対応している人(書いている人)の詳細

初めまして、パートナーズ補聴器の深井と申します。

このお店は、生まれつき難聴で補聴器を使っている人が対応している補聴器専門店です。

このページでは、対応している人の耳の状況や補聴器のことも含めて、どんな人なのか。というところについて、記載してみました。

気になるところから、ご覧ください。

※↓目次で知りたい内容を探せるようにしています。ご活用ください。

対応している人(書いている人)の概要

プロフィール

  • 名前:深井 順一
  • 生年月日:1986年7月1日
  • 生まれ:静岡県静岡市葵区
  • 育ち:千葉県市川市

私の生まれは、静岡県になります。

小学校一年生くらいまで静岡におり、父の転勤に合わせ、小学校2年生の頃に千葉県市川市に引っ越しました。そこからずっと千葉県市川市に住んでいました。

2007年より補聴器販売店に就職(理研産業株式会社(補聴器の販売会社))。

初めは、東京勤務でしたので、実家(千葉県市川市)から通っていましたが、一時期、神奈川県の横浜の方にある勤務先に変更になり、横浜市の保土ケ谷区にも2〜3年ほど、住んでいたこともあります。

今現在は、東京でお店を運営していることもあり、東京都墨田区に住んでいます。

耳の状況(聴力、病気)

私の耳の状況に関しては、以下の通りです。

  • 病名:スティックラー症候群
  • 難聴:感音性難聴(生まれつき)
  • 発見:幼少期(幼稚園生くらい)
  • 聴力:両耳とも中等度難聴
  • 装用:補聴器は、小学2年生の頃に使用
  • 備考:耳以外に視力低下、骨格の形成不全あり

難聴のみ、あるように思われることが多いのですが、私の場合、スティックラー症候群と呼ばれる何とも聞いたことがない病気になります。

この病気は、聴力低下のほか、視力低下、さらに骨格の形成不全が起こり、ちゃんと骨が形成されません。その結果、身長が伸びにくかったり、歩き方が変だったり、全体的な体格が少し歪な状態になる病気です。

ですので、今現在、私の身長は、148cmしかありません。男性にしては、だいぶ低身長ですね。

左足が少し悪いので、耳と足の2つが気になっている状態です。

私の聴力です。典型的な中等度難聴になります。

今現在の聴力に関しては、このようになります。低い音より、高い音の方が聞きにくくなっており、一般的な中等度の難聴になります。

病気の発見と補聴器による聞こえの改善

幼少の頃、いきなり難聴、もとい複雑な病気が発覚したのですが、その際、すぐに補聴器をつけたのか。というと、そうではありません。

実は、しばらくたってから補聴器をつける事になります。

幼少の頃と病気発見

両親から聞く限り、幼少の頃の私は、よく動く活発な男の子だったようです。見たことがないもの。これはなんだろう?と気になるもの。そういったものを見つけては、一人でいじくりまわしたり、一人で遊ぶ。

かといえば、同じ年頃の子と一緒になってよく遊んだり、時には少し言い争いになったりしながら、遊ぶ。そんな男の子でした。

ただ、両親からすると、言葉を話す事が上手くできていなかったようで、その事によるお友達との言い争い、あるいは、ちょっとしたいざこざはあったようです。

「ただの気のせいか」「もしかして何かあるのかな」こう思った事から病院に行ったところ、スティックラー症候群と診断され、その症状の一つである難聴が発覚しました。その頃は幼稚園の年中だったと聞きます。

当時は、よく中耳炎を起こしていたようで、その治療をしながら完治したり、耳の状況が安定してきた頃から、ようやく補聴器をつけ始める事になります。補聴器をつけ始めたのは、小学校2年生の時です。

では、すんなり改善ができたかというとそうではありません。難聴の発見と補聴器の装用がだいぶ遅れていたという事は、両親もショックを受けていたのだと思います。

普通に生まれてきたと思ったら、実は障害を持って生まれてきた。そして、診断名は、全く聞いた事がないスティックラー症候群という病名。聞かされた時は血の気が引いた事でしょう。

「この子は、この先どうなるのだろうか」「あれがいけなかったのかな?」そんな風に堂々巡りが起こり、精神的なストレスを抱える。

そのような状況でなかなか前に進めない時期があった。という事は、想像に難くありません。

補聴器による改善と変わる音の世界

そんなこんなで補聴器を使用するのが伸び、本格的に補聴器をつけたのは、小学校2年生ぐらいになります。この頃からは記憶があり、補聴器を初めて使った記憶は、今でも覚えています。

病院で初めて補聴器をつけたのですが、その際は、耳にかけるタイプの補聴器で、当時はアナログの補聴器でした。それをつけた時、よく音が聞こえるようになった事は、今でも良く覚えています。

「なんか色んな音がよく聞こえる!」「今まで声が薄かったけど、しっかり入ってくる。聞こえてくる!」「世の中って結構、うるさいな!」

どれも、今まで聞こえていなかったせいか、音が聞こえるようになった世界は、とても新鮮に感じました。

聞こえるようになる事で自信がつき、小学校での生活も私の場合は、だいぶしやすくなりました。幸い、周りの友人達に恵まれたおかげで、よく友達と遊んだり、勉強したり、いろいろな子と交流して学校生活を楽しむ事になります。

その様子を見て、両親もようやく肩の荷がおり「初めはどうなる事かと思ったけど、聞きやすくなれば普通の子なんだな」「聞こえにくい事はあるけれど、ある程度、なんとかなるのかな?」という印象を持つようになったようです。

私の場合、補聴器に関するイメージは、まさに今まで聞こえにくかった状態をより良くしてくれたもの。そして、自分の生活を良くしてくれたもの。という良いイメージになります。

補聴器業界に入るきっかけ

上記の内容を見ていただくと、元々聞こえにくかったけれども、補聴器をつけて聞こえが改善され、そのままハッピーエンドで終わったのかな。と思う方もいるかもしれません。

しかし、上記の内容は、小学生までのお話であり、中学生になった途端、人生最大の挫折を経験する事になります。

その経験から「耳や補聴器の事でこれ以上、振り回されるのは嫌だ」という感情が湧き、これからの自分のために耳や補聴器の事を学ぼうと補聴器の世界に入る事になります。

人生最大の挫折

小学生の頃は、補聴器を使う事で、充実した日々を過ごしていました。

友達の家に行って、多くの友達とゲームしたり、田舎なので放置されている広い土地があり、そこで遊んだり、よく友達と自転車で遊びに行き、何かしらの事をしていました。

学校が終わると、ほぼ毎日のように誰かのところに遊びに行き、公園で知らない子供が遊んでいて「僕も混ぜてよ」といって、一緒になって遊ぶ。私はそんな子供でした。

当時は、携帯電話なんてものはありませんので、自転車で出かけて、公園や遊び場に友達がいたら、一緒に遊ぶ。ぶらっと出かけて、その出かけ先に友達や知り合いがいたら遊ぶ。そんな事をしていました。

耳が治った訳ではありませんので、ちょっとした耳のトラブルは、小学校の時もありました。聞こえていない事で意思疎通ができなくて争う、ケンカする。そういったものも、いくつか経験しています。

ただ、小学生になりますので「ごめんね」と自分から謝ったり、お互いに話をする事で、ほとんどのものは解決されました。

しかし、中学校に入るようになると、その雰囲気はガラッと変わります。

中学校に通い始めると、聞こえていない事により「ちゃんと人の話、聞きなよ」「お前が人の話をちゃんと聞かないのが悪いんだろう」ひどいものだと、聞こえていない事で「おい!無視するなよ!」と後頭部をいきなり殴られる。そんな経験をする事になります。

中学生になると、小学生の頃と変わり、上下関係やスクールカーストのようなものができ、耳の事を伝える。協力を得る。というのが難しくなり、思うように状況を改善できませんでした。

特にそれが上級生相手になったり、格上の存在になると、もうどうする事もできませんでした。

聞こえにくい事で、他の人が当たり前にできている事が自分はできていない。さらに今までと異なる環境に一向に馴染む事ができない。そんな状況が続き、私は徐々に自信を失っていきました。

そして、その疲労や悩みがピークに達した時、私は学校に行かなくなり、不登校になりました。何をやっても上手く行かない現実を目の当たりにして、そこから逃げ出したかった。というのが本音です。

しばらく学校に行かない時期が続くのですが、しかし、「このままではいけない。逃げてばかりではダメだ」「勇気を出していくんだ」と自分を奮い立たせ、再び学校に行く事になります。

しかし、今度は、今まで学校に行っていない間の勉強が全くわからなくなってしまいました。

その遅れを取り戻そうと自分なりに一生懸命勉強したのですが、全く振るうことはなく、今までより、だいぶ成績は落ちる事になります。

他の人が当たり前にできている事が自分はできない。そして、今までできていた事ができなくなる。成績は落ちる。ここで心が折れる事になります。

悪い事は重なる

このような状況になり、流石に両親もこのままでは、まずいと思ったのか、補聴器を変えて聞こえをより改善する事で、今現在の状況を少しでも改善しようと、知り合いの方から紹介された補聴器屋さんに相談する事になります。

しかし、新しい補聴器を試すものの、補聴器の音は異質にしか感じず、よく聞こえるようになった感覚はありませんでした。

「なんか補聴器の音がすごく異質に感じる」「音が妙にきつく感じ、使うと痛い。気持ち悪い」その事で使いづらさが勝ってしまい、使うことができませんでした。

その事を相談するものの「聞こえにくいのは、君がちゃんと使っていないからだ」「異質に感じるのは、仕方がない。初めはそんなものだ」「君にとって必要な音を入れているのだから、ちゃんと使う事から始めなさい」とあまり理解していただけず、常に異質に感じる補聴器だけが手元に残りました。

この時、私は目の前が真っ暗になりました。耳の状況は改善されない、学校の問題は、そのまま。この状態は、どのようにしたら改善できるのか、一体何をすればより良くできるのか。全くわからなくなってしまったからです。

私の場合は、耳の問題で窮地に陥った際、同時に補聴器の問題でも窮地に陥る事になります。

自分の状況をちゃんと改善しないと振り回されっぱなしになる

この物語の結末は、中学校での生活は、どうにもならなくなり、新しく高校に行く事によって、生活環境がガラッと変わり、再び良くなる事で終わりを迎えます。

高校では、スクールカーストはなく、さらに上下関係は皆無なところでした。そして、良き友人、先生方に恵まれた事で、中学生時代とは打って変わり、充実した日々を過ごす事ができました。これは、当時の先生方、友人に本当に感謝しています。

その際、実は補聴器の問題はあまり解決できておらず、私自身、ずっと補聴器に関しては問題を抱えたままでした。その事で、高校時代、アルバイトでも耳や補聴器の事でまたもや挫折します。

聞きにくい事でうまく仕事ができない。周りの人と上手くコミュニケーション取れず、仕事でミスをする。こういった事が起こり、また自信を失ってしまいました。

中学時代の挫折。さらにアルバイト先での挫折。この一連の挫折は、私の中でとても大きく心に根付いています。

その経験から「ちゃんと耳の事や補聴器の事を理解しないと、また繰り返される」「自分の状態をしっかり改善しないと耳や補聴器の事でこの先ずっと振り回されっぱなしになる」

そう痛感したのです。

そんな事が繰り返される人生は、絶対に避けたい。そう思い、自分の人生のために、これからの自分のためにできる事はしていきたい。そう考えて、耳や補聴器の事を学ぶために補聴器業界に就職しました。

そして、実際に就職し、耳や補聴器について学び、自分で自分の状態をより良くする事で、ようやく落ち着く事になります。

自分の状態をより良くした後の私は、より自分に自信がつくようになり、自分がしたい。と思える事にチャレンジしやすくなり、何よりも「この体でも充実した人生を送れるようにしよう」「この体でもしたいと思える事をしていこう」そう心が変わりました。

「聞こえにくい事で自信がなかった自分が前向きになれた事」聞こえを改善した事により、得られた効果の中で一番大きかったのは、この部分になります。

補聴器販売者としての内容

プロフィール

  • 従事:2007年より、補聴器販売に従事
  • 独立:2016年2月
  • 資格:医療機器の販売及び貸与営業所管理者
  • 備考:認定補聴器技能者の資格は取得するために勉強中

2007年に理研産業株式会社(補聴器の販売会社)へ入社。そこで、7〜8年ほど認定補聴器技能者の元で、勤務しました。

初めは東京の事務所に配属され、のちに横浜の事務所に配属。東京では、ご年配の方を中心に対応し、横浜では、児童を中心に対応していました。

今現在は、お店をやっていますが、元々、お店はやる予定はありませんでした。色々なことが重なり、その後、お店を設立する事になります。

補聴器販売店での勤務と目的との相違

私は補聴器屋さんになりたい。というより、耳の事や補聴器の事を勉強したい。そして自分の状況を改善したい。という気持ちから、この業界に入りました。

職場で勉強させてもらい、かつ、上司の方。そして、様々な先生方を通じて、非常に多く勉強させていただきました。耳や補聴器について学び、そのおかげで私も自分自身の状況をより良くすることができました。関わった全ての方に感謝しています。

ただ、学ぶにつれ、同時に会社にいる意味が少しずつなくなってきました。

私の目的は「難聴の体でもより良く生活できるようになる」こちらになります。

補聴器で聞こえを改善したら、あとは「この体でどう生きていこうか」「どう自分の体を活用していくと、より良く生活する事に繋がるのだろうか」を考える次のステージに来たな。と感じたのです。

しかし、当時はその次がどこにあるのか。それが全くわからず、さらに検討すらつきませんでした。そして、その頃、会社では親しい人が次々と辞めていった事もあり、いる意味を感じなくなり、私も退職する事になります。

当時、私は趣味のようにブログを書いていました。それは補聴器や耳の事に関するブログです。

Webで調べ物をしていた時「耳の事や補聴器の事って、情報少ないんだな。聞こえの改善方法を誰でも知れるようになったら、もっと良くなる人も増えるのかな?」と考え、2014年頃から書き始めたのが、このブログです。

「耳の事や補聴器の事を書いてみて、どれだけ役に立てられるのかはわからないけど、まぁ試しにやってみるか」程度の気持ちでこちらは始まりました。

すると「補聴器を使っているのですが、こんな事がありまして…どうしたら良いですか?」「聞こえにくいので悩んでいます。どうしたら良いでしょうか……」このようにご連絡いただく事があり、メール相談を行う事になります。

しかし、これが大失敗。メールのみの相談ですと、相談される方の耳の状況や補聴器での改善状況がほとんどわからず、かつ、私の方で把握する方法もありませんでした。

その事から、結局「元の所で相談してみてください」や「通える範囲の補聴器屋さんに相談してみてください」としか、言えないことが大半でした。

そして、ここで致命的な事件が起こりました。それは、私にメール相談した後、別のところで相談した方が「話が通じない」「うまく相談できない」となってしまい、先方の方とうまく相談できなかったのです。

その原因は、私自身がちゃんとメール相談される方の状況を把握しきれていなかった事。こちらでした。

基本的に補聴器は耳の状況をちゃんと理解した後に「どういう風に改善していくか」「どんなものが合うか」を決めていきます。

しかし、メール相談の場合は、聴力もわからない。補聴器の状態もわからない。使っている補聴器をその場で見る事もできない。さらに「聴力について教えていただけますか?」と連絡しても、10人に1人ぐらいしか聴力は返ってこない。

その事から、相談者の状況を理解できず、間違った事を伝える。というミスを起こしてしまいました。相談者さんにも、その相談先の方にも迷惑をかけてしまったのです。

非常にショックを受けたのですが、その事から「この方法は続けるべきじゃない」と感じ、相談場所を作る事になります。これが、お店設立のきっかけです。

お店設立とお店のあり方

「まさか耳の事で悩んでいた私が補聴器のお店を設立する事になるとは……」なんとも妙な状況になりつつ、仮に真剣に悩んでいる方や本当に相談したいと思っている方がいるのであれば迷惑をかけるわけにはいかない。そんな気持ちで、お店設立を決意する事になります。

その際、どんなお店にしようか。を考えていったのですが、この時、ふと中学時代を思い出しました。私が耳や補聴器で大きく挫折した時代、苦い思い出がたくさん詰まったあの時代です。

中学時代、私は補聴器屋さんに相談した際、うまく補聴器について相談することができませんでした。

新しい補聴器をつけた時にかなり異質な感覚があり、それにより、その補聴器は全く使うことができませんでした。

相談した際も「君の聴力に必要なものをちゃんと入れているから、使い続ければ慣れてくる」「初めはそう感じるものだ。我慢して使いなさい」その様子は、まるで補聴器は全て正しい、間違っているのは、あなただ。と言わんばかりでした。

そしてこの時、知らないうちに補聴器を買わされており、私自身としても非常に困惑してしまいました。

「そもそもなんであんな事になったんだ?」「どうすればあの頃の私を救うことができただろうか?」

ここを考える事になります。

そして、自分なりに分析してみた結果、うまくいかなかった理由には、

  • 補聴器を使った感覚や耳の事を伝えても理解してもらえなかった事
  • 聞こえを改善するうえで何が大事なのかを知らなかった事
  • 自分が使える補聴器かどうかを試さなかった事

この3つにある事がわかりました。

補聴器屋さんにいる人は、聞こえている人で、さらに補聴器を耳に使った経験がないせいか、補聴器を使った感覚や耳に関して相談するものの、あまり理解していただけず、うまく相談することができませんでした。

そして、当時の私は、補聴器で聞こえを改善するうえで何が大事になるのか。も全くわかりませんでした。さらに、自分がちゃんと使える補聴器かどうかも確認しなかったのです。

この経験は「難聴の方や補聴器を使っている方の状況にきちんと耳を傾けられるお店を作ろう」そして「安心して耳や補聴器の事、自分の事を相談できるお店になろう」こう考えるきっかけをくれました。

その事から、お店で行う事に関して、考えました。

補聴器を実際に使っている人が対応し、今現在の状況やお困りごと。補聴器を使った感覚、耳の事。こういった部分を相談しやすくする。

どんな補聴器が合い、そして、聞こえを改善するうえで大事になるポイントはわかりやすくお伝えする。

聞こえの改善については、耳に補聴器をつけても、どのように良くなっているのかわかりづらいので、聞こえの改善状況は可視化し、お客様側にもわかるようにする。

そして、その補聴器を使っても、問題なく使えるのか。それを確認できるよう、補聴器に試用期間を設け、お試し、確認がお客様側でもできるようにする。

当時の私は、補聴器のことをよくわかっておらず、そのまま買わされて、使えない補聴器だけが手元に残ってしまいました。

そうではなく、安心して相談できるようにし、難聴の方や補聴器を使っている方の状況にきちんと耳を傾けられる補聴器専門店」そこを目指そうと考えました。

その点から、お店の名前も考え、お客様にとってよきパートナーになる事。そして、お客様にとって良いパートナー(補聴器)を提供する事。この2つの意味を込めて、パートナーズ補聴器。という名前にしました。

これがこのお店設立のきっかけになります。

お陰様で様々な方にご利用いただき「コミュニケーションが億劫になりつつあり、仕事でも不便を感じていましたが、補聴器を使う事により色々生活がスムーズになりました」

「補聴器なんて恥ずかしいなと思うこともありましたが、聞こえるようになる事で悲観的な考えが消えました。聞こえる事が何よりも嬉しく思います」と声をいただけるようにもなりました。

このお店は、聞こえている人に耳や補聴器を使った感覚を伝えても、なかなか理解してもらえなかった事から生まれた補聴器専門店です。

私の人生の目的

今現在、私の人生の目的は「難聴の体でも、充実した人生を送れるようになる」こちらになります。

少し前までは「難聴の体でも、より良く生活できるようになる」にしていたのですが、せっかくなら、夢はでかく。という事でこちらに変更しました。

私自身、難聴の体で生まれてきましたが、その体でも、自分の生活をより充実させたり、より良くすることはできる。と考えています。

難聴は、残念ながら今現在、治す事ができません。さらに補聴器を装用しても、聞きにくさが残るのも事実です。

しかし、それは耳をベースに見た場合であり、それ以外の要素。例えば、健康に気を使う。体調を良い状態に整える。人との関係、人間関係について考える。こういったことを積み重ねる事により、補聴器を使うだけではなく、難聴の方がより良くなる方法はある。と個人的には考えています。

その事から、そのためには何が必要なのか。どんな事を他にやっていければ良いのか。ここを日々、考えたり、実践しながら、その様子をブログに書いたり、Youtubeで話しています。

この道は、平坦な道ではなく、非常に険しい道であることは、重々承知です。しかし、私は、何度か耳や補聴器のことで挫折していますし、何よりも自分の人生をより充実させていきたい。とも考えています。

そして、難聴の体で生まれてきたけれども、障害を抱えて生まれてきたけれども、自分の状況を可能な限り改善し続けた結果、どんな景色が見えるのか。

障害を抱えているから、あまり変わらないのか。それとも、実は障害を抱えているけれども、とてもよい景色が見えるようになるのか。私はその先の景色を単純に見てみたい。と思っています。

幸い自分の状態を改善するのは、割と好きな方ですので、これから、そういった事を書き、自分だけではなく、同じように悩んでいる人、困っている人がより良くなるヒントを伝えられればと思います。

これが今現在の私の人生の目的になります。