2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

両耳補聴の論文内容より左右差があるフィッティングを考える

聴覚医学会に勉強になる論文がありました。補聴器フィッティングの現状と将来の課題という内容です。

リンク:聴覚医学会 補聴器フィッティングの現状と将来の課題

こちらは、現在の補聴器の現状に加え、そこからどのように将来、研究が進んでほしいかが記載された論文です。この中には、両耳補聴に関する内容がありました。

両耳補聴はどんな時に有効であり、どんな時に無効となるのか。これらが記載されています。こちらが分かる事で、さらに適切な補聴器提供ができるのではないかと思い、このブログにも載せてみようと思いました。

今回は、この論文を参考に両耳補聴の概要と左右差があるフィッティングを考えていきます。

続きを読む

意外と知らない医療従事者がする補聴器効果の推定方法

補聴器の装用を希望する患者さんがいた場合、どのようにして、医療従事者は、補聴器の効果を見定めているのでしょうか。補聴器の場合は、聴力検査と語音明瞭度(ごおんめいりょうど)検査を行うと、ある程度、補聴器の効果がわかるようになっています。

聴力検査は、耳の状況を調べる検査であり、どこに障害があるかがわかると共に、どんな障害が起こるかを知るツールになります。語音明瞭度検査は、言葉を聞きとる力がどれだけあるかを調べる検査であり、補聴器の効果そのものを知るツールになります。

今回は、医療従事者がどのように補聴器の効果を見定めているのかを記載していきます。それでは、見ていきましょう。

続きを読む

外出時、補聴器を外す方は、補聴器ケースを持ち歩こう

person-907723_640

人によっては、装用している補聴器を外す事がありますね。私も外す事があります。子どもの頃、水泳の授業の時は、補聴器が使えませんので、外す必要がありました。当初、ケースを持っていなかったため、無くしかけた事が、何度かありました。

失くす事はありませんでしたが、失くしかけたという事は、紛失する一歩手前です。このような経験をしている人は、補聴器ケースを持ち歩き、紛失を防止する事をお勧めします。

今回は、こちらについて思う事を記載していきます。

続きを読む

難聴者に必要な音を届けられる補聴器選定法

補聴器を適切に提供したいと考えたとき、出力に関してはどのように見れば良いのでしょうか。

補聴器を提供する側の視点であれば、耳の聞こえに対して少し余裕を持たせて補聴器選定を行います(少し聞こえが低下したとしても補えるように考えます)。

しかし、選定が不慣れな方ですと、カタログに書いてある記述と聴力だけで判断しがちです。これでは、本当に適した補聴器選定ができているかがわかりません。

曖昧な方法ですと、販売後も心配になってしまいますね。そんな事にならないような方法があります。

今回は、補聴器に携わっている方へ向けた内容です。

続きを読む

高度難聴を補聴器でなるべく改善させる方法

office-620817_640

高度難聴とは、聴力低下のレベルでも比較的、重いレベルで、補聴器がないと日常生活上の音は、ほとんど聞こえないレベルの難聴です。おそらく、ここまで聞こえにくさを放置している人は、いないかと思いますが、補聴器がなければ仕事や生活そのものに支障が出てしまう難聴レベルになります。

では、このような難聴の方は、どのように補聴器で聞きにくさを改善させれば、聞こえにくさをなるべく改善させることができるのでしょうか。

補聴器は、今現在の医療技術では、治療が不能な方が使用する機器です。耳が治るというレベルは、できないのですが、以下のように補えば、補聴器ができる限りの改善はできるようになります。

なお、耳を診てもらっていない方は、まず耳を診てもらいましょう。状況によっては、耳鼻咽喉科を受診することで、治る状況も存在します。補聴器を考えるのは、治療ができない耳であることがわかった後になります。

続きを読む

補聴器もクラウドファンディングされる時代になったようです

startup-593324_640

クラウドファンディングサイトINDIEGOGOより小型補聴器のクラウドファンディングがありました。

豆粒サイズの補聴器であり、現在の補聴器を簡易化したものです。既製された耳あな型の補聴器で、先端に耳せんをつけるタイプとなります。現在、開発中であり、購入者を探している最中のようです。

この形状のタイプ、シーメンスの耳あな補聴器にも似たようなものがありますね。

クラウドファンディングでついに補聴器開発も支援される事になりました。この変化は、すごい変化だと考えています。

今回は、こちらの補聴器の概要について記載していきます。

続きを読む

高齢者は補聴器を必要としていない?データから見える現状

ご高齢の方に、補聴器が売れない理由は、何でしょうか。一つの理由にタイトル通り、必要とされていないから、ではないかと考えています。

とあるブログにて面白いデータを発見しました。一人暮らしの高齢者の会話頻度に関する事です。こちらによると半数が一日に一度も会話をしていない事が判明しました。

個人的には、非常に考えさせられる内容でした。会話しない環境であれば、補聴器が必要だと思わないだろうなと感じたからです。

続きを読む

伝音性難聴を引き起こす症状とそれぞれの改善方法

stack-of-books-1001655_640

伝音性難聴とは、耳のある部分が悪化する事によって起こる症状です。身近な病気である中耳炎や鼓膜が破れてしまう事によって、音が聞きにくくなる事があるのですが、この二つは、耳のある部分が悪化しているために聞こえにくくなります。

では、悪化している場所は、どこなのでしょうか。そして、伝音性難聴とは、どのようなものなのでしょうか。こちらでは、その概要から引き起こす症状、改善方法までまとめていきます。

もし、伝音性難聴であった場合は、理解と改善にお役立てください。

続きを読む

自立コムサイト一新、サイト上から商品を借りれるように!

どうやら自立コムさんがサイトを変更したようです。自立コムとは、聴覚障害者に役立つ機器を作っている会社です。光を利用して起きる目覚ましだったり、電話の音をより大きくする機器、ドアベルを押すと光で来客を教えてくれる機器があります。

見る限り、ECサイト(Web上で商品売買をするサイト)になっています。

サイト自体のレイアウトも一新して、キレイになりました。スマートフォンにも対応できるようにしていますね。ユーザーにとって、便利な作りになっています。

今回は、こちらについて記載してみます。

リンク:自立コム

続きを読む

補聴器適合の論文から見る、理想の補聴器選択方法

environmental-protection-326923_640

補聴器の選択。これは、非常に難しいものです。適切に耳に合う補聴器を決める方法、どのようにしたらお客さんに補聴器を適切に合わせる事ができるのか、これらは、まだまだ確立されているものではありません。

そんな中、目に止まった物があります。慶應義塾大学、医学部の耳鼻咽喉科が書いた論文には、病院で行っている補聴器相談の様子が描かれていました。

リンク:聴覚医学会 当科補聴器外来における比較試聴システムの試み

こちらは、病院で行われている補聴器相談の論文であり、補聴器適合に最も適した方法は、どんなものかも記載されていました。補聴器に携わる方、必見の論文です。

個人的にも参考になる部分が非常に多くありましたので、今回は、こちらについて記載していきます。

続きを読む

改善内容から見る乳幼難聴児の現状

twins-1169064_640

聴覚医学会に、勉強になる論文がありました。乳幼の難聴児に関する論文です。

こちらは、全国の乳幼のお子さんを預かる施設にどんな補聴器を使用しているのか、どんな機能を使っているのか調査した内容です。

こちらの論文を読むと乳幼の難聴児に関する現状が見えてきます。

今回は、こちらについて記載していきます。

リンク:聴覚医学会 乳幼児期の難聴児における補聴器機能と装用状況に関する検討

続きを読む

中等度難聴を補聴器でできる限り改善させる方法

person-891570_640

中等度難聴とは、平均聴力が50〜70dBの間にくる聴力で、このあたりから聞きにくさを感じ、仕事で支障が出たり、日常生活がしにくくなります。困ることが増えることから、補聴器を装用する方が多いのもこの聴力くらいからです。

そこで、こちらでは、補聴器の販売をしており、かつ私自身が中等度の難聴で補聴器を使用していることから、どのように改善させたら良いのか。どうしたらなるべく聞きにくさを改善できる状態にできるのか。こちらに関して記載していきます。

補聴器は、残念ながら耳を治すことはできない機器です。しかし、しかるべきやり方をすれば、補聴器が出せる限りの効果は出すことができます。重要なのは、その手法を学ぶことであり、かつ、実践することです。

補聴器以外の改善方法があれば良いのですが、聞こえが低下し、耳鼻科で耳が治せないとなった場合、今現在の改善方法は、補聴器で改善させるしかありません。

内容的には、ガチになりますので、内容が濃く、長くなってしまいました。本当に改善したい方のみご覧ください。

続きを読む

BAHA骨伝導補聴器の論文から見るBAHA補聴器の効果

coffee-923431_640

聴覚医学会の論文の一部に、BAHA使用者の報告がありました。BAHAは優秀な骨導(骨伝導)補聴器ですが、あまり使用例がありません。骨導補聴器には、手術なしの骨導補聴器と手術ありのBAHA補聴器があります。

物事は、良い部分もあれば、悪い部分もあります。ここで気になるのが、使用してみた人の感想です。この部分は、誰もが気になるところです。

どちらを選択すれば良いかの判断目安として、こちらにも記載してみる事にしました。※聴覚医学会のサイトにアクセスできなくなったため、リンクは外しています。

続きを読む

VR(バーチャルリアリティ)の可能性。難聴の世界を体験できるのか

今、VR(バーチャルリアリティ)が徐々に知られてくるようになりました。VRとは、仮想現実と呼ばれ、CGで作られた世界です。特殊な機器を装着する事で、その世界を体験できます。

この機器、ある事に使えそうだな……と思いつきました。

そう、難聴の世界を知る事です。

VRのキーワードは、体験です。映像と音声を組み合わせれば、多くの事が体験できす。

今回は、VRが期待される世界に加え、この機器をどう使うのかも記載していきます。

続きを読む

3Dプリンターが起こす流通革命、より楽になる補聴器使用者

よく考えてみれば、3Dプリンターは、補聴器業界に革命を引き起こすのではないか。再度、そんな風に思いました。

3Dプリンターが普及すれば、消費者(補聴器装用者)にとってはより便利な世界になります。

私が注目したのは、補聴器の消耗部品です。

3Dプリンターが普及した世界は補聴器業界をどのように変化させるのでしょうか。補聴器装用者側と企業側、双方の変化について記載していきます。

続きを読む

軽度難聴の方が自分に合った補聴器を選ぶ方法

document-428331_640

軽度難聴とは、平均聴力が25〜50dBの方を指します。難聴のランクとしては、最も軽いレベルではありますが、日々の日常の困り度も軽度であるとは限りません。ほんの少しのすれ違い、聞き間違いにより、疎外感やコミュニケーションのしづらさが出る事で、生活のしづらさを感じる事は、大いにあります。

では、軽度難聴の方には、どのような補聴器が合うのでしょうか。そして、補聴器にはどのような種類があり、それぞれの補聴器は、軽度難聴の方にとって、どのような補聴器となるのでしょうか。こちらでは、軽度難聴の方が「仮に補聴器を選ぶなら」という内容で必要な知識、考えを記載していきます。

補聴器についてお考えでしたら、ご参考にしてみてください。

続きを読む

3Dプリンターは補聴器業界をどう変えるだろうか

久々にメーカーズ 〜産業革命が始まる〜 クリス・アンダーソン氏 著作を読みました。2年前の本ですが、色々と考えさせられるものがあります。2年経った今なお、驚く事もあります。

この本は、3Dプリンターについて書かれた本です。3Dプリンターは、どんな事ができるのか、何がすごいのか、それを教えてくれる本です。

今回は、こちらを読んだうえ、補聴器業界について考えていきます。

続きを読む

あなたの仕事は「誰を」幸せにするかを読んで見える病院事情

あなたの仕事は「誰を」幸せにするか 北原 茂実氏 著作 を読んでみました。凄い本ですね。知らなかった事が多くあり、新しい気付きを教えてくれた本です。

社会派ブロガーであるちきりん氏のブログにのっていた事をきっかけに読んでみました。

現在の医療に関する事、医療の現状、変えるための策、どれをとっても非常に良い読み物です。

今回は、こちらの事について記載していきます。

続きを読む

オーティコン社のc100発売から考える自立支援法ビジネス

workstation-405768_640

オーティコン社より、C100という自立支援法補聴器が発売されて早1ヶ月です。このC100、自立支援法補聴器の中では、非常に優位的であり、素晴らしい補聴器だと思います。

最近、各メーカー自立支援法補聴器の充実化に力を入れてきました。では、自立支援法補聴器は、力を入れるべきポイントだったのでしょうか。

今回は、オーティコンのC100の概要とこれらについて考えていきます。

続きを読む

聴覚障害者認定の見直し問題は、病院に負担がかかるだけ

medicine-848503_640

佐村河内氏の影響か……。厚生労働省は、身体障害者手帳取得の際に、脳波の検査する方針を決めました。実施は、来年度からの様です。来年度となると、来年の4月からと予想されます。

全ての等級ではなく、最も重い等級である2級のみ予定しているようです。

佐村河内氏の影響は、すごいですね。こんなところにも出てきました。

とはいえ、元々聴力検査は、不確実なものです。このような流れになるのも仕方がありません。

今回は、聴覚障害の現状から、考えていきます。

続きを読む

運営者:深井 順一

自己紹介

聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつき難聴者である事、補聴器の販売を行っている事、この二つの視点で、ブログを書いています。Webには、補聴器や耳の情報が少ない事から、ブログを通じて、情報提供をしています。運営者については、書いている人へ。お問い合わせは、contactよりどうぞ。運営している店舗は、東京都墨田区の本所吾妻橋駅より徒歩3分のところにあります。
検索フォーム