書いている人の詳細

初めまして、パートナーズ補聴器の深井と申します。

このブログ(お店)は、生まれつき難聴で補聴器を使用している人が書いているブログです。

私がブログ及び、お店をやっている目的は、ブログのタイトル通り、なるべく難聴の体でも人生を楽しめるようにする。そのような人を増やしていく事です。

難聴になり、聞こえにくさが強くなると、人と接しづらくなったり、自分がしたいと思う事もしづらくなります。そうなると、生きづらを感じやすくなりますし、何よりも、心苦しい感覚が募ってしまいます。

あくまでも私自身の考えですが、難聴だからと言い、そのような境遇で居続けなければならない事は、ないですし、むしろ、そのような境遇の方ほど、より良くなって欲しいと思っています。

これらを改善するには、補聴器で聞こえを改善できる部分まで改善するのも一つですし、補聴器は、まだまだ完全ではない事から、他のもので補ったり、他の考え方を知る事で、より良くするのも一つです。

これらの情報を出したり、実際に聞こえの改善を行いつつ、少しでもそのように感じる人が増えれば良いなと思い、今まで書いてきました。

こちらのブログの内容が何かの参考になったのであれば、幸いです。

書いている人は、こんな人

プロフィール

  • 名前:深井 順一
  • 生年月日:1986年7月1日
  • 生まれ:静岡県静岡市葵区
  • 育ち:千葉県市川市北国分
  • 住んでるところ:お店(東京都墨田区)近辺

私の生まれは、静岡県になります。小学校一年生くらいまでおり、父の転勤に合わせ、小学校2年生の頃に千葉県市川市に引っ越しました。そこからずっと千葉県市川市になります。

2007年より補聴器販売店に就職(理研産業株式会社(補聴器の販売会社))。

その際、初めは、東京勤務でしたので、実家(千葉県市川市)から通っていましたが、一時期、神奈川県の横浜の方にある勤務先に変更になり、横浜市の保土ケ谷区にも2〜3年ほど、住んでいたこともあります。

今現在は、東京でお店を運営していることもあり、東京都墨田区に住んでいます。

耳について(聴力及び、病状)

私は生まれつきの難聴者ですが、耳については以下の通りです。

  • 病名:スティックラー症候群
  • 難聴:感音性難聴(生まれつき)
  • 発見:幼少期(幼稚園生くらい)
  • 通院:国立成育医療センター
  • 聴力:両耳とも中等度難聴
  • 装用:補聴器は、小学2年生の頃
  • 備考:耳以外に視力低下、いくつかの関節症あり

私の場合は、スティックラー症候群と呼ばれる遺伝性の病気です。

幼い頃になかなか言葉を発声しないことから、病院に行ったところ、難聴が発覚しました。

診断名としては、スティクラー症候群という遺伝性の疾患で、その一部の症状として、難聴があります。耳については感音性難聴ということでした。

私の場合は、難聴以外にも骨の骨格異常や視力低下などもあるのですが、難聴以外は、幸いにも、あまり気にしたことがありません。

私の聴力です。典型的な中等度難聴になります。私の聴力です。典型的な中等度難聴になります。

聴力に関しては、このようになります。低い音より、高い音の方が聞きにくくなっており、一般的な中等度難聴になります。

このくらい聞きにくくなっていると補聴器がないと、会話が難しくなってくきてしまう頃合いです。

補聴器は、小学2年生の頃からつけ、今現在に至るまでつけ続けています。当時は、片耳だけでしたが、19才から、両耳に装用しています。

オージオグラムの見方と自分の聴力を理解する4つのポイント聴力検査の結果表がオージオグラムです。見方や難聴の程度、レベル別、聞こえづらさについて、まとめてみました。聴力図から自分自身の状況を理解したい方は、ご参考にどうぞ。...
聴力検査の見方は?聴力検査からわかる事と自分の聞こえを改善する方法聴力検査を受けた後、理解しておきたい検査結果の見方、そこからわかる事、ご自身の聞こえに関して理解する方法、それらをまとめてみました。そこからどのような改善方法があるのかもまとめてみましたので、参考になれば幸いです。...

補聴器歴と使用している補聴器

小学2年生から補聴器を使用しているとなると、補聴器もいくつか使用しています。

補聴器に関しては、

  • 小学2年生の頃:初めは耳あな形補聴器を購入(ワイデックス)
  • 小学5年生の頃:耳かけ形補聴器へシフト(ワイデックス)
  • 中学2年生の頃:オーティコンの耳かけ形を購入
  • 専門学生の頃:ワイデックスの耳かけ形補聴器を購入
  • 社会人:補聴器販売店にいたので、フォナックの補聴器を使用
  • 今現在:フォナックの補聴器を使用

になります。

補聴器には、主に耳の中に入れる耳あな形補聴器と耳かけ形補聴器の2つがあります。

耳の穴の中に入れる補聴器。耳の中にすっぽり入るのが特徴。耳の穴の中に入れる補聴器。耳の中にすっぽり入るのが特徴。

こちらが耳の中に入れられる耳あな形補聴器で、

耳にかける補聴器が耳かけ形。耳にかけて使用するのが特徴。耳にかける補聴器が耳かけ形。耳にかけて使用するのが特徴。

こちらが耳にかけて使用する耳かけ形補聴器です。

私の場合、中等度の難聴ですので、どちらも対応が可能です。

ただ、耳が飴耳ですので、初め耳あな形補聴器を使用していましたが、音が聞こえなくなる回数が多くなってしまい、それをめんどうに感じ、それ以降は、耳かけ形補聴器を使ってきました。

過去の自分の補聴器。自腹で買ったため、当時の価格で、45.6万也。

今現在は、自分が取り扱っているフォナック社の耳かけ形補聴器を使用中です。

補聴器使用時の状態

補聴器の使用状態に関しては、以下の通りです。

私の場合、自分自身で補聴器を装用しても、聞こえている感覚は、わかるものの、どこまで改善できていると良いのか、そもそもこの聞こえで良いのか。が、非常にわかりにくかったため、自分の聞こえの状態を可視化しながら、改善していきました。

補聴器には、聴力検査のような補聴器を使用したまま、どのくらい音が聞こえているのかを調べる測定があります。それで、調べたのが、この図です。補聴器には、聴力検査のような補聴器を使用したまま、どのくらい音が聞こえているのかを調べる測定があります。それで、調べたのが、この図です。

今現在、補聴器で聞こえを改善していく際、聴力に対する、おおよその改善目標値がありますので、それを可視化しつつ、なるべくそこまで改善するようにしていきました。

補聴器をつけたまま、音声がどのくらい聞こえるのかを調べる測定があるのですが、その図は、こちらです。全体的に、聞こえると良い部分で、音声が理解できるように改善しています。補聴器をつけたまま、音声がどのくらい聞こえるのかを調べる測定があるのですが、その図は、こちらです。全体的に、聞こえると良い部分で、音声が理解できるように改善しています。

補聴器を使用したままで行う言葉の聞こえの測定があるのですが、その内容は、こちらの通りです。

自分としては、なるべく聞きにくさを改善したいと思っていましたので、自分の感覚だけではなく、自分の聞こえを数値化して、できる限り、改善できるところまで、改善するようにしました。

補聴器販売者としての内容

経歴

  • 従事:2007年より、補聴器販売に従事
  • 経験:補聴器販売歴は、2019年で10年目
  • 独立:2016年2月
  • 備考:2年ほど、Web系の事をしていたため、離れていました

2007年に理研産業株式会社(補聴器の販売会社)へ入社。そこで、7〜8年ほど認定補聴器技能者の元で、勤務しました。

初めに東京の事務所に配属され、のちに横浜の事務所に配属。東京では、ご年配の方を中心に対応し、横浜では、児童を中心に対応。

様々な人を対応してきましたので、オールマイティーに対応ができるようになりました。

Webで調べ物をしていた時、ふと「聞きにくさの改善方法を誰でも簡単に調べられるようになったら、もっと良くなる人も増えるのではないか?」と思いつき、2014年頃から書き始めたのが、このブログのきっかけです。

ブログを書き続けていると、たまにご連絡いただく事があり、メール相談のような形で初めは対応していました。

しかし、メールのみの相談ですと、相談者の耳の状況や補聴器の状況がほとんどわからず、私の方で把握する事ができないため、結局「元の所に相談してみてください」としか、言えない状態になってしまいました。

その事から、相談場所が必要だと考え、それがお店を立てるきっかけになります。

今現在は、お店で聞こえの改善及び相談をしたり、補聴器のご相談をしたり、ブログやYoutubeを通じて、情報発信をしています。

私がしている補聴器販売の価値観

基本的にはブログのタイトル通り、難聴の体でも、人生を楽しめるように。これを実現できるようにしています。

耳の状況を把握させていただき、できる限り、改善できる聞こえの改善プランを考える。そのようにする事で、なるべく聞こえにくさの不自由がなくなるようにしています。

補聴器は、補聴器を買う。というより、補聴器でどう聞こえを改善するか。を考える事が何よりも大切です。

と言うのも、補聴器は、残念ながら単なる器に過ぎず、どう聞こえを改善していくかが、聞こえの改善の9割を占めてしまうからです。(どの補聴器を買うか、ではなく、どのように聞こえを改善するかが、大事という事です)

私の目的は、冒頭の通り、なるべく難聴の体でも人生を楽しめるようにする。そのような人を増やしていく事です。

そのためには、補聴器を売る。ではなく、補聴器で聞こえを改善させる。その聞こえの改善を提供する。と、考えていく必要があります。

それに沿った対応をお店では、行なっています。

【墨田区】適切に聞こえを改善する補聴器専門店、パートナーズ補聴器聞こえにくい事による不便さを改善する補聴器専門店、パートナーズ補聴器。生まれつき難聴で補聴器を使っている人が運営し、聞こえにくさの改善を行なっています。都営浅草線、本所吾妻橋駅より徒歩2分。補聴器のご相談、貸出、試聴は、無料で行なっています。...

得意な症例はありますか?

自分自身がよく対応していると感じるのは、

  • 両耳とも軽度〜中等度難聴の方
  • 片耳難聴の方
  • 両耳とも聴力が低下しており、片側が機能しない方

の三つです。

両耳とも軽度〜中等度難聴の方

両耳とも軽度〜中等度難聴の例。両耳とも軽度〜中等度難聴の例。

1つ目は、主に両耳とも軽度〜中等度難聴の方になります。

このようなケースは、私自身がそもそも、同じような聴力ともあり、自分の経験とリンクさせながら、ご相談しやすいと感じています。

両耳とも聞こえにくいケースの改善事例まとめ

軽度難聴に合う補聴器と聞こえを改善させる4つのポイント軽度難聴を改善させるための聞こえを改善する基本、軽度難聴に合う補聴器の種類(形状)、補聴器の性能、改善に重要な補聴器の調整。この4つに関してまとめました。実際の改善事例ものせてみましたので、お悩みの方は、ご参考にどうぞ。...
中等度難聴に合う補聴器と聞こえを改善させる4つのポイント中等度難聴を改善させるための聞こえを改善する基本、中等度難聴に合う補聴器の種類(形状)、補聴器の性能、改善に重要な補聴器の調整。この4つに関してまとめてみました。改善実例をのせ、理解しやすくしてみました。...

片耳難聴の方

片耳難聴の例。片耳のみ難聴の場合、片耳が全く聞こえないケースも良く見ます。片耳難聴の例。片耳のみ難聴の場合、片耳が全く聞こえないケースも良く見ます。

2つ目は、片耳のみ難聴の方です。

片耳難聴の方の場合は、耳の状況によって、改善方法が異なるのですが、片耳難聴用の補聴器、クロス補聴器の取り扱いもあり、こちらを使った改善ケースは、多数、経験しています。

片耳のみ難聴の方の改善事例まとめ

片耳が全く聞こえない片耳難聴を補聴器で改善する4つのポイント片耳のみ全く聞こえない方を補聴器で改善するための考え、補聴器選定、補聴器の性能、補聴器の調整についてまとめました。今現在、一般的な補聴器では補えない方、用にクロス補聴器での改善もできるようになりました。...

両耳とも聴力が低下しており、片側が機能しない方

片耳は、補聴器で補えるけれども、もう片耳は、補聴器では、補えないケースの例。これ以外にも、片側だけ、何らかの理由により、補聴器が使えないケースがあります。片耳は、補聴器で補えるけれども、もう片耳は、補聴器では、補えないケースの例。これ以外にも、片側だけ、何らかの理由により、補聴器が使えないケースがあります。

3つ目は、両耳とも聴力が低下しており、片側が何らかの理由で機能しない方です。例えば、上記のように片方は、補聴器で補えるけれども、もう片方は、補聴器は、効果がない。となるようなケースです。

両耳とも難聴で、かつ左右の聞こえが異なる方の場合、その聴力の開きの状況により、改善方法が変化するのですが、仮に片側が全く機能しないケースでは、バイクロス補聴器と呼ばれる特殊な機器を使って改善させることがあります。

このバイクロス補聴器に関しても経験があり、かつ、症例も多数あります。

左右の聴力が異なるケースの改善事例まとめ

バイクロス補聴器による改善事例まとめ

左右の聴力差が非常に大きい耳を補聴器で改善する4つのポイント両耳の聴力が大きく異なる方を補聴器で改善する際の改善方針、補聴器の形状ごとの特徴、性能の違い、聞こえを改善させる補聴器の調整についてまとめてみました。実例も記載し、より理解しやすくしてみました。...
左右の聴力が違う耳を補聴器で改善する4つのポイント両耳の聴力が異なる方を補聴器で改善させる際に重要になる改善方針、補聴器の形状、性能、そして、補聴器の調整の4つをまとめました。改善への注意点も含みつつ、記載し、聞きにくさにお悩みの方へ、参考になれば幸いです。...

実績(講演やお客様の声)

実際に対応した方々の症例に関しては、その人を改善した実際の方法から評価も含めてまとめています。

お客様の声(お客様のレビュー、アンケートまとめ)当店をご利用になったお客様のレビューのまとめとなります。実際にご相談されて、どうだったのか。まとめてみました。ご参考にどうぞ。...

お客様の声(お客様のレビュー、アンケート)のみについては、こちらにまとめています。

https://www.youtube.com/channel/UCpvRlZBiv5eCQR6Zxl5HPbA/videos

最近はYoutubeで、動画にして、補聴器の事などをお話ししたりもしています。

Google Mapのコメントに関しては、こちらの通りです。

講演に関しては、

で講演依頼をいただき、補聴器に関する事や私自身について講演を行いました。

それ以外には、聾学校さんや通級指導教室さん(耳が聞こえにくい子供が通う施設の事です)でも何度か講演した事があります。

今現在、余裕がないため講演は、お断りしております。予め、ご了承ください。

資格

医療機器の販売および貸与営業所管理者の資格、あり。

また、補聴器には、認定補聴器技能者という資格があるのですが、今現在、講習を受けつつ取得中です。

どのようにしたら聞きにくさを感じている人がより改善できるようになるのか。の方を優先して学ぶようにしてきた結果、資格取得が後になってしまいました。

今現在は、時間を作りながら、取得中です。

まとめ

こちらでは、忌憚なくなるべく私自身の事を記載してみました。

このブログを書いている人は、こんな人になります。

【聞こえにお困りの方へ】お気軽にご相談ください

聞こえにくいことでお悩みだったり、補聴器に関するご相談ごとがございましたら、以下のお問い合わせフォームより、お気軽にご連絡ください。

ご連絡、予定を合わせさせていただき、お困りの部分を改善するご相談をさせていただきます。

お問い合わせ内容は、営業日より、一日以内で返信しております。お問い合わせいただき、ご来店日時をご相談の上、ご対応させていただきます。

お電話でご連絡する場合は、03-5809-7586までお願いいたします。ただ、接客中は、出れないこともございますので、予め、ご了承いただければ幸いです。

また、以下のフォームよりお送りしたのに関わらず、返信がない場合は、誠にお手数ですが、お電話でご連絡、03-5809-7586(青色の部分をクリック、タップで当店へ電話繋がります)、いただければ幸いです。

どちらかお問い合わせしやすい方をご利用ください。よろしくお願いいたします。

当店は、一人で行なっているため、対応に限りがございますご希望の場合は、なるべくお早めにご連絡いただければ幸いです。





 お名前 必須
例:東京 太郎

 メールアドレス 必須
例:abc@gmaill.com

 相談内容をご記入ください 必須
例:補聴器の相談希望です。○○日、○時は、空いていますか?