補聴器ケアの基礎、乾燥剤で補聴器を保管する方法


child-1073638_640

汗や湿気は、補聴器の故障に繋がる事が多い要素だ。これからの時期、暑くなってくる事により、故障が増えてくる。その際、少しでも故障しないようにするには、補聴器をケアする事となる。

具体的には、乾燥剤を使用し、補聴器をこまめに乾燥させる事により、故障させない事は無理でも故障を抑える事が可能だ。

では、それはどんな方法なのか。こちらに記載していこう。少しでもよく補聴器が活用できるようになれば幸いだ。

乾燥剤で保管する基礎

補聴器のケア用品の一つには、乾燥剤がある。これは、文字通り、乾燥してくれるもので、ケースの中に乾燥剤と補聴器を入れて保管するのが、補聴器のケア方法として一般的になる。

補聴器を購入すると、以下のようなものがついてくる。

付属される主な乾燥ケース。最近では、ほとんどのメーカーで付けてくれている。ありがたいかぎりだ

付属される主な乾燥ケース。最近では、ほとんどのメーカーで付けてくれている。

このような乾燥ケースは、各メーカーがつけており、今ではほとんどのメーカーで乾燥剤セットを無償で補聴器ご購入時につけている。

使い方は、簡単。補聴器を中に入れるだけ。電池をいれる部分は空けておこう

使い方は、簡単。補聴器を中に入れるだけ。電池をいれる部分は空けておこう

使い方は至って簡単で、夜寝る前や長時間補聴器を外す場合は、この中に入れる。

電池は、蓋に磁石がついているため、そこで保管。すると失くしにくい

電池は、蓋に磁石がついているため、そこで保管。すると失くしにくい

一つ注意があり、電池は、その上に置こう。こちらは、磁石になっている事が多く、そこに置く事で、保管ができる。空気電池は、乾燥させてしまうと電池の保ちが悪くなる。そのために中に入れず、外で保管を行う。

使い方は、以上だ。補聴器を長時間外す、夜寝る前や使わない時は、この乾燥ケースの中にいれると補聴器のケアができる。できれば、習慣にしてしまい、常に行うようにしておくと、一番良いだろう。

故障するとお金がかかるからという考えをする方が多いが、私の場合は、補聴器が壊れると非常に困るからになる。壊れる事がなく補聴器を使い続けられるというのは、それだけ聞こえにくさに困らない事を意味する。そこが最も重要なポイントだ。

特に働いている人や学校に行っている人は、非常に困るだろう。その困る回数を減らすのが、目的だ。

乾燥剤の種類

乾燥剤には、様々なものがある。主には、

  • 乾燥剤とケースのセット
  • 専用の乾燥機器

の二つがある。

上記に紹介したのは、乾燥剤とケースのセットになり、安価な変わりに、乾燥効果も専用の乾燥機器と比べれば低くなる。一方、専用の乾燥機器の場合、高価になりがちだが、その代わり、乾燥能力も高い。そして、それ以外に除菌や脱臭をしてくれるものまである。乾燥させるにしても実は色々なものがある。

私の場合は、お客さんの状況によって決めている。例えば、日々補聴器がないと生活できないレベルの方、仕事、学校では必須な方は、専用の乾燥機器が良い。補聴器の重要性が高いからだ。しかし、たまに使用する、そこまで使用する時間は長くないという方は、乾燥剤とケースのセットがお勧めだろう。

これらを見分ける一つのポイントのは、補聴器の使用時間だ。一日の使用が7時間〜の場合は、確実に専用の乾燥機器が良いだろう。このくらい使用している方は、補聴器が必要不可欠になる。この場合、補聴器が壊れると、困る傾向が強く出るため、なるべく故障しないようにするケアが必要だ。そのように考えると、このようになる。

一方、使用時間そのものが少ないという事は補聴器に関して必要と感じる部分は少ないという事になる。もちろん、中には、必要としているところがあって、そこでは絶対に聞きたい。などと意気込みがあれば、乾燥機器が良い。そのような事がなければ、乾燥剤とケースのセットで構わないと考えている。

乾燥剤に関しては、こちらに詳細は記載している。興味があればご覧いただければ幸いだ。

リンク:乾燥剤&乾燥機器は、どれを使ったら良いの?とお困りの方へ

なお、乾燥剤、乾燥機器、いずれも活用方法は、上記と同じだ。夜寝る前に補聴器を外し、電池を蓋の上におき、補聴器本体をケースの中にいれて保管する。これでしっかりとケアできるようになる。

自分が困らないために

補聴器のケアは、必ずしなければならないという事はない。だが、私は、自分自身が困らないようにするためには必要な事だと考えている。

補聴器が故障した場合だが、修理をするのに、大抵10日くらいは掛かる。そして、これから補聴器の故障が多くなる夏は、それ以上に修理に時間がかかる(大体2〜3週間の間辺りが多い)。

考えてみて欲しい。その間、補聴器なしで生活ができるだろうか?特に学校へ行っている、会社へ行っている方は、いかがだろうか?補聴器が故障するという事は、補聴器がない生活を強いられるという事だ。どのように考えても困る事しか思い浮かばないだろう。

補聴器で困る事を減らすためにケアは存在する。補聴器が故障して困る事を少なくするために、ケアをしよう。あなたが熱心にケアをすれば、必ず困る回数は少なくなるだろう。

こちらの内容が補聴器をつけて生活するうえでお役に立てたのなら幸いだ。