2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

補聴器を守るために知っておきたい影響を受ける機器

fireworks-725147_640

補聴器を使用する上で、注意点がいくつかあります。

補聴器は、周囲の磁場や電磁波に影響を受ける性質を持っており、外さなければ補聴器が壊れるところも存在します。

今回は、補聴器をはずす場所、はずさない場所に加え、特定の条件下になるとノイズがするなど、特殊な例をあげていきます。

外さないと壊れるところは、その間だけでも補聴器を外しましょう。これらの内容で、より補聴器に関する理解が深まれば幸いです。

続きを読む

快適にすごすために重要なイヤモールドの洗浄と洗い方

clothespins-619845_640

耳かけ形補聴器を使用されている方にとって、欠かせない存在の一つがイヤモールドです。

毎日使用しているイヤモールドは、耳の中に入れるだけあって、汚れやすい部分です。耳垢が湿った体質の方は、特に汚れやすい傾向があります。

汚れたまま使用し続けると菌が繁殖しやすく、かゆくなることがあります。このような場合、強烈なかゆみが出ることがあり、かゆみに悩まされる場合もあります。これらの事を防ぐためにもイヤモールドを洗う事は大切です。

今回は、イヤモールドの洗浄方法についてまとめていきます。

続きを読む

故障原因の元?電池のショートについて理解しよう

battery-22119_640

補聴器の音が止まる原因の一つに電池のショートがあります。電池がショートしてしまうと補聴器本体に電気が行かなくなりますので、結果的に音が出なくなります。

この症状は、汗をかきやすくなる夏の時期によく起こり、夏の時期ではなくとも汗が補聴器内部に侵入すれば起こる症状です。汗を抑制する事はできませんので、これらの事になった際、どのように対応するかを知っておくことが重要です。

今回は、電池のショートについて記載すると共に、解決策も記載していきます。しっかりと理解し、同様の症状が合った場合、改善できるようにしておきましょう。

続きを読む

しっかり理解したい防水補聴器のメリット、デメリット

hiking-shoes-617260_640

数年前から防水補聴器というものが出ました。こちらは、通常の補聴器よりも水、汗に強いというコンセプトの補聴器です。補聴器の故障は、汗、湿気といった水によって壊れる事が多くありますので、この部分に強くなる補聴器として非常に注目されています。

しかし、防水補聴器も注意が必要です。故障を引き起こすのは、水のみではありませんし、補聴器本体が壊れていなくても、故障のような症状を引き起こすことは多くあります。

今回は、防水補聴器の概要から注意点まで記載していきます。防水補聴器はしっかりと理解したうえで使用するのが最も重要です。

続きを読む

故障を減らすために知っておきたい補聴器の空気穴

desk-1082044_640

補聴器は、電池を入れる事によって動きます。補聴器に使用している電池は、空気電池です。空気電池とは、空気を取り込む事によって発電する少し変わった電池です。

補聴器の空気電池は、空気を取り込む仕組みが補聴器に施されているからこそ、空気電池で動作するようになっています。この穴が塞がれると空気が電池にいかなくなり、うまく発電しなくなってしまいます。

今回は、この補聴器の空気穴について記載していきます。こちらを理解しておくと補聴器の誤作動が減るようになります。

続きを読む

補聴器を守る汗カバー、使用上の注意

valentine-618571_640

補聴器の故障の原因になる汗。こちらをいかに防ぐかで、補聴器を適切に使用できるか、できないかが決まります。

補聴器の部品(アクセサリー)には、汗が補聴器内部に侵入するのを防ぐ、汗カバーというものが存在します。補聴器本体を綿、布でできたカバーで覆い、汗をかいてもカバーが吸収してくれる仕組みです。

しかし、汗カバーは装用方法を間違えてしまうと、かえって故障を誘発する事に繋がりかねません。

本格的な夏が来る前に汗カバーの概要と注意点を見ていきましょう。

続きを読む

補聴器を小型化して得られたメリットとデメリット

補聴器の小型化。これには、どのようなメリット、デメリットがあるのでしょうか。補聴器は、技術が上がってくるにつれ、補聴器そのものの性能が上がると共に、形状まで小さくなってきました。

では、形状や性能が上がる事により、どのようなメリットがあるのでしょうか。こちらでは、補聴器の小型化について、利点、欠点を広く捉えていきます。

補聴器は、小型化する事で、より良い補聴器を提供できるようになってきました。しかし、その一方、気をつけなければならないところもあります。今回は、小型化について見ていきましょう。

続きを読む

聞こえに左右差がある場合に有効な補聴器の合わせ方

camera-1030956_640

左右の聴力に差がある耳の補聴器選択はどのように考えるのでしょうか。ここでは、私自身が考えていたことを記載していきます。聴力に差があるパターンは、意外に多く、悩みやすいケースです。どれが正解……というのはありません。調整方法、補聴器の選択方法を知ることは、自身の引き出しを多くする事ができます。結果として、補聴器選択に余裕ができれば、この上ありません。

考えるポイントは、聴力によって変化します。こちらの内容が調整に少しでも役立てば、幸いです。

では、見ていきましょう。※基本、両耳装用を基準に考えていきます。

続きを読む

アイセンスマイクロ有効活用例、補聴対象者の拡大

アイセンスマイクロという機器をご存知でしょうか。

補聴器メーカーのPhonak Japanより発売されている少し変わった機器です。主には、FM機器の聞こえチェックに使用されている機器ですが、現在、聞こえには問題ないけれども特定の場所で聞きづらい方に有効であると注目を浴びています。

今回は、そんなアイセンスマイクロとその有効症例について記載していきます。

続きを読む

片耳が聞こえにくい方へ送る、聞こえを改善させる方法

hands-437968_640

片耳が聞こえにくい方にとっては、どのような補聴方法があるのでしょうか。

この片耳とは、片側は聞こえに問題ないけれども、もう片方の耳が聞こえにくい場合、両方とも聞き取りにくいが片方がより聞き取りにくい場合があります。片耳が聞こえにくい……にも色々種類があります。

これらのケースには、クロス補聴器、バイクロス補聴器と呼ばれる補聴器を装用することで、聞こえが良くなる可能性があります。

今回は、片耳が聞こえにくい方への補聴方法を記載すると共に、クロス、バイクロス補聴器が有効なケースに関して記載していきます。

続きを読む

耳鼻咽喉科と補聴器販売店、補聴器相談する際の利点、欠点

tulip-690320_640

補聴器の相談をする場所といえば、耳鼻咽喉科と補聴器販売店があります。では、この二つは、どのように異なるのでしょうか。この二つに関するそれぞれの利点、欠点に関して記載していきます。

どちらも一長一短ですので、自分の状況に合わせて、耳の相談をする事が重要です。

なお、こちらに記載している内容ですが、耳鼻咽喉科に行っても耳の治療ができなかった状態である事が前提となります。まずは、耳鼻咽喉科で相談し、耳の状態を良くする事ができるのか、できないのかを確認する事が大切です。

補聴器は、あくまでも耳の治療ができない方が使用する機器となります。

続きを読む

アナログ補聴器とデジタル補聴器の聞こえ方は全く別物

person-731159_640

アナログ補聴器とデジタル補聴器の聞こえ方の違い。どんな違いがあるのでしょうか。

これらを理解するとより自分の聞こえに合わせる方法が見出せるかもしれません。

最近のデジタル補聴器は、アナログのような聞こえにしたり、デジタルの聞こえにする事もできます。

アナログ補聴器とデジタル補聴器の違いは、他のサイトでもありますので、それぞれの利点、欠点と個人的思考を混ぜて記載していきます。

全ての物には、利点があれば、欠点もあります。アナログ補聴器、デジタル補聴器も同様です。

続きを読む

ムンプス難聴により全く聞こえなくなった耳を補聴器で改善させる方法

dandelion-1366124_640

結論から申し上げますと、クロス補聴器と呼ばれる、聞こえない耳にくる音を聞こえる耳に転送する補聴器で、聞こえにくさを改善させていきます。

ムンプス難聴の場合、片耳は、聞こえており、かつもう片耳が重い聴覚障害になることが多く、一般的な補聴器を聞こえにくい耳に装用しても、うまく効果が出ません。そのため、医師から「補聴器を装用しても効果はないよ」と言われがちなのですが、クロス補聴器の場合は、聞こえる耳に音を転送する機器ですので、耳が治るまではいかずとも、状況を改善させることができます。

片耳が聞こえにくい事により、不自由を感じてらっしゃる方が多いため、私が知る限りの情報提供をしていきます。当てはまる方は、ご参考にしてみてください。

なお、こちらが当てはまるケースは、あくまでも耳鼻咽喉科にいき、耳の治療は残念ながらできないと言われた方が対象になります。耳を診てもらっていない方は、まずは、耳を見ていただきましょう。補聴器は、基本的に現在の医療技術で耳を改善できない人が使うもので、治療ができる方は、治療で治していきます。

続きを読む

耳かけ形補聴器の必需品イヤモールドの利点、欠点

little-girl-1082133_640

イヤモールドとは、自分の耳の形に合ったオリジナルオーダーメイド耳せんの事です。耳かけ形補聴器には、通常の耳せんを使用する方法とこのイヤモールドを使用する方法があります。

私自身生まれつき難聴であり、イヤモールドを使用しています。通常の耳せんより、高価ではありますが、その分の価値は感じています。

通常のイヤモールドのメリット、デメリットを記載すると共に使用している私自身が感じるイヤモールドのメリット、デメリットも記載していきます。購入の参考になれば、幸いです。

続きを読む

難聴を相談する耳鼻咽喉科の探し方と補聴器相談の形式

耳が聞こえにくくなった……耳に違和感を感じる……そんな時、相談する場所といえば、耳鼻咽喉科です。しかし、耳鼻咽喉科は、文字通り、耳、鼻、喉とあり、それぞれ得意とする科が異なります。耳の事が得意な先生もいれば、鼻が得意な先生、あるいは、喉が得意な先生など、様々な先生がいます。

では、難聴の事を相談したいと考えた時、どのように適切な耳鼻咽喉科を見つけたら良いのでしょうか。こちらでは、見つける方法と補聴器相談の形式について記載していきます。耳の聞こえについて相談でき、少しでも状況が改善されれば、幸いです。

続きを読む

場合によっては逆効果?補聴器出張相談の利点、欠点

自宅に来てくれて補聴器の相談ができる。これは、非常に便利です。家の中で相談できれば、補聴器屋に行かずゆったり相談できます。必要なもの全て、補聴器屋がもってきてくれますので、非常に楽な事になります。

しかし、物事には必ず良い点もあれば、悪い点もあります。これは、補聴器の出張相談も同様です。

今回は、補聴器の出張相談の利点、欠点についてあげていきます。どのような利点、欠点があるか理解した上で、出張相談は利用しましょう。

続きを読む

音場閾値測定で目指す補聴器を装用した聞こえの目安

kleiber-1147221_640

音場閾値測定(おんじょういきちそくてい)とは、補聴器を装用した状態で、音を聞き、どのくらい小さい音が聞こえるようになったのかを調べる測定になります。聴力検査の補聴器版といえばわかりやすいかもしれません。

補聴器を装用している方は、聞こえるようになる感覚こそわかるものの、自分自身で聞こえの効果を確認する事はできません。恐らく、このページを見ている方もわからないのではないでしょうか。

また、医療従事者からすると、どのくらい聞こえるようになっているのかもわかりません。そのため、双方の理解を深めるためにこのような測定を使用しつつ、現状を理解していきます。

機器で聞こえを調べるのには、他にもあるのですが、今回は、音場閾値測定に関して記載していきます。音場閾値測定は、補聴器の効果を客観的に理解できる一つのツールです。

続きを読む

オージオグラムの見方と検査数値から見る耳の聞こえにくさ

library-488681_640

オージオグラムとは、耳の聞こえを図で表したものです。見方がわかれば、自分の耳がどのような状態なのかを理解する事ができます。ここで重要なのは、数値が表す意味を理解する事です。どのように数値を記載しているのかを知れば、数値を見るだけでおおよそのことがわかるようになります。

オージオグラムの見方は、他のサイトにも載っていますので、見方だけでなく、数値が表す意味に重点を置き、記載していきます。オージオグラムの数値を知れば、ご自身の耳の状況もよく理解できるようになります。

続きを読む

人工内耳を考えの方、必見。早めに装用する事の重要性

person-1132308_640

重い難聴の場合、補聴器にするか、人工内耳にするか、非常に悩みどころです。

最近では、人工内耳も早期装用が非常に有効である事が証明されてきました。小さい頃に人工内耳を装用した場合と大きくなってから人工内耳を装用する場合では、言語発達や言語の多さが異なる事がわかってきています。

手術の必要があるため、躊躇する親御さんは多いのですが、早期装用した子の発達は目覚ましいです。今回は、早期装用について記載していきます。人工内耳に関して理解が進めば幸いです。

なお、補聴器と人工内耳の比較については下記のものを参照ください。

リンク:人工内耳と補聴器の比較から見る人工内耳の凄まじい効果

続きを読む

新生児聴覚スクリーニングで再検査?再検査の確率と今後の流れ

baby-1151351_640

現在は新生児聴覚スクリーニング検査により、生後数ヶ月で難聴の発見ができるようになってきました。新生児聴覚スクリーニングで再検査と出た方は、とてもご心配な状況だと思います。

子どもが難聴だと発覚したらどのように進んでくのか、補聴器装用の重要な事については何か。このような内容を求めていることでしょう。

今回は、こちらをテーマに記載していきます。こちらの内容を知る事で、少しでも心配事が少なくなれば、幸いです。

続きを読む

運営者:深井 順一

自己紹介

聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつき難聴者である事、補聴器の販売を行っている事、この二つの視点で、ブログを書いています。Webには、補聴器や耳の情報が少ない事から、ブログを通じて、情報提供をしています。運営者については、こちら。お問い合わせは、contactよりどうぞ。運営している店舗は、東京都墨田区の本所吾妻橋駅より徒歩3分のところにあります。
検索フォーム