補聴器のFAQ

音が辛く感じる場合の補聴器の調整は?

補聴器を装用している方の中には、一部の方で、聞こえてくる音が辛く感じるケースがあったりします。

そのような場合、自分自身がどのぐらい音が大きくなると辛く感じやすいのか。を調べ、その範囲を超えないように、調整した方が、補聴器の音は、楽に感じやすくなります。

このような聞こえの方は、

  • 突発性難聴の方
  • メニエール病の方

の一部に見られることがあります。

という事で、今回は、こちらに関して載せていきます。

不快閾値を調べ、よりよくしてみよう

耳には、聴力検査以外にも、不快閾値測定。というものがあり、どのぐらい音を大きくすると、辛くなってしまうのか、という部分を調べる測定があります。

仮に聴力自体は、よく測れていて、でも補聴器で聞こえを改善しようとすると、だいぶ音が辛く感じてしまう。という場合は、この測定を行い、どのぐらい音が強くなると、自分は、辛くなってしまうのか。その点を把握すると良いです。

このような傾向が出やすいのは、突発性難聴によって聴力低下した方だとか、あとは、メニエール病の方などで一部、私の方で経験した事があります。

このような耳の方の場合、聴力は下がっているのに、なぜか大きい音の許容範囲は、聴力が下がる前より、下がる。という状態になる事があります(全員がなるとは、限りません)。

そのような場合、どのぐらい音を大きくすると辛くなってしまうのか。の、上限を調べ、そこまで音を大きくしないようにする事で、辛くなってしまう感覚を抑えやすくなります。

その上限を調べるのが、先ほどの不快閾値測定になります。

測定後、その情報を補聴器に教える

補聴器には、聴力を入力する事の他、先ほどの不快閾値の数値を入力するところがありますので、それを入力することにより、

上限。上限とは、黒い線の部分ですね。そこのところが不快に感じる部分まで大きくならないように設定してくれます。

黒い線の部分は、最大出力になり、そこまでしか音を大きくしない。という出力の制限の部分です。

ここを抑えることにより、補聴器は、聞こえは、改善するけれども、音は、ここまでしか出さないようにして、辛くならない範囲の中で、聞こえの改善をするようになる訳ですね。

もし、仮にちょっと辛く感じる傾向がある場合は、こういった不快閾値というものを測ってもらって(病院さんでも補聴器屋さんでも測ってくれます)、より良い状態にしてもらえると良いです。

まとめ

仮に全体的に辛く感じやすい。もしくは、一部の音がかなり強く感じやすい。という場合は、不快閾値を調べ、それを反映させてみましょう。

するとなるべく聞き取りを変えず、不快な音の部分のみ下げやすくなります。

一応、このようなケースの場合、単純に補聴器の音量を下げる。というやり方もあるのですが、それをすると、聞こえの状況が下がってしまうことが多くなってしまいますので、なるべく聞こえの効果を下げずに、不快な部分を軽減したい場合は、上記のようなことができると良いです。

特に注意したいのが、突発性難聴の方とメニエール病の方、そして、特発性の感音性難聴の方でしょうか。

全員が全員、そのような耳になるわけではないのですが、後天性の難聴。生まれた時は、普通に聞こえていたけれども、何らかの要因により、途中から聞きにくくなってしまった方ですね。

そのようなケースの中には、かなり音に関して過敏に感じる方もいらっしゃいますので、そのようなケースは、耳の状況を一度、把握され、細かな部分を調整して耳に補聴器を合わせる。

というより、どこまでは、音を出してよく、どこからがアウトなのか。それを調べ、システム的に調整した方が、楽になることが多いです。

不快閾値は調べないと、どこまではセーフでどこからがアウトなのかわからないので、まずは、耳の状況を理解して、そこから調整する。という流れが大事ですね。

意外にこういった事で悩んでいる方もいますので、今回は、こちらに関して、載せてみました。

【聞き取りづらくて、お困りの方へ】聞こえの改善相談、承っています

聞こえにくい事でお悩みだったり、使用されている補聴器が不調。など、聞こえづらくてお困りの方がいらっしゃいましたら、お気軽にご相談ください。

安心してご相談できるよう、補聴器の貸出や試聴も行なっています。

当店でご相談を希望される場合は、まずは、お問い合わせフォームより、ご連絡ください。

当店の内容や聞こえの改善に関しては、以下にまとめています。