聴(生まれつき)
  • 発見:幼少期(幼稚園生くらい)
  • 通院:国立成育医療センター
  • 聴力:両耳とも中等度難聴
  • 装用:補聴器は、小学2年生の頃
  • 備考:耳以外に視力低下、いくつかの関節症あり

私の場合は、スティックラー症候群と呼ばれる遺伝性の病気です。

幼い頃になかなか言葉を発声しないことから、病院に行ったところ、難聴が発覚しました。

診断名としては、スティクラー症候群という遺伝性の疾患で、その一部の症状として、難聴があります。耳については感音性難聴ということでした。

私の場合は、難聴以外にも骨の骨格異常や視力低下などもあるのですが、難聴以外は、気にしたことがありません。

私の聴力です。典型的な中等度難聴になります。私の聴力です。典型的な中等度難聴になります。

聴力に関しては、このようになります。低い音より、高い音の方が聞きにくくなっており、一般的な中等度難聴になります。

このくらい聞きにくくなっていると補聴器がないと、会話が難しくなってくる状態です。

補聴器は、小学2年生の頃からつけ、今現在に至るまでつけ続けています。当時は、片耳だけでしたが、19才くらいから、両耳に装用しています。

オージオグラムの見方と自分の聴力を理解する4つのポイント聴力検査の結果表がオージオグラムです。見方や難聴の程度、レベル別、聞こえづらさについて、まとめてみました。聴力図から自分自身の状況を理解したい方は、ご参考にどうぞ。...
聴力検査の見方は?聴力検査からわかる事と自分の聞こえを改善する方法聴力検査を受けた後、理解しておきたい検査結果の見方、そこからわかる事、ご自身の聞こえに関して理解する方法、それらをまとめてみました。そこからどのような改善方法があるのかもまとめてみましたので、参考になれば幸いです。...

補聴器歴と使用している補聴器

小学2年生から補聴器を使用しているとなると、補聴器もいくつか使用しています。

補聴器に関しては、

  • 小学2年生の頃:初めは耳あな形補聴器を購入(ワイデックス)
  • 小学5年生の頃:耳かけ形補聴器へシフト(ワイデックス)
  • 中学2年生の頃:オーティコンの耳かけ形を購入
  • 専門学生の頃:ワイデックスの耳かけ形補聴器を購入
  • 社会人:補聴器販売店にいたので、フォナックの補聴器を使用
  • 今現在:フォナックの補聴器を使用

になります。

補聴器には、主に耳の中に入れる耳あな形補聴器と耳かけ形補聴器の2つがあります。

耳の穴の中に入れる補聴器。耳の中にすっぽり入るのが特徴。耳の穴の中に入れる補聴器。耳の中にすっぽり入るのが特徴。

こちらが耳の中に入れられる耳あな形補聴器。

耳にかける補聴器が耳かけ形。耳にかけて使用するのが特徴。耳にかける補聴器が耳かけ形。耳にかけて使用するのが特徴。

こちらが耳にかけて使用する耳かけ形補聴器です。

私の場合、中等度の難聴ですので、どちらも対応が可能です。

ただ、耳が飴耳ですので、初め耳あな形補聴器を使用していましたが、音が聞こえなくなる回数が多くなってしまい、それをめんどうに感じ、それ以降は、耳かけ形補聴器を使ってきました。

過去の自分の補聴器。自腹で買ったため、当時の価格で、45.6万也。

今現在は、自分が取り扱っているフォナック社の耳かけ形補聴器を使用中です。

補聴器使用時の状態

補聴器の使用状態に関しては、以下の通りです。

私の場合、自分自身で補聴器を装用しても、聞こえている感覚は、わかるものの、どこまで改善できていると良いのか、そもそもこの聞こえで良いのか。が、非常にわかりにくかったため、自分の聞こえの状態を可視化しながら、改善していきました。

補聴器には、聴力検査のような補聴器を使用したまま、どのくらい音が聞こえているのかを調べる測定があります。それで、調べたのが、この図です。また、わかりやすいように補聴器で改善していると良い数値は、▲、補聴器で改善している数値は、▲で表示しています。補聴器には、聴力検査のような補聴器を使用したまま、どのくらい音が聞こえているのかを調べる測定があります。それで、調べたのが、この図です。また、わかりやすいように補聴器で改善していると良い数値は、、補聴器で改善している数値は、▲で表示しています。

補聴器で聞こえを改善していく際、おおよその改善目標値(ここまで改善すると効果が出やすい値)があり、その部分まで、自分でしっかり改善するようにしました。

補聴器をつけたまま、音声がどのくらい聞こえるのかを調べる測定があるのですが、その図は、こちらです。全体的に、聞こえると良い部分で、音声が理解できるように改善しています。補聴器をつけたまま、音声がどのくらい聞こえるのかを調べる測定があるのですが、その図は、こちらです。全体的に、聞こえると良い部分で、音声が理解できるように改善しています。

そして、補聴器を使用したままで行う言葉の聞こえの測定があるのですが、その内容は、こちらの通りです。

自分の使用状態を可視化しながら改善していく事で、なるべく補聴器で改善できると良い部分まで、改善させることができました。

補聴器業界に入った理由

正直な事を言いますと、私自身は、あまり良い理由ではありません。

結論から言いますと、どこに相談すれば適した相談ができるのか、これがわからない事から、自分で補聴器の事を学ぶために、補聴器業界に入りました。

初めは、生まれつきの難聴のため、病院で見ていただいたのですが、両耳とも聞こえにくいのになぜか片方だけしか処方されず。片耳だけ聞こえ、片耳は、聞こえづらい。という状態を続けていました。

その後、中学生の頃、補聴器の買い替えを行う際に、別の補聴器屋さんで、あまり考えずに購入したら、補聴器が耳に本当に合わなく、全然使えない状態になってしまい、失敗。

さらに、19歳の頃にまた別のところに相談するものの、自分の事を伝えることがうまくできなかったり、耳の状況が自分では把握できないことから、補聴器を使っている自分の状態は、本当に適切に調整されているのかどうか、自分では判断することができませんでした。

これらの経験が重なり、この先、この体で生きていくためには、耳の知識、補聴器の知識を自分で得なければならないと考え、補聴器業界に入りました。

それがきっかけです。

補聴器販売者としての内容

経歴

  • 従事:2007年より、補聴器販売に従事
  • 経験:補聴器販売歴は、2019年で10年目
  • 独立:2016年2月
  • 備考:2年ほど、Web系の事をしていたため、離れていました

2007年に理研産業株式会社(補聴器の販売会社)へ入社。そこで、7〜8年ほど認定補聴器技能者の元で、勤務しました。

初めに東京の事務所に配属され、のちに横浜の事務所に配属。東京では、ご年配の方を中心に対応し、横浜では、児童を中心に対応。

様々な人を対応してきましたので、オールマイティーに対応ができるようになりました。

Webで調べ物をしていた時、ふと「聞きにくさの改善方法を誰でも簡単に調べられるようになったら、もっと救われる人も増えるのではないか?」と思いつき、2014年頃から書き始めたのが、このブログのきっかけです。

ブログを書き続けていると、たまに相談されることがあり、メール相談のような形で初め対応していました。

しかし、メールのみの相談ですと、耳の状況や補聴器の状況がほとんどわからず、うまく行かない事が多く出てしまいました。そのため、しっかり相談できる環境、場所が必要だ。と、考え、お店を作りました。

そして、今現在では、今までの経験を活かして、聞こえにくさを感じている方々を支援できるようなお店作りを行い、より聞こえの改善をしたり、聞こえにくさを抱えている人の支援をしています。

実績(講演やお客様の声)

↑に実際に対応した方々の症例に関しては、その人を改善した実際の方法から評価も含めてまとめています。

お客様の声(お客様のレビュー、アンケートまとめ)当店をご利用になったお客様のレビューのまとめとなります。実際にご相談されて、どうだったのか。まとめてみました。ご参考にどうぞ。...

お客様の声(お客様のレビュー、アンケート)のみについては、こちらにまとめています。

講演に関しては、

で講演依頼をいただき、補聴器に関する事や私自身について講演を行いました。

それ以外には、聾学校さんや通級指導教室さん(耳が聞こえにくい子供が通う施設の事です)でも何度か講演した事があります。

今現在、時間がないため講演は、お断りしております。予め、ご了承ください。

資格

医療機器の販売および貸与営業所管理者の資格、あり。

また、補聴器には、認定補聴器技能者という資格があるのですが、今現在、講習を受けつつ取得中です。

どのようにしたら聞きにくさを感じている人がより改善できるようになるのか。の方を優先して学ぶようにしてきた結果、資格取得が後になってしまいました。

今現在は、時間を作りながら、取得中です。

私がしている補聴器販売の価値観

基本的には、聞こえにくさを抱えている方へ、一人でも多くより良い生活できるようにするための支援を行う。という思考ですが、補聴器の販売に限ってお話ししますと、

  • 補聴器で改善できる部分まで、改善させること
  • 扱える補聴器、楽に使える補聴器を選ぶこと

この2つを重点的に考えて、対応を行っています。

私も補聴器を装用して、聞こえを改善していますが、難聴の方は、補聴器が欲しいのではなく、聞こえの改善が欲しい。と思っている。それが、私の答えです。

難聴になり、耳が治るのであれば、治るに越したことはないのですが、残念ながら、今現在、多くの難聴は、耳を治すことができません。その代わりの改善策として、補聴器が活用されている。というのが実情です。

では、良い補聴器とは何か。それは、補聴器で聞こえを改善できる事、そして、その補聴器が楽に使える、扱える事です。

聞こえを改善しづらいものですと、そもそもの意味がありませんし、聞こえを改善できても、使いづらさがあると、日常生活や仕事場で、使いづらく、活用しづらくなってしまいます。

その事から、上記の2つを中心に補聴器の選定、改善を行っています。

お客様の改善事例でもそうですが、こちらも補聴器というよりも、どのようにその耳の状況を改善すると良いのか。適した補聴器をどう決めたか、を中心に書いています。

聞こえの改善にプラスして、使用する方にとって使いやすい。扱いやすい補聴器を選ぶ。その2つができれば、聞きにくさが改善され、より良い生活を送ることができるようになります。

私自身の目的は、聞こえにくさを抱えている人を支援する事です。そのため、このように考えて、補聴器の販売を行っています。

自分の聞こえを改善した方法

自分自身の聞こえを改善した方法に関しては、以下の通りです。たまに聞かれることがありますので、こちらに関して、まとめてみました。

補聴器以外にも、聞こえにくさにより、問題になりやすい対人関係に関しても、記載しています。

補聴器での基本の改善思考

生まれつき中等度難聴の私が、自分の聞こえを改善した方法(自己紹介〜改善方針編)生まれつき中等度の難聴の私が、補聴器販売をしている知識で、どう改善していったのか。こちらに関して、載せていきます。まず初めは、自分の耳の状況から、改善の基本となる部分をまとめていきます。...

補聴器の形状をどう選んだか

生まれつき中等度難聴の私が、自分の聞こえを改善した方法(形状編)さて、前回、中等度難聴の私が自分の耳を改善するまで(基本〜改善方針編)を記載したのですが、次は、補聴器の形状について決めていきます。 ...

補聴器の性能をどう選んだか

生まれつき中等度難聴の私が、自分の聞こえを改善した方法(性能編)中等度難聴の私がどの様にして補聴器を決めたのか。その部分に関して、まとめて見ました。その性能編です。性能に関しては、色々ありますが、私は、スタンダードタイプを選んでいます。...

補聴器でどう調整し、改善したか

生まれつき中等度難聴の私が、自分の聞こえを改善した方法(調整編)中等度難聴の私が、どのように補聴器で聞こえを改善したのか。今度は、補聴器の調整版です。補聴器の調整は、いわば、聞こえの改善の核となる部分で、その部分に関して、包み隠さず、記載してみました。...

メーカーに関して、どう考えたか

生まれつき中等度難聴の私が、自分の聞こえを改善した方法(メーカー編)中等度難聴の私自身が、色々と補聴器を経験してみて、感じたことやメーカーに関する事を載せてみました。メーカーを選ぶ事は、確かに大切ですが、それ以上に、調整を煮詰める方が、個人的には、大事になってくると、経験上は、感じています。...

補聴器、購入後について

聞こえを改善後は、ケアする事を覚えておこう補聴器を購入した後は、なるべくケア方法を知っておく事、そして、故障した際に直す方法を知っておくなど、しておけると、使いやすくなります。その部分に関して、まとめてみました。...

耳の事を伝える

耳の聞こえにくさを伝える大切さと、伝える2つの方法補聴器で聞こえを改善した際は、できれば、耳の事を伝えることもオススメします。補聴器は、耳の状況を全てよくできるわけではないこともそうですが、単に誤解が少なくなれば、周りの環境をよくすることに繋がるからです。...

難聴で悩みやすい対人関係について学べる本

私が選ぶ難聴の人に勧める対人関係に役立つ2+1つの本難聴の本質は、コミュニケーション障害です。聞きにくくなることにより、コミュニケーションが取りづらくなると、お話がしづらくなったり、コミュ...

仕事編:自分の特性を知る

ストレングスファインダーで自分の特性を知り、特性を活かすさて、次は、仕事編です。 今の社会、自分の体がどうなろうと、仕事をせずに生きていくのは、なかなか厳しい状況です。 聞こえにく...

仕事編:耳のことは、伝える?

面接の時に耳の事を言うのか、言わないのか問題について耳が聞こえにくいことに関して、就職する際、どの様にしているのか。もしかしたら、気になる人も多いかもしれません。 私の場合は、耳の事...

仕事編:仕事をする際にオススメする本

私自身が、仕事系でおすすめできる6つの本私自身、そこそこ本に関しては、読む様にしているのですが、若い頃、自分が、仕事を初めて、2〜3年くらい経過した時くらいに読んでおいたら、よ...

人生観:ものの見方を広げる

私自身の価値観や物の視野を広げてくれた本7選私の場合、自分の視野を広げるために、なるべく本を読む様にしているのですが、その中でも、色々と得られた本に関して、ご紹介します。 色...

まとめ

こちらでは、忌憚なくなるべく私自身の事を記載してみました。

補聴器業界に入った理由は、正直、あまり胸を張って言える事ではないため、書いたい事ではないのですが、聞かれることがあるため、記載してみました。

私の場合は、耳のことが自分ではわからず、改善方法も、より良くすることも自分ではわかりませんでした。それらを学ぶために、補聴器業界に入った。というのが理由です。

このブログを書いている人は、こんな人になります。

なお、補聴器のご相談等や何かご相談事がございましたら、以下のお問い合わせフォームより、ご連絡ください。

お会いする機会がございましたら、よろしくお願いいたします。






 お名前 必須
例:東京 太郎

 メールアドレス 必須
例:abc@gmaill.com

 相談内容をご記入ください 必須
例:補聴器の相談希望です。○○日、○時は、空いていますか?