【音が歪む】突発性難聴の方、クロス補聴器で改善をしました


50代男性。3〜4年前に発症した突発性難聴により、左耳が聴力低下し、現状聞きにくさにお困りとの事で、ご相談を承りました。

状況に関してお伺いしてみますと、聞きにくい側から話された時 や雑踏の中でのお話などは、わかりづらく、改善できるならしたいとの事でした。

こちらでご相談いただいた結果

  • 聞きにくい側からくる音がわかりやすくなった
  • 騒がしい中でも理解しやすくなった

との事でした。状況がより良くなり、何よりです。

では、どのように改善させていったのでしょうか。こちらに関して記載していきます。

お客様の状態

お客様の状況ですが

  • お名前:A・Kさん
  • 年齢:50代
  • 性別:男性
  • 聴力:右は健聴、左は中等度難聴〜高度難聴
  • 症状:突発性難聴
  • 備考:左側は、音が入ると歪んで聞こえる

となります。

聴力は、このようになります。右側は、正常のレベルですが、左側は、中等度難聴から、高い音に関して高度難聴になります。

耳の状況に関してお伺いしてみますと、左側に関しては、聞きにくさの他に大きな音が入ると歪んで聞こえたり、不快な感覚で聞こえるとの事でした。日常生活でも大きな音については、聞こえる事があるのですが、聞こえてくる音、それぞれ不快に感じるようです。

聞きにくさの部分については、左側が聞こえにくいことで、その方向からの呼びかけに気がつかなかったり、かつ、周囲が騒がしくなると聞きにくさがさらに上がってしまうとのことでした。

という事で、それらの状況を踏まえ、改善させていくこととなります。

改善の考え

改善に関しては、

  • 基本的な改善思考
  • 閉塞感と防音

の二つに関して載せていきます。

基本的な改善思考(聞こえ改善)

結論から記載しますと、このようなケースには、クロス補聴器が有効です。

クロス補聴器は、聞こえにくい耳側にくる音を聞こえる耳側へ転送する少し変わった機器なのですが、それを使うことで、聞きにくさを改善できます。

実際のものは、一般的な補聴器と同じような形をしています。

このような耳の場合は、聞こえにくくなった耳側へ補聴器をつけると不快感がかなり上がる傾向がありますので、クロス補聴器で改善させる方が無理なくできます。

閉塞感と防音機能

また、考えるのは、聞こえなくなった耳側をどうするか。というところです。

A・Kさんは、聞こえなくなった耳側に音が入ると不快感や歪む感覚があるとの事でした。理想を言えば、クロス補聴器で聞こえを改善させつつ、防音耳せんのような役割ができれば、ベストという事ですね。

そうすれば、聞こえにくい耳側には、音が入りづらくなる事で、不快感を減らせ、聞こえる耳側には、聞こえにくい側にくる音が転送され聞こえるようになる。とても理想的です。

しかし、聴力上、それをするにはある欠点があります。

低域がある程度聞こえている場合(125〜750Hzが60dB未満)、耳を塞ぐと自分の声がこもったり、響いたりする感覚を感じやすい、これは、軽いと軽いほど感じやすい感覚になる。

低域がある程度聞こえている場合(125〜750Hzが60dB未満)、耳を塞ぐと自分の声がこもったり、響いたりする感覚を感じやすい、これは、軽いと軽いほど感じやすい感覚になる。

中等度難聴くらいの方の場合、イヤホンを耳の中に入れると耳がふさがった感覚、あるいは、ご自身の声がこもって大きく内側で響くような感覚を感じる事が多くなります。

つまり、防音を重視して、耳をしっかり塞ぐのか、それとも塞ぐことによって起こる不快感を重視して、耳を塞がないのか。このどちらかを選ぶ必要があります。

その点も考えて、改善に関してしていくことになります。

実際の対応

こちらに関しては

  • 初回時の対応
  • クロス補聴器の選定
  • 防音機能と耳の閉塞感

の三つに分けて記載していきます。

初回時の対応

初回は、まず耳の状況に関して把握。その後、どのように補っていくか。その点に関してお話ししました。上記の改善の考えをお話し、実際にクロス補聴器で改善していくこととなります。

ちょうどこちらにご来店になるきっかけですが、クロス補聴器であれば自分の状況を改善できるのではないか。とお考えだったようですので、その通りに行なっていくことになります。

クロス補聴器には、いくつか形状があるのですが、初回時に貸したのは、こちらです。実際に幾日か試していただくと

  • 聞きにくい側に入られてもわかる事が増えた
  • 騒がしい中でも聞こえる事が増えた

などとあることにより、よくなるとの事で、クロス補聴器の選定を考えていきます。

クロス補聴器の選定

クロス補聴器には

主にこの通りになります。こちらの方の場合、両耳とも耳あなタイプは、聞こえる耳側が聞きにくくなってしまうため、実質

  • 両耳とも耳かけクロス
  • 耳かけ補聴器、耳あなクロス

の二つになります。

結論から言いますと、

耳かけ補聴器、耳あなクロスに決定に。騒がしい中での聞き取り改善を重視したいとの事で、こちらになりました。もちろん、ある程度、静かなところでも効果を確認され、全体的に改善ができるとご自身で体験いただいたためでもあります。

実際には、こちらのタイプは、

  • 電池の消費は大きいが形状を小さくできるタイプ
  • 形状は大きくなるが、電池の持ちををよくできるタイプ

の二つがあります。

A・Kさんは、形状は気にならないとのことでしたので、こちらにしました。実際にこのタイプでも貸し出しを行い、問題なく使えることも確認できましたので、電池の持ちをよくできるタイプに決定になりました。

防音機能と耳の閉鎖感

さて、こちらですが、上記の改善に記載した通り、防音機能と耳の閉塞感に関しては、両立ができません。そのため、どちらかを選択する必要があります。

しかし、そもそも一般的に作った場合と軽減させるために製作する場合で、防音機能と閉塞感にどのような差が出るのか。全く想像がつかない状態でしたので、実際に作りつつ、修正を加えていくことになります。いわゆるトライアンドエラーってやつですね。

まず、はじめに作ったのは一般的に作るタイプです。ちょうど、上記の写真のようなものですね(上記のものは、あくまでも模型です)。

その場合、聞こえにくい側の閉塞感およびこもった感覚と防音機能に関してですが、こもった感覚、閉塞感は、結構感じるようでした。そして、試聴で貸し出しした後、防音機能に関して確認したところ、幾らかは、軽減されるようですが、大きい音は、意外に通るようです。

しかし、こもった感覚、ご自身の声が響く感覚が強いことから、そちらに関して軽減したいとのことでした。

ということで、聞こえない耳側につけるクロス補聴器に関して同形状をさらに修正。形状を少し小さくしたり、耳の中に入る部分を軽減したりしたのですが、2回目は、一回目とあまり変わらず。 

そのため、次は試聴機のような形状にすることに。

試聴機の場合、様々な人に合わせられるよう、それぞれの耳せんを選べるようになっています。普段は、耳をしっかり埋める耳せんを選ぶのですが、それ以外に、耳を塞がない耳せんもありますので、それでこもり、響きといった要素を軽減します。

実際の状況は、このようになります。こうすると音は通るのですが、こもる感覚、響く感覚は、ないとの事で、そちらを行うことにしました。

試聴機仕様の場合、耳の形をとったものではないため、耳から外れる可能性が否めなかったのですが、幸いにも耳の形上、それが起こりにくい状態でした。実際に製作後、幾日か試聴期間を設けて使っていただいたところ

  • ご自身の声の感覚が響かない、こもらない
  • 耳から落ちる様子はない
  • 聞こえに関してもちゃんと改善される

ということがわかり、この状態で決定となりました。試行錯誤して良い状態にでき、こちらとしては、何よりです。

お客様の声

ご利用になったお客様へ当店で相談してみてどうだったのか。お伺いしてみました。

どのようなところでお困りでしたか

補聴器をお使いになってみていかがでしょうか

このお店で購入(相談)したのは、なぜですか

実際のアンケート

アンケートのご協力、ありがとうございます。

改善のまとめ

A・Kさんの場合は、耳の状況を把握した上で、クロス補聴器で補っていきました。聞こえにくくなった耳側に音を入れることで、不快に感じるのであれば、実質、聞こえない耳側を直接、補う方法は、余計に不快感を強くするだけであり、あまり良い方法ではありません。

そのため、聞こえる耳側へ音を転送するクロス補聴器で補っていくことにしました。かつ、防音機能と閉塞感などの関係について調べつつ、良い状況にしていきました。

よくを言えば、防音機能もつけつつ、聞こえも改善させたかったのですが、耳を塞ぐと非常に強いこもった感覚、閉塞感が出てしまうようで、A・Kさんの場合は、防音機能<閉塞感の軽減となり、ご本人の意思に沿うように行いました。

なお、こちらは、あくまでも突発性難聴になり、聴力低下した場合になります。突発性難聴の場合、耳が特殊な状況になりやすく、一般の方より、閉塞感を感じやすかったり、音を聞いた時に歪んで聞こえる、異質に聞こえるというケースをみます。かつ全ての突発性難聴の方にみられるわけではないのですが、一部そのような方もいますので、その状況を把握しながら、改善していくことが必要不可欠です。

ということで、こちらの内容がお役に立てば幸いです。