書いている人の詳細

初めまして、このブログを書いているパートナーズ補聴器の深井と申します。

このブログは、私自身が難聴者であり、補聴器を使っている人の視点、補聴器の販売を行なっている人の視点、この2つの視点で書いています。

私自身、生まれつきの難聴者ともあり、補聴器を使用しています。自分自身が使っている事もあり、補聴器のことや耳の聞こえにくさ、それらの改善方法を主に記載するようにしています。

他のサイトと比べ、少し小難しくなってしまっているのは申し訳ないのですが、なるべく聞きにくさを改善できる、または、ご自身が抱えているお悩みを少しでも改善できるような内容を心がけています。

初めは、ただ役に立てば良いな、くらいにしか考えていなかったのですが、徐々に反響をいただくにつれ、内容も少しずつ、改善していきました。

いま現在では、お店に来ていただいているお客様のご協力もいただきつつ、実際の改善例なども記載し、なるべくお悩みの方の状況を改善するには、どのようにしたら良いのか。どうすると聞きにくさを改善しやすくなるのか。を伝えられるようにしています。

確かに補聴器は、耳を治せる道具ではありません。しかし、然るべきことをすれば、それなりに改善させる事はできます。

このブログが、聞きにくさにお悩みの方に少しでもお役に立てば幸いです。

自己紹介

自己紹介ですが、いくつかに分けて記載していきます。

書いている人の情報

  • 名前:深井 順一
  • 生年月日:1986年7月1日
  • 生まれ:静岡県静岡市葵区
  • 育ち:千葉県市川市北国分
  • 住んでるところ:お店(東京都墨田区)近辺

私の生まれは、静岡県になります。ただ、小学校1年生くらいまでしかおらず、あまり記憶がありません。父の転勤に合わせ、小学校2年生の頃に千葉県市川市北国分に引っ越し、そこからずっとそこ(千葉県市川市)にいました。

就職は、初めから補聴器販売店に就職しました。その際、初めは、東京勤務でしたので、実家(千葉県市川市)から通っていましたが、一時期、神奈川県の横浜の方にある勤務先に変更になり、横浜市の保土ケ谷区にも2〜3年ほど、住んでいたこともあります。

今現在は、東京でお店を運営していることもあり、お店の近く(東京都墨田区)に住んでいます。

耳について

私は生まれつきの難聴者ですが、耳については以下の通りです。

  • 病名:スティックラー症候群
  • 難聴:感音性難聴
  • 発見:幼少期(幼稚園生くらい)
  • 通院:国立成育医療センター
  • 聴力:両耳とも中等度難聴
  • 装用:補聴器は、小学2年生の頃につけました
  • 備考:耳以外に視力低下、いくつかの関節症あり

私の場合は、スティクラー症候群と呼ばれる遺伝性の病気です。幼い頃に両親がなかなか言葉を発声しないことから、病院に行ったところ、難聴が発覚しました。

診断名としては、スティクラー症候群という遺伝性の疾患で、その一部の症状として、難聴があります。耳については感音性難聴ということでした。

私の場合は、難聴以外にも骨の骨格異常や視力低下などもあるのですが、難聴以外は、気にしたことがありません。普通に歩けますし、メガネやコンタクトをつければ、普通に見えるためです。

今現在の聴力。典型的な中等度難聴です。今現在の聴力。典型的な中等度難聴です。

聴力に関しては、このようになります。低い音より、高い音の方が聞きにくくなっており、一般的な中等度難聴になります。

このくらい聞きにくくなっていると補聴器がないと、会話が難しくなってくる状態です。

補聴器は、小学2年生の頃からつけ、今現在に至るまでつけ続けています。当時は、片耳だけでしたが、19才くらいから、両耳に装用しています。

聴力データの見方は、オージオグラムの見方と検査数値から見る耳の聞こえにくさをご覧ください。

補聴器歴と使用している補聴器

小学2年生から補聴器を使用しているとなると、補聴器もいくつか使用しています。ここでは、私が使ってきた補聴器でも紹介します。

  • 小学2年生の頃:初めは耳あな形補聴器を購入(ワイデックス)
  • 小学5年生の頃:耳かけ形補聴器へシフト(ワイデックス)
  • 中学2年生の頃:オーティコンの耳かけ形を購入
  • 専門学生の頃:ワイデックスの耳かけ形補聴器を購入
  • 社会人:補聴器販売店にいたので、フォナックの補聴器を使用
  • 今現在:フォナックの補聴器を使用

となります。

補聴器には、主に耳の中に入れる耳あな形補聴器と耳かけ形補聴器の2つがあります。

耳の穴の中に入れる補聴器。耳の中にすっぽり入るのが特徴。耳の穴の中に入れる補聴器。耳の中にすっぽり入るのが特徴。

こちらが耳の中に入れられる耳あな形補聴器。

耳にかける補聴器が耳かけ形。耳にかけて使用するのが特徴。耳にかける補聴器が耳かけ形。耳にかけて使用するのが特徴。

こちらが耳にかけて使用する耳かけ形補聴器です。

私の場合、中等度の難聴ですので、どちらも対応が可能です。ただ、耳が飴耳ですので、初め耳あな形補聴器を使用していましたが、音が聞こえなくなる回数が多くなってしまい、それをめんどうに感じ、それ以降は、耳かけ形補聴器を使ってきました。

過去の自分の補聴器。自腹で買ったため、当時の価格で、45.6万也。

今現在は、自分が取り扱っているフォナック社の耳かけ形補聴器を使用中です。

自分で聞こえを改善させた方法は、中等度難聴の補聴器販売員が自分の耳を補聴器で改善した方法にまとめています。

経歴

2007年に理研産業株式会社(補聴器の販売会社)へ入社。そこで、7〜8年ほど認定補聴器技能者の元で、働いていました。

初めに東京の事務所に配属され、のちに横浜の事務所に配属。東京では、ご年配の方を中心に対応し、横浜では、児童を中心に対応。様々な人を対応してきましたので、オールマイティーに対応ができるようになりました。

一時期、別のことをしていたのですが、2016年2月にお店を立て、独立。今現在は、20〜60代を中心に聞きにくさの改善やお困りごとの改善を行なっています。

資格

医療機器の販売および貸与営業所管理者の資格、あり。

また、補聴器には、認定補聴器技能者という資格があるのですが、今現在、講習を受けつつ取得中です。

どのようにしたら聞きにくさを感じている人がより改善できるようになるのか。の方に興味があり、そちらを優先して学ぶようにしてきた結果、資格取得が後になってしまいました。

今現在は、時間を作りながら、取得中です。

実績

お客様の耳の状況から、どのように改善したのか。

実際にご来店された方の評価、そして、このような聴力の場合、どのように改善を行えると良いのかの改善内容は、お客様の改善事例(体験談)にまとめています。

また、お店、私に関する評価に関しては、ご来店になったお客様の評価(お客様の声のみまとめ)にまとめています。

対応に関しましては、年間50〜70人ほどしており、様々な方の状態を改善してきました。お店は、2016年、2月から開いており、そこから、ずっとご対応をしています。

また、講演に関しては、

で講演依頼をいただき、補聴器に関する事や私自身について講演を行いました。

それ以外には、聾学校さんや通級指導教室さん(耳が聞こえにくい子供が通う施設の事です)でも何度か講演した事があります。

私がブログを書く理由

私自身がブログを書いている理由は、インターネットに可能性を感じているためです。

いま現在、インターネットを通じて、様々な情報を得られるようになりました。

中には、あまり良くないものもあるのも事実ですが、中には、役に立ったものも多くあったはずです。

私自身は、どちらかというと難聴者側の視点で考えることが多いのですが、聞こえにくい方からすると、聞きにくさを改善する方法が調べられるようになってきたのは、良いことだと思っています。

実際には、人によって耳の状況が異なりますので、ピッタシのもの。というのは、少ないかもしれませんが、改善の考え方に関しては、同じことも多いため、改善のヒントを掴めるだけでも変わるのではないか。と感じます。

そのヒントのおかげで、「これは、改善できるんだ!」と気が付いたり「もっとよくできる可能性がある!」と知る事ができるのは、お悩みの方や聞きにくさを感じている人からすると希望でもあります。

特に悩んでいる人や聞きにくさを感じている人からすれば、それは切実な問題となることも多いためです。

私自身、一時期、補聴器が本当に合わない時期がありました。その頃は、子供の頃でしたので、どうすることもできなかった過去があります。そのような経験から、私は特にそう感じます。

情報が増え、よりよくする方法や補聴器に関する理解が深まるようになれば、少しずつ、そのようなお悩みを持つ方や聞こえにくさを抱えている方が少なくなるのではないか。と、私自身は、考えています。

そのような未来を感じ、私自身は、書き続けています。少しでもそのような情報を増やせるようにし、一人でも多くの方がよりよくなればと思っています。

幸いにも、様々な方にお越しいただいたり、お話することで、少しずつ、貢献できるようになり、私自身も今ではよかったなと感じています。

お客様のご対応について

私自身のところでですが、実際にお悩み事や聞こえの改善のご相談も承っています。

お店でしている事は、基本的に

  • 予約制による一人一人のお客様に合わせた改善のご相談
  • 日常生活から職場まで体験できる試聴、貸出サービス
  • お客様のペースに合わせたご相談、改善

の3つをどのような方でも行なっています。

当店では、最大限、聞きにくさを改善させるために耳の状態を確認し、それに合った補い方をはじめに考えます。その次にその方針に則って、お客様に合う補聴器を考えていきます。

当店では、できる限り、耳の不自由を取り除くため、耳の状態から最も聞こえが改善できる補聴器を提供するようにしています。それが、お客様の状況をよりよくさせる事に繋がると、私自身は、考えています。

両耳とも難聴の方

両耳とも聞こえにくいケースで、補聴器のご相談がを初めての場合は、耳の状態の把握からはじめ、どのように補っていくと良いか、そして、補聴器でどのくらい補えると良いか、補聴器の形状、性能の違いなど、改善する上で大切な内容を、初めにご説明します。

両耳とも聞こえにくケースの場合、聞こえの改善で大切になるのは、補聴器の調整です。こちらに関しては、測定を通じながら、補聴器の聞こえをご自身でも把握できるよう、ご説明します。

測定を行うと補聴器の聞こえがご自身でもわかるようになります。すると、どのくらい改善したら良いか。もう少し改善しても良さそうか。もわかるようになりますし、ちゃんと調整されているのか。聞こえやすくなっているのかもご自身でわかるようになります。

ご自身の改善状況や聞こえ状況を私と一緒に把握しつつ、一歩、一歩改善していきます。

もちろん、こちらも日常生活上でどのように聞こえるのかの確認のため、そして、実際にこの補聴器があると良いのかの確認として、試聴や貸出も行なっています。

このようにして、聞きにくさの改善を行なっています。

実際のご相談の事例は両耳とも難聴の改善事例一覧にまとめています。ご参考にどうぞ。

片耳のみ難聴の方

片耳のみ難聴のケースで、初めて補聴器のご相談を受ける方には、耳の状況の把握から、どのように改善していくと良いのか。補聴器やクロス補聴器の違い、それぞれの性能や形状など、改善する上で大切になる内容を、初めにお伝えして行きます。

片耳のみ難聴の場合は、耳の状況により、改善させる方法が分かれます。補聴器で改善させられると良い方は、補聴器で改善させて行きますし、補聴器では、改善できなさそうなら、クロス補聴器を考えていきます。

それを調べるために耳の状況をまず把握させていただき、そこから最良の改善方法を考えていきます。

その後、補聴器に関して、実際に貸出を行い、日常生活や職場であると良いのか。なども試せるようにしています。そして、どのような機種が良いのか。というのも、比較できるようにしています。

補聴器の貸出や試聴を通じて、ご相談を行い、聞きにくさの改善を行なっています。

実際のご相談の事例は、片耳のみ難聴の改善事例一覧にまとめています。ご参考にどうぞ。

買い替えのご相談

今現在、補聴器を使用している方や昔、補聴器を使用していた方には、まず現状に関して把握させていただき、最良の改善ができるようにしていきます。

把握していくのは、

  • 現在の聞こえの状態(補聴器が動く場合)
  • お持ちの補聴器の扱いやすさ

の2つです。

現在の聞こえは、ある程度、良いのであれば、それを参考にさせていただきますし、あまり良いと感じない場合は、その原因や現状を調べさせていただき、よりよくさせる方法についてお伝えしています。

これは、補聴器の扱いに関しても同様です。使用している補聴器が扱いやすいのであれば、それを参考に、今までと同じように扱える補聴器の方が良いですし、何か不具合があれば、それを改善できるものを探していきます。

もちろんこちらも試聴や貸出を通じて、日常生活上でどう変化があるのかを体験できるようにしています。

なお、聞こえの改善に関しては、補聴器の状況を可視化し、ご自身でも補聴器の状態を理解できるようにしていきます。

可視化する事で、聞こえの改善度がどのくらいできているのか。仮に足りない部分があったとすると、どの部分が足りないのか。などもわかるようになります。

可視化しつつ、改善できるところまで改善させていただき、聞きにくさの改善もよりよくしていきます。

実際のご相談の事例は他店購入の方の改善事例一覧にまとめています。ご参考にどうぞ。

聞きにくさにお悩みな方、お気軽にご相談ください

聞こえにくいことでお悩みだったり、補聴器に関するご相談ごとがございましたら、こちらより、ご連絡願います。

聞きにくさの改善に関するご相談や、補聴器の試聴、貸出に関しても承っています。

ご相談ごとがございましたら、以下のお問い合わせフォームか、ご連絡先より、ご連絡願います。※当店は、予約制となっております。予め、ご了承願います。

ご依頼いただいた方には、私自身、心より対応させていただき、今までの状態より、よりよくなるように努めさせていただきます。その際は、どうぞよろしくお願いいたします。

営業日に関しては、上記の通りです。営業日より、一日以内で返信しております。

お電話でのご連絡は、03-5809-7586までお願いいたします。ただ、接客中は、出れないこともございますので、予め、ご了承いただければ幸いです。

また、以下のフォームよりお送りしたのに関わらず、返信がない場合は、誠にお手数ですが、お電話でご連絡03-5809-7586(青色の部分をクリック、タップで当店へ電話繋がります)、いただければ幸いです。

よろしくお願いいたします。





 お名前 必須

 メールアドレス 必須

 相談内容をご記入ください 必須