2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

電話の音声をテキスト化するアプリRoger Voice、その可能性は

woman-488327_640 (1)

アメリカの大手クラウドファンディングサイトKick Starterにて、スマートフォンを使用した電話音声テキスト化アプリの開発資金の調達を行っている様です。

その名もRoger Voice。内容を見る限り、すごい可能性を秘めたアプリになりそうです。

このサイトについては、こちら:Kick Starter

今回は、こちらについて思う事を記載していきます。

続きを読む

補聴器アプリが知れ渡った世界を想像してみよう

補聴器アプリ……考えれば考えるほど、可能性に満ちている事に気が付きます。ここで、仮に補聴器アプリが認知された世界を考えてみる事にします。

果たして、補聴器アプリが浸透したら、補聴器を装用しているユーザー、補聴器を製造しているメーカーは、どのようになっていくのでしょうか。

今回は、こちらについて考えていきます。

続きを読む

補聴器アプリが変える補聴器市場

昨日補聴器のアプリに関して、記載してみました。

iPhoneの補聴器アプリは考えようによって、補聴器市場を大きく変えてくれるのでは?と考えています。いろんなものが、スマートフォンでできる時代になってきた現在に、あるべき変化なのかもしれません。

今回は、こちらについて記載してみます。

なお、前回のエントリーは、こちら

リンク:時代の変化、iPhoneを補聴器にするアプリが登場

続きを読む

時代の変化、iPhoneを補聴器に変えるアプリが登場

iphone-410324_640

ふ〜む……、スマートフォンもついにここまで来たんですね。iPhoneを補聴器に変えるアプリが登場したようです。iPhoneに無料アプリをインストールし、iPhoneを補聴器に変えてしまうアプリです。時代の変化を感じますね。

イギリスにあるエセックス大学(イングランドの大学)の研究者が開発したアプリです。動画を見る限り、意外と細かな調整ができる様ですね。 なお、こちらはiPhoneのアプリしかありませんので、Androidは使用不可になります。

続きを読む

難聴児を取り巻く環境の変化による学校の変化

難聴の子が通う学校には、一般学校に通いつつ、聴覚の補充指導は通級指導教室でうける形式と全ての事を一つの学校で行うろう学校の二つがあります。

時代の変化、医療の進歩、補聴機器の進化により、「取り巻く環境が変わってきたなぁ」と思う事があります。

特に、新生児聴覚スクリーニング検査と人工内耳による進歩は、目覚ましく、これにより多くの難聴が発見されたり、より重い難聴の子でも、お話ができる様になってきました。

今回は、これらの事が、二つの学校にどう影響するのかを考えていきます。

なおこれらをより理解したい場合は、こちらのエントリーもご覧下さい。

リンク:新生児聴覚スクリーニング検査と難聴早期発見の重要性

リンク:人工内耳と補聴器の比較、それから見る人工内耳の効果

リンク:難聴の子が通う通級指導教室とは?

続きを読む

難聴の子が通う通級指導教室とは?

難聴の子が通う通級指導教室とは、どんなものなのでしょうか。障害を持った子ども達が通う学校は、ろう学校と一般学校に通いつつ、通級指導教室に通うという選択肢があります。

この通級指導教室も、ろう学校と同じく、難聴の子を支援していく役割があります。今回は、通級指導教室の役割、内容を含めて、見てみましょう。

こちらの内容は、難聴児に限ってお話していきます。

続きを読む

難聴の子に必要なセーフティネットという考え

skateboard-331751_640

子どもが難聴だった場合、何をしてあげるのが一番良いことだろうと自分なりに考えてみました。よく出てくる支援方法としては、良い補聴器を購入する事、良く聞こえるようにさせてあげる事、これらです。しかし、個人的には、違う解釈をしています。

私がたどり着いた答えは、その子自身を受け入れてくれる環境づくりの方法を教えてあげる事です。どんなに良い補聴器でも、どんなに高い補聴器でも、現在の技術では、完全に聞こえるようにする事ができません。それであれば、難聴の本質であるコミュニケーション障害が出やすくなってしまいます。

私自身が思ったのは、このコミュニケーション障害をどのようにしたら、より少なくできるか……これを子どもに教える事です。

今回は、難聴の子ども達に必要なセーフティネットの重要性について、考えていきます。

続きを読む

耳の錯覚、錯聴を体験してみよう

child-562735_640

耳にも目と同じ錯覚というものがあります。耳の場合は、錯聴(さくちょう)と呼んでいます。日本ではあまり馴染みがない言葉です。

耳の錯覚で、錯聴です。耳の聴覚フィルターに関する錯覚は、私達に様々なことを教えてくれます。

これらの実験から、耳が音を聞いているのではなく、耳はあくまでも音の通り道であり、音を理解しているのは、脳であることがわかってきました。

そんな錯聴について記された面白いサイトがありますので紹介します。

続きを読む

難聴の販売員はメリット、デメリット、どちらが多い?

難聴の補聴器販売員は、メリット、デメリットどちらを多く感じるのでしょうか。私自身、補聴器の販売員をやっていました。そこで感じたのは、メリットよりデメリットの方が多いような……と感じています。

では、難聴の方が補聴器販売員になることによるメリット、デメリットには、どのような事があるのでしょうか。こちらに加え、障害についても考えていきます。

続きを読む

簡易難聴測定ツールを作ってみました

work-731198_640

よくわかる補聴器選びという本に良い難聴判断基準のものが載っていましたので、それに則り、簡易難聴測定ツールを作ってみました。

こちらの良いところは、日々の聞こえの困り度に注目した点です。音が聞こえにくいというより、どれだけ日々困っているかで見る事が出来ます。

こちらでは、ツールの説明のため、記載します。

続きを読む

FM機器、Roger受信機の比較と選択方法

tower-820001_640

FM、Roger送信機と比べると受信機は、あまり悩む事がありません。

一般的には、補聴器の形状や購入時期で決まってしまう事、ほとんど選択肢がない事により、悩む事が少ないです。しかし、より良い選択をしたいとお考えの方のために、それぞれの利点、欠点を記載していきます。

例によって例の如く、フォナック社のもので比較をしていきます。また、子どもを対象としたエントリーになります。

なお送信機に関してはこちらをご覧下さい

リンク:送信機別の機能から考えるFM送信機の選択方法

リンク:難聴児に合ったFM機器、Roger送信機の選び方

今回は、受信機について見ていきましょう。

続きを読む

難聴児に合ったFM機器、Roger送信機の選び方

laptop-820274_640

FM機器、Rogerには、送信機、受信機の二つがあります。このうち選択に迷うのは、送信機の方です。

送信機にも色々種類があります。その種類によっても得意な事が異なります。

今回は、送信機の種類を網羅しつつ、児童用にどのような送信機を選んでいけば良いかを記載していきます。少々難しいお話しになりますが、参考になれば、幸いです。

なお、FM機器。Rogerの基礎を伺いたい場合は、こちらをお勧めします。とくにFM機器?Roger?の違いが不明な方は、ご覧になった方がこちらを理解しやすくなります。

リンク:難聴児の聞こえを改善させるFM機器、Rogerとは

続きを読む

送信機別の機能から考えるFM送信機の選択方法

FM機器の送信機は、どのように選択すればよいのでしょうか。送信機にも種類があり、それぞれ得意としている分野が異なります。

FMの送信機には、主に二つに分けられます。ピンマイク型、スティック型の二つです。これらは、使い方、用途によりどちらを使用した方が良いかが変わります。

今回は、それぞれが持つ機能を考えつつ、見ていきましょう。この内容は、児童がFMを使用するケースとして記載しています。

なお、あくまでもFM機器同士の比較になりますので、この点に注意してください。

現在発売されている機器で比較する場合はこちらをご覧下さい

リンク:通信送信機を機器同士で比較した場合

続きを読む

補聴器を不要と考えている方へ伝えたい補聴器の効果

補聴器を装用するとどのような効果があるのでしょうか。そして、補聴器は、何をもたらしてくれるのでしょうか。今現在、補聴器に対するイメージは、あまり良いものではありません。これでは、本来必要としている層にも、使って欲しい層にも補聴器が届きにくくなります。さらに補聴器を装用すれば、聞こえの環境が改善できる方にも届かなくなってしまいます。

では、補聴器は、そんなに悪いものなのでしょうか。補聴器は、言葉が聞き取りにくいから必要ない機器なのでしょうか。ここで、私自身が思う、補聴器について記載してみます。補聴器は、皆さんが知る通り、完全な機器ではないのは確かです。しかし、だからといって、全く効果がないものでもありません。その理由について、記載していきます。

続きを読む

耳、補聴器の情報提供しているサイト、企業まとめ

補聴器メーカーの中には、Webサイト、ブログを使って情報提供しているところがあります。

更新頻度は少ないながらにも、補聴器の事、この業界の事、コラムなど、様々なエントリーの製作や工夫をしています。こういったところからも補聴器や聴覚に関する情報を得ることができます。

私が知っている範囲で、こちらに記載していきます。気になるものがあればどんどん調べてみましょう。

続きを読む

言葉しか聞こえない補聴器はなぜできないのか

言葉しか聞こえない補聴器があれば……。補聴器を装用する方から、たまにこのような事を言われます。言葉が聞きにくく、普段思うようにコミュニケーションできない方からすれば、言葉しか聞こえない補聴器は、理想の補聴器です。しかし、今現在、このような補聴器は、未だ存在していません。

では、なぜ存在していないのでしょうか。メーカーは作る気がないのでしょうか。それとも技術的に難しいのでしょうか。実を言うと技術的には、そう難しくありません。しかし、こちらは、あえてそのようなものを作ろうとしていません。

今回は、言葉しか聞こえない補聴器を開発しない理由について、記載していきます。これには、耳の役割が大きく関係します。

続きを読む

高い補聴器と安い補聴器の違いを理解する3つのポイント

shopping-606993_640

補聴器は、高いものですと一つ50万程し、価格を抑えているものですと数万円です。この金額の違いは、一体どこから来るのでしょうか。高い補聴器には、宝石でも入っているのでしょうか

補聴器の金額の違いは、主に性能の部分になります。良い性能のものは、音を大きくする機能から、余計な音を抑制する機能、音声をなるべく聞きやすくしてくれる機能まで補聴器そのものに搭載されており、音を大きくする機能しかないものは、金額が抑えめになっています。これが大きな違いです。

こちらでは、大まかに金額の違いについて記載していきます。

続きを読む

補聴器は雑音がする?のホント、ウソ

aircraft-847693_640

補聴器は、よく雑音がすると言われます。「雑音がひどい……」「雑音ばかりで使い物にならない……」補聴器屋に来るお客さんの中には、恐る恐る来られていた理由が「雑音が多い」だった事もありました。

補聴器は雑音がする。この答えは、正解でもあり、不正解でもあります。重要なのは雑音は何を意味するかを知る事です。さて雑音とは何でしょうか?

今回は、そんな雑音につい記載していきます。補聴器に関する理解が少しでも深まれば幸いです。

続きを読む

補聴器装用と選択の決め手、聴力よりも重要な語音明瞭度

glasses-272399_640

補聴器の装用を希望された時「私の耳は、左側が悪いので悪い方に装用してください」と言われることがあります。患者さん、お客さん側からの申し出は、よくわかるのですが、残念ながら耳鼻咽喉科、補聴器販売店は、その理由の通りにすることは、ありません。それは、補聴器を装用する判断基準が異なるからです。

耳の事を理解している方は、聴力レベルではなく言葉を聞き取る力がある耳に補聴器を装用します。そして、時には、特殊な補聴器を装用して、聞こえを補う効果を最大限引き出すようにします。耳には、聴力以外にも言葉を聞き取る力というものが存在しており、人によって左右ごとに異なる場合もあります。

こちらでは、語音明瞭度の基礎から、なぜ重要なのかも記載していきます。重要なポイントは、音が聞こえる事と、音が理解できる事は、異なるという事です。

続きを読む

難聴治る、耳鳴り治るの情報商材詐欺にご用心

辛かった耳鳴りが治る!あれほど、医者に「治らない」と言われた難聴が治る!という謳い文句があります。

いわゆる情報商材というものです。特徴として、縦に非常に長い文章で稼げる、治る、モテる、など人の欲求、悩みにつけ込むビジネスです。

それらは、ほぼ詐欺と言われています。

驚くべき事に、この世界にも情報商材はあります。今回は、これらについて考えていきます。

続きを読む

運営者:深井 順一

自己紹介

聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつき難聴者である事、補聴器の販売を行っている事、この二つの視点で、ブログを書いています。Webには、補聴器や耳の情報が少ない事から、ブログを通じて、情報提供をしています。運営者については、こちら。お問い合わせは、contactよりどうぞ。運営している店舗は、東京都墨田区の本所吾妻橋駅より徒歩3分のところにあります。
検索フォーム