2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

【職場で聞きにくさが軽減】右耳のみ聞こえない方、クロス補聴器で改善しました

40代、女性。幼少の頃から右耳が聞こえにくかった方、クロス補聴器を装用して、聞きにくさの改善を行いました。当店でご相談いただいた結果

  • 聞こえにくい側から聞きやすくなった
  • 職場での聞きにくさが軽減された
  • 使うことにより、聞きにくいことの不安、ストレスが軽減した

とのことでした。日々、ふとしたところや所々聞きにくさがあったとのことで、その部分に関し、聞きにくさが改善でき、何よりです。

はじめ、クロス補聴器に関して理解したい。とのことでご来店いただき、実際に試聴、貸し出しを行い、どのようなものか。ご自身のペースで確認していただきました。その結果、あった方がよく、ご購入となりました。

では、どのように改善していったのでしょうか。こちらに関して記載していきます。

続きを読む

「車内で聞きやすく」左側が聞こえない方、クロス補聴器で改善しました

20代、女性。生まれつき左耳が聞こえにくい方より、ご相談いただき、クロス補聴器にて、聞こえにくさの改善を行いました。その結果

  • 車の中では、聞きやすくなった
  • 今まで聞きにくい側にいた方の話がわかりやすくなった

との声をいただきました。職場や日常生活、様々なところで、聞きにくさを感じていたのですが、それらの部分がよりよくなり、こちらとしては、何よりでした。

では、実際にどのように改善したのか。お客様より、許可をいただきましたので、実際の状況から、どのように改善を考えていくのか。その点に関しても記載していきますので、同じような方がいれば、ご参考にしてみてください。

続きを読む

補聴器を使っているからこそ感じる聴力低下の予防の大切さ

私の場合、補聴器の販売や難聴のことを考えるというのは、自分ごとですので、ふと自分に当てはめて考えてしまうことが多いのですが、耳のことを考えると思うのは、正直、これ以上、聴力が下がるのは、勘弁だな……と思います。

その理由に関することやなるべくそれをおこさないことに関して記載していきます。耳が聞こえにくく、このページを見ている皆さま、お互いこれ以上悪くならないようにしたいものですね。

続きを読む

両耳とも軽・中等度難聴の方を補聴器で改善した事例

20代、女性。大学生の頃から徐々に聞きにくさを感じてきた方よりご相談いただき、補聴器を両耳に装用し、聞きにくさの改善を行いました。

行ったことにより

  • 会議の時は、聞きやすくなった
  • 職場では、あると聞きやすく、ずっと使用している
  • 聞きやすくなることで、安心にも繋がり、ストレスに関しても軽減した

とのことでした。

はじめ補聴器を装用しようかどうかも迷っており、かつ本当に聞きやすくなるのだろうか?そのような点も含めて、相談にのりましたが、最終的に聞きにくさが改善でき、何よりです。

両耳とも軽・中等度難聴の方ですが、どのように改善させたのか、事例としてご紹介します。同じような方は、参考にしてみてください。

続きを読む

人工内耳VSクロス補聴器では、どちらの方が効果が高いのか(予測なので要注意)

私自身、耳や補聴器について気になるものがあった場合、自分のtwitterアカウントで書いていたりするのですが、最近、人工内耳もようやくiPhoneなどの通信ができるようになり、その記事についてシェアしていました。

人工内耳に関しては、少しずつですが片耳難聴の方にも使われるようになり、いくつか症例というのが出てくるようになりました。耳を手術する必要があるため、費用は400万かかり、今現在は保険がきかず、そのままの金額がかかるとしても、よりよくなるのであれば、個人的には、それも検討するのもいいのかなと思っています。

その時ですが、こんな内容をもらいまして、ちょっとこのことについて記載してみようと思います。本来ならわからないものはわからないで、終了ですが、自分がやっていることも少々関わってきますので、わかるところだけ記載していきます。

なお、これは、あくまでも推測であり、人工内耳とクロス補聴器の比較は、実際にしたことがないため、その点を考慮願います。また、技術の進歩により、どちらが良いかは、変わってきますので、今現在の時点、2017年8月1日の時点でのお話であることをご承知ください。

続きを読む

補聴器は見られたくない!という方へ送るアドバイスと見えることで得られる3つの事

補聴器の事でお考えの方でも、まだまだ抵抗があり、補聴器について見えないものが良い。という方をたまにお見かけします。

よくWebでも雑誌でも見えない補聴器!みたいなものを書いているのを見かけますが、私の体感では、そのような補聴器を欲しいと思っているのは、だいたい3割ほどで、ほとんどの方は、自分の聞こえを最も改善できるものを欲します。

そのような場合、いわゆる「自分に合う補聴器がいい」と表現されます。補聴器は聞こえを改善させるためにありますので、当たり前ですね。

しかし、中には、補聴器を装用することに抵抗がある方もいるのも事実です。全体から見ると少ないとはいえ、抵抗があるとなかなか先に進むこともできません。そして、補聴器について相談してみると見えるものの方が良い。というようにアドバイスされることもあるかと思います。

もしかしたら考えたこともないかもしれませんが、実は補聴器に関してお伝えすると見えることによるメリットもあるのです。

私自身補聴器を使っており、かつ補聴器の販売もしている身から補聴器に関して見られたくない!とお考えの方へ少しでも先に進めるようアドバイスと補聴器に関する全体像の部分を今回は、記載していきます。補聴器についてしっかり理解できれば幸いです。

続きを読む

時代の状況が変われば求められる教育も変わる

本日、ちょっとお客さんと面白い話ができ、そこことで少々思うことがありましたので、その件に関して載せてみます。

私自身、たまに小さいお子さんのご相談を受けることがあるのですが、その点で、確かに今の市場の動きと言いますか、今現在の若いお母さん、お父さんの求めるものに関し、日本の療育センター、もしくは、ろう学校、通級指導教室は、少し、停滞気味だなと感じることがあります。

それらに触れつつ、今現在の日本の状況と私がもし、小さいお子さんをもつ親だったらどうするだろうか?ということに関して、考えてみます。

ちなみに療育の関係者や教育関係者の方々へ喧嘩をうる内容ではなく、素直に私自身が感じたことになりますので、軽〜い気持ちでご覧いただけると嬉しいです。

続きを読む

補聴器でどこまで補えるのかと聞こえのベースとなる部分

初めて補聴器を考えたり、補聴器について理解したいと考えても、なかなか補聴器については、わかりにくいのが現状です。補聴器に関して理解したい方にとって気になるのは「実際、補聴器ってどんなものなんだろう」というものだと思います。

ということで、今回は、

  • どこまで聞こえを補えるのか
  • 補聴器を使って聞こえる世界
  • 自分の聞こえを補える補聴器の判断
  • 聞こえのベースとなる部分は、どこなのか

の4つにわけ、基本となる部分に関して記載していきます。

補聴器をはじめに見た際は、どの形状にしようか、もしくは、どんなものがあるのかなど、どうしても見える部分に目が行きがちですが、それ以上に重要なのは、はじめに補聴器とはどんなものなのか。というところを理解することです。

続きを読む

耳のことを正しく伝えるって想像以上に難しい

お店をやっていると様々な人が来店されるわけですが、ちょっと考えさせられることが最近続きます。それは、タイトル通り、耳のことを正しく伝えるというのは、想像以上に難しいということです。耳のことに限りらず、特殊なもの、専門的な分野であるほど、その難しさというのは、共通する部分があるのではないかと感じます。

どんなことがあったのか。ということになってくると思いますので、それについて記載していきます。結論から記載しますと今現在、様々なところで情報を得られるようになり、得られるようになったはいいけれども正しく理解することが難しく、挫折する方をたまに見かけます。その方をどう減らすか。その点ですね。

続きを読む

クロス補聴器の聞こえ改善より行うために私が今、試していること

先日、クロス補聴器の欠点と調整する上で注意したい1つのことのようなことを記載しましたが、これにプラスして、今現在、私の方でさらにしていることに関して載せていきます。

前回の内容には、クロス補聴器の欠点と言いますか、問題点に関して記載しました。その点に関して、前回の内容だけでは、改善しにくい部分もありますので、さらにその部分を改善できないか。それを今、お客様と協力しながら行なっています。

その点についても記載してみます。

続きを読む

クロス補聴器の欠点と調整する上で注意したい1つのこと

そういえばサマーフォーラム2017でお話しした際に、このブログをみている方から一つ質問がありまして、それは、クロス補聴器については、どう調整すればいいのか、どう調整しているのか。というものです。

このブログ経由で、クロスのことを知る方も多いかと思いますので、今回は、クロス補聴器の問題点から、調整に関することを記載していきます。クロス補聴器は、ちゃんと補聴器そのものに関して理解すればよりよくすることはできるようになります。

以下の内容は、専門外の人にもわかるよう記載していきますので、片耳難聴の方もしっかり理解しておきましょう。そうするとより改善できるかもしれません。( ´∀`)/ 

続きを読む

自分だったらどうよりサマーフォーラムに貢献できるかを考えてみた

7月17日(月)に講師として呼ばれたサマーフォーラム。私自身、一コマだけ参加し、残りは、資料で内容について確認しました。資料を読んでいて感じるのは、時代という概念、もっといえば時代の背景、世の中の動きそのものが全くピタッと止まった世界のように感じたことです。

その状況から誠に勝手ながら、自分だったらどうよりよくするか。より面白くできるか(より有益な情報を提供できるかですね)、貢献できるかを勝手に考えてみました。先に書いてしまってはいますが、今の時代の流れを活用できると、よりよくできるのでは?と感じます。

ちなみに全てもうやってますよ。だったらすみません、とはじめに謝っておきます(笑)。

続きを読む

サマーフォーラム2017に講師として参加しました【報告&感想】

ちょっとしたご報告。ご存知の方もいるかと思うのですが、この度、サマーフォーラム2017に講師として参加しました。

こちらは、神奈川県で主に行われている児童を中心とした聴覚活用に関する勉強会で、学校の先生からSTの先生方が参加される学会です。

私自身が難聴者ということで「難聴当事者に学ぶ」という項目にて、自分の半生を話すことになり、発表してきました。

続きを読む

難聴の方が社会を生き抜くために必要な3つの要素

私自身補聴器の販売をしており、かつ自分自身も生まれつきの難聴者ですので、よく自分自身をどのようによくしていくか。さらに改善して行くには?と考えるのですが、それについて考えてみますと、タイトル通り、三つの要素が必要だなと感じます。

難聴になり、耳が治ったり、補聴器を装用することで、耳が治るレベルまで簡単に行くのであればいいのですが、実際問題として、それはまだ無理な段階です。それであれば、この体で生きて行く以上、よりよくしていく方法を考えざるを得ません。現実的にですね。

ということで考えてみました。結論から記載しますと、できる限り耳の状態をよくし、対人関係に関して学び、自分自身のレジリエンスを鍛えていく。というのが現段階での私の答えです。

続きを読む

yahoo知恵袋系に返答できる人は、ある意味すごい

昨日、もらった質問から補聴器販売の本質とすべきことについて考えるという内容を書いてみたのですが、さらに思うことがあり急遽記載。個人的には、返答する人は、ある意味すごいなと思います。私だったら、あまり書けないんですよね。

ちょっとこの点に関しても、記載してみます。

続きを読む

もらった質問から補聴器販売の本質とすべきことについて考える

最近、様々な問い合わせをいただくことと自分自身を内省していることもあり、補聴器販売に関して思うことがあります。0ベースから考え、どのようにすることがもっとも理想的なのか、それをよく考えます。

これに関しては、補聴器の販売という仕事はどうあるべきか。というところに焦点を当て、考えているわけですが、自分が考える補聴器販売とは、やはり聞こえの改善度を重視した、もしくは、そのほかの要素を網羅した上で、対応者(販売員)と受け手(お客さん)が一緒になって目的に向かい、歩めるようにすること。だと考えるようになりました。

こちらに関して感じることを載せていきます。

続きを読む

ブログをやって感じるネット上の相談の難しさ

ブログやインターネットを活用し、それなりにアクセスが集まってくるようになってくると、相談にくる方も多くなってくるのですが、お店に相談にいらしてくれる方は、全くもって問題ないのですが、一番困るのは、メールだけの相談、もしくは、口頭だけの相談です。

これはどんなものもそうですが、専門的な部分が強くなると強くなるほど、どうしても販売員(対応者)と一般のお客さん(相談者)の知識量に偏りが出てきますので、相談というのは、難しくなります。補聴器に関してもそうで、販売員が欲しいと思う情報はお客さん側は知らなかったりします。

これは、知らないのが悪いということを言いたいのはなく、あくまでもそのようなことが起こりやすいので、ネット上だけの相談というのは、本当に難しいなぁ……と感じます。

この点について最近、感じることについて載せていきます。

続きを読む

これからの補聴器販売に求められるのは、板前的職人

補聴器の世界ですが、急激に良くなってきているなぁ……と最近感じるようになりました。なぜ、そんなことを感じるかと言いますと、補聴器のフィッティングに関して、おそらくディープラーニングやPDCAを繰り返して学習し、かなり正確に調整できるようになってきた。というのがあります。

何を持って正確というべきかは、人によって異なるのですが、ちゃんと改善できるところまで改善させる。しっかりと聞こえを改善させる場合において、重要な聞こえの数値が、本当の意味で、フィッティングソフトと現実の効果が一致しつつあるので、今まで必要とされてきた人とこれから必要となる人が違うのではないか。とも感じます。

ちょっとこの点に関して記載していきます。ちなみに結論から言うと、タイトル通り、板前的職人であり、素材を活かせるやり方ができる人が、今後、より求められてくる。と私は感じます。

続きを読む

補聴器を装用している私が感じる早期に補聴器をつける理由

耳が聞こえにくくなり、補聴器の検討をしているのでしたら、個人的には、やはりあった方が良いと考えています。もちろん補聴器を装用し、効果がある場合に限るのですが、補聴器がしてくれることは、結構あります。

こちらに関して、全体的な内容と実際に補聴器を使っている私自身が感じることについて載せていきます。

なお、結論から言いますと、私自身が感じる補聴器を早期装用する最大の理由は、心の負担を軽減させ、自分自身の自信を少しでも多く取り戻すことです。その部分が一番大きいと感じます。

続きを読む

徐々にクロス補聴器が広まってきたなぁというお話し

お店をやっていると様々な方とお話ししたり、問い合わせ、電話がきたりするのですが、そこで思うのは、クロス補聴器について徐々に広まってきたな……と思うことです。

クロス補聴器は、片耳難聴の方で、かつその聴力低下した耳が補聴器で補えない場合に使う補聴器です。そのため、一般的な補聴器と異なり、なかなか調整した人、扱ったことがある人も、いないのですが、そのような方も増えてきているように感じます。

続きを読む

運営者:深井 順一

自己紹介

聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつき難聴者である事、補聴器の販売を行っている事、この二つの視点で、ブログを書いています。Webには、補聴器や耳の情報が少ない事から、ブログを通じて、情報提供をしています。運営者については、こちら。お問い合わせは、contactよりどうぞ。運営している店舗は、東京都墨田区の本所吾妻橋駅より徒歩3分のところにあります。
検索フォーム