2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

片耳のみ中等度難聴の補聴器における基本改善

片耳のみ中等度難聴の場合、主な改善方法としては、2つあります。それは、聞こえにくい耳に補聴器を装用し、改善させる方法と聞こえる耳に音を転送して改善させる方法です。

どんな場合にも聞こえにくい耳に補聴器を装用して改善させるかと言いますと、そのようなことはありません。聞こえにくい耳に補聴器をするという選択肢は、あくまでも聞こえにくい耳に補聴器を入れると効果が見込める人のみ行います。

あくまでも私のところでやっていることですが、どのように見分け、改善するのか。こちらに関して載せていきます。

改善の分かれ目は、音声が理解できるか、できないか

私のところでは、聴力以外にも音声がどのくらい理解できるのかを調べる語音明瞭度測定(ごおんめいりょうど測定)というものも行なっています。

耳には、どの周波数がどのくらい聞こえるのかを調べる聴力測定と、音声がどのくらい理解できるのかを調べる語音明瞭度測定があります。音を聞いてその音が何を意味するのかを理解するのは、脳がしていることですので、音が聞こえることと音声が理解できることは、異なることです。

例えば、聞いたことがない地名や会社名を言われると、聞き返す確率が高いのは、音が聞こえていないのではなく、その単語が頭の中(脳の中)にないため、理解しづらい状況です。専門用語も同様ですね。

何度か聞くとその言葉を覚え、すんなり認識できるようになるわけですが、この際、理解できるようになったのは、聴力が良くなったわけではなく、その言葉を覚え、その単語が来た際に、脳で認識できるようになったからです。

このように音が聞こえることと音声が理解できること(言葉や音の意味が認識できること)は、全く異なる状態なため、2つの測定があります。ここからが重要ですが、補聴器は、簡単に言えば単に音を大きくして聞こえを改善させることしかできません。つまり、認識する力が弱いと補聴器の効果は、望みにくくなります。

そのため、聞こえにくい現状を改善させるには、音声の理解力を調べ、その耳を活かせるのか、それともその耳を活かすのではなく、別の方法をとった方が良いのかを考えます。

結論から言えば、その耳を活かせるのであれば、聞こえにくい耳に補聴器を装用し、その耳を改善させます。それをしても効果が薄い場合は、聞こえにくい耳で理解するのではなく、音を聞こえる耳に転送して補い、聞きにくさを改善させていきます。

補聴器の効果を擬似化できる語音明瞭度測定

耳鼻科で行うことは少ないかと思いますが、私のところでは、それを調べるために、上記に出てきた語音明瞭度測定を行います。

測定をする部屋は、どこでも防音室で調べる。

測定をする部屋は、どこでも防音室で調べる。

聴力測定同様、このような防音室の中で、

語音明瞭度の場合は、こちら以外もあるが、耳の状態を調べる場合は、ヘッドホンをつけて調べる。

語音明瞭度の場合は、こちら以外もあるが、耳の状態を調べる場合は、ヘッドホンをつけて調べる。

ヘッドホンをつけ、聞こえる音量にして、あ、じ、は、などの一つの言葉を出していきます。

音声を聞き、どのくらい理解できるのか。聞こえた通りに紙に記載する。

音声を聞き、どのくらい理解できるのか。聞こえた通りに紙に記載する。

それを聞こえた通りに紙に記載し

書いたものを採点。調べることにより、音を入れることで、ちゃんと理解できるのか、そうでないのかがわかる。そのため、擬似補聴器効果測定としても使える。

書いたものを採点。調べることにより、音を入れることで、ちゃんと理解できるのか、そうでないのかがわかる。そのため、擬似補聴器効果測定としても使える。

その結果がどうなのか。それを確認します。

ちょうど良い音量から少し大きいくらいの音量でやるとその人の音声の理解力を調べることができます。

数値に関しては、このようになる。音の大きさと音声の理解力がどのくらいあるのか。それを一目で見られるようにしている。

数値に関しては、このようになる。音の大きさと音声の理解力がどのくらいあるのか。それを一目で見られるようにしている。

それを調べたのが、こちら。補聴器の適性を見る場合は、基本的に一番正解数が高いところを見ます。この場合は、縦軸の一番高い部分ですね。そこの数値の意味は、

明瞭度の数値の意味。この意味が非常に重要になる。

明瞭度の数値の意味。この意味が非常に重要になる。

このようになります。補聴器の効果ですが、基本的に50%以上はないと効果は望みにくいとされています。50%でも日常会話は、しばしば(多々、度々)理解できないことがあるレベルですが、ここから補聴器の適用になります。

耳の場合は、音が聞こえることと、音声が理解できることは異なるため、このような測定があります。こちらで耳の状況を理解し、どのように聞こえを改善させたら良いか。その方針を理解することができるようになります。

それぞれの改善方法

語音明瞭度測定の結果が良ければ(50%以上であれば)、聞こえにくい耳に補聴器を直接装用し、聞こえにくさを改善させた方が、聞きにくさは改善しやすくなります。

一般的な補聴器には、耳の穴の中に入れるものと、耳にかけるものがある。こちらは、耳の中に入れてしまうもの。

一般的な補聴器には、耳の穴の中に入れるものと、耳にかけるものがある。こちらは、耳の中に入れてしまうもの。

一般的な補聴器には、このような形状をしたものや

耳にかけて使用するタイプがこちら。補聴器の一般的な形状になる

耳にかけて使用するタイプがこちら。補聴器の一般的な形状になる

このような機器があります。

それでも聞こえる耳ほどには、なりませんが、全体的に感じている聞きにくさをより無くしていくことができます。

一方、明瞭度(音声の理解力、語音明瞭度測定の結果を示す言い方)が低く、明らかに効果は薄い、ない場合は、聞こえにくい耳で音を理解するのではなく、聞こえる耳で音を理解できるクロス補聴器で理解できるようにしていきます。

仕組みとしては、このようになります。

聞こえる耳に音を転送して聞く補聴器をクロス補聴器と呼ぶ。こちらは、耳にかけるタイプのクロス補聴器。

聞こえる耳に音を転送して聞く補聴器をクロス補聴器と呼ぶ。こちらは、耳にかけるタイプのクロス補聴器。

聞こえる耳に補聴器をのせ、聞こえない耳には、音を転送させる機器をのせます。すると、聞こえにくい耳にくる音を常時、聞こえる耳に送ってくれます。このように音を理解する道具が、今現在ではあります。

このような機器がでてきたのは、補聴器を直接、耳に入れても効果が望みにくい耳があるためです。明瞭度が低い耳は、音を入れて改善させるということができません、音を大きくしても音は聞こえるけれど、理解はできない、という状況になります。聞こえにくい耳に音を入れても改善できないのであれば、音を聞こえる耳に転送して改善したらどうか。そのような発想により、生まれたのがクロス補聴器です。

耳の状況によって改善方法は、違う

耳の場合、聞こえにくい耳に音を入れることで改善できるのか、できないのか。まず、ここから理解していきます。と言いますのも、音を入れて改善できない耳に音を大きくして聞きにくさを改善させる補聴器を装用しても、聞きにくいままになるからです。

耳には、音が聞きにくいというところと音声が聞きにくいという、この2つの部分の理解ができれば、あとは、自身の状況がどのようになっているのか。ちゃんと補聴器を装用すれば、聞きにくさは改善できるのか。その部分まで見れば、どのようによくしたら良いかがわかります。

それでも補聴器による聞こえの改善には、限度はあるのですが、補聴器で出せる限りの改善は、行うことができます。補聴器での改善は、限度がありますが、限度があるからこそ、ちゃんとやるべきことをしないと、聞きにくさは、ほとんど改善できません。

ということで、片耳のみ中等度難聴の方の基本改善ということで載せてみました。

続きを読む

補聴器を装用すると、聞こえは低下するのか?

補聴器をつけることで、耳の聞こえの低下が進むのではないか。とご心配な方もいらっしゃるのですが、実際に補聴器を装用する場合、聞こえが低下しない可能性は、0ではありません。

補聴器は、音を大きくして耳に伝えるものになりますので、今までよりも耳に負担がかかるのは、確実です。より聞こえにくくなるリスクは当然あります。こちらに関して載せていきます。

続きを読む

「難聴側に来られてもスムーズに会話できるように」片耳難聴の方の改善例

右耳のみ難聴の方で、クロス補聴器を装用し、聞こえにくさを改善させられたケースがありますので、ご紹介致します。クロスを装用することにより、

  • ざわざわした飲食店で難聴側に座っている人ともお話しできるように
  • 電車の中で難聴側に入られても会話できるように

と、普段聞きにくさを感じやすい環境下で効果があり、実際にご購入になられました。

お客様の状況から、どのように改善させたのか。クロスに関する形状選択に関しても記載していきます。クロスに関して理解したい方は、ご参考にしてみてください。

続きを読む

このお店に相性が良い方、そうでない方

私の場合、インターネットでほぼ集客をしているのですが、相性が良い方もいれば、そうでもない方もいます。最近、お問い合わせが多くなり、若干、相性がそこまで良くない方がちらほら見られるようになってきました。

せっかくの機会ですので、良い方、そうでない方の2つに関して記載していきます。他のお店は、わかりませんが、当店では、このようになります。

続きを読む

ものが先ではなく、耳が先。というお話

私のブログには、聞こえの改善思考で記載しているせいか、結構、お問い合わせをいただくのですが、皆、なんと言いますか、もの、もしくは、型に当てはめて考える人が多いな……と感じます。

耳の改善の場合、もの(補聴器や治療技術)が先なのではなく、耳が先です。耳の状況がどのようになっているのか。それによって対処方法や改善させる方法が異なるためですね。

続きを読む

優秀な補聴器販売員に共通する要素とは

ふと思ったのですが、優秀な販売員ってどんな人だろう、と考えました。ついさっき、これに関して考えさせられることがあったわけですが、こちらに関して自分が感じることを載せてみます。

この場合の販売員とは、セールスがうまいというより、聞こえにくさを改善させることがうまい人、という意味で、補聴器の販売員には、一般的にいうセールスマンと聞こえにくさを改善させることがうまい人、その2つがあります。

私が目指しているのは、もちろん、聞こえにくさを改善させることがうまい人であり、こちらでは、その優秀な販売員に共通することは何か。それを考えてみることにしました。

その際、私が思ったのは、解決の道筋を立てられるか、自分の中でフィードバックを得る仕組みを構築しているか、カテゴライズし、情報を蓄積できるようにしているか、の3つです。この3つがある人は、高確率で優秀な人です。

認定補聴器技能者の資格があるかないかより、この3つの能力があるのか。それが優秀な人とそうでない人を分ける要素。と、私は、思っています。

続きを読む

軽度難聴の方に補聴器が有効か、そうでないかの見分け方

少し難しい内容になるのですが、軽度難聴の場合、補聴器の効果が望めるのか、難しいのか、聴力データだけではわかりにくいことがあります。その場合、私の方で行なっているのは、耳ベース(聴力データ)で考えるのではなく、補聴器ベースで考え、改善が見込めるか、そうでないかを判断しています。

少し専門的な内容が入りますが、なるべくわかりやすく記載していきます。

続きを読む

ネット上には、仕事の役に立つものもある〜私が見ているサイト、仕事編〜

先日、私が見ている一部のものを紹介しましたが、今度は、仕事編。数は少ないのですが、多くの示唆を得られます。基本的に外資系のコンサルタント系やフリーランスのものが多く、彼らの経験や考えは、非常に参考になります。

仕事というと「自分の業界は特殊だから」というようなケースは、ありますが、基本的に、どこもそう変わりはありません。応用できるものは、多くあります。そして、一部、個人ブログなため、社会やそれらの経験から得られたことなども学べます。

今は、ネットで情報収集できる時代。生き方のような、考え方のようなものもありますが、自分の糧になるものは、どんどん吸収していきましょう!

続きを読む

ネットの発達により、個から得られる情報が多くなった

私は、根っからのネット好きですが、ネットがある時代に生まれて、本当に良かったなと思います。もちろん、ここまで発展したのは、ネットを普及させた人物や発明した人物がいるのは、いうまでもなく、かつ、情報提供が一般の方でも気軽に行えるようになったのが、要因でもあります。

私もブログという形で関連しますので、こちらでは、日々感じていることを載せていきます。

続きを読む

ネットの情報を楽に収集する方法〜こんな風に私は、収集してます〜

たまに「なんでそんなに知っているんですか?」「なんでそんなに色々考えられるのですか?」みたいなことを言われるのですが、それは、日々、ネットでの情報収集を日課にしているためです。

これは、私自身、感じることですが、どんな人も情報をたくさんえることができれば、ある程度、色々と考えられると思っています。ということで、私がよく使用しているFeedyというサービスなのですが、こちらに関してご紹介します。

知っている人も多いかもしれませんが、知らない人のために。

続きを読む

ご年配のお客さんから教えてもらうことは多い

職業柄、年配の方を対応するケースがあるのですが、年配の方々から教えられることも多いなと感じます。私の場合、ほとんどネット経由で、お客さんが来るので、30〜40代の方が多く、高齢者の方は、逆に少ない傾向があります。世の中の補聴器販売店の逆を行くのが当店の特徴ですw。

ネットで集客していると、面白いことに高齢者でもネットを使いこなしている人もおり、高齢者の方もご来店されます。そして、彼ら、彼女らのお話を聞いていると、自分自身も学べることが多いな。と感じます。

なお、ここでいう高齢者は、65歳以上を定義しています。

続きを読む

この業界をよりよくするために必要なものと個人的にやりたいこと

新年あけまして、おめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。さて、新年あけて、早速ですが、個人的にこの業界をよりよくするために必要なこと、自分がやりたいと思っていること、この2つに関して、載せていきます。

実行するかはともかく、難聴の方や難聴になってしまった方々がよりよくなる世界を考えた際に、これらのことは、必要かなと感じています。

新年あけて暇なので、載せていきます(ww

続きを読む

一年間、実際にお店を持ってみた結果、こんな一年でした

さて、本日を含め、あと2日もすれば新年ですが、私のところは、昨日、12月29日で、仕事納めです。今現在は、残りの仕事をこなしながらブログを執筆中。年始は、1月6日(金)から開始します。

今年の総括ということで、一年間、実際にお店を持ってみて、ブログを活用しながら、補聴器の販売や相談を受けてみた結果、どのような一年だったのか。こちらに関してまとめていきます。

私のお店は、ほぼインターネットと言いますか、このブログからお問い合わせや相談いただき、補聴器の販売やご相談を受けています。その結果ですね。

続きを読む

聴覚障害者が健聴の人を超える時代は来るのか

teens-629046_640

2016年、リオパラリンピックで走り幅跳びの選手、マルクス・レーム選手が8m21cmと驚異的な記録をだし、金メダルを獲得しました。去年の記録では、この記録よりも上の、8m40cmの記録をだし、ロンドン五輪の走り幅跳びの金メダル記録を9cm上回りました。このことにより、障害そのものに関する議論は、もちろん、他の業界でも「うちらの業界でも健常者により近く、または、超えられる日が来るのでは?」と期待している業界もあるかと思います。

ということで私が関連する聴覚の世界はどうなのか。個人的に考えてみました。結論から言いますと、努力次第で可能。という結論に至りました。物事の整理をしていく意味で、私自身が考えたことを載せていきます。

なお、聴力が良くなる技術はさておき、良くなる技術があることを前提で考えてみました。

続きを読む

クロス補聴器の効果を感じやすい人、そうでない人

glasses-983947_640

クロス補聴器とは、片耳のみ難聴である方に使用される少し変わった機器です。こちらに関しては、補聴器を装用することにより、聞きやすさを感じやすい方とそうでない方に分かれます。言い方を変えますと効果を実感しやすい方とそうでない方です。

私のところでは、相談いただく方も多いので、それらの方々を対応してわかったことに関して載せていきます。なお。最終的には、ご自身の感覚で理解されることをお勧めします。

続きを読む

補聴器で補える聴力は、どのくらいから?

book-pages-1313474_640

補聴器の使用を考える前に「どのくらいから補聴器は使えるのだろうか」「少し聞きにくいくらいだけれど補聴器は、効果があるのだろうか」このような疑問をお持ちの方は、いらっしゃいますでしょうか。

補聴器は、聞こえを改善させる機器ではありますが、その改善度、聴力をより良くさせる数値に関しては、限度があります。そのため、あまりにも聴力が良い方や補聴器を装用して目指す改善値付近の場合は、ちょっと効果を得にくい傾向があります。

こちらでは、補聴器で補える聴力から、補聴器は、どこまで改善させられるものなのか。それについて載せていきます。数値で理解できれば、より補聴器に関しては、理解しやすくなります。

続きを読む

今ある聞こえを改善させる技術から、状況をより良くさせるには?

fashion-1478810_640

私自身、補聴器の販売をしていますが、その一方で、一難聴者でもあります。自分なりに補聴器は、自分の聞こえを改善させうる部分まで改善させていますが、それでもやはり聞こえにくい部分は、出てきます。

そこで、補聴器でできる部分を改善させつつ、自分自身の状況をより良くさせるには、どうしているのか。自分の考えとともに、やっていることに関して載せていきます。

続きを読む

【クロスをつけることで、より聞こえるように】左耳のみ難聴の方の改善例

smile-1510181_640

20代男性、これから就職ともあり、今より聞こえが良くなるのであれば、補聴器を検討したい。このようにご依頼いただき、聞こえの改善を行いました。こちらの方は、10歳の頃、急に左耳が聞こえなくなり、そこから、聞こえにくさを感じていた方になります。

当店で、聞こえの改善を行った結果

  • 今まで聞きにくい環境の中で聞きやすくなった
  • 聞きやすくなることで、安心感も得られた
  • 職場では、今まで聞きにくい状況だった場面でも聞きやすくなった

との評価をいただきました。では、どのように改善させたのでしょうか。こちらの方の状況から改善まで、記載していきます。同じような方は、ご参考にしてみてください。

続きを読む

イヤモールドの未来は、おそらくスマホ→カシャ→自宅お届け

aroni-738305_640

さて、唐突に始まりました。私の妄想シリーズ。補聴器業界の未来は、こんな感じになるのではないか?そんな予想をしていきたいと思います。

アマゾンダッシュが本格的に他の商品にも適用できるようになれば、補聴器の電池は、ポチっ!→自宅お届けになるのではないかと考えていますが、個人的には、イヤモールドもなんか、そんな感じになりそうな気がしています。

今回は、そんな妄想話。

続きを読む

運営者:深井 順一

自己紹介

聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつき難聴者である事、補聴器の販売を行っている事、この二つの視点で、ブログを書いています。Webには、補聴器や耳の情報が少ない事から、ブログを通じて、情報提供をしています。運営者については、こちら。お問い合わせは、contactよりどうぞ。運営している店舗は、東京都墨田区の本所吾妻橋駅より徒歩3分のところにあります。
検索フォーム