対応している人(書いている人)の詳細

初めまして、パートナーズ補聴器の深井と申します。

このお店は、生まれつき難聴で補聴器を使っている人が対応している補聴器専門店です。

このページでは、実際に対応している人の詳細という事で、対応している人の耳の事や補聴器のことも含めて、どんな人なのか。というところについて、記載してみました。

気になるところから、ご覧いただければ幸いです。

※↓目次で知りたい内容を探せるようにしています。ご活用ください。

対応している人(書いている人)は、こんな人

プロフィール

  • 名前:深井 順一
  • 生年月日:1986年7月1日
  • 生まれ:静岡県静岡市葵区
  • 育ち:千葉県市川市

私の生まれは、静岡県になります。

小学校一年生くらいまで静岡におり、父の転勤に合わせ、小学校2年生の頃に千葉県市川市に引っ越しました。そこからずっと千葉県市川市になります。

2007年より補聴器販売店に就職(理研産業株式会社(補聴器の販売会社))。

その際、初めは、東京勤務でしたので、実家(千葉県市川市)から通っていましたが、一時期、神奈川県の横浜の方にある勤務先に変更になり、横浜市の保土ケ谷区にも2〜3年ほど、住んでいたこともあります。

今現在は、東京でお店を運営していることもあり、東京都墨田区に住んでいます。

耳について(聴力及び、病状)

私の耳については以下の通りです。

  • 病名:スティックラー症候群
  • 難聴:感音性難聴(生まれつき)
  • 発見:幼少期(幼稚園生くらい)
  • 聴力:両耳とも中等度難聴
  • 装用:補聴器は、小学2年生の頃に使用
  • 備考:耳以外に視力低下、いくつかの関節症あり

私の場合は、スティックラー症候群と呼ばれる遺伝性の病気です。

幼い頃になかなか言葉を発声しないことから、病院に行ったところ、難聴が発覚しました。

診断名としては、スティクラー症候群という遺伝性の疾患で、その一部の症状として、難聴があります。耳については感音性難聴ということでした。

私の場合は、難聴以外にも骨の骨格異常や視力低下などもあるのですが、幸いにも、難聴以外は、あまり気にしたことがありません。

私の聴力です。典型的な中等度難聴になります。

聴力に関しては、このようになります。低い音より、高い音の方が聞きにくくなっており、一般的な中等度の難聴になります。

このぐらい聞きにくくなっていると補聴器がないと、会話が難しくなってくる頃合いです。

補聴器は、小学2年生の頃からつけ、今現在に至るまでつけ続けています。当時は、片耳だけでしたが、19才から、両耳に装用しています。

補聴器の経歴と使用している補聴器

小学2年生から補聴器を使用しているとなると、補聴器もいくつか使用しています。

補聴器に関しては、

  • 小学2年生の頃:初めは耳あな形補聴器を購入(ワイデックス)
  • 小学5年生の頃:耳かけ形補聴器へシフト(ワイデックス)
  • 中学2年生の頃:オーティコンの耳かけ形を購入
  • 専門学生の頃:ワイデックスの耳かけ形補聴器を購入
  • 社会人:補聴器販売店にいたので、フォナックの補聴器を使用
  • 今現在:フォナックの補聴器を使用

になります。

補聴器には、主に耳の中に入れる耳あな形補聴器と耳かけ形補聴器の2つがあります。

耳の穴の中に入れる補聴器。耳の中にすっぽり入るのが特徴。

こちらが耳の中に入れられる耳あな形補聴器で、

耳にかける補聴器が耳かけ形。耳にかけて使用するのが特徴。

こちらが耳にかけて使用する耳かけ形補聴器です。

私の場合、中等度の難聴ですので、どちらも使う事ができます。

ただ、耳垢が湿性のため、初め耳あな形補聴器を使用していましたが、音が聞こえなくなる回数が多くなってしまい、それをめんどうに感じ、それ以降は、耳かけ形補聴器を使ってきました。

過去の自分の補聴器。自腹で買ったため、当時の価格で、45.6万也。

今現在は、自分自身が信頼しているフォナック。というメーカーの補聴器を使用し、自分で聞こえも改善しています。

補聴器販売者としての内容

経歴

  • 従事:2007年より、補聴器販売に従事
  • 独立:2016年2月
  • 備考:一時期(2年程)離れていた時期あり

2007年に理研産業株式会社(補聴器の販売会社)へ入社。そこで、7〜8年ほど認定補聴器技能者の元で、勤務しました。

初めに東京の事務所に配属され、のちに横浜の事務所に配属。東京では、ご年配の方を中心に対応し、横浜では、児童を中心に対応していました。

Webで調べ物をしていた時、ふと「聞きにくさの改善方法を誰でも知れるようになったら、もっと良くなる人も増えるのではないか?」と考え、2014年頃から書き始めたのが、このブログです。

これは、元々、私自身が聞こえにくい事で悩んでいた時期があった事。そして、補聴器業界に入ったのは、自分自身の聞こえをもう少し改善できないか。と考えて入ったためです。

小さい動機ではありますが、ブログを書き続けていると、たまにご連絡いただく事があり、メール相談のような形で初めは対応していました。

しかし、メールのみの相談ですと、相談される方の耳の状況や補聴器での改善状況がほとんどわからず、私の方で把握する方法もないため(聴力を調べたり、補聴器の改善状況を調べる事が遠隔でできない)、結局「元の所で相談してみてください」としか、言えませんでした。

そういった事が続いてしまい「この方法では相談される方の改善はできない」と感じた事から、相談場所を作る事になります。

それがこのお店を立てるきっかけです。

このお店の基本方針(コンセプト)とそのきっかけ

このお店の基本方針(コンセプト)は、

  • どこかで補聴器について、うまく行かなかった方
  • お店で相談する事や補聴器に不安や抵抗がある方

このような方にとって、聞こえの改善や補聴器のご相談がしやすいお店になる事です。

私自身がお店で行なっている事やお店のサービスは、そのような方にとって、安心してご相談できるお店にするには、どうやったらできるか。を基準に考えて、作っています。

上記に記載した通り、私自身が補聴器の世界に入った理由は、自分自身の聞こえにくさをもう少し改善する事はできないか。というところを思い、入りました。

言い方を変えると、私自身も補聴器や耳の事でつまづいた一人の聞こえにくい人であるという事です。

そして、その後「もしかしたら、自分と同じような人がいるのかもしれないな」という何気ないきっかけで、ブログを書く事になるのですが、それが上記の内容となり、お店を立てる経緯にもなります。

実際にお店を開いて、様々な方を対応していくうちに、他の補聴器販売店さんでちょっとうまく行かなかった方や補聴器に関する噂やお店での評価を聞き、聞きにくさに困っているけれども、なかなか行動できなかった方に出会う事になります。

そのような方を対応し、評価を聞いてみると、「補聴器に関して、しっかり相談できてよかった」「補聴器を使っている人に直接、相談でき、実際のところを知りながら改善していく事で、安心して相談できた」という声をいただく事になります。

今まで、なかなか行動できず、改善できなかった方が、聞こえを改善し、よりよく生活できるようになっていく様を見た時「ああ、自分の役割は、ここにあるんだな」と感じました。

そこから考え方を変え、このお店の基本方針を

  • どこかで補聴器について、うまく行かなかった方
  • お店で相談する事や補聴器に不安や抵抗がある方

このような方にとって、聞こえの改善や補聴器のご相談がしやすいお店になる事。としました。

これは、

  • 自分自身の境遇が同じだった事
  • 自分自身の能力を活かしやすかった事

この2点があったからです。

お店をご利用いただいたお客様の声

耳の状況としては、主にこのような症状の方を対応させていただきました。専門内が8割、専門外や珍しいケースが、2割ぐらいの割合となります。

実際にご利用いただいたお客様の評価に関しては、以下にまとめています。

初めて補聴器で聞こえを改善した方

初めて補聴器で聞こえを改善したお客様の声は、上記の通りです。

※見辛い場合は、タップ(クリック)する事で、拡大する事ができます。

どこか別の場所でうまくご相談できなかった方

どこか別の場所でうまくご相談できなかったお客様の声は、上記の通りです。

※見辛い場合は、タップ(クリック)する事で、拡大する事ができます。

実際にご利用いただいたお客様は、どのような評価だったのか。その点に関しては、以下の通りとなります。

片耳のみ難聴の方

片耳のみ難聴の方を改善したお客様の声は、上記の通りです。

※見辛い場合は、タップ(クリック)する事で、拡大する事ができます。

この他のお客様の声について

お店の口コミに関しては、上記にも、まとめています。

実際の聞こえの改善事例

実際に対応させていただき、状況の改善を行なった事例に関しては、上記の通りです。

耳の状況から、どのように補聴器で改善できると良いのか。そういった改善のポイントも含めて、まとめてみましたので、興味がある方は、参考にどうぞ。

また、聴力別、補聴器での改善ポイントや補聴器に関するFAQについては、上記にまとめています。

専門分野(耳の状況、病状)

私自身の専門分野(耳の状況、病状)は、

  • 感音性難聴(遺伝、生まれつき、原因不明の難聴など)
  • 老人性難聴(年齢による低下(年相応)、原因不明、遺伝など)
  • 片耳難聴(突発性難聴、生まれつきの難聴、ムンプス難聴など)

主にこの3つとなります。

実際には、こちら以外のケースを対応することも、あるのですが、上記のケースが専門となり、対応する方の8割以上を占めています。

基本的には、耳や補聴器の事でつまづいてしまった方で、上記のような耳の状況の方を対応することが、大半となります。

補足:専門分野に関する補足とFAQについて

実績(講演など)

講演に関しては、

で講演依頼をいただき、補聴器に関する事や私自身について講演を行った事があります。

それ以外には、聾学校さんや通級指導教室さん(耳が聞こえにくい子供達が通う施設の事)でも何度か講演した事もあります。

今現在、時間の余裕がないため講演は、お断りしております。誠に恐れ入りますが、予め、ご了承ください。

資格

医療機器の販売および貸与営業所管理者の資格、あり。

また、補聴器には、認定補聴器技能者という資格があるのですが、今現在、講習を受けつつ取得中です。

どのようにしたら聞きにくさを感じている人がより改善できるようになるのか。の方を優先して学ぶようにしてきた結果、資格取得が後になってしまいました。

今現在は、時間を作りながら、取得中です。

まとめ

こちらでは、忌憚なくなるべく私自身の事を記載してみました。

このブログを書いている人は、こんな人になります。何か参考になる部分があったのであれば幸いです。

お困りごとがございましたら、お聞かせください

もし、耳の事や補聴器の事でお困りごとがございましたら、いくつかあるご連絡方法より、お問い合わせください。

お問い合わせ内容は、営業日より、一日以内で返信しております。お問い合わせ後、来店日時をご相談の上、対応させていただきます。

お電話でご連絡する場合は、03-5809-7586までお願いいたします。ただ、接客中は、出れないこともございますので、予め、ご了承いただければ幸いです。

友だち追加

Lineでのお問い合わせに関しては、友だち追加をしていただいた後、トークで内容をお送りいただくことができます。

メールでのご相談の場合は、以下にお問い合わせフォームがございますので、こちらより、お送りください。

ご自身がお問い合わせしやすい方法をご利用いただければ幸いです。よろしくお願い申し上げます。

誠に恐れ入ります。当店は、一人で行っているため、対応に限りがございます。ご相談をご希望の場合は、なるべくお早めにご連絡いただければ幸いです。






     お名前 必須
    例:東京 太郎

     メールアドレス 必須
    例:abc@gmaill.com

     相談内容をご記入願います 必須
    例:補聴器の相談希望です。○○日、もしくは、○○日が空いているのですが、いつ頃、予定は空いていますか?