2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

【お持ちの補聴器より聞きやすく】軽・中等度難聴の方、バイクロス補聴器で改善

60代、女性。すでに補聴器は他店で購入されており、お持ちの方でしたが、聞きにくさを感じて当店へご相談に来られました。

状況に関して聞いてみますと、右側から話されると聞きにくさを感じたり、周囲が騒がしくなると聞きにくさを感じるとのことでした。その点に関して、改善できないか。とご相談に来られました。

当店で改善を行った結果

  • 騒がしい中でもより聞きやすくなった
  • 音もスッキリ聞こえて良い
  • 全体的に聞きやすくなり、離れさえしなければかなりよく聞こえる

との評価でした。

では、どのように改善させて行ったのでしょうか。その点に関して記載していきます。

続きを読む

お客さんに補聴器の調整者の本質を言われた話

先日、東京に台風が近づいていたため、強い雨が降っていたのですが、そんな中、わざわざきてくださったお客さんと面白い話ができましたので、メモ。

その方とお話ししたのは【補聴器の調整者として、何が重要か】ということなのですが、その点に関しては、「お客さん、患者さんを改善させようとしているか。という態度そのもの」ということでした。

なかなかに本質を得ているといいますか、そのままのように感じたため、このまま記載していきます。

続きを読む

補聴器以外の支援機器を使いこなすのに必要な信用

今現在、補聴器以外にも様々な支援機器が出てきました。音声認識技術を利用したUDトーク、補聴器の欠点だった距離を解決するロジャー、それらのものは、便利であり、かつ、使用できる環境であれば、より聞きにくい方々の状況をよくすることができます。

しかし、これらの機器を使いこなす場合に一番重要になってくるのは、個人の信用になります。普段は、このような話はしないのですが、最近、考える機会があったことと、これからまた別のものも出てくる可能性があることから、使うための思考として、私の考えについてまとめていきます。

参考程度に聞いてみてください。

続きを読む

音場閾値測定で私が平均的に数値を補っている三つの理由

補聴器の調整には、現状、ルールはなく、かく各々が自分なりに調整している状態です。言い換えれば、聞こえを改善させるゴールは、共通ですが、そこにたどり着く手段が皆違う。という状態ですね。

日々、私の方では、音場閾値測定という補聴器で補えている数値を見れるもので、平均的に改善させるようにしています。その理由は、単純にこの方が改善できることが多いためです。

今回は、こちらに関して記載していきます。

続きを読む

補聴器の調整において、どのようにより良い改善を求めるか

最近、なぜか補聴器販売店の方々から、問い合わせを受けたり、補聴器の調整や改善のやり方に関して聞かれますので、こちらについて記載してみたいと思います。

あくまでも私がやっている方法ですが、このようにすると、やったことがない聴力の方でもそれなりに改善できるようになります。ただ、前もって言いますと、これをすれば完璧!という技術的なものではなく、あくまでも考え方+技術の二つが入ります。

続きを読む

軽・中等度難聴への補聴器の改善幅が上がってきた

私自身、常日頃から、どこまで改善できるのかを考えながら、改善をしていたりするのですが、このような考えで行なっていると、様々な学びがあったりします。

先日「原因不明の感音性難聴で軽・中等度難聴の方、補聴器で改善」という内容を記載したのですが、そこから感じたのは、より小さい音が聞こえるようになることで、改善の幅が徐々に上がってきているな。ということです。

続きを読む

原因不明の感音性難聴で軽・中等度難聴の方、補聴器で改善

40代、女性。もともと補聴器を使用されていた方ではあるのですが、片耳のみ装用のため、騒がしいところや反対側からの音声に聞こえにくさを感じていたり、補聴器店の対応に関しても、あまり良い印象を受けていないことから、当店へご相談に来られました。

こちらで、改善を行なった結果

  • ご家族との会話は、すごくしやすくなった
  • 全体的に聞こえに関してよくなった
  • 補聴器があるのとないのとでは、全然違う

とのことで、補聴器の販売を行いました。

では、どのようなケースで、どのように改善させていったのか。そちらに関して、記載していきます。

続きを読む

私が補聴器の貸出、試聴をしている3つの理由

補聴器の試聴や貸出に関して、しているお店も今は、徐々に増えてきているかと思うのですが、私自身が補聴器の貸出や試聴をしているのは、お客さん側に使ってもらったり、安心して相談するためという側面もありつつ、私自身が、どのような補聴器を使ったら、このお客さんは、よりよくできるのか。それを見るためでもあります。

補聴器は、体験型の商品であり、使ってみないとわからないところも多くあるため、そのようにしています。今回は、その理由をもう少し、細かく記載していきます。

続きを読む

メルカリで補聴器の購入は、耳を改善できないのでやめよう

う〜む、最近、メルカリで補聴器を販売するケースが徐々に増えてきましたね。この手の問題は、昔からあり、yahooオークションとかでも見かけます。ただ、仮に補聴器を購入しても、耳に合わない(厳密には合わせられない)ので、購入するのは、やめた方がいいです。

ちょっとこの点に関して記載していきましょうか。

続きを読む

低音障害の方を実際に対応して学んだ3つのこと

先日【実例】低音障害型感音難聴の方を補聴器で改善した方法に関して記載しました。こちらに関しては、実際に対応した内容を記載してみたのですが、難しい症例の一つですので、実際に私が対応して学んだこと、得られたことに関してもシェアできればと思い、こちらも記載してみます。

前回のものがお客さん用とするなら、こちらは、補聴器を実際に調整する方、向けと行ったところでしょうか。どちらかというと感想的なものですが、載せていきます。

続きを読む

【実例】低音障害型感音難聴の方を補聴器で改善した方法

40代、女性。10年以上前から、耳の聞こえにくさは感じており、6〜7年ほど前、補聴器を購入されたようですが、つけるとかえって聞きにくくなるような状態でした。

そのため、しばらく補聴器は、使用せずにきたようですが、今現状、仕事で困ることが増えてきたことにより、当店へご相談をいただきました。

当店で改善を行なった結果

  • つけることで、逆に聞きにくくなることはなくなった
  • 補聴器をつけることで、より聞こえが改善できた

とのことでした。

こちらのケースは、改善が難しい低い音が聞こえにくくなっているケースになります。こちらの方を改善させた方法を記載するとともに、補聴器の選定、調整に関することについて記載していきます。

続きを読む

自分が目指すものに少しずつ近づいてきたこととそれを実現させた方法

私自身、生まれつきの難聴者で補聴器の販売をしていたりするのですが、ようやく…ようやく自分がすべきことができるようになってきたな……と感じることが増えてきました。

やっていることは、補聴器の販売ですが、私がしたいのは、聞こえにくい人の支援であり、補聴器を販売するというよりも支援をするために販売する、というスタンスでやっていたりします。

続きを読む

営業時間変更のお知らせとそれをするきっかけ

業務といえば業務連絡ですが、今まで9時~18時までの営業を9時~17時までの営業に本日より変更することとなりました。それ以外は、変わりありません。お休みは、月・木・祝日です。

その理由に関してですが、今まで18時まで対応していたのは、遅くに来る人がいた時に対応するためだったのですが、蓋を開けてみればびっくり。ほとんどそんな人はいませんでした。

であれば、さっさと切り上げて、考える時間やブログを書いたり、内容を考える時間にしたいな。というのが本音で、そのようにすることにしました。

続きを読む

耳や補聴器以外の要素で、よりよくできる時代にとっくになっていた

さてさて、まだまだ続く「神奈川県聴覚障害者福祉センターの難聴者サロンに参加してみた」関連ですが、こちらを書いていて思ったことが一つ。

それは、今現在、調べようとすれば大概の情報が入るため、なんだかんだ言って、自分をよくする方法は、昔に比べれば増えてきているのかな。ということです。この点は、最近、つくづくそう思います。

難聴者サロンに参加していた方が言っていたことですが、本を読んだり、新聞読んだりして、知見を広められればより自分の状況をよくすることができる(確かそんな感じの内容だった気がします)。なので、学習しましょう。と言っていた気がします。若い方に向けてですね。

この点は、私も同意で、様々なインフラが整ってきたことで、手を伸ばせば、案外、そのような情報は、届きやすくなっているのかなと感じます。ちょっとこの点に関しても載せていきます。

続きを読む

就職及び、バイト、パートの面接時、耳のことをいうのか問題について

引き続き先日の「神奈川県聴覚障害者福祉センターの難聴者サロンに参加してみた」に関連する内容なのですが、難聴の体で生きていると、タイトルの通り、働く際の面接時に耳のことをいうのか、言わないのか問題というのがあったりします。人によって、意見が分かれるのですが、私は、言う派になります。

厳密には、この部分は、自分自身が耳のことに関してどうのように感じているのか。によっても、変わってくるのですが、言う派の意見を述べていきます。

難聴者サロンには、そのような話は出てこなかったのですが、人によっては感じている部分もありますので、共有できるところは、共有できるといいかと思いますので、載せていきます。

なお、こちらの内容は、難聴の方で、主に手帳がない方が対象になります。手帳がある方は、障害者雇用などがあるため、ちょっと事情がまた変化するためですね。

続きを読む

私自身が思う相手になるべく難聴を受け入れてもらえる方法

先日、神奈川県聴覚障害者福祉センターの難聴者サロンに参加してみたという内容を記載しました。そこで出てきたのは、どのように聞き返すか、どのように相手に伝えるのか。という点です。

ほとんどの人にとって難聴であることを伝えるのは、確かに難しく(タイミング的にも)、かつ受け入れてくれる、もしくは、配慮してくれる部分まで行くのは、かなり至難のわざです。

私自身もまだまだその点に関しては、自分なりに試行錯誤をしているのですが、ちょっとその点に関して自分なりに思うこと、うまくいったことなど記載していきます。

続きを読む

神奈川県聴覚障害者福祉センターの難聴者サロンに参加してみた

私の知り合いの方から、なんでも神奈川県に難聴者サロンなるものがあると教えてもらいました。耳のことや補聴器のこと、日々の生活に関して、自由に雑談したり、時には、皆で課題を考えたりなどし、集まる会のようです。

ほ~、そんな集まりがあるんだなぁと思い、気になって参加してみました。そこで感じたのは、

  • 難聴の方の知り合いを増やしたい
  • 他の難聴の方は、こんな時、どのようにしているのか聞いてみたい
  • そのような集まりがあるなら参加してみたい

という方には、お勧めできるものでしたので、こちらでもご紹介してみます。

難聴の方と知り合う機会は、意外に少なく、こんな時どうしているのだろう?というような時や他の方の経験など聞いてみたい方などには、特にお勧めですね。

続きを読む

難聴の人は、どのような仕事が良いのか考えてみた

お店をやっていると日々、様々な人にあうわけですが、それらの方々を見ていて、初めの頃、難聴の人に合う仕事というのは、存在するのか。ということを考えていたことがあります。

どうしても聞きにくさがあり、かつ、コミュニケーション障害が起こりやすいと意思の疎通がしにくくなることにより、働きづらい、仕事がしづらいということになります。中には、非常に悩まれている方もいますので、その点を考えれば切実ですね。

難聴でも仕事がしやすいものはあるのか。その点に関して考え、私自身がたどり着いた結論は、おそらくそのようなものはなく、自分はなにができるのか、どのような仕事なら続けられるのか、という点を自分自身で考えていく必要があるのではないか。と思います。

そこにたどり着くまでに考えたことについて記載していきます。

なお、こちらの内容は、あくまでも難聴の方を対象に、かつ軽度〜中高度難聴くらいを想定して、記載しています。

続きを読む

私がお店をやる上で考えたこと

私自身、生まれつきの難聴者で、かつ補聴器を販売するお店をやっていたりするわけですが、そうしますと、不思議がられたり、どんな風にお店については、考えたのですか?など聞かれることがあります。自分の場合、単に私が難聴者なので、自分がいきたいと思えるお店は何か。を考えて作っただけにすぎなかったりします。

それを考えた上で実行したら、一般的な補聴器販売店と真逆なことを行うことになったのですが、来てくださるお客さんや実際に相談いただき、その方々とお話しすると、このやり方も一つの正解なんだなと感じます。

ということで、ちょっとこちらに関して載せていきます。たまには、こんなお話も良いですね。

続きを読む

【職場で聞きやすく】老人性難聴で聞きにくくなった方を補聴器で改善

50代、女性。老人性難聴により、聞きにくさを感じていたため、当店へご来店いただき、聞こえの改善を行いました。50代半ばから徐々に聞きにくさを感じるようになり、主に職場での聞き取りに難が出てきた状態でした。

状況を確認し、改善を行なった結果

  • 職場での会話はしやすくなった
  • 今まで聞きにくかったアラーム系も聞きやすくなった
  • 周囲の人とのお話もしやすくなった

とのことでした。聞きにくさが改善でき、こちらとしては、何よりです。

では、どのように改善を行なっていったのでしょうか。その点に関して、まとめていきます。

続きを読む

運営者:深井 順一

自己紹介

聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつき難聴者である事、補聴器の販売を行っている事、この二つの視点で、ブログを書いています。Webには、補聴器や耳の情報が少ない事から、ブログを通じて、情報提供をしています。運営者については、書いている人へ。お問い合わせは、contactよりどうぞ。運営している店舗は、東京都墨田区の本所吾妻橋駅より徒歩3分のところにあります。
検索フォーム