片耳のみ難聴の改善

【聞こえない側が聞きやすく】ムンプス難聴により片耳難聴の方、クロス補聴器で改善

20代、男性。右耳がおたふく風邪(ムンプス難聴)により、失聴してしまい、それにより聞きにくさを感じている方より、改善のご相談をいただきました。

当店にてご相談した結果

  • 聞きにくい側からの声や呼びかけに気が付きやすくなった
  • クロス補聴器があることにより、安心感もあった
  • 会議でも、あることにより、聞きやすくなり、安心感も得られた

との事でした。聞こえにくさが少しでも改善でき、何よりです。

では、どのように改善していったのか、こちらに関して、記載していきます。

お客様の状況

まず、お客様の状況ですが、

  • お名前:M・Tさん
  • 性別:男性
  • 年齢:20代
  • 聴力:左耳、正常。右耳、重度難聴
  • 症状:ムンプス難聴により、右耳、失聴
  • 備考:病院に行くものの、治療は、できず

となります。

聴力に関しては、上記の通りです。

左側は、正常に聞こえているのですが、右側は、おたふく風邪により、失聴してしまい、ほぼ全く聞こえない状態になります。

幼少の頃、聞きにくさに気づいた頃に病院に行くものの、残念ながら耳に関しては、治らない状況でした。そのまま、聞こえにくい状態で、過ごして行くことになります。

今現在の状況ですが、右耳が聞こえないことにより、特に仕事の際に困ることが多いとのことでした。

周囲が騒がしくなってしまったり、集中して仕事をしていると、聞こえない耳側で、すぐ隣にいる人の声すらもわかりづらくなってしまい、聞きにくさを感じる事が多々ある。との事でした、

という事で、これらの状況を改善していく事になります。

T・Mさんの改善案

結論から言いますと、T・Mさんの場合は、クロス補聴器で改善していきました。

T・Mさんの耳の状況ですが、聴力の低下が非常に大きく、一般的な補聴器では、改善が非常に難しくなります。

そのことから、クロス補聴器という聞こえない耳側の音を聞こえる耳側へ転送する機器で、改善していきました。

クロス補聴器の改善イメージは、このようになります。聞こえない耳側にきた音を聞こえる耳側へ常時、送ってくれるようになります。

聞こえる耳側は、そのまま補ってしまうと、聞きにくくなってしまうため、上記のような穴が空いた耳せんを使い、その耳側の音も聞こえるようにします。

そのようにする事で、聞こえない耳側からの音も、聞こえる耳側からも聞こえるようにしたのが、クロス補聴器です。

聞こえない耳側へ補聴器を装用するやり方は、ある程度、聴力が残っている方に行うものとなり、あまりにも聴力低下が大きいと、その方法では、改善が非常に難しくなります。

M・Tさんの場合は、クロス補聴器で改善していく事になります。

実際のご対応

初回のご対応

始めでご来店いただいた際、まず耳の状況を調べさせていただき、改善案に記載した通り、お伝えしました。

ちょうど、こちらに来られたのも、ご自身と同じような症例の方がおり、かつ、聞こえにくさが改善できているのであれば、自分の状況も改善できるのではないか?と、感じたことからでした。

そのことから、実際にクロス補聴器に関して、日常生活から職場まで、お試しし、実際にどう生活が変化するのか。を確認していくことになります。

貸出した補聴器は、このようなタイプになります。今現在、クロス補聴器の中では、主流のタイプです。

1週間、試してみたところ

  • 聞こえない耳側からの呼びかけ、声に気が付きやすくなった
  • 会議、ミーティングの際には、あると、安心する
  • クロス補聴器を装用する事により、聞きにくいことの不安は、和らぐ

との事でした。

クロス補聴器を装用する事により、今まで聞こえにくく感じていた聞こえない側からの音は、わかりやすくなり、良くも悪くも、聞こえやすくなった。との事でした。

また、それにより、聞こえにくいことの不安は、安らぎ、安心感もあったようです。

ただ、クロス補聴器を装用する事により、全ての事がわかりやすくなった訳ではなく、中には、わかりづらい部分もありました。

少しでもよりよくなるのであれば、考えたい。との事で、機種に関して、考えていく事になります。

クロス補聴器の機種選定

クロス補聴器には、耳にかけるもの、耳の中に入れるものの2つがあります。今現在、主流となっているのは、耳にかけるタイプです。クロス補聴器には、耳にかけるもの、耳の中に入れるものの2つがあります。今現在、主流となっているのは、耳にかけるタイプです。

今現在、クロス補聴器は、実質、耳にかけるタイプのものしかありません。

クロス補聴器には、耳あな型もあります。ただ、耳あな型にすると、聞こえない耳側がかなり塞がれるため、その耳側が聞きにくくなりやすいです。そのため、あまり当店は、勧めていません。クロス補聴器には、耳あな型もあります。ただ、耳あな型にすると、聞こえない耳側がかなり塞がれるため、その耳側が聞きにくくなりやすいです。そのため、あまり当店は、勧めていません。

クロス補聴器には、耳の中に入れて使用する上記のようなタイプもあるのですが、こちらは、聞こえる耳側も塞いでしまうため、その耳側が聞きにくくなるという欠点があります。

耳かけ形のクロス補聴器の選択肢は、このようになります。

始め貸出させていただいたのは、小型のタイプで、小さい事により、目立ちにくく、軽い事により、楽に使えるのが特徴です。

一方、少し大きめのタイプで、このような形状のものもあります。こちらは、少し形状が大きくなるものの、使用できる電池が大きく、長く使えるのが、特徴です。

この中であれば、こちらになるのですが、今現在、充電型のクロス補聴器も出てきました。

充電型のタイプの特徴としては、

  • 機種:オーデオBーR(クロスB-R)
  • 充電:3時間でフル充電
  • 時間:連続使用、約16時間(フル充電)

となります。

充電型のタイプは、使わない時に充電器に入れておく事で、自然に充電され、電池を交換せず、使用できます。

従来のものですと、電池を購入したり、電池を交換したりする手間がありますが、そのような手間が一切無くなります。

さらに故障に関しても、しづらくなるため、ご自身にとって扱える補聴器であれば、使いやすさの面では、良い補聴器になります。

ただし、欠点もあります。それは、使用中に電源が切れると、充電しない限り、使えない状態になる事です。例えば、使用する前に充電し忘れていた場合は、使えない状態になります。

そして、連続使用時間が、16時間と短いため、一日の使用時間が長い方の場合、途中で切れてしまう可能性も考えられます。

これらの部分をご説明したのち、M・Tさんの場合は、楽に使えるのであれば、こちらを考えてみたい。との事で、こちらも実際に試してみる事になります。

充電型の問題を把握しつつ、試聴へ

という事で、実際に充電型のクロス補聴器に関しては、試聴、貸出し、試していく事になります。

これは、実際の使用感覚を確認する、という意味もあるのですが、みるべき部分として

  • 連続使用時間の短さは、大丈夫なのか
  • ちゃんと充電する習慣を作れるのか

の2つを確認するためでもあります。

クロス補聴器の充電型で気になるのは、連続使用時間の短さにあります。

一般的に一日中、使用する人の使用時間は、11〜13時間くらいで、会社の中だけで使用する、というケースでも、1日、10時間は、使うことが多いです。

連続使用時間がMaxで、16時間となっていたため、本当にそのような仕様でも活用できるのか。という点が、申し訳ないのですが、私自身の中では、わからない点でした。

そのため、実際に使っていただいて使いたい時にちゃんと使えるのか。をみて行くことになります。

また、充電タイプの補聴器で重要なのは、ちゃんと充電する習慣を作れるかになります。補聴器を使わなくなったら、充電器に入れ、充電する。その習慣さえ、しっかりできれば、問題は、ないのですが、その点も含めて、確認するため、貸出しました。

結果ですが、

  • 使用している際に充電が切れることは、なかった
  • 充電に関しては、問題なくでき、慣れるとこちらの方が楽にできる

との事でした。

意外にも充電さえしっかりしていれば使用は、問題なくでき、途中で切れる。もしくは、長く使用すると、使えない。ということは、ない状態でした。

また、充電タイプも一旦、習慣さえ作ってしまえば、従来の補聴器のように何かにしまったり、電池を変えるという手間もないため、意外にもこちらも楽とのことでした。

使い勝手及び、充電タイプの補聴器でも、問題なく使用できることから、こちらに決定となりました。

お客様の声

実際にお越しいただいたお客様に、ご来店いただいて、どうだったのか。お伺いしてみました。

どの様な事でお悩みでしたか

実際にクロス補聴器をお使いになってみていかがでしょうか

このお店で、ご相談(購入)になったのは、なぜでしょうか

アンケート

アンケートにご協力いただきまして、誠にありがとうございます。

完全に耳を治す。という部分まで、改善できない点につきましては、申し訳ございません。

しかし、少しでも聞こえるようになり、前向きに進んでいけるようになったのであれば、本当に何よりです。

M・Tさんを改善したポイント

M・Tさんの改善ポイントは、

  • 聞こえを改善できる方法で改善した事
  • 問題点を把握しつつ、わからなければ試しながら確認した事

になります。

聞こえを改善できる方法で改善した事

始めは、こちら。聞こえを改善できる方法で改善した事です。

低下している右耳は、非常に聴力が低下しているため、一般的な補聴器では、改善しにくい耳になります。低下している右耳は、非常に聴力が低下しているため、一般的な補聴器では、改善しにくい耳になります。

M・Tさんの聞こえの場合、補聴器を聞こえない耳側に装用しても改善しづらい聴力ですので、聞こえない耳側にきた音を聞こえる耳側に転送するクロス補聴器で改善しました。

それにより、改善したのが大きい要素です。

どのような耳でも一般的な補聴器を装用すればたちまちよくなるのであれば良いのですが、そうではありません。

そのため、基本的に補聴器は、効果が出る方法で改善するのが原則です。

どのようにしたら改善できるのか。を理解し、それに沿ったやり方で改善するのが、効果を出す上で非常に重要になります。

補聴器を装用する。購入するではなく、改善するものを選ぶ。このようにできると、聞きにくさは、改善しやすくなります。

問題点を把握しつつ、わからなければ試しながら確認した事

充電型のクロス補聴器に関してですが、正直、問題点は、わかっていたものの、実際に使った際に、どのようになるのか。は、わからない状態でした。

そのため、問題点をお伝えした上で、実際に試し、使えるのかどうか。問題点は、本当に問題となるのか。を確認しながら、相談をしていきました。

わからないものに関しては、実際に試してみることにより、確認できますので、そのようにして、一つ一つ状況を明らかにし、M・Tさんが望んだ補聴器を得られるようにしたのは、個人的には、よかった点になります。

わからなければ試す。このようにできると、判断は、自ずとしやすくなります。

M・Tさん(ムンプス難聴)の改善まとめ

M・Tさんを実際に改善した方法に関して、記載してみました。

聴力低下が大きいことから、クロス補聴器で改善させていただき、少しでも聞こえの改善ができ、こちらとしては、何よりです。

クロス補聴器を購入後は、補聴器を使っていることを周囲に伝えたり、補聴器で聞こえを改善すること以外にも、補聴器の活用をする事で、より状況の改善もしているとの事でした。

なかなか耳は、見た目では、聞こえにくいことがわからないため、補聴器をしている。もしくは、補聴器が見えれば、わかる人は、わかりますので、状況を改善するには、そのような認知をあげる。という方法もあります。

聞こえの改善にプラスし、そちらの方も行い、よりよくなったようで、こちらとしては、何よりです。

こちらの内容が聞こえにくさにお悩みの方へ参考になったのであれば、幸いです。

ABOUT ME
深井 順一・聞こえにくい人を支援する補聴器専門店
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。2019年で補聴器使用歴25年、補聴器販売歴10年。補聴器を使っている経験から、お店のサービスを考え、聞こえにくさにお悩みの方が、より良い生活が送れるよう支援しています。お店の内容は、"当店の特徴"へ。お店に来た"お客様の改善事例は、こちら"。書いている人の詳細は、”書いている人のページ”。連絡先は、”お問い合わせページ"にあります。
【お困りの方へ】適切に聞こえを改善する補聴器相談、実施中

当店は、東京都墨田区で生まれつきの難聴者が対応している補聴器専門店です。

只今、適切に聞こえを改善するための予約制による補聴器相談、実施中です。日常生活上で、実際にお試しできるよう、貸出、試聴も、無料で行なっています。

  • 以前、別のところでうまくご相談ができなかった方
  • 近くに安心して相談できるお店が見当たらない方
  • 補聴器の事を相談したいけれども不安がある方

などいましたら、お気軽にご相談ください。

予約制となりますので、ご希望の方は、お問い合わせページより、ご連絡願います。

なお、当店の特徴やお客様の改善事例は、以下の通りです。また、補聴器による聞こえの改善方法に関しては【総合】聴力別、補聴器で聞こえを改善する方法まとめにまとめています。

お店の特徴を見るお客様の改善事例