2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

ムンプス難聴により全く聞こえなくなった耳を補聴器で改善させる方法

dandelion-1366124_640

結論から申し上げますと、クロス補聴器と呼ばれる、聞こえない耳にくる音を聞こえる耳に転送する補聴器で、聞こえにくさを改善させていきます。

ムンプス難聴の場合、片耳は、聞こえており、かつもう片耳が重い聴覚障害になることが多く、一般的な補聴器を聞こえにくい耳に装用しても、うまく効果が出ません。そのため、医師から「補聴器を装用しても効果はないよ」と言われがちなのですが、クロス補聴器の場合は、聞こえる耳に音を転送する機器ですので、耳が治るまではいかずとも、状況を改善させることができます。

片耳が聞こえにくい事により、不自由を感じてらっしゃる方が多いため、私が知る限りの情報提供をしていきます。当てはまる方は、ご参考にしてみてください。

なお、こちらが当てはまるケースは、あくまでも耳鼻咽喉科にいき、耳の治療は残念ながらできないと言われた方が対象になります。耳を診てもらっていない方は、まずは、耳を見ていただきましょう。補聴器は、基本的に現在の医療技術で耳を改善できない人が使うもので、治療ができる方は、治療で治していきます。

続きを読む

耳かけ形補聴器の必需品イヤモールドの利点、欠点

little-girl-1082133_640

イヤモールドとは、自分の耳の形に合ったオリジナルオーダーメイド耳せんの事です。耳かけ形補聴器には、通常の耳せんを使用する方法とこのイヤモールドを使用する方法があります。

私自身生まれつき難聴であり、イヤモールドを使用しています。通常の耳せんより、高価ではありますが、その分の価値は感じています。

通常のイヤモールドのメリット、デメリットを記載すると共に使用している私自身が感じるイヤモールドのメリット、デメリットも記載していきます。購入の参考になれば、幸いです。

続きを読む

難聴を相談する耳鼻咽喉科の探し方と補聴器相談の形式

耳が聞こえにくくなった……耳に違和感を感じる……そんな時、相談する場所といえば、耳鼻咽喉科です。しかし、耳鼻咽喉科は、文字通り、耳、鼻、喉とあり、それぞれ得意とする科が異なります。耳の事が得意な先生もいれば、鼻が得意な先生、あるいは、喉が得意な先生など、様々な先生がいます。

では、難聴の事を相談したいと考えた時、どのように適切な耳鼻咽喉科を見つけたら良いのでしょうか。こちらでは、見つける方法と補聴器相談の形式について記載していきます。耳の聞こえについて相談でき、少しでも状況が改善されれば、幸いです。

続きを読む

場合によっては逆効果?補聴器出張相談の利点、欠点

自宅に来てくれて補聴器の相談ができる。これは、非常に便利です。家の中で相談できれば、補聴器屋に行かずゆったり相談できます。必要なもの全て、補聴器屋がもってきてくれますので、非常に楽な事になります。

しかし、物事には必ず良い点もあれば、悪い点もあります。これは、補聴器の出張相談も同様です。

今回は、補聴器の出張相談の利点、欠点についてあげていきます。どのような利点、欠点があるか理解した上で、出張相談は利用しましょう。

続きを読む

音場閾値測定で目指す補聴器を装用した聞こえの目安

kleiber-1147221_640

音場閾値測定(おんじょういきちそくてい)とは、補聴器を装用した状態で、音を聞き、どのくらい小さい音が聞こえるようになったのかを調べる測定になります。聴力検査の補聴器版といえばわかりやすいかもしれません。

補聴器を装用している方は、聞こえるようになる感覚こそわかるものの、自分自身で聞こえの効果を確認する事はできません。恐らく、このページを見ている方もわからないのではないでしょうか。

また、医療従事者からすると、どのくらい聞こえるようになっているのかもわかりません。そのため、双方の理解を深めるためにこのような測定を使用しつつ、現状を理解していきます。

機器で聞こえを調べるのには、他にもあるのですが、今回は、音場閾値測定に関して記載していきます。音場閾値測定は、補聴器の効果を客観的に理解できる一つのツールです。

続きを読む

オージオグラムの見方と検査数値から見る耳の聞こえにくさ

library-488681_640

オージオグラムとは、耳の聞こえを図で表したものです。見方がわかれば、自分の耳がどのような状態なのかを理解する事ができます。ここで重要なのは、数値が表す意味を理解する事です。どのように数値を記載しているのかを知れば、数値を見るだけでおおよそのことがわかるようになります。

オージオグラムの見方は、他のサイトにも載っていますので、見方だけでなく、数値が表す意味に重点を置き、記載していきます。オージオグラムの数値を知れば、ご自身の耳の状況もよく理解できるようになります。

続きを読む

人工内耳を考えの方、必見。早めに装用する事の重要性

person-1132308_640

重い難聴の場合、補聴器にするか、人工内耳にするか、非常に悩みどころです。

最近では、人工内耳も早期装用が非常に有効である事が証明されてきました。小さい頃に人工内耳を装用した場合と大きくなってから人工内耳を装用する場合では、言語発達や言語の多さが異なる事がわかってきています。

手術の必要があるため、躊躇する親御さんは多いのですが、早期装用した子の発達は目覚ましいです。今回は、早期装用について記載していきます。人工内耳に関して理解が進めば幸いです。

なお、補聴器と人工内耳の比較については下記のものを参照ください。

リンク:人工内耳と補聴器の比較から見る人工内耳の凄まじい効果

続きを読む

新生児聴覚スクリーニングで再検査?再検査の確率と今後の流れ

baby-1151351_640

現在は新生児聴覚スクリーニング検査により、生後数ヶ月で難聴の発見ができるようになってきました。新生児聴覚スクリーニングで再検査と出た方は、とてもご心配な状況だと思います。

子どもが難聴だと発覚したらどのように進んでくのか、補聴器装用の重要な事については何か。このような内容を求めていることでしょう。

今回は、こちらをテーマに記載していきます。こちらの内容を知る事で、少しでも心配事が少なくなれば、幸いです。

続きを読む

片耳が聞こえない方、誰でも対応。クロス補聴器を理解する5つの要素

person-793678_640

クロス補聴器とは、主に片耳のみ難聴で、もう片耳が普通に聞こえている方が使用する機器です。当店では、こちらの機器を扱うことが多々あり、この機器を使うことによって

  • 職場が騒がしく、音声が聞きにくい状態だったけれども聞きやすくなった
  • 飲食店でも会話がしやすくなった
  • 車の中でも話がしやすくなった

との声をいただいています。中には聞きやすくなることにより、聞こえにくいことで悩むことや耳のことで起こるトラブルが少なくなり、精神的に楽になったという方もいました。そのような効果があるのが、クロス補聴器です。

この機器は、聞こえにくい耳にくる音を聞こえる耳に転送する機器ですので、医師に補聴器は、効果がないと言われた方でも効果を得ることができます。聞こえる耳で、全ての音を聞くため、片耳が聞こえていれば、こちらで理解することができるのがこの機器の特徴です。

片耳のみ聞こえにくいことでお悩みの方からよくお問い合わせをいただきますので、こちらにて、この機器の情報提供をしていきます。聞こえにくさにお悩みであれば、ご参考にしてみてください。

なお、補聴器は、本来、耳が治療できない方が使用するものです。聞こえにくい状態で病院に行ったことがなければ、まずは、病院に行き、耳を診てもらいましょう。それで改善するのでしたら、そちらの方が良いですし、この機器をつけるより、ずっとよくなります。

続きを読む

埋め込み式骨伝導補聴器BAHAのメリットとデメリット

chicks-1159192_640

骨伝導補聴器の一種BAHAについてご存知でしょうか。BAHAは手術を行うタイプの補聴器です。手術と聞くと、怖いイメージがあるかもしれません。しかしBAHAには、手術をするだけのメリットがあります。

骨導補聴器には、一般的な骨伝導補聴器と手術形のBAHAの二種類があり、それぞれ異なる補聴器です。

今回は、この二つがどのように異なるのか、この二つのメリット、デメリットについて記載していきます。

なお、一般的な骨伝導補聴器は、こちらに記載しています。

リンク:骨伝導補聴器の対象者とメリット、デメリット

続きを読む

進化した補聴援助システムRogerを使った感想

ux-787980_640

次世代の補聴援助システムRoger(ロジャー)。こちらは、FM機器よりも優れた通信機器です。FM機器の欠点であったものの改善やさらに騒がしい環境でも聞こえる様にした補聴援助システムです。

このシステムは、私自身気になっており、自分自身で使用してみました。その感想としては、ずいぶん良くなっている……と感じています。こちらは、音質が……ではなく、使い勝手が良くなっています。

では、FM機器と比べてどう良くなったのか、今回はそちらをテーマに見ていきましょう。Rogerは、FMと比べて非常に安定するようになりました。ここがRogerの良いところです。

続きを読む

補聴器を長持ちさせるケア方法、紛失防止と水没時の対応

house-insurance-419058_640

補聴器を長く使っていく上で、ケア方法を知っておく事は、大変重要です。こちらでは、ケアにこだわらず、身近なアクセサリーや、補聴器が濡れてしまったときのケアも含めて紹介します。

記載する内容をまとめますと、補聴器のケア方法、保管方法、アクセサリー類の注意、補聴器が濡れた時の対処方です。より補聴器の理解が進めば幸いです。

続きを読む

一般学校とろう学校の利点、欠点から考える進むべき道

children-602967_640

難聴のお子さんの場合、一般学校とろう学校の二つの進学先があります。どちらも一長一短であり、良いところもあれば、悪いところがあるのが現状です。

こちらでは、どちらを選んだら良いか、わかりやすくするために、それぞれのメリット、デメリットを記載していきます。

学校選択の際に参考になれば幸いです。

続きを読む

子どもの難聴と補聴器の重要性

human-788689_640

難聴になった子ども達にとって大切なもの、必要なものはなんでしょうか。こちらでは、難聴の子ども達には、どのような事が起こるのか、どのような支援が必要なのかを考えていきます。

なお、難聴になった原因については記載していく予定はありません。難聴の原因を探るより、難聴という障害を知る事が大切だと私は考えています。

難聴の場合、難聴になった原因を調べても解決する(治る)のは、ごく僅かです。それよりも、難聴になった体で、どう生活していくか、と視点を変える方が重要です。

それでは、見ていきましょう。

続きを読む

難聴児に適した教育をする療育センター、ろう学校

kids-1093758_640

難聴が発見された子どもは、それらを支援する療育センター、ろう学校へ行く事になります。それぞれの子ども達に合わせて、適切な指導を行い、発達を促していくのが学校、療育センターの主な内容です。それ以外に難聴特有の耳を見たり、補聴器を調整したりもしています。

今回は、そんな療育センター、ろう学校の行っている事、役割について載せていきます。これらの機関の理解に役立てば幸いです。

続きを読む

新生児聴覚スクリーニング検査と難聴早期発見の重要性

baby-933097_640

子供の難聴を早期発見するのに役立つ新生児聴覚スクリーニング検査。しかし、まだまだ知れ渡っていないのが現状です。新生児聴覚スクリーニング検査は、難聴の早期発見を目的として実施されています。早期発見する事により、難聴によって起こる子どもの発達遅れを軽減するのが主な目的です。

では、子どもの発達遅れとは何なのでしょうか。難聴は耳が聞こえにくくなる事以外に何かあるのでしょうか。

今回は、難聴早期発見の重要性について記載していきます。

続きを読む

骨伝導補聴器の対象者とメリット、デメリット

read-515531_640

補聴器には、一般的なもの以外に、骨伝導補聴器という変わった補聴器があります。こちらは、骨を振動させて音を聞く補聴器であり、伝音性難聴と呼ばれる難聴の方にしか合いません。感音性難聴の方や伝音性難聴でも音声を聞き取る力がない方が装用しても、効果は得られませんので、注意が必要な補聴器です。

難聴の種類や耳の状態によっては活用できませんので、活用できるケース、できないケースをしっかり理解する事が重要です。

今回は、骨伝導補聴器の概要から、対象者、そして通常の補聴器と比較したメリット、デメリットについて記載していきます。

ぜひ耳の聞こえを改善させるのにお役立てください。

続きを読む

補聴器の種類から見る自分に合った補聴器の選び方

book-1149031_640

耳が聞こえにくくなり、補聴器の事を調べても、よくわからない。補聴器を調べてみて、いくつか種類がある事はわかったけれど、自分の耳には、どれが合うのか、どれが良いのかよくわからない。とお考えの方は、多いのではないでしょうか。

自分自身の耳に合う補聴器を探す場合には、まず、どのような選定基準があり、どのように選んでいくのか。そして、難聴別に問題となるものは、何なのか。というところを理解しなければなりません。補聴器の種類を調べたり、メーカーの補聴器を調べてみても適合するものがわからない理由は、選定基準がないからです。

どのようなものも選定基準がある場合は、どのようなものが良いのかわかります。自分がよく理解できるもの、あるいは、知っている物は、どんなものがよく、自分に合うのがなんなのかがよくわかるのではないでしょうか。一方、基準がないものは、わかりません。

という事で、今回は、選定基準について記載すると共に、補聴器の種類に関しても記載していきます。補聴器の選択に関し、参考になれば幸いです。

続きを読む

難聴児の聞こえを改善させるFM機器、Rogerとは

child-817373_640

補聴器には、ある特定の機器を付属する事で、聞こえを拡張することができます。その一種がFM機器です。別名、補聴援助システムとも呼ばれています。こちらは、補聴器に受信機を装着し、話し手に送信機を使ってもらう事で、送信機に話した音声が直接補聴器に届くようになります。聞こえのクリアさ、音声の理解のしやすさは群を抜いており、非常に優秀な機器です。

現在は、FM機器以外にRogerという別の通信機器があります。この二つは通信方法が異なるだけであり、二つともやっている事は同じです。

今回は、このFM機器及び通信機器の概要から利点、欠点、関して記載していきます。

続きを読む

難聴の方、必見。電話の音声を聞きやすくする方法まとめ

man-937288_640

電話の音声が聞き取りづらい……。このようなお悩みはありませんか。私自身も難聴であり、非常に困った時期がありますので、そのお気持ちはわかります。今現在は、様々なものが出ており、聞こえが低下していたとしても補える場合があります。

今回は、様々な電話の音声を補う方法、機器についてまとめて行きますので、ぜひ参考にしてください。なお、一部の難聴は、聞こえが重すぎるため、音声そのものでは聞こえない可能性があります。その場合も含めて、記載していきます。こちらの内容で、困る事が少しでも無くなれば、幸いです。

続きを読む

運営者:深井 順一

自己紹介

聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつき難聴者である事、補聴器の販売を行っている事、この二つの視点で、ブログを書いています。Webには、補聴器や耳の情報が少ない事から、ブログを通じて、情報提供をしています。運営者については、こちら。お問い合わせは、contactよりどうぞ。運営している店舗は、東京都墨田区の本所吾妻橋駅より徒歩3分のところにあります。
検索フォーム