対応している人(書いている人)の詳細

初めまして、パートナーズ補聴器の深井と申します。

このお店は、生まれつき難聴で補聴器を使っている人が対応している補聴器専門店です。

このページでは、このお店で対応している人(深井自身)の耳の状況や補聴器のこと。そして、なぜこの仕事をしているのか。について、まとめてみました。

興味が湧いた所から、ご覧ください。

※↓目次で知りたい内容を探せるようにしています。ご活用ください。

対応している人(書いている人)の概要

プロフィール

  • 名前:深井 順一
  • 生年月日:1986年7月1日
  • 生まれ:静岡県静岡市葵区
  • 育ち:千葉県市川市

私の生まれは、静岡県静岡市になります。

小学校一年生くらいまで静岡におり、父の転勤に合わせ、小学校2年生の頃に千葉県市川市に引っ越しました。そこからずっと千葉県市川市に住んでいました。

2007年より補聴器販売店に就職(理研産業株式会社(リケン補聴器センター))。

初めは、東京勤務でしたので、実家(千葉県市川市)から通っていましたが、一時期、神奈川県の横浜の方にある勤務先に変更になり、横浜市の保土ケ谷区にも2〜3年ほど、住んでいたこともあります。

今現在は、東京でお店を運営していることもあり、東京都墨田区に住んでいます。

耳の状況(聴力、病気)

私の耳の状況に関しては、以下の通りです。

  • 病名:スティックラー症候群
  • 難聴:感音性難聴(生まれつき)
  • 発見:幼少期(幼稚園生くらい)
  • 聴力:両耳とも中等度難聴
  • 装用:補聴器は、小学2年生の頃に使用
  • 備考:耳以外に視力低下、骨格の形成不全あり

難聴のみあるように思われることが多いのですが、私の場合、スティックラー症候群と呼ばれる何とも聞いたことがない病気になります。

この病気は、聴力低下のほか、視力低下、さらに骨格の形成不全が起こり、ちゃんと体の中の骨が形成されません。その結果、身長が伸びにくかったり、歩き方が変だったり、全体的な体格が少し歪な状態になる病気です。

ですので、今現在、私の身長は、148cmしかありません。男性にしては、だいぶ低身長です。

それにプラスして、左足が少し悪いので、耳と足の2つが気になっている状態です。

私の聴力です。典型的な中等度難聴になります。

今現在の聴力に関しては、このようになります。低い音より、高い音の方が聞きにくくなっており、一般的な中等度の難聴になります。

病気の発見と補聴器による聞こえの改善

幼少の頃、いきなり難聴、もとい複雑な病気が発覚したのですが、その際、すぐに補聴器をつけたのか。というと、私の場合は、そうではありませんでした。

補聴器に関しては、実は、しばらく経ってから、つけることになります。

幼少の頃と病気発見

両親から聞く限り、幼少の頃の私は、よく動く活発な男の子だったようです。見たことがないもの。これはなんだろう?と気になるもの。そういったものを見つけては、一人でいじくりまわしたり、一人で遊ぶ。

かといえば、同じ年頃の子と一緒になってよく遊んだり、時には少し言い争いになったりしながら、遊ぶ。そんな男の子でした。

ただ、両親からすると、周りの子と上手く話す事ができていなかったようで、その事によるお友達との言い争い、あるいは、ちょっとしたいざこざはあったようです。

幼稚の子供となると、だいたいどの子もそのようなもので「ただの気のせいか」と思いつつ「もしかして何かあるのかな」こう思った事から病院に行ったようです。

その結果、スティックラー症候群と診断され、その症状の一つである難聴が発覚しました。その頃は幼稚園の年中だったと聞きます。

当時は、よく中耳炎を起こしていたようで、その治療をしながら完治したり、耳の状況が安定してきた頃から、ようやく補聴器をつけ始める事になります。補聴器をつけ始めたのは、小学校2年生の時でした。

では、すんなり改善ができたかというとそうではありません。難聴の発見と補聴器の装用がだいぶ遅れていたという事は、両親もショックを受けていたのだと思います。

普通に生まれてきたと思ったら、実は障害を持って生まれてきた。そして、診断名は、全く聞いた事がないスティックラー症候群という病名。聞かされた時は血の気が引いた事でしょう。

「この子は、この先どうなるのだろうか」「あれがいけなかったのかな?」そんな風に堂々巡りが起こり、精神的なストレスを抱える。

そのような状況でなかなか前に進めない時期があった。という事は、想像に難くありません。

補聴器による改善と変わる音の世界

そんなこんなで補聴器を使用するのが伸び、本格的に補聴器をつけたのは、小学校2年生ぐらいになります。この頃からは記憶があり、補聴器を初めて使った記憶は、今でも覚えています。

病院で初めて補聴器をつけたのですが、その頃は、耳にかけるタイプの補聴器で、アナログの補聴器というものでした。それをつけた時、よく音が聞こえるようになった事は、今でも良く覚えています。

「なんか色んな音が聞こえてくる」「今まで声が薄かったけど、しっかり入ってくる。聞こえる」

どれも、今まで聞こえていなかったせいか、音が聞こえるようになった世界は、とても新鮮に感じました。

聞こえるようになる事で自信がつき、小学校での生活も私の場合は、だいぶしやすくなりました。幸い、周りの友人達に恵まれたおかげで、よく友達と遊んだり、勉強したり、いろいろな子と交流して学校生活を楽しむ事になります。

その様子を見て、両親もようやく肩の荷がおり「初めはどうなる事かと思ったけど、聞きやすくなれば普通の子なんだな」「聞こえにくい事はあるけれど、ある程度、なんとかなるのかな?」という印象を持つようになったようです。

補聴器業界に入るきっかけ

上記の内容を見ていただくと、元々聞こえにくかったけれども、補聴器をつけて聞こえが改善され、そのままハッピーエンドで終わったのかな。と思う方もいるかもしれません。

しかし、上記の内容は、小学生までのお話であり、中学生になった途端、大きな挫折を経験する事になります。

その経験から「耳や補聴器の事でこれ以上、振り回されるのは嫌だ」と思い、自分自身のために耳や補聴器の事を学ぼうと補聴器の世界に入る事になります。

子供の頃の大きな挫折

小学生の頃は、補聴器を使う事で、充実した日々を過ごしていました。

友達の家に行って、多くの友達とゲームしたり、田舎なので放置されている広い土地があり、そこで遊んだり、よく友達と自転車で遊びに行き、何かしらの事をしていました。

学校が終わると、ほぼ毎日のように誰かのところに遊びに行き、公園で知らない子供が遊んでいて「僕も混ぜてよ」といって、一緒になって遊ぶ。私はそんな子供でした。

当時、携帯電話はありましたが、小学生で持っている子はほぼいません。友達と連絡する手段がありませんので、自転車で出かけて、公園や遊び場に友達がいたら、一緒に遊ぶ。ぶらっと出かけて、その出かけ先に友達や知り合いがいたら遊ぶ。そんな事をしていました。

耳が治った訳ではありませんので、ちょっとした耳のトラブルは、小学校の時もありました。聞こえていない事で意思疎通ができなくて争う、ケンカする。そういったものも、いくつか経験しています。

ただ、小学生になりますので「ごめんね」と自分から謝ったり、お互いに話をする事で、ほとんどのものは解決されました。

しかし、中学校に入るようになると、その雰囲気はガラッと変わります。

中学校に通い始めると、聞こえていない事により「ちゃんと人の話、聞きなよ」「お前が人の話をちゃんと聞かないのが悪いんだろう」こういった事を言われる事が増えてしまい、次第に人間関係がうまくいかなくなってきました。

中学生になると、小学生の頃と変わり、急に上下関係が厳しくなったり、スクールカーストのようなものができ、耳の事を伝える。協力を得る。というのが難しくなり、思うように状況を改善できませんでした。

特にそれが上級生相手になったり、格上の存在になると、どうする事もできませんでした。

聞こえにくい事で、他の人が当たり前にできている事が自分はできていない。さらに今までと異なる環境に一向に馴染む事ができない。そんな状況が続き、私は、徐々に自信を失っていきました。

そして、その悩みがピークに達した時、私は学校に行かなくなり、不登校になりました。何をやっても上手く行かない現実を目の当たりにして、どうしたらいいのかよく分からなくなってしまったのです。

しばらく学校に行かない時期が続くのですが、「このままではいけない。勇気を出していくんだ」と自分を奮い立たせ、再び学校に行く事になります。

しかし、今度は、今まで学校に行っていない間の勉強が全くわからなくなってしまいました。

その遅れを取り戻そうと自分なりに一生懸命勉強したのですが、あまり良くならず、今までより、だいぶ成績は落ちる事になります。

ここから、自分自身に自信を失う日々が続くことになります。

悪い事は重なる

このような状況になり、流石に両親もこのままでは、まずいと思ったのか、補聴器を変えて聞こえをより改善する事で、今現在の状況を少しでも改善しようと、知り合いの方から紹介された補聴器屋さんに相談する事になります。

しかし、新しい補聴器を試すものの、補聴器の音は異質にしか感じず、よく聞こえるようになった感覚はありませんでした。

「補聴器の音がすごく異質に感じる」「妙に機械っぽさを強く感じ、気持ち悪い」その事で使いづらさが勝ってしまい、使うことができませんでした。

その事を相談するものの「聞こえにくいのは、君がちゃんと使っていないからだ」「異質に感じるのは、仕方がない。初めはそんなものだ」「君にとって必要な音を入れているのだから、辛くてもちゃんと使う事から始めなさい」とあまり理解してもらえず、常に異質に感じる補聴器だけが手元に残りました。

いつの間にか補聴器は買った事にされていて、さらにその購入した補聴器は、使えない状態。少しでもよくしようと、自分なりにやってみてはいたのですが、何も前進することはありませんでした。

私の場合は、耳の問題で窮地に陥った際、同時に補聴器の問題でも窮地に陥る事になります。

自分の状況をちゃんと改善しないと振り回されっぱなしになる

この物語の結末は、中学校での生活は、どうにもならなくなり、新しく高校に行く事によって、生活環境がガラッと変わり、再び良くなる事で終わりを迎えます。

高校では、スクールカーストはなく、さらに上下関係は皆無なところでした。そして、良き友人、先生方に恵まれた事で、中学生時代とは打って変わり、充実した日々を過ごす事ができました。私自身、当時の先生方、友人には本当に感謝しています。

その際、実は補聴器の問題はあまり解決できておらず、私自身、ずっと補聴器に関しては問題を抱えたままでした。その事で、高校時代、アルバイトでも耳や補聴器の事で挫折を経験しています。

中学時代の挫折。さらにアルバイト先での挫折。この一連の挫折は、私の中でとても大きく心に根付いています。

その経験は「ちゃんと耳や補聴器の事を自分が理解しないと、また繰り返される」「自分の状態をしっかり改善しないと耳や補聴器の事でこの先ずっと振り回されっぱなしになる」

この事を教えてくれました。

そんな事がずっと繰り返される人生は、勘弁願いたい。そう思い、自分のために、これからの自分のためにできる事はしていきたい。そう考えて、耳や補聴器の事を学ぶために補聴器業界に就職しました。

そして、実際に就職し、耳や補聴器について学び、自分で自分の状態をより良くする事で、ようやく落ち着く事になります。

自分の状態をより良くした後は、より自分に自信がつくようになり、自分がしたい。と思える事にチャレンジしたり、何よりも「この体でも充実した人生を送れるようにしよう」「この体でもしたいと思える事をしていこう」そう心が変わりました。

「聞こえにくい事で自信がなかった自分が前を向いて歩めるようになった事」聞こえを改善した事により、得られた効果の中で一番大きかったのは、この部分になります。

実際に補聴器を使っている人として

  • 独立:2016年2月
  • 特徴:補聴器を使っている人が対応している補聴器専門店
  • 専門:一度、耳や補聴器の事でうまくいかなかった方
  • 資格:医療機器の販売及び貸与営業所管理者
  • 備考:認定補聴器技能者の資格は取得するために勉強中

このお店は、このような経験をしている人が運営している補聴器専門店です。

私は、子供の頃、耳や補聴器に関して、うまくご相談する事ができず、何度も挫折した経験があります。その事から、耳の事、補聴器の事を自分で学び、自分自身で良くしました。

こう書くと「努力して全てを解決した」と美談のように思われるかもしれませんが、そのような事はありません。「耳や補聴器の事を安心して相談できる場所を見つける事ができなかった」という事情から、自分自身で改善せざるを得なかったのです。

その事からこのお店では、過去の自分と同じように補聴器の事でお悩みの方、聞こえにくさにお困りの方へ補聴器の相談や聞こえの改善相談がしやすい環境を提供し、より良く生活できるようになるお店。ここを目指すようになりました。

私の場合、全ては過去の経験から来ています。

これが私自身が補聴器の販売や聞こえにくさの改善。そして、この仕事、このお店を運営をしている理由です。

最後に

最後にお伝えしたい事について、記載していきます。それは、私の今の目的です。

今現在の私の目的は「難聴の体でも、充実した人生を送れるようになる」こちらになります。

私自身、難聴の体で生まれてきており、さらに上記のように耳の事、補聴器の事。これらの事もあまりうまくいかず、10代の頃は、あまり良い思い出はありませんでした。

しかし、このような体でも、そういった経験をしてきたとしても自分の生活をより充実させたり、より良くすることはできる。と信じています。

その事から、そのためには何が必要なのか。どんな事を他にやっていければ良いのか。ここを日々、考えたり、実践しながら、その様子をブログに書いたり、Youtubeでお話ししていたりします。

そして、難聴の体で生まれてきたけれども、このような経験をしてきたけれども、自分の状況を可能な限り改善し続けた結果、どんな景色が見えるのか。

障害を抱えているから、あまり変わらないのか。それとも、実は障害を抱えているけれども、とてもよい景色が見えるようになるのか。私はその先の景色を単純に見てみたい。とも思っています。

これは、この内容を見ている方も同じです。

この内容を見ている方の中には、色々な方がいると思います。どこか別の場所でうまく相談できなかった方、あるいは、自身の周りの方がうまく相談できていなかった様子から、自分はどうすれば良いのだろうか。と悩んでいる方。そういった方もいるかもしれません。

どのような経験を積んできた方でも、どのような耳の状況でも、今現在の自分の生活をより充実させたり、より良くすることはできると私自身は、信じています。

できる事に限りがあるのは、事実ですが、改善できる部分があるのも、また事実です。

そして、何よりも、一度、どこかでうまく相談できなかった方や耳や補聴器の事で悩んだ事がある方こそ、幸せになって欲しいとも思っています。

これは、私自身、耳や補聴器の事で、全くうまく行かなかった人生を歩んできたからこそ、思う事です。

その事から私の今の目的は「難聴の体でも、充実した人生を送れるようになる」になりますし、同じように「難聴の体でも、より良く生活できるようになりたい」という方を応援しています。

お困りごとがございましたら、お聞かせください

もし、耳の事や補聴器の事でお困りごとがございましたら、いくつかあるご連絡方法より、お問い合わせください。

お問い合わせ内容は、営業日より、一日以内で返信しております。お問い合わせ後、来店日時をご相談の上、対応させていただきます。

お電話でご連絡する場合は、03-5809-7586までお願いいたします。ただ、接客中は、出れないこともございますので、予め、ご了承いただければ幸いです。

友だち追加

Lineでのお問い合わせに関しては、友だち追加をしていただいた後、トークで内容をお送りいただくことができます。

メールでのご相談の場合は、以下にお問い合わせフォームがございますので、こちらより、お送りください。

ご自身がお問い合わせしやすい方法をご利用いただければ幸いです。よろしくお願い申し上げます。

誠に恐れ入ります。当店は、一人で行っているため、対応に限りがございます。ご相談をご希望の場合は、なるべくお早めにご連絡いただければ幸いです。






     お名前 必須
    例:東京 太郎

     メールアドレス 必須
    例:abc@gmaill.com

     相談内容をご記入願います 必須
    例:補聴器の相談希望です。○○日、もしくは、○○日が空いているのですが、いつ頃、予定は空いていますか?